ダイエットで目指すべき体重は美容体重?それとも標準体重?

ダイエットをしようと思ったら、ただ単に食事量を減らしたり運動をするのではなく、計画を立てることが成功のポイントになってきます。さらに、適正体重を知ることで、リバウンドを防ぎながら体重を落としやすくすることができます。

適正な体重ってどういうものを言うの?

ダイエットをしようと思ったら、まずは自分の適正体重を調べてみるのがおすすめです。適正体重を知ることで、どの程度体重を落とせばいいのか目安ができるからです。適正体重とは、健康的に過ごすために最も良いと言われている体重のことで、身長によって変わってきます。

適正体重を知るためには、まずは自分のBMI値を求めてみましょう。これは、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で求められる数値のことで、18.5から25未満が標準的な数字になってきます。

ですので、身長(m)×身長(m)×標準のBMI値(18.5~25)で、自分の適正体重を知ることができます。そのため、適正体重は設定したBMI値によって数kgほど差が出てくるのが一般的です。

太っているのか普通なのかわからない人はBMIを計算してみよう

自分が太っているのか痩せているのか、見た目だけではなく客観的に判断するなら、BMI値を参考にするのがおすすめです。BMI値は肥満度を示すための体格指数のことで、身長と体重で簡単に求めることができます。体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))と計算し、出てきた数字によって肥満の度合いを判断していきます。

BMI値の判断基準は、18.5から25未満が標準になっていて、最も理想な数字は22だと言われています。これに対して、25~30未満は肥満1度、30~35未満は肥満2度、35~40未満は肥満3度、40以上を肥満4度を分けています。肥満度が3以上になると、健康診断時に治療の対象となってくるので注意が必要です。

BMIってどういうもの?

健康診断などで耳にすることが多いBMIは、ボディー・マス・インデックスの頭文字をとった略語です。身長と体重を比較して求める数値を利用して、その人の肥満度を判断する体格指数として利用されています。

このBMI値は、1835年にアドルフ・ケトレーというベルギー人が統計手法として使いはじめたのが最初だと言われています。BMIの計算式は体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で、この計算式は世界共通として使用されています。ですが、肥満度の基準となる数値は国によって変わってきます。

日本肥満学会では、標準数値を18.5~25未満と定めていて、22を標準体重としています。BMI値が25以上になると肥満に分類されるので、注意するようにしましょう。

健康的に痩せるためには体重はどのくらい落としていいのか

ダイエットについて雑誌や美容情報サイトをチェックしてみると、単品の食品を食べ続けるダイエットやプチ断食などが人気をあつめています。これらのダイエット方法は減量効果が高く、短期間で体重を落とすことができるのが魅力です。

けれど、体にかかる負担が大きいため、強いストレスやドカ食いに繋がる可能性があるので注意が必要です。リバウンドを防ぎながら健康的に痩せたいなら、1か月に落としても良い体重を知ることが大切です。

一般的に、今の体重の5%までなら、1か月に痩せても問題ないと言われています。これによると、体重が60キロの女性の場合、1か月に3キロまでのダイエットが上限になってくるので、目安にしてみましょう。

一日に摂取するカロリーはどのくらいが適正なのか

ダイエットにチャレンジする時は、やみくもに食事量を少なくするだけでは、強いストレスがかかってしまいます。さらに、自分がどの程度頑張っているのか、客観的に分かりづらいというデメリットもあります。

これを防ぐためには、1日の適正摂取カロリー量を把握して、それに近づけるようにしていくのがおすすめです。適正摂取カロリー量は性別や年齢、1日の運動量などによって個人差があります。

ですが、成人女性の場合は1800kcalから2200kcalが1日の適正摂取カロリー量になってくるので、目安にしてみましょう。この適正カロリーを1日三食で分けるため、1回の食事では600kcalから730kcalほどに抑えるのが目標になってきます。

モデルさんみたいにスリムになりたい!理想体重とは

10代や20代の若い女性の中には、モデルや女優のようにスリムな体型になりたいと思い、ダイエットに励む人がいます。この場合のダイエットは、適正体重や標準体重を目安にするのではなく、理想体重を目標にかかげるのがおすすめです。

理想体重は美容体重やシンデレラ体重とも呼ばれ、BMI値では20や18、17ほどの体型のことを指しています。身長160cmの女性の場合、標準体重は56.3kgになります。これが美容体重では51.2kg、シンデレラ体重では46.7kg、モデル体型では43.5kgにまで軽くなっていきます。

ただし、シンデレラ体重やモデル体重まで痩せると、BMIでは痩せすぎの状態に分類されるので、ダイエットのし過ぎには注意が必要です。

無理なダイエットはリバウンドしやすい?健康的に痩せよう

ダイエットに成功し体重を落とすことができても、肌の調子が悪くなったり、寝不足やストレスなどで健康を害してしまっては意味がありません。これらの症状は、短期間に無理な食事制限を行うダイエットで起こりやすいのが特徴です。

さらに、ストレスの強いダイエットは、その後のドカ食いに繋がり、ダイエット前と比べて太ってしまうこともあるので注意が必要です。リバウンドを防ぎつつ、健康的に痩せていくためには、長い期間をかけてゆっくりと体重を落としていくことが大切になります。

1か月に落としても良い体重は、今の体重の5%までと言われているので、これを目安にしながら、食事制限と運動を組み合わせていくことで、綺麗に痩せることが期待できます。

美容と健康を意識してダイエットの目標体重を決めよう

ダイエットのモチベーションを維持するためには、目標体重を決めてチャレンジしていくのがおすすめです。目標体重はBMI値を参考にして決めることができるので、チェックしておきましょう。目標体重が決まったら、1か月に落とすことができる体重を調べてみましょう。

一般的に、健康的に痩せるためには、今の体重の5%の減量を上限にしてダイエットするのがおすすめだと言われています。これらの数値を調べることにより、健康と美容を意識してダイエットを進めていくことができます。

さらに、ダイエット中の食事は、野菜や海藻、キノコをメインにすることで美肌効果も期待できます。これらの食品にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、デトックス効果や肌の新陳代謝アップが期待できるからです。

性格は人それぞれ!自分にあったダイエット法とは?

美容雑誌や情報サイトなどを探してみると、さまざまなダイエット方法が紹介されています。どのダイエットが1番効果が高いのか、それは個人によって変わってくるので、自分にあったものを楽しみながら行うのがおすすめです。

料理が好きだという人は、豆腐やこんにゃく、ダイエットフードなどをアレンジしてダイエットに挑戦してみましょう。飽きっぽい性格だという人は、隙間時間に行うことができる、ながらダイエットの方法をたくさん覚えておくことで、少しずつ体重を落としていくことが期待できます。

体を動かすことが好きだという人は、ウォーキングや水泳を上手に取り入れてみましょう。育児で忙しいという人は、子供と一緒に遊ぶことも、ダイエットに繋げることができます。

性格にあったダイエット方法を診断してみよう!

痩せたいという思いは強くあるのに、なかなかダイエットが長続きしないという人は、行っているダイエット方法が自分にあっていないことが考えられます。ダイエットを成功させるポイントは、長く続けて習慣化させることになります。

そのためには、ダイエット自体が楽しいものでなくては、ストレスが強くかかってしまい、挫折へと繋がります。ダイエットの挫折が多く続くと、筋肉量が落ちた痩せにくい体になるので注意が必要です。

自分にピッタリのダイエットは、ダイエット診断で見つけることができます。ダイエット診断は、1人1人の性格にあったダイエット方法を示してくれるので、楽しみながら行うことができるのがメリットです。このダイエット診断は、ネットなどで多く公開されているので、ぜひ利用してみましょう。