タイプ別に選べる20代向けの化粧品!ブランドやスキンケア方法を解説

化粧品を選ぶとき、どの商品を選んでも同じと考えている方もいるでしょう。ですが肌のことを考えるのであれば、自分の状況に合わせた化粧品を選ぶことが大切です。また20代には、その年代に合った商品があるので注意が必要です。

同じ20代の方であっても、肌のタイプによって適したアイテムは異なります。自分の肌に合ったブランドを選ぶだけではなく、正しいスキンケアの方法も把握しておきましょう。

スキンケアの方法は関係ないと思っていても、お手入れの方法1つで年齢を重ねてからの肌の状態に大きな差が出ます。20代のうちから正しいスキンケアを実践することによって、今だけではなく長くきれいな肌の状態を保つことが期待できます。

20代から気をつけておきたいこと

20代で老化現象を実感している人は少ないことからも分かるように、20代はまだまだ若い年代ですのでスキンケアなども怠りがちかもしれません。しかし20代はお肌の曲がり角という言葉もあるように、これまでの10代のようにはいかなくなってくるころでもあります。

これから年を重ねてよくにつれて出てくる様々な肌の悩みというのは、10代や20代にどれだけ美肌対策に気をつけていたかによっても全く違ったものになってくるということを覚えておくと良いでしょう。

例えば、30代あたりから急に増えてくる肌のシミですが、これは私たちが長年浴びていた紫外線によるメラニン色素が体内に蓄積され、それが表面化してきたものです。若いころは日焼けした健康的な肌が美しいと考えがちですが、将来のシミのことを考えるならば、あまりおすすめできるものではありません。

20代のスキンケアで大切なのは、自分の肌質を知った上で正しい基礎化粧品を使うことです。この頃からお手入れの習慣を作っておくことは、これからの老化現象の進行を遅らせるのにとても重要となってきます。

20代といえば社会人になって数年、やりたいこともたくさんあり、美容にばかりお金をかけていられない人も多いでしょう。基礎化粧品は、高価なものを選ぶ必要はありません。それよりも自分の肌質に合ったものをたっぷりと使うほうが良いです。

20代になると肌の水分量が減る

エイジングケアは40代頃からと思っている女性もいるのではないでしょうか。20代でエイジングケアをするのは早すぎるのかというと、決してそんなことはありません。20代はお肌の曲がり角とも言われており、10代の頃には感じなかった肌悩みが生じるようになってきます。特に20代になると10代の頃よりも水分量が減るので、肌が乾燥してカサつきを感じる人が増えるようです。

それから20代になると、ライフスタイルも変化します。仕事をするようになって睡眠時間が減ってしまったり、お酒を飲む機会が増えるなど食生活が変化することもあります。仕事や人間関係のストレスを抱えることも少なくありません。それに伴いニキビができるなど肌が荒れてしまったり、肌のバリア機能が低下して紫外線のダメージを受けやすくなるといったことも起こりがちです。

エイジングケアは早い時期から始めることで、年齢を重ねても美しい肌を保つことにつながります。肌がダメージを受けたまま放って置くと、実年齢よりも早く老けてしまうこともあるのでエイジングケアは早めに始める必要があります。

最近では若い世代向けのエイジングケアができるスキンケアアイテムなども増えてきています。将来を見越して、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

自分の肌タイプを知ることの重要性

20代はまだまだ若い年代ですので、老化現象を感じている人も少ないことでしょう。しかし20代はお肌の曲がり角ということばがあるように、特に20代後半あたりから、急に肌質の変化を感じている人は多いのではないでしょうか。10代や20代前半は、簡単なスキンケアだけで特に大きな悩みもなく過ごせてきたのではないでしょうか。

それが今まで通りには行かなくなってくるのが20代後半です。一番多いのは、今まではどちらかというとオイリー肌で、ニキビなどに悩まされていたのに、急に乾燥肌になりカサつきが気になってくるというものです。これは体内の水分が減少してくることによるもので、30代以降にも大変多い悩みです。

このように肌質が変化しやすい20代後半は、一度今までの基礎化粧品を見直すのにいい機会でもあります。肌タイプは大まかに分けると乾燥肌、オイリー肌と混合肌になりますが、自分での診断は難しいもの。是非、新しいスキンケアを揃える前に、プロの診断を受けてみることをおすすめします。

またはトライアルを試してみて自分の肌にしっくりくるものを選びましょう。間違った基礎化粧品は肌のトラブルの元です。自分の肌に足りないものを基礎化粧品で補うことから美肌作りは始まります。

20代のスキンケア肌が乾燥気味の場合

20代のスキンケアは肌のタイプごとによっても異なり、乾燥肌人だと強い成分が入っているとそれが刺激になります。選び方の基本はアルコールや香料、着色料などが入ってないものがよく、肌に優しいと感じる成分でも中には刺激があってアレルギーが出ることもあるので注意が必要です。

近年はオーガニックコスメや自然派化粧品などもありますが、含まれている成分次第では肌に負担がかかって肌荒れなどを起こすこともあります。未然にトラブルを避けるためにも、初めて使うときには先にサンプルを取り寄せてから目立ちにくい部位で試してから、異常がないか確かめてから購入した方が安心です。

化粧品は敏感肌用や乾燥肌向けなど専用のものがありますが、実は全てが安全とは限りません。無添加や低刺激でも使う人の体質が異なるため、含まれている成分が合わないときはトラブルが起きたりします。

体質ごとにアレルギーなど肌トラブルを起こす危険がある成分は、薬事法で製品への表示が義務付けされていて、これは防腐剤や界面活性剤、香料などたくさんあります。

これらの成分が入ってないものは無添加や敏感肌向けとしてありますが、無添加だからといっても全く刺激があるものが入ってないわけではありません。表示されてないものでも刺激を感じることもあるので、無添加や低刺激でも油断は禁物です。

20代のスキンケア脂性肌が選びたい化粧品

20代で脂性肌の人のスキンケア選びで重要なのは、皮脂の分泌が多いので皮脂量を調整することです。脂分が多いと細菌も増えやすくニキビなどの肌トラブルが起きやすいですが、過剰に肌の脂分をなくすのもよくありません。

脂性だといって1日に何回も洗顔を行なったり、洗うときに手で擦ったりスクラブ入りの洗顔料を使うと肌に負担もかかり、皮脂を落としすぎてますます余分な皮脂が分泌されるようになります。

洗顔ではそのまま使わず泡立てネットを使うことできめ細かい泡が立ち、肌に負担をかけないでしっかりと毛穴の奥にある皮脂や汚れを落せます。スクラブが入っていると洗った感じがしますが、表面を傷つけるだけなので泡立てネットでたっぷりとふわふわの泡を立てて、その泡をそっと肌に乗せて手の平で転がすだけで肌にダメージを与えず洗えます。

脂性肌はクレンジングと洗顔も重要ですが、スキンケアは刺激の少ないものがよいです。化粧水や美容液などもべたつきがなくさっぱりしたタイプにして、乳液など脂分を補うのは少なくして化粧水などで保湿を充分に行ないます。ファンデーションもリキッドやウォータータイプはやめて、パウダータイプの方が仕上がりも綺麗になります。

20代のスキンケア混合肌ならどれを選べばよいか

20代で混合肌の人のスキンケアの基本はさっぱりよりもしっとりタイプで、低刺激で高い保湿力があり感想肌向けがおすすめで、ニキビが出来たときはニキビ用と乾燥肌用と両方使います。脂性がある部位があるとついさっぱりにしたくなりますが、それよりもしっとりの方がよく肌薄めのUゾーンの乾燥が酷くなるとひりひりしたり、赤みやニキビなど肌のトラブルが起き易いです。

べたつきや乾燥の原因は水分が肌に足りてないためで、高保湿成分が配合されている乾燥肌タイプのスキンケアがよいです。乾燥の原因は肌の保湿成分不足なため、充分に保水ができて低刺激が乾燥肌向けから選ぶのが基本です。混合肌だと不安定なのでUゾーンに大人のニキビが出来やすくため、ニキビ用の化粧水を使ってから乾燥肌用の化粧水を重ねます。

ニキビ予防や皮脂の分泌を抑える作用で乾燥をするため、乾燥肌向けの化粧水で保湿をします。近年、人気が高いオールインワン化粧品ですが、油分が多いタイプだと混合肌には向いていません。肌トラブルの原因になることもあるので、使うときも乾燥肌向けや敏感肌用のオールインワンにした方がよいです。

TゾーンやUゾーンにもたくさん水分を与えて保湿をするために、水分を蓄えられる肌にするために高保湿や、Uゾーンのトラブルを防ぐ低刺激性のものがおすすめです。

敏感肌の化粧品選び

敏感肌の場合の化粧品選びのコツとしては、肌に対して刺激の少ないタイプ、保湿成分重視の化粧品を選ぶことが大切です。

20代の場合には若い時期であるためある程度外部からの刺激に対して肌荒れなど起こしにくい傾向もありますが、敏感肌の場合には外部からの刺激に対して肌荒れ、肌の乾燥につながるためスキンケア時に用いる化粧品に関してできるだけ肌に負担をかけないようにスキンケアをすることが重要なポイントといえるでしょう。

そのため、化粧品に含まれる成分が自分の肌質に対して刺激となる成分が含まれていないかという点をしっかりとチェックすることも必要です。また、敏感肌用として売り出されている化粧品などを中心にチェックするといいでしょう。基本的敏感肌用化粧品の場合には、低刺激タイプとなっているため肌質が弱い方でも肌トラブルを起こしにくい傾向があります。

低刺激であること、肌の乾燥を防ぐ優れた保湿成分が含まれている化粧品を用いてスキンケアをすることで、肌の乾燥を防ぎ肌の状態をよりよい状態に保つことにつながるでしょう。自身の肌質の状態を把握して、化粧品を選ぶ際には価格を重視して選ぶのではなく成分的に刺激が少ないタイプのものを重視して選ぶようにしましょう。

20代のスキンケアおすすめのブランド

20代のスキンケアでおすすめのブランドはオルビスの大人のニキビケアが出来る「クリアシリーズ」です。紫根エキスで肌のバリア機能を高めて、天草エキスで肌にきびの原因を根本的に断ち、オイルカットと高保湿バリアで肌の潤いをケアします。多角的にアプローチをして根本的にニキビをケアをして、乾燥など外的ダメージに負けない潤いがある肌を育成します。

このシリーズでも特におすすめなのが「薬用クリアローション」で毛穴の皮脂に馴染むディープデリバリー処方で、角層まで成分が浸透して、水分バリアの下がった肌に潤いをもたらしてニキビや肌荒れを防いで健康な肌へと導きます。

乾燥肌から普通肌用のしっとりタイプと、脂性肌用のさっぱりタイプなどがあって肌質別にテクスチャーを選べます。乾燥はニキビの出来る原因にもなるのでしっとりタイプがよいです。

季節に関係なくオールシーズン使えて保湿が行なえるので化粧ノリもよくなります。一度取りあえず試してみたい人向けに洗顔料と化粧水、保湿液が入った送料無料のトライアルセットもあります。
これは3週間分入っているので肌との相性も確かめることができて、30日以内の返品も出来るので肌に合わないときでも安心です。

20代のスキンケアどの肌タイプにも使える

20代のスキンケアで人気が高いのがファンケルの「アクティブコンディショニングベーシック」です。アクティブセラミドで美しい角層を育んで、甘藻エキスで栄養を与えてフレッシュローヤルゼリーエキスで潤いと保ち、乾燥によるダメージをケアして瑞々しく滑らかな肌へと整えます。手で馴染ませるようにつけることで、肌が吸い付くようにしっとりとした潤いも実感出来ます。

中でもよいのが「化粧液Ⅱしっとり」です。肌にすっと馴染むテクスチャでべたつきもなくしっかりと浸透します。普通肌や混合肌などどの肌タイプでも使えて、防腐剤や香料、合成色素に石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は使ってないので乾燥肌や敏感肌にも向いています。

刺激が少なく優しい使い心地で化粧ノリもよくなり、無添加なので肌トラブルを起こしやすい人でも安心でしっとりとすべすべの肌へと導いてくれます。

使い続けることで効果を実感している人が多いようで、化粧液や乳液などがセットになった「うるおい肌1カ月実感キット」も初回だとお得な価格で試すことが出来ます。こちらは1回限りで送料無料で、化粧水や乳液など基本的なスキンケアにポーチまでついているので、通常品を購入する前に体験したいときにもおすすめです。

20代のスキンケア化粧品

20代になると、以前とは肌の調子が違うなと感じることもあります。10代は皮脂が多いけれど、20代になると、明らかに皮脂の分泌量が減ってしまうのです。乾燥してきたと感じる人が多いことも事実です。若い時と同じ化粧品を使うのではなく、年齢によって化粧品は変えてみた方が良いと言えます。

どんな化粧品を使えば良いのかわからない人も多いです。肌質には個人差があります。乾燥肌や脂性肌など肌質に合わせた目的の化粧品を選ぶことが美肌を作るポイントです。ニキビや毛穴が気になるなら、ビタミンC誘導体の成分が含まれたものにしましょう。出来れば基礎化粧品は、同じ会社で揃えた方が良いです。

別の会社の化粧品を使うよりも、基礎化粧品はライン使いをおすすめします。その理由は、同じスキンケア商品は、肌の奥に浸透しやすくなるからです。値段が高ければ効果があるというわけではありません。スキンケアをする時に、きちんとハンドプレスをして肌の奥に浸透させることが大事です。

少量しか使わないと、肌に栄養が届かないので、適切な量を浸透させることが美肌を作るために必要となります。20代にきちんとしたスキンケアをすれば、10年後の肌は変わるのです。

20代のスキンケア人気のシリーズ

20代のスキンケアで人気のシリーズでおすすめなのが「アナヤス」です。敏感肌でも使えてエイジングケアを見据えた化粧水や乳液が揃っています。ヒト型ナノせらみどが配合されていて、肌を潤わせてハリやツヤを与えます。アルコールや香料は使ってなく低刺激で、美容研究家や美容ライターも愛用していると話題です。

一番おすすめなのが「アヤナスASクリーム」です。保湿効果に優れたアナヤスシリーズの中でも濃厚な保湿クリームで、スキンケアの最期に使えば、敏感肌の弱った角層の代わりに肌を守る特許技術を取得しています。

高保湿成分の「ヒト型ナノセラミド」や20種類もの美肌成分を配合しています。20代でも後半になってくると秋や冬など乾燥が酷くなってきます。また、夏でもエアコンなどでダメージを肌は受けやすいです。そんな乾燥しやすい季節や場所でもしっかりと保湿が出来ます。顔がぱりぱりしたり一部だけ乾燥してしまい粉をふいたり、または肌荒れなどが起きてしまうのを防いでくれます。

シリーズで使うことでより効果を得やすくなりますし、スキンケアの最期に「アヤナスASクリーム」を使うことでしっかりと保湿が出来た肌を守ることが出来ます。優しくゆっくりと肌に馴染ませるように使うのがおすすめです。

20代のスキンケア美白と保湿ケアが出来る

20代の人向けのスキンケアでおすすめなのが富士フィルムの「アスタリフトホワイト」シリーズです。これは美白と保湿ケアが同時に出来るスキンケアで、独自の技術で極小化した美容成分が角質層の奥深くにまで浸透して、瑞々しくてハリのある肌へと導いてくれます。

このシリーズで一番使ってほしいのが「エッセンスインフィルト」の美白美容液です。美白成分としてビタミンC誘導体とアルブチン、保湿成分に3種のコラーゲンなどを配合しています。シミやそばかすのケアや保湿ケアもしっかりと行なえて、肌に透明感と潤いを与えてくれます。

シミが気になって美白ケアをしたい場合に使えて、テクスチャも伸ばしやすく素早く肌に馴染みます。美白以外にも保湿効果にも優れていて、使い続けることで肌のトーンアップも期待できます。

化粧水や美容液など使いやすいサラサラで、夕方になると出やすいくすみなども気にならなくなります。肌への優しさと保湿力に魅力があるスキンケアです。美容液以外に美白化粧水と美白クリーム、先行美容液が入った5日分のトライアルセットも初回限定でお試しできます。送料無料でUV美容液も突いていて、ハリや効果など肌に合うか試すことが出来ます。

20代スキンケアの選びかた

スキンケア用品のライン使いって見た目からしていいし、憧れますよね。なぜライン使いがいいのかというと、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、そして目的に合った美容液それぞれが最大限に役割を果たせるからです。

製造元はしっかりとスキンケア用品が皆さんのお肌に対して働けるよう、役割を果たせるよう考えて開発、製造しています。化粧水や乳液に関してはさっぱりタイプしっとりタイプなど分かれていますし、クレンジングもクリームタイプやオイルタイプなど様々なものが出ています。その時のお肌の状態に合わせしっかりと使いこなせば効果は倍増です。

ライン使いというとどうしても金銭的に厳しいイメージもあります。決して高いものでなくてもいいのです。自分自身のお肌が今求めているもの(保湿や美白など)をしっかりと見極めて、自分のお財布事情にあったものを購入しましょう。無理な購入は継続が難しくなりますから。

トライアルセットから試してみるのもオススメです。特に新商品などはドラッグストアなどでももらうことができたり、ネット上でトライアル期間などと称して大々的に出ていることもありますので気軽に申し込むことができます。

トライアルセットだとクレンジング、洗顔、化粧水、乳液などとりあえず一通り試すことができます。20代だといって油断せず、しっかりとしたスキンケア選びをしましょう。

20代のスキンケアアイテム選び

女性はいつの年齢になっても綺麗でいたい、と思うものですが年を経ても美しくいるために重要なのが20代のスキンケアです。若いうちから自分にあったアイテムでしっかりスキンケアをすることで40代、50代になった時も美肌をキープすることが出来ます。20代のスキンケアアイテムはとにかく自分の肌質を知り、それに合ったものを探すことが一番大切なポイントです。

SK-IIや雪肌精などの値段が高いアイテムもいいのですが、肌質に合っていなければ効果はありません。そのため、とにかく高いものを買えばいいという訳ではないのです。乾燥肌なら保湿タイプ、敏感肌なら無添加アイテムなどぴったりのアイテムがあるはずなので、きちんとコスメカウンターで肌質のチェックをした上で購入しましょう。

もしリーズナブルなものでないと、という場合ならキュレルなどのドラッグストアでも買えて肌に優しいアイテムがおすすめです。値段に効果がそのまま比例することはほとんどないので、まずは小さいサイズで試してみてから購入しましょう。また、つける量によっても効果は変わります。しっかり保湿するためにはたっぷりの化粧水でお肌を包み込むように保湿することが重要です。

20代でも油断せずしっかりとしたスキンケア

若い時期ではあまり肌に関してそれほど意識しなくてもきれいな若い肌を保つことができます。ですが、加齢に伴い肌の状態も変化してくるため少しでも若い時期からスキンケアをきちんと行うことが重要です。20代だからといって油断せずに肌荒れに関しての予防や保湿を重視したスキンケアを日々、心がけていくことが大切です。

また、肌の状態の変化にも注意しましょう。30代、40代になることで化粧品によるスキンケアでも20代と同じ化粧品では刺激が強すぎる可能性もでてきます。そのため、20代のうちから自身の肌質をきちんと把握しておくことや加齢に伴い肌の変化にあわせたスキンケアを行うことが大切です。

肌に対してのダメージに関しても意識して紫外線対策なども行いましょう。若い時期では日焼けすることで健康的なイメージもありますが、紫外線を長時間浴びてしまうような生活は後々、シミやシワの原因となります。

そのため、外出時にできるだけ肌の露出を防ぐことや日焼け止めなどで紫外線を防ぐように心がけるといいでしょう。若いからといって、日頃から油断せずに定期的にスキンケアを行うことや肌に対してダメージを与えないように生活の中で工夫して対策をしておきましょう。