ダイエットには欠かせない!”lカルニチン”って?成分や効果を知って効率的にダイエット

ダイエットには欠かせない成分として、lカルニチンがあげられます。ですが必要な成分と言われても、どのようなものなのか知らないという方も多くいるでしょう。そこでlカルニチンについて把握しておくことで、効率的にダイエットを行うことにつながります。

lカルニチンがどのようなものか把握すると効率的に痩せられる理由の1つが、効果を最大限に活かせることです。聞きなれない成分でも、実はさまざまな効果が期待できます。

そのためどのような効果があるのか把握し、ダイエットに積極的に取り入れられるようにしましょう。成分について把握するだけではなく、lカルニチンを摂取するためにはどうしたらいいのかという点も含めて調べることが大切です。

l-カルニチンを脂肪の分解に役立てる

どれだけ運動を続けていても脂肪を上手く燃焼させる事ができず、体重が減らなくて困っている人に役立つのがアミノ酸分解物のl-カルニチンです。このアミノ酸をダイエット目的で摂取する人も増えており、腹部をスリムに見せる事ができたという体験者の口コミも数多く寄せられています。

l-カルニチンが腹部をスリムにできるのは、皮下脂肪だけでなく内臓の周囲に付いた脂肪を落とす効果も期待できるためです。内臓脂肪は運動をしているだけで落とすのは難しいので、皮下脂肪だけ落ちても見た目がスリムにならないという人が大勢います。

そんな厄介な内臓脂肪に対処をするためにも、運動をしながらダイエットを続けている人も、l-カルニチンを活用する事が増えてきました。魚介類に多く含まれているアミノ酸なので、摂取カロリーの高さが気になるという人はサプリメントでl-カルニチンを摂取したという口コミも多く寄せられています。

脂肪の燃焼をサポートできるだけでなく、筋力増強効果が期待できるのも、このアミノ酸を活用する人が増加している理由です。筋力トレーニングを行っても筋力を増加できなかったけれど、l-カルニチンを摂取するだけで筋力が増えやすくなったという口コミも見つかります。

脂肪燃焼をサポートするlカルニチン

lカルニチンはアミノ酸の一種で、エネルギーを作り出して体内にたまりやすい脂肪の燃焼をサポートする働きがあります。主に肉に含まれている成分で、体内に豊富にあることで余分な脂肪が燃やされて太りにくい体質を形成することができます。

体内では必須アミノ酸であるリジンとメチオニンを材料として肝臓で合成され、たんぱく質にはならない遊離アミノ酸の一種です。成人一人で約20gを体内に含んでいて、骨格筋を中心に肝臓・腎臓・心臓等からエネルギーを作る原動力の役割を担っています。

lカルニチンには脂肪の燃焼を補助する働きや疲労感を和らげる効果がある為、スポーツをする人やダイエット中の人には特に有効な成分です。

lカルニチンは20代で生成のピークを迎え、それ以降は加齢と共に体内からどんどん減少していってしまいます。本来は外部から摂取する必要はありませんが、体内での合成速度がそれほど速くないので不足することがあります。

また、体内で脂肪酸をエネルギーとして使用する為、ダイエットの際にはlカルニチンを摂取することで脂肪が燃焼されやすくなり、より痩せやすくなるのです。

特に運動時には体からのlカルニチンの要求量が多くなるので、スポーツの際やダイエット中には、サプリメント等で摂取するのが効果的と言えます。

疲労回復におすすめの成分

lカルニチンは疲労回復の効果が期待できる成分です。睡眠を十分にとっても、なかなか疲れが取れないという場合、エネルギーが不足している恐れがあります。エネルギー不足になると身体の代謝も低下し、休んでも疲労が取れないという状態に陥ってしまうのです。

lカルニチンはエネルギー代謝を高める効果があるので、意識して補うと疲労回復に効果があります。エネルギーを作り出すには脂肪酸を、ミトコンドリアへと運ばなければいけません。lカルニチンはミトコンドリアへと脂肪酸を、運ぶ役割をする成分です。

ですので足りなくなってしまうと、上手くエネルギーが作られずに結果、疲労が蓄積されるという仕組みです。1日2回、2gの摂取すれば肉体疲労、運動後の疲労、睡眠障害などで高い効果があったという研究データもあります。

身体の疲労感対策だけでなく、筋肉疲労の回復にも有効です。筋肉細胞の分解を抑えて筋肉痛を緩和するという効果を発揮します。

lカルニチンによってエネルギーが多く生み出される事により、筋肉に力を与える事ができるので筋肉痛の緩和や筋肉疲労の回復が期待できます。運動をしている方は筋肉疲労対策として、lカルニチンを補ってみてはいかがでしょう。

脂肪をメラメラ燃やす成分

「lカルニチン」は脂肪燃焼をアップする効果がある成分です。脂肪をエネルギーとして使うには、脂肪酸をミトコンドリアに運んでもらわなければいけません。例えば運動でダイエットをしているのにも関わらずなかなか脂肪が落ちないという場合は、もしかしたらlカルニチンが不足している恐れがあります。

この成分が足りなくなると運動で脂肪を遊離脂肪酸に分解しても、分解した脂肪酸をミトコンドリアへと運ぶ事ができません。すると脂肪酸をエネルギーとして使う事ができなくなるので結果、使われなかった脂肪が内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されてしまうという仕組みで太ります。

lカルニチンは脂肪酸をミトコンドリアへと運ぶ、役割をしている成分です。意識して補う事で脂肪酸がどんどんミトコンドリアへと運ばれ、エネルギーとして使われていくため脂肪がメラメラと燃えて行きます。脂肪がエネルギーに変わり効率的に使われるようになれば、太り難く痩せにくい体質へと変化するでしょう。

逆に過度な食事制限を行い体内のlカルニチンが足りなくなってしまうと、いくら摂取カロリーを減らしたところで脂肪がエネルギーに変わり使われないので、なかなか痩せる事ができません。

lカルニチンの効果を確認

lカルニチンを意識して補う事によって、生活習慣病の予防に繋がります。脂質異常症といった生活習慣病を放置してしまうと、やがて動脈硬化や心筋梗塞といった大きな病気を引き起こすリスクが高まります。脂質異常症は血中のコレステロール値が上昇する事で起こる病気です。

上手く脂肪がエネルギーとして燃焼されないと、血中に脂肪が溜まってしまい結果コレステロール値が上昇し、脂質異常症を初めとする生活習慣病を引き起こします。lカルニチンは脂肪をエネルギーとして使うために、必要不可欠な成分です。

十分な量を体内でキープできれば、脂肪がどんどんエネルギーとして燃やされ結果、脂質異常症などの生活習慣病予防に効果が期待できます。

また不妊症改善にも効果が期待できる成分として注目を集めています。人の体には60兆個の細胞があり、そのほとんどにミトコンドリアが存在しています。特に卵細胞にミトコンドリアは多く存在しているようです。lカルニチンはこのミトコンドリアに脂肪酸を運ぶ成分です。

脂肪酸が運ばれるとミトコンドリアが活発になり、最終的には卵細胞も元気になり妊娠しやすい状態になると言われています。女性の不妊だけでなく精子を元気にする働きもあるlカルニチンは、男性の不妊対策にも効果的です。

免疫力アップ・抗酸化作用も期待できる

lカルニチンには免疫力アップや、抗酸化作用といった効果も期待できます。lカルニチンは細胞に含まれるミトコンドリアへと、エネルギーとなる脂肪酸を届けるという役割を持っているのが特徴の成分です。

この成分がエネルギーと届ける細胞には免疫細胞も含まれます。免疫細胞は体内に入り込んだウイルスや菌を見つけて、排除するという働きをする細胞です。この細胞が元気だと感染症を発症するリスクが下がります。

体内にlカルニチンが十分にあれば、免疫細胞の活動が高まり結果、免疫力がアップするという仕組みです。またこの成分は非常に抗酸化作用に優れています。抗酸化作用の高い栄養素としては、ビタミンCやビタミンEが有名ですがlカルニチンは、これら以上に抗酸化作用が高い成分です。

加齢やストレスの多い生活、また喫煙は体内の活性酸素を増加させ、細胞レベルで酸化による老化を促進させてしまいます。活性酸素が増え過ぎてしまうと老化が進むだけでなく、ガンなどの病気も引き越すリスクがアップします。

抗酸化作用が高いlカルニチンは、増え過ぎた活性酸素を減らし老化防止や病気の予防の効果が期待できる成分です。また悪玉コレステロールと活性酸素が結びつくのを防ぎ、動脈硬化の予防にも効果的です。

lカルニチンで脂肪を燃焼

lカルニチンは必須アミノ酸から作られる化合物の一種です。人の筋肉に多く存在していて、脂肪の燃焼を助けています。なのでlカルニチンはダイエットに効果的な成分として注目されているのです。lカルニチンが脂肪を燃焼させている仕組みは、運動エネルギーを作り出すミトコンドリアと関係しています。

脂肪が分解されて出来る脂肪酸はミトコンドリアの活動を活性化させますが、そのままでは細胞膜を通過することができません。そこで脂肪酸がlカルニチン結びつき細胞膜を通過してミトコンドリアまで届くという訳なのです。

こうして体内の脂肪を運動するための動力に変換して効率的にダイエットに繋げることができます。そこでぜひ積極的に取っていきたいもの。食品でいうと牛肉に多く含まれていますね。とくに赤身の部位を選ぶとカロリーも抑えられていいでしょう。

そのほか青魚やアボカドなどかたらも摂取することができます。しかし、特定の成分を食事だけから補給するのはなかなか面倒です。lカルニチンはサプリメントとしても様々な商品が開発されています。

サプリメントならば効能がギュッと凝縮されていて量も少なくてすみ体への負担が少なくて済むのが最大の利点。コンビニやドラッグストアでも販売されているので手軽に購入できます。

落としにくい脂肪にも有効なlカルニチン

lカルニチンは、余分な脂肪を燃焼させる作用を持つ遊離アミノ酸の一種で、ダイエットサプリの主成分として多く用いられています。

具体的には、体内でミトコンドリアに脂肪を運搬するという役割を担っており、この成分を十分に補給することで余分な脂肪をスムーズにエネルギーに変えられるようになります。これにより、脂肪がつきにくいシェイプされた状態をキープすることが出来ます。

なお、lカルニチンは20歳代をピークにして体内での生産量は徐々に低下してしまいます。

このために、中年以降は不足しがちとなり、皮下脂肪がつきやすい状態となります。ちなみに、lカルニチンは羊肉や牛肉に多く含まれているので、これらを食べる習慣の有無により摂取量にはかなりの違いが生じることになり、体型の違いにもつながることになります。

例えば、同じ強度のカロリーダイエットを同じ期間実施したとして、lカルニチンを摂取したグループとそうでないグループとでは体脂肪率に差異が生じます。これは、lカルニチンを摂取したグループには皮下脂肪を燃焼させるという作用が発揮されたためで、体重が同じであったとしてもよりシェイプされたスタイルに変化します。

なお、このような皮下脂肪を燃焼させる作用は全身に均等に発揮されるので、二の腕や下腹といった落としにくいとされる部分にも効果的です。また、この遊離アミノ酸を摂り続けている限り効果は発揮されるので、ダイエット後のリバウンドを防ぐのにも有効です。

効果的な飲み方

サプリメントでlカルニチンを摂取する場合、より効果的な飲み方があります。まず1日に摂取しても良い上限の目安を確認しておきましょう。摂取量は特に決められていませんが、1日の上限目安として1000mgという量が厚生労働省で定められています。

サプリメントの場合、ついつい過剰に摂取してしまいがちですが、この1000mgという量を守って服用する事が大切です。lカルニチンは脂肪燃焼効果をアップする効果がある成分として知られています。

より脂肪を燃やしたいのであれば、筋力トレーニングや有酸素運動前にサプリメントを服用するようにしましょう。lカルニチンは脂肪酸をミトコンドリアへと運んで、エネルギーへと変える成分です。ですが、ただlカルニチンを補っただけでは、脂肪を燃やす事はできません。

身体に蓄積されている脂肪、食事で摂った脂肪どちらも遊離脂肪酸という形へと分解しなければ、ミトコンドリアにまで運べないのです。脂肪を遊離脂肪酸へと変えるには、運動が必要不可欠です。運動をすると交感神経が刺激されて、中性脂肪などを遊離脂肪酸に分解する、リパーゼという脂肪分解酵素の働きが活性化されます。

この事をふまえると運動前に服用すれば、より脂肪がエネルギーとして使われるので、ダイエット効果もアップする事が分かります。

また食事で摂った脂肪を効率的にエネルギーへと変えるために、食前に服用しておくのもおすすめです。特に脂肪分やカロリーの多い食事をする時や、消費エネルギーが減ってしまう夕食前に服用するのがベストです。

食事の約30分程度前に服用すれば、食事の時にちょうどlカルニチンが体内に行き渡るので脂肪燃焼効果が高まります。

起こりうる副作用

lカルニチンは多めに摂取したとしても、身体の外へと排出されると言われており、ほとんどの場合では副作用が起こる心配はありません。ですが、過剰に摂取してしまうと副作用が起こる可能性があるので注意が必要です。

過剰摂取した場合に起こりやすい副作用としては、腹痛や下痢が挙げられます。特にサプリメントで摂取した場合、他のサプリメント同様に過剰摂取してしまうと、お腹の調子を壊しやすくなるようです。

腹痛や下痢といった症状が出た場合、一旦使用を中止して様子を見たり飲む量を減らすなどして対処しましょう。また場合によっては動脈硬化を発症するリスクもアップします。lカルニチンは元々、脂肪燃焼を促し動脈硬化を予防する働きがある成分として知られています。

人の体内にいる細菌の中にlカルニチンをエサするものがあり、この菌が多いと動脈硬化を引き起こしてしまうリスクがアップするようです。lカルニチンをエサとする細菌には、トリメチルアミン-N-オキシドという物質を増やすという特徴があります。

このトリメチルアミン-N-オキシドが動脈を硬くしてしまうそうです。まだ動物実験のみで確認されているものですが、副作用を起こさないためにも過剰摂取する事は避けた方が良いでしょう。

含有量の多い食品

lカルニチンが最も多く含まれているのは肉類です。動物の骨格筋や心臓などに多く含まれている成分という事もあり、他の食品と比較した場合、lカルニチンの含有量はお肉がトップクラスです。お肉の中でも特に赤み部分に、多く含まれていると言われています。

お肉には色々な種類がありますが効率的に補いたいのであれば、ラムやマトンといった羊のお肉がおすすめです。ただ毎日、羊のお肉を食べ続けるのは難しいと感じる方が多いでしょう。身近なお肉であれば、牛肉に多く含まれています。

しかしお肉には飽和脂肪酸という、身体に蓄積されやすく燃焼しにくい脂肪が多いという特徴があります。lカルニチンを多く摂ろうとして、お肉を過剰に食べ過ぎてしまうと飽和脂肪酸によって、かえって太ってしまうかもしれません。

お肉だけで摂取するのではなく、他の食品からでもバランスよく補うのがおすすめです。lカルニチンは魚介類にも含まれています。赤貝に多く含まれていると言われていますが羊のお肉同様、毎日食べ続けられる食品ではありません。

カツオやブリ、鰹節にはlカルニチンを作る為に必要なリジン・メチオニンといったアミノ酸が豊富です。この他にチーズなどの乳製品、アボガドなどにも少量ですが含まれています。含有量は少なくても色々な食品から摂るようにすれば、食事のバランスも整い健康的に痩せられるのでおすすめです。

lカルニチンが欠乏するとどうなるか

lカルニチンは地球上の生物の中に存在する成分として有名です。ミトコンドリアが血中に放出された脂肪を取り込むときにlカルニチンが必要になります。lカルニチンが欠乏すると、低血糖発作による昏睡などの症状が出ることがあります。

lカルニチンは、体内に存在して脂肪燃焼に重要な役割を担っています。加齢によって体内で生成される量が少なくなるので、欠乏している場合は経口摂取を行うことで様々な症状の改善効果が期待できます。

深刻な副作用もないため、サプリメントで補う人も多いです。2004年に行われたドイツの大学の実験で脂肪燃焼を促すという結果が出たことで、日本でも注目を集めるようになっています。

lカルニチンは、筋肉の中に多く存在します。心臓の動きをサポートするという臨床研究も発表され、うっ血性心不全や狭心症などの症状が改善したという報告も出されています。経口摂取した場合の効果は未だに完全には判明しておらず、現在でも世界中で研究が行われているところです。

厚生労働省では、健康のためにサプリメントとして摂取する場合は1日の上限目安を1000mgとしています。ダイエットに利用する場合は痩せたいために量を多く摂取してしまう人もいますが、目安は守って摂取することが大事です。

不足してしまう原因

lカルニチンが不足してしまう原因としては、「間違ったダイエット」が挙げられます。この栄養素は肉類に多く含まれていますが、その他の食材にも微量ではあるものの含まれています。ですので毎日、バランスのとれた食事をしておけば、不足してしまうという事はほぼありません。

ですが早く痩せたいと肉類を全く食べず、しかも他の食材も少ししか食べないといった、極端な食事制限によるダイエットをしてしまうと不足してしまうケースがあります。脂肪を燃やしてくれる栄養素が欠乏してしまう事によって、さらに痩せにくく・太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。

過度な食事制限によるダイエットは、痩せにくい体質を作り出してしまうだけでなく、病気を招く危険性もあるので危険なダイエットと言えます。

また病気やそれに伴う治療によっても、不足してしまうケースがあるようです。遺伝性の病気で生まれつきlカルニチンを体内で、作れないという方がいます。この他に肝臓病や腎臓病を患っている人も、体内で上手く作れずに足りなくなる事があります。

腎臓病によっては透析治療を必要とする場合がありますが、この透析によって身体の中からlカルニチンが過剰に失われる事もあります。この他にも、抗てんかん薬や抗菌薬など薬剤での治療も、不足してしまう原因と考えられています。

lカルニチンのサプリはダイエットに最適

lカルニチンの摂取は脂質代謝の改善が図れるため、ダイエットに最適です。lカルニチンを含有している羊肉や牛肉などの食品を食べて運動をするとダイエットにつながりますが、羊肉や牛肉を食べすぎると逆に太ってしまいます。

そこでおすすめなのがlカルニチンのサプリメントです。サプリメントにはlカルニチンが豊富に含有されており、それでいて極めて低カロリーです。よって、ダイエットにはサプリメントの摂取をおすすめします。

lカルニチンのサプリメントを摂取する際の注意点として、たまに飲むのではなく、継続して摂取することが大切になってきます。サプリメントは即効性がないため、飲むとすぐに痩せられるわけではなく、飲み続けているうちに徐々に代謝が良くなってきて太りにくくなります。

食べても太りにくい体質を目指せるので、ダイエットに成功後のリバウンドを防ぎ、スリムな体型の維持が図れます。ダイエットの成功率を高めるためには、サプリメントを摂取しながら有酸素運動をすることがおすすめです。

ウォーキングなどの有酸素運動をすると代謝が良くなり、サプリメントとの相乗効果が期待できます。サプリメントは運動や食事の前に飲むのが効果的です。

有酸素運動と筋トレがおすすめ

lカルニチンの摂取と一緒にしたい運動としておすすめなのは、有酸素運動と筋トレです。有酸素運動は体内に酸素をたくさん取り入れながら継続的に体を動かすことで脂肪を燃焼させる効果が期待できる運動です。

ウォーキングや軽いジョギングやエアロビクスなどがそれにあたります。運動を開始してから20分が経過したくらいから脂肪が徐々に燃焼し始めますので、少なくとも30分以上は運動を継続させる必要があります。

筋トレは筋肉量を増やすことで基礎代謝量をアップさせる効果が期待できる運動です。基礎代謝量は人間が生命を維持するために必要な最小限のエネルギーのことで、言い換えれば何もしなくても勝手に消費されるエネルギーということになります。

この基礎代謝量をアップさせることで消費カロリーが自ずと増えるので、効果的かつ効率的なダイエットを実現させることが出来ます。基礎代謝量をアップさせるためには体の中の大きな筋肉の量を増やすということがポイントとなりますので、腹筋や背筋や下半身の筋肉などを中心に鍛えましょう。

有酸素運動や筋トレの前後にはしっかりとストレッチを行うことも大切です。ストレッチにより運動効果がアップしますし、怪我や筋肉痛の予防にもつながります。