ダイエットで体重が減らないときは停滞期!焦らない事が重要

ダイエット中に陥りがちなのが、体重計のメモリがなかなか減らない停滞期。最初は順調に減量出来ていても、2週間後から1ヶ月後にやってくることが多くなります。停滞期の乗り越え方と原因について探ってみましょう。

ダイエットしているのに!体重が減らない原因とは

ダイエットを始めると体重計が示した数字に一喜一憂してしまうことはよくあります。減れば一日気分が良く、増えれば一日気分が落ち込んでしまうということも珍しいことではありません。最初は調子よく体重が減っていても、ある時ピタッとそれが止まってしまうことがあります。それが停滞期です。

停滞期はダイエットで行っていた食事制限や運動習慣に体が慣れてしまったことで起こる場合があります。また、女性ならば生理前はホルモンバランスが崩れてむくみやすくダイエットがうまくいかない時期になります。

それぞれの原因に合わせた対処法を取ることが大切ですので、自分はどのタイプか見極めて、最善を尽くしてダイエットに取り組みましょう。

効果が低いダイエット法を実践していない?

ダイエットには方法によって負荷の大きさが違ってきます。食事制限も軽いものからハードなものまで、レベルが大きく違ってきます。それによって痩せるスピードも変わってきますが、あまりにも負荷のっ低いものは続けていても身体が早く慣れてしまい、体重を減らすことができなくなってしまいます。

その場合停滞期が訪れた時には、よりきついダイエットへとレベルアップさせる必要があります。食事内容を見直したり、運動の量や質を高めたりすることで、より過酷な状況へと追い込んでいきます。

食事制限だけでは身体の代謝を悪くして、結果的に瘦せにくい体質にしてしまうことにもつながるので、必ず運動を組み合わせるようにすることもポイントです。

減らないは錯覚?ダイエットのはじめに減るのは水分

停滞期があまりにも早く来た場合、疑うべきは元々痩せていなかったのではないかということです。ダイエットを始めた時に、ガクンと体重が減るのは身体に溜まっていた余分な水分が抜けたためかもしれません。

ヘルシーな食生活になると便秘が解消することもあるので、余計な水分と便がなくなったことで痩せたような錯覚に陥っていたということも考えられます。どちらにしても、むくみや便秘も立派なダイエットの大敵ですのでそれらを改善できたことはメリットになります。

停滞期を乗り越えた時がいよいよ本格的に痩せられる時期になります。ダイエットは一朝一夕で達成できるものではありませんので、余裕を持って長い目で見ていくことが大事です。

体脂肪は減っているのに他のものが増えている

体脂肪計が付いた体重計ならば毎日の体脂肪の推移を確認することができます。体脂肪が減っているのに体重が減らないという現象は運動をしっかりと行っているダイエットで起きがちな現象です。このとき、体重が減らない原因は筋肉の増加にあります。

脂肪と筋肉では筋肉の方が重いので、脂肪が減っても体重が落ちないということになってきます。ただし、筋肉が増えると代謝がアップして太りにくい身体に変化していきますので、決して嘆くようなことではありません。

また、見た目にも変化が現れてきますので、メリハリのある体型に近づいている途中と考え自信を持ってダイエットを続けていきましょう。より筋肉をつけるためにはタンパク質の摂取が効果的ですので、食生活にも変化を持たせましょう。

減らないときはどうやって対処すればいいの?

体重が減らない時は焦ってやる気も損なってしまいますが、より負荷の大きいダイエットにレベルアップしてもやりすぎないように注意してください。続けられなければ、またやめた時に停滞してしまう原因になってしまいます。

目標の期間中は必ずダイエットを全うすることを心に決めて、その中で無理なく進められるダイエットの方法をキープします。停滞期はきちんとダイエットを行っていれば1週間ほどでまた徐々に体重が減り始めます。

その間はあえて体重計には乗らないなどの対処法も効果的です。体重を知らないことで無用なストレスがかかるのを防ぐことができます。大事なのは平常心を保って目の前にあるダイエットプログラムを黙々とこなしていくことです。

ストレスをためずいつも通りに過ごそう

停滞期についついやってしまいがちなのが、体重が気になって日に何度も体重を計ってしまうこと。見るたびに減っていなければその回数だけストレスが溜まります。停滞期というものは誰にでも訪れるダイエット中の大事なプロセスであることをよく理解していれば、そんなに焦ることではないということが分かるはずです。

気分転換のためにスパやサウナに行ったり、マッサージで身体をほぐしてもらうなどゆったりと過ごすことに努めましょう。ダイエットは毎日体重が減ることが大事なのではなく、最終的な目標を決められた期間で達成することにあります。もちろん健康的で美しく痩せられなければ意味がありませんので、決して焦らず無理をしてはいけません。

ダイエットの目的は体重?それともスリムなスタイル?

ダイエットをしているとつい体重にとらわれてしまいます。目に見える変化が自分では感じにくいため、数字というものにとらわれてしまうのは仕方がない部分もあります。しかし、数字が減っても体型に変化がなければ一体何のためにダイエットをやっているのでしょうか。

本来の目的は見た目にもスリムにメリハリのある体型になることです。体重を張り出して街を歩くわけではありませんので、体重はあくまでも目安。それよりも着れなくなっていた服が着れるようになったり、写真写りが変わってきたり、誰かにやせたね、と言われることを励みにダイエットを進めていった方が本来の目的に合っています。

停滞期は体重計で体重を計るのは少しお休みして、ボディラインのチェックとエクササイズに努める時間にしてみてはいかがでしょうか。

食事制限だけでは体重が減りにくい

食事制限はダイエットの基本になりますが、長く続けていると体重の推移が鈍くなってきます。これは身体の防御反応のひとつで、少ないカロリーでも生命を維持できるように消費カロリーをセーブしていることから起こります。

こうなると身体はどんどん痩せにくくなってしまいますので、もしも食事制限だけでダイエットを行っているという人は是非運動を取り入れてください。運動を取り入れると消費カロリーがアップするだけでなく、筋肉量が増えることによって基礎代謝もアップします。

基礎代謝とは、何もしていなくても消費されるカロリー量のことなので、痩せ体質になったと言えます。運動は効率的に脂肪を燃焼できるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

減らなくて悩んでいるあなたにおススメの運動

最も簡単な全身運動は歩くことです。誰でも簡単に始めることができ、必要なものは歩きやすい靴だけです。少し息が弾む程度の速さで毎日数時間歩くことで立派な有酸素運動になります。さらに効果をあげるならジョギング、マラソン、と負荷をあげるようにしましょう。

20分以上続けることで脂肪が燃焼されていきますので、1時間は続けるようにしましょう。水泳は腰や膝への負担が少ないのに、ダイエットには絶大な効果を誇る運動の代表です。泳げなくても水の中を歩いているだけで水の抵抗を受けるので多くのカロリーを消費することができます。

太りすぎて体を動かすことが困難な人にぴったりの運動です。楽しくなければ続けられないという人は、ダンスやバレエなどのクラスを受けても良い習慣になります。

ダイエットのキホン!確実に痩せるダイエット方法とは

これさえすれば必ず痩せることができる、という方法。実は全ての人が良く分かっていることでしかありません。それが、食事制限と適度な運動です。摂取カロリーが消費カロリーより低ければ必ず痩せていくのは変えようのない事実です。

しかし、その簡単なことを邪魔しているのが一人一人にある甘えや欲です。その一口、ついつい食べているおやつ、それらを我慢して、面倒くさがらずに運動することが唯一無二の確実なダイエット方法です。

最新ダイエットは日々生まれては消えていきますが、ダイエットが成功できるかどうかは、どんな方法を試したかではなく、正しいダイエットを強い気持ちでやり遂げることができるかどうかにかかっています。最終的にはやる気と本気度ですので「必ず痩せる」という強い気持ちで自分を叱咤激励してください。