スムージーダイエットに冷凍を賢く利用しよう

野菜と果物に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養や酵素などを丸ごと摂取できるスムージーで置き換えダイエットをするときには、忙しい朝でも簡単に作ることができる冷凍を賢く利用してしっかり続けましょう。

まずは基本のスムージーの作り方から

ダイエット効果が期待できるスムージーを、朝食など食事の代わりにして摂取カロリーを減らしながら、代謝や胃腸の調子をサポートする酵素や食物繊維、肌や体の調子を整えるビタミンやミネラルをたっぷりと補給するスムージーを使ったダイエットが流行しています。

スムージーを作るときには、ミキサーに野菜や果物を入れて、スイッチを押すだけで簡単に作ることができます。

ミキサーに野菜や果物を入れるときには、なめらかな仕上がりとスクリューの回転で熱が発生してビタミンなど熱に弱い栄養が分解されることを防ぐために、野菜や果物をあらかじめ小さく切り、水を少し混ぜることがポイントです。

葉物野菜をメインの材料にすると、緑色が鮮やかで美しく、ダイエットにぴったりのグリーンスムージーになります。

忙しい朝に野菜を用意するのが手間なときはどうする?

ダイエットスムージーを、朝食の代わりに飲むことで、摂取カロリーをおさえ、体に必要な栄養や酵素を補うことができるスムージーダイエットは、モデルやタレントなどの芸能人の間でも大変流行しています。

フレッシュな手作りスムージーは、熱に弱いビタミンや酵素をしっかりと補給することができるため、体の代謝をアップさせたり、肌の調子を整えたりする効果が期待できるので、手作りすることがおすすめですが、忙しい朝に野菜を用意するのが手間なときもあります。

時間がないときや面倒なときに、市販のスムージードリンクや粉末タイプを利用するという人もいますが、意外と多いのが、手間がかかるのでスムージーダイエットが続かなくなってしまうという人です。

面倒だと思ったら続かなくなるので無理のないように始めよう

スムージーダイエットは、朝食と置き換えることで、1食分の摂取カロリーを低くおさえるとともに、ビタミンやミネラル、酵素を補給することで代謝をアップさせたり、食物繊維が老廃物の排出を促したりするため、痩せやすい体づくりをすることができることも魅力です。

毎朝、ゆっくりと楽しみながらダイエットスムージーを作り、おいしく飲むことが理想ですが、実際には、忙しい朝に野菜を洗ってから切ったり、果物の皮をむいて切ったりすることは、手間と時間がかかるので面倒になってしまう人も多いのです。

面倒になってしまうと、続かないので、市販のスムージードリンクや粉末タイプを利用することもおすすめですが、賢く冷凍を活用して手作りスムージーを簡単に作ることがおすすめです。時間があるときに材料をそろえておこう

仕事などがある平日などに、明日の朝食のスムージーに使う野菜や果物を毎日買ってから帰るのが面倒になってしまう人も多く、買い物もスムージー作りが面倒になってしまう原因になります。

2~3日程度なら、買い置きをしてもよいのですが、新鮮さにこだわりたい人が多いので、頻繁にスーパーに行かなければならないことになり、だんだんと面倒になってしまうのです。

冷凍を活用するなら、新鮮な状態で保存することができるので、休日などにまとめて新鮮な野菜や果物を購入して、1週間分のスムージーの材料をそろえておくことができてとても楽です。

まとめて購入すると、材料をたくさんそろえることになるので、野菜や果物の種類を増やすことができるというメリットもあります。

組み合わせを考えて使いやすい大きさにカット

休日などにまとめて購入した野菜や果物は、早めに下処理をしてしまうことで、朝の忙しさを解消し、野菜や果物の栄養もできるだけ損なわずに保存することができます。野菜や果物をきれいな水で洗ったら、ざるに並べてペーパータオルなどで余分な水分を軽くふき取っておきましょう。

組み合わせを考えながら、使いやすい大きさにカットします。千切りにする必要はありませんが、大きすぎると扱いにくくなったり、ミキサーが回りにくくなったりすることがあるので、使いやすい大きさにカットします。

少し小さめのほうが、冷凍するときにもかさばりにくくなります。バナナやリンゴ、ブドウやベリー類などの果物も冷凍することができるので、一緒に用意をしましょう。

1食分づつに食材を分けて冷凍庫へ!

材料の下処理ができたら、1食分ずつに食材を分けて冷凍庫で保存します。たくさんの種類の野菜や果物をミックスしてみたり、いろいろなレシピに挑戦してみたりと、楽しみながら1食分ずつに分けていくことがおすすめです。

冷凍保存するときには、食品用の保存袋を利用すると簡単です。野菜や果物を入れたら、できるだけ空気を抜くことがポイントなので、袋を押して空気を押し出したり、ストローで空気を吸ったりしてもよいでしょう。

バナナやリンゴなど、茶色く変色してしまう果物を使うときには、色が変わることが気になるなら、レモン汁などを掛けておくと変色を少なくおさえることができますが、切ってから素早く冷凍すると、意外と変色が少ないことも多いので、そのまま冷凍して手間を省く人もいます。

朝は冷凍食材と水をミキサーにかけるだけ

休日などを利用して、まとめて材料を用意し、1食分ずつ小分けにして冷凍しておくことで、朝は冷凍食材と水をミキサーにかけるだけで、簡単にダイエットスムージーを作ることができます。

冷凍庫から取り出して、ミキサーにかけるだけなので、忙しい朝でも気軽にフレッシュな手作りスムージーを飲むことができます。時間や手間がほとんどかからないので、面倒にならずに毎日続けることができるので、おすすめの方法です。

時間に余裕がある分、ナッツや冷凍ベリーをトッピングしたり、急いで飲まずにゆっくりと時間をかけて、味わいながら飲んだりと、より健康と美容に良い工夫をすることができます。

手間と時間を掛けずに作ることで、体内に蓄積できない栄養と酵素を毎日補給することができます。

体が冷えすぎないように気を付けて

時間に余裕があるときに材料を準備して冷凍しておくことで、毎朝とても簡単にスムージーを作って、飲むことができるようになるので、冷凍の活用はダイエットを続けるためにおすすめの方法ですが、冷凍した材料をミキサーにかけるので、冷たいスムージーが出来上がります。

出来上がりは、フローズンドリンクやシェイクのようになるので、暑い夏にはおいしいのですが、体が冷えすぎないように気を付けることが大切です。酵素は、体温程度のあたたかい環境でよく働き、寒いところでは働きが低下する性質があります。

また、おなかが痛くなったり、体が冷えて辛かったりする人もいるので気を付けましょう。冷たい水ではなく常温の水や50度以下の白湯を入れたり、作ってから少し時間を置くことや起床後すぐに冷凍庫から材料を出して身支度をしている間に解凍することもおすすめです。

冷凍で損なわれる栄養価を覚えておくことも大切

忙しい朝でも簡単に作ることができて、野菜や果物の栄養を補給しながら、低カロリーでダイエットになる冷凍を賢く利用したスムージー作りをするときには、冷凍で損なわれる栄養価を覚えておくことも大切です。

葉物野菜は、冷凍すると細胞壁が破壊されるので、しんなりとゆでたような状態になります。料理に使う場合には、歯ごたえなどがなくなりますが、ミキサーにかけるスムージーの場合は、触感が損なわれて、気になりません。

ほとんどの野菜と果物の栄養価は、冷凍しても変化がなく、ゆでた場合と比べると損失が少ないと言われています。バナナは、冷凍することで、ポリフェノールによる抗酸化作用がアップすると言われています。

冷凍すると食感が損なわれますが、栄養価はほとんど変化しないので、安心して冷凍を活用しましょう。

賢く時短で毎日継続を目指そう

スムージーダイエットをするときに、材料をまとめて準備して、1食分ずつ冷凍しておくことで、時間と気持ちに余裕がない忙しい朝でも、手間や時間を掛けずにフレッシュな手作りスムージーを飲むことができます。

手間と時間を掛けないことで、面倒にならずに続けることができることが冷凍を活用するメリットです。ビタミンや酵素は、体の中にためておくことができないので、毎日補給することが大切です。

冷凍することで、栄養価をほとんど損なわずにおいしく続けることができるので、ダイエットの成功にもつながります。材料を冷凍することはできますが、作ったスムージーが余ったからといって、冷凍することは、酸化してしまうので作り立てを飲むようにしましょう。