スーパーで売られている青汁もさまざまな効果が期待できる

高価な青汁ほどよく効きそうな感じがしてしまいますが、長く飲み続けるためには購入しやすい価格であることも大事なポイントです。

スーパーやドラッグストアで販売している青汁は利用しやすい価格帯が多いので、習慣的に飲みたい時に最適です。

スーパーやドラッグストアにも置かれている青汁商品

通販で購入することが多い青汁ですが、スーパーやドラッグストアでも販売しているので、買い物のついでに購入できるのは便利です。送料が必要ないので色々な青汁を試してみて、体に合った商品を見つけられる、というメリットがあります。

デメリットは、その青汁にどのようなアピールポイントがあるのかよく分からないことです。通販の場合、置き換えダイエットに使えるとか、美容成分配合でお肌に良いなど、青汁を飲んだ時の効果が分かるキャッチコピーが付いています。

しかし店頭販売の青汁は商品パッケージから判断するしかないので、効果を求めて購入するなら、使用している原材料や摂取できる成分を確認して目的に合わせて商品を選んでみましょう。

通販に比べて安かろう悪かろうのイメージが強い

通販で販売している青汁に比べると、スーパーやドラッグストアで売っている青汁はチープな感じがするかもしれません。「安物だから効果が実感できないのでは?」と心配になるかもしれませんが、複数の素材をブレンドして販売価格を抑えるなどの工夫がされているので、安いから効果がないというのは当てはまりません。

さらに、全国に店舗を展開しているスーパーやドラッグストアなら、商品を大量に入荷して仕入コストを下げることで販売価格を抑えられるので、通常価格よりも安く購入できることがあります。

値段が高いほど効果がある、というイメージで商品を選んでしまうと、安いのに栄養と飲みやすさが優れている青汁を見逃してしまうかもしれません。

通販よりも低価格帯のものが揃っている

スーパーやドラッグストアは価格の安さが最大の魅力なので、店頭に並んでいる青汁は購入しやすい価格帯がメインになっています。お店によってはポイントカードが利用できる所もあるので、上手く活用すればお得な価格で続けられます。

千円以下で買える青汁はお財布に負担がかからない価格なので、初めて飲む人や色々な青汁を飲んでみたい人にぴったりです。まとめ買いもできる価格帯なので、いくつかストックしておけば青汁が切れてしまって飲み忘れてしまう心配がなくなります。

青汁はまずそうだから飲みたくない、という人もプチプラの青汁を飲んでみたら考えが変わるかもしれません。初めて飲んだ青汁がまずいと二度と飲まなくなってしまう可能性もあるので、プチプラの青汁を2~3種類を買ってみて飲み比べてみましょう。

価格が安い秘密は外国産の野菜を使っているから

価格が高い青汁と安い青汁は、主に原材料が違います。高い青汁は国内で収穫した野菜をメインに使用していますが、安い青汁は外国産の野菜を使っていることが多いようです。

国産の野菜を使っている青汁は安心感がありますが、外国産でも食べられる野菜であることには変わりなく、素材自体に含まれている成分には大きな違いはありません。

そして高級品と言われている青汁には、オーガニック素材を使用している物や、ローヤルゼリーやコラーゲンなどの美容成分が配合した物があります。低価格な青汁は使用している原材料がシンプルで、贅沢な美容成分は入っていません。

ですから、余計な成分はいらないけれど食物繊維やビタミン、ミネラルは毎日摂りたいという人には低価格な青汁が最適です。

飲みやすさは食材の種類で変わる

青汁の原材料で最も飲みやすいと評判なのは、大麦若葉です。イネ科の植物である大麦若葉は、クセのない抹茶のような味がするので、青臭さを感じさせません。

そのため、メインの原材料に大麦若葉を使っている青汁は多く、良い香りがする桑の葉、おひたしやみそ汁に入れて食べることもある明日葉などが多くの青汁で使われています。人気のフルーツ青汁は、これらの原材料に果物をプラスしているので、飲みやすくて美味しい青汁です。

お腹の調子を整える目的で、甘味のあるオリゴ糖を加えている青汁もあります。ジュース代わりに飲めるので、休憩中の飲み物やおやつ代わりにするという飲み方もあり、使い勝手が良くなっています。青汁が飲めるかどうか分からないという野菜嫌いの人は、まずは大麦若葉やフルーツを使用した青汁を飲んでみましょう。

どんな成分が入っているか確かめよう

青汁で摂取できるのは、どのような成分なのでしょうか。厳密には摂取できる栄養は各商品で使用している原材料ごとに違っていますが、一般的には食物繊維とビタミン、ミネラル、アミノ酸といった、体の機能維持に必要な成分が含まれています。

原材料別の特徴的な成分では、大麦若葉はカリウムが豊富で活性酸素を抑えてくれるSOD酵素が含まれています。明日葉にはフラボノイドのカルコンが含まれています。ケールと桑の葉はビタミンとミネラルをバランス良く含んでいて、食事だけでは補いきれない成分をカバーしてくれます。

商品パッケージには使用量が多い順に原材料が記載されているため、商品選びの参考になります。そして原材料とは別に1回分当たりの成分の含有量が記載されていることもあるので、購入前にチェックしておきましょう。

ケールは癖があるので注意が必要

ケールは栄養バランス的には優秀なのですが、青汁はまずいというイメージが付いたのはケールのせいだといっても過言ではありません。ケールはアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーはケールの仲間です。

ケールは青臭い味が強いので、緑黄色野菜が苦手な人は馴染めない味かもしれません。しかし近頃は品種改良によりマイルドな味になったケールも登場していて、大麦若葉などの他の野菜とブレンドして飲みやすさを高めている青汁もあります。

ケールの青汁は水で溶かしてしまうと素材の味が引き立ってしまうので、豆乳やフルーツジュースに混ぜて飲むと青臭さが気になりません。甘さがない青汁なら料理にも使えるので、野菜不足を補いたい時にぴったりです。

初めて飲む人は大手メーカーの青汁がオススメ

初めて青汁に挑戦する人や、毎日飲みたいから信頼度の高い青汁を選びたいという人には、大手メーカーが製造した青汁がぴったりです。誰でも聞いたことがあるメーカーの青汁なら、利用者が多いので口コミで評判を確認することもできますし、あらゆる世代で利用できるように飲みやすさを追求しています。

大手メーカーの多くは商品情報を公表しているため、青汁で使用している原材料や摂取できる成分を公式サイトで調べることができます。大手メーカーの青汁は価格が高そうだと思うかもしれませんが、たくさん流通しているので、マイナーな青汁と比べてみても価格が意外と安いことがあります。

通販と店頭の両方で購入できる大手メーカーの青汁もあるので、都合に合わせて買い方を変えることができて便利です。

サントリーの青汁はお茶のように飲みやすい

飲料メーカーが作った「極の青汁」は国産素材にこだわった青汁で、熊本産の大麦若葉と鹿児島産の明日葉を使用しています。しかも、飲みやすさを高めるために、愛知産の抹茶と宇治の煎茶をブレンドしているので、緑茶感覚で飲める青汁だと話題になっています。

緑茶が好きな人なら抵抗なく毎日飲める味で、お茶の風味がいかせる豆乳や牛乳で割ると抹茶ミルクのような味になるので、大人から子供まで飲める青汁です。

ペットボトルのお茶を販売しているだけあって美味しく飲める青汁なので、飲み物を利用して手軽に野菜不足を解消したい人におすすめです。

この青汁が満足できるのは味だけでなく、ポリフェノールのケルセチン、ベータカロテンやビタミンC、ビタミンEといったビタミン類、鉄分やカルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維が入っています。

どの青汁を飲むかよりもどれだけ続けて飲むかが重要

青汁が栄養豊富な飲み物だとしても、飲まないことには意味がなくなってしまいます。そのため青汁の価格と味は商品を選ぶ時に外せないポイントです。どんなに良い青汁でも高すぎると継続しづらくなりますし、まずくて飲むのに勇気が必要な青汁を毎日飲み続けるのは大変です。

安くて美味しい青汁は原材料にこだわる人には向いていないかもしれませんが、手頃な価格の青汁を毎日飲み続けたい人には利用しやすい青汁です。青汁は気が向いた時にだけ飲むよりも、成分を継続して摂取した方が効果を感じやすくなるので、長く続けられることを重視して選んでみてはいかがでしょうか。

スーパーやドラッグストアに並んでいる青汁は、利用しやすさからロングセラーになっている商品もあるので、使いやすい青汁を見つけて青汁生活を始めてみましょう。