ダイエットには水泳!カロリーを消費しやすい泳ぎ方や注意点まとめ

ダイエットには、食事と運動がセットで大事になります。カロリーが効率的に、消費できるのが全身運動になる水泳です。水の中で、運動をするのは普段よりも水の抵抗があるのでカロリーの消費は多くなります。また、体重が重い場合はウォーキングやマラソンでは膝や腰に負担がかかる場合があります。

しかし、水の中なら浮力があるので体への負担は軽くなります。ダイエットには、とても最適な運動が水泳になりカロリー消費もできます。泳げないという場合でも大丈夫です。初めは、プールの中を歩くだけでも運動ができ慣れてくると泳げるようになります。

まずは、始めることがダイエットに一番大事です。プールに入るので、気になる体型も周囲からは見えないので安心してできます。

水泳は無理なく大量のカロリーが消費出来ます

水泳は身体をくまなく動かす全身運動です。他の運動方法に比べて体全体をフル稼働させられますので、バランスよくシェイプアップが出来ます。更に消費カロリーが非常に大きいです。短い運動時間でランニング以上の消費カロリーが得られます。また水中は浮力が発生しており、体が自然と浮かび上がり、膝や腰への負担を大幅に軽減します。

肥満な方がランニングや筋トレをすると膝や腰に体重が掛かり、運動に慣れていない場合だとダイエットに取り組む事が原因で腰痛になったり、ケガをしてしまう恐れが高いです。一方で水泳であれば運動が不得意な方でも最初から無理なく減量が出来ます。

ケガや腰痛などもリスクもなく、上手く泳ぐ必要もありません。最初のうちはスポーツジムのプールで歩行するだけでも十分なカロリーが消費出来ます。水の中では浮力が発生するだけではなく適度な抵抗が生まれ、地上で歩く以上にカロリーが消費され、毎日一時間程度でもかなりのシェイプアップ効果が得られます。

水に慣れてきたら、クロールや平泳ぎなどに挑戦しましょう。腕から足まで体全体を動かす運動です。筋トレとランニングを同時にするようなダイエット効果が得られますので、美しく減量をしたい女性陣に推奨されています。

水泳ダイエットの特徴

これからの暖かくなる春に向けて、薄着や露出の多いファッションをしたいと考えている方が多いです。そのことから、自分の体型に自信がなく、ダイエットを試みているという方が増えてきています。ただ、どうしても自分に合ったダイエット方法がわからなかったり、三日坊主になってしまうことがあります。

近年では、水泳ダイエットの人気が高まってきています。全身運動でもあることから、しっかりとカロリーを消費することができます。ただ、水泳を始める前にはしっかりと準備運動を行うことが重要です。運動不足の方が突然泳ぐことにより、怪我をしてしまう場合が少なくありません。やみくもに泳ぎ続けることは身体への負担がかかってしまうことから、避けた方が良いです。

自分に合ったペースでゆっくりと長時間泳ぐことが大切になります。また、水の中であっても発汗していることから、水分補給を忘れずに行うことが必要です。最初は、無理のない範囲で泳ぎながら身体を慣らしていき、少しずつ水泳時間を増やしていく方法が効果的です。

毎日継続することにより効果が出てくるものなので、きちんと続けることが大切です。疲れている時は無理をせずに、ゆっくりと休むことも大事です。

水泳におけるカロリー消費のメリット

水泳をしているときのカロリーの消費量は非常に大きいものです。そのため水泳をダイエットとして考える人が非常に多く、メディアなどでも多く取り上げられて有名になっています。このダイエット方法には、カロリー消費以外にもメリットがたくさんあります。

水泳は全体運動と呼ばれる運動で、体全体を大きく動かす運動です。水中は普段の生活の何倍も体に負担がかかります。それにも関わらず、水中は重力抵抗が減るので体はそこまで負担を感じていないような気になります。なので、気持ちも楽で、さらに消費カロリーも多い水泳ダイエットに人気があります。

普段運動しない人がダイエットのためにランニングをするのはとても難しいものです。急に体を無理に動かすと怪我をしてしまったりなど、思わぬ事故を招いてしまったりする恐れがあります。しかし水中であればそういった事故も起きにくく、心配はないのです。なのでダイエットだけでなく、リハビリなどにも使われ、医学的効果が科学的に実証されています。

水泳は有酸素運動で、ダイエット効果が非常にあります。なので無理な負担を身体にかけず、カロリー消費の効果が望めます。ダイエットをする際は、このようなことを知り、効果的に使うことが大切です。

セルライトの原因と除去

セルライトは、皮膚の表面に現れる凹凸です。なぜこうなるのかというと、皮下脂肪が肥大化してしまうからです。肥大化した結果、表面が凹凸になります。より具体的に言うと、皮下脂肪から分化した繊維芽細胞という細胞が表面側に引っ張られることで凹凸が生じます。これの原因として、睡眠不足などが挙げられることがありますが、直接の原因は皮下脂肪が肥大化しすることです。

このように皮下脂肪が肥大化することは、つまるところカロリー摂取が多く、脂肪が体に多くついてしまったことに起因します。そのため、これを除去したいとなれば痩せることが必要です。そして、女性にセルライトが多いといわれている原因は、単純に女性の体が脂肪がつきやすい体質だからです。別に男性にもできないわけではありません。

原因がこのようなことであるため、セルライトを除去するためにエステを活用するといった方法は意味がありません。同様にリンパマッサージをしても意味はないです。ただ一つの解決方法は、ダイエットをすることにつきます。

脂肪を燃焼させて痩せていけばおのずとセルライトはなくなります。皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落ちにくいため、痩せるためには長期的な運動が必要になりますし、食事にも気を付けなければなりません。

水泳はカロリーとセルライトを減らせます

水泳がセルライトに効果がある理由は、有酸素運動にあります。水泳は有酸素運動のひとつですが、有酸素運動は体の中に酸素が取り込まれて、代謝や血流が活性化し体内の脂肪を燃やす働きが起こって、代謝で老廃物や無駄な水分を排出することが期待できます。

セルライトを無くすために筋トレやジョギングでカロリーを減らすこともありますが、セルライトを除去しやすくするには有酸素運動をして、激しい運動をするよりもじっくりと体が温まっていくような運動が適しています。有酸素運動のひとつである水泳で、水中でのウォーキングは体全体の筋肉を使い、水の浮力や抵抗が働いて、普段とは異なる筋肉を使うことができます。

水中であれば水圧があるので水の中で体を動かすだけでも体は引き締まりやすくなります。プールの水温は体温よりも低く、体が熱を奪われないように体温を作る働きが生まれるため、さらに脂肪は燃えやすくなります。水泳ができる場合には泳いでカロリーや脂肪を減らすことができます。

特に息継ぎは脂肪燃焼に良い効果があります。ゆっくり時間をかけて長く泳ぐと脂肪燃焼効果はあがります。週2回程度無理のない程度に泳ぐと良く、泳ぎが得意ではないという場合でも、水中ウォーキングなどをすると良いです。

水泳ダイエットなら平泳ぎ!

全身を使った運動が出来る水泳は、カロリー消費が大きくて痩せやすい運動として人気があります。その中でも特に平泳ぎは泳法が優しくて大量のカロリー消費が見込めるとして人気があります。平泳ぎの良いところは負荷がかかり過ぎない水泳だというところです。

全身を使ってゆったりと泳ぐことが出来る泳法なので、ほかの泳ぎ方と比べると適度な負荷で長時間泳ぐことが出来て有酸素運動による脂肪燃焼効果が期待できます。腕や下半身、腹筋など全身のあらゆる筋肉を使いながら泳ぐことが出来るため体重ダウンだけでなく全身の引き締め効果が期待できるのです。特に大きく蹴りだしを行う下半身は泳げば泳ぐほど引き締まり、サイズダウンが可能です。

20分以上水泳をするとカロリー消費量が多くなると言われているため、水泳が苦手な人も頑張って平泳ぎの習得に励むと良いでしょう。カロリーをより消費したい時はゆったりとした呼吸を意識するのも効果的です。スピード重視のクロールなどと違い、平泳ぎは自分のスピードを保ちつつ深い呼吸をしながら足をつかずに泳ぎ着ることが重要です。

太っている人はプールで水着姿をさらすことに激しい抵抗感を感じやすいですが、スパッツタイプなど体型カバーに適した水着も多いため、そのようなグッズを活用しながら水泳の練習に励みましょう。

水泳は心地良い。クロールは逆三角形の体形に

水泳は体に良い全身運動です。特にダイエットをしようという人にとっては、体の関節に直接負荷がかからず、水の抵抗で無理なく運動が出来て効果がとても高い運動です。水泳でのダイエットでは歩くだけでも効果がありますが、水に乗って泳ぐこともとても良い有酸素運動となり、脂肪燃焼効果が期待できます。

泳ぎ方は4種の泳法がありあすが、クロールを考えますと腕は大きく伸ばし肩や、肩甲骨を回し、背中の筋肉も大きく使うことが出来ます。クロールの足はバタ足ですが、両足を足の付け根付近から大きく動かすと、水に乗り、推進力が付きます。

脂肪を燃焼させるダイエット効果はゆっくりと長い距離を泳ぐことが大事なので、ビートの打ち方は2から4ビートくらいでバタ足を行うと疲れすぎということがなく良いでしょう。ここで言うビートとは両手を一度ずつかく間に、両足でのキック合計数のことを言います。ビート数が多くなると推進力が増し、速く泳ぐことができますがその分疲労が溜まってしまいます。

消費カロリーを増やしダイエット効果を上げたいならば脂肪を燃焼させる必要ことが肝要なので、長時間泳ぐことが重要です。従って6ビートなどですと疲れて長時間泳げないので、バタ足のビート数も意識して泳いでください。クロールは全身を使うので、逆三角形の体形なることが出来て、カロリー消費も多いので引き締った体を作ることが出来ます。

バタフライは体幹の引き締めに効果的です

水泳には自由形(クロール)・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4種目があり、バタフライは4種目の中で最も難しい泳ぎ方だとされています。腕を大きく広げて蝶が飛ぶような動きはダイナミックであり、バタフライに憧れる人なども多いようです。

バタフライには腕の力で泳ぐというイメージが強いのですが、実際には腰を中心とした体幹の動きで泳ぐことになります。バタフライは体幹の引き締めに効果的な泳ぎ方です。

バタフライに初めてチャレンジする人は、ドルフィンキックの練習から始めましょう。ドルフィンキックは両足を揃えて行うキックであり、腰から下の下半身を連動させ柔らかくしならせてキックを打ちます。イルカの尾ひれの動きを思い浮かべながら、腹筋と背筋を意識しながら練習してみてください。ドルフィンキックができるようになったら、次は手の動きを組み合わせてみましょう。

まずは右手だけで、次に左手だけで、それぞれクロールの手の動きを行います。次に右手と左手を同時に動かせば、バタフライの手の動きになります。ドルフィンキック2回に対して腕を1回転させれば、バタフライの泳ぎ方は完成です。

慣れるまでは息継ぎなしで、手足の連動を集中的に練習しましょう。腰で発生したエネルギーを手足へと送り届けるつもりで、力ではなくタイミングで泳ぎます。ダイエットが目的であれば力を抜いて、できるだけゆったりと泳ぐことが効果的です。

背泳ぎは美しいスタイルに効果的です

背泳ぎは4泳法の中で唯一、顔を水につけずに泳ぐ泳法になります。簡単にいえばクロールを上下逆にひっくり返した泳ぎ方ですが、背泳ぎでは他の泳法ではあまり使われない筋肉を動かすことになりますので、水泳で身体全体をバランスよく鍛えたい人は背泳ぎを積極的に取り入れてみてください。

背泳ぎの際には特に身体の前面の筋肉が使われることになります。実際に泳いでみるとわかりますが背泳ぎの姿勢では足が沈みやすく、身体を水平に保つために常に腹筋が使われるのです。

さらにクロールでは腕で水を集めてかき込みますが、一方の背泳ぎでは腕を背中に回してから水中で水を押し出す動きをするため、二の腕の外側にある上腕三頭筋が使われます。背泳ぎは二の腕の引き締めにも効果的な泳ぎ方だといえるでしょう。

その他に背泳ぎではクロールと同様に、ローリングの動きを行うことになります。ローリングとは体をねじったりひねったりする動きであり、ツイスト運動のような動きを繰り返すのです。その結果ウエストを中心とした部位が引き締まり、女性らしい美しいくびれを作ることができます。手足をピンと伸ばしてゆったりと泳ぐ背泳ぎは、美しいスタイルを作るために最適な泳ぎ方なのです。

水泳でカロリー消費、歩いて泳いで!

ダイエットは体に負荷を掛けますが、体が悲鳴をあげるほど無理をしては長続きしません。その点水泳は水圧により適度な負荷がかかるので無理なく続けられる理想的なダイエット運動と言えます。

スポーツクラブに通われて、闇雲に運動をしても効果は限定的でしょう。意識するポイントは最小の努力で最大の効果を得られるよう考えながら運動をすることです。水泳ではプールを上手に使い、効果的にメニューを考える良いでしょう。

泳法には4種目ありますが、バタフライは非常に体に負荷がかかりやすい泳法です。長距離を泳ぐならブレスト、すなわち平泳ぎが疲れがたまりにくく良い泳法です。カロリーを消費するなら泳ぎにこだわらず、水中ウォーキングも取り入れると良いでしょう。水の中では歩くだけでも立派な有酸素運動となるのです。

4種目が泳げるなら個人メドレーも、ダイエット効果があるメニューです。400メートル個人メドレーは、一人でバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールを100メートルずつ泳ぐものです。非常に良い有酸素運動となりますが、体力の消耗が激しいので50メートルずつの200メートル個人メドレーも良いでしょう。カロリーを消費するには、なるべく長い時間を泳ぐと効果が高いです。

水泳ダイエットで泳ぐべき距離

水泳を利用したダイエットをする場合、大切になるのがゆったりとしたペースで長時間泳ぐこととなります。

効率的に脂肪を燃焼させるためには有酸素運動を少なくても20分以上行う必要があるため、ハイペースで短時間泳ぐよりもスローペースで長時間泳ぐほうが痩せることができるのです。またゆっくりと泳ぐことで怪我などを負ってしまうリスクも抑えることができるので特に水泳ダイエットを始めたばかりだという人は意識してゆっくり泳ぐことをおすすめします。

なお、泳ぐ時間と距離の目安についてですが、どの泳法でも良いので時間で言えば1時間程度、距離に換算すると1kmから2km程度の距離を泳ぐのがダイエットには効果的です。1時間でこのくらいの距離をクロールで泳いだ場合ですとおよそ1300kcal程度のカロリーが消費できるので高いダイエット効果が期待できます。

いきなりクロールで1時間泳ぐのがきついという場合には慣れるまでは平泳ぎで泳ぐのがおすすめです。平泳ぎで1時間・1km泳いだ場合にはおよそ600kcal程度のカロリーを消費できるのでダイエットを始めたばかりのうちは無理せずに平泳ぎで1時間泳ぎ切ることを目標に泳ぐことをおすすめします。

消費カロリーは運動の中で一番多い

水泳の消費カロリーは、実はスポーツの中で一番であるといわれています。クロールなら1時間で女性だと1000kcalほど、男性なら1300kcalほどを消費します。ちなみにこれは比較をするとわかりやすく、ジョギングだと男性600キロカロリー、女性なら400キロカロリーほどです。

つまり、2倍以上も消費が多いわけです。同じダイエットのための運動を同じ時間をするとしても、明らかに水泳が消費量が多くなるためダイエットに効果的であるといえます。ただし、種目によって消費量は変わってきます。クロールは先ほどの数字ですが、平泳ぎであれば男性だと700kcal、女性だと550kcalほどです。

それでもほかの運動に比べると高いため、十分効率は良いといえます。人それぞれ泳ぎやすい種目がありますし、無理に泳ぎが得意ではない種目をやっていると長続きしなくなってしまうでしょう。そのため、どの種目を選ぶかは、自分がやりやすいものをせんたくするというので問題はありません。

運動としての水泳は消費カロリーが多いですし、水中の運動は足腰に負担がかかりにくいため、行いやすい運動でもあります。きちんと体を覚まさないように終わった後ケアをすれば効果的です。

水泳ダイエットの他に行いたい食事ダイエット

水泳は消費カロリーが多く、簡単に痩せることができます。しかし体を大きく動かす分、ある程度食べないと逆に支障が出ることもあるなど食事に注意が必要なこともあります。この時に大事なのは、糖分やタンパク質の摂取を心がけることです。筋肉を動かす際には糖分が必要であるため、アスリートのほとんどはおにぎりやバナナなどを食べて糖分の補給をしています。

水泳ダイエットをやる人はそこまでのことは必要ないにしても、長い時間泳ぐ際にはその間で食べる食事はおにぎりなどにしておくことでガス欠状態になることなく泳ぐことができます。

もし食事ダイエットをする場合は糖分だけでなくタンパク質に注意することが大事です。鳥のささみなどを食べて低糖質にこだわることも必要である一方、植物性タンパク質に特化せずにバランスよくタンパク質を摂取していくことも求められます。

激しい運動をする以上、植物性タンパク質だけでは不足してしまうからです。また水泳を終えた直後は内臓自体も疲れており、うまく消化ができないことがあります。時間をおいてお腹が空いたタイミングで食べ、その時にあえて重いものを食べて重く感じたらその食事は多いことになり、そうした感覚もダイエットでは必要です。

水泳でカロリーを消費すること

水泳をしてカロリーを消費したいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか。しかし、全ての人が泳ぎながら目標としているカロリーを消費することができるという訳ではありません。というのも、個人によって能力や体質が異なっているからです。そのため、それぞれの人によって、このダイエット方法には向いている場合と向いていない場合があると言っても過言ではないのです。

向いている人は、もともと泳ぐことを知っている人です。ダイエットをするために水泳を習う人に比べると、すでに泳ぐことができる能力を持っている人は有利であると言えます。というのも、泳ぎ方を知っているために、カロリーを消費することを念頭に置きながら運動に励むことができるからです。

その反対で、泳ぐことができない人が水泳をしてカロリーを消費しようとすると、泳ぎ方をマスターするまでに時間がかかってしまうことがあります。独学でできる人は良いのですが、独学で習得できないという人は講師から泳ぎ方を教えてもらう必要も出てくるのです。

そうなってしまうと、ダイエットという目標に達成するまでに時間がかかることも珍しくありません。水泳のダイエットを始める前は、向いているかどうかを確認しておくと良いです。

水道ダイエットで痩せない場合

水泳ダイエットで痩せない方は、必ず原因があるはずです。水泳自体は消費カロリーが運動の中でも一番多いといわれているため、本来なら続けていれば痩せるはずだからです。つまり、痩せないならどこかしらに問題があることとなります。考えられる理由の一つは、摂取カロリーが運動量に比して大きい場合です。

当然ですが、せっかく運動をしても、消費するカロリー以上のカロリーを摂取していれば、差し引きでプラスとなってしまいます。運動をしたからといって食生活をおろそかにして高カロリーの物ばかりを食していると、痩せません。したがって、食生活の改善も視野に入れる必要があります。

そして、盲点としては冷えがあります。水泳は水の中を泳ぎますが、体温が冷えると皮下脂肪を体がため込みやすくなります。例えば水泳の合間に休憩を取ると体は冷えてしまいます。休んでいる間は体を冷やさないようにウォーキングをしたり、水泳を行った後に温かいシャワーを浴びるなどして体を温めるのが効果的です。

女性は特に体が脂肪を蓄えやすいようになっているため、この点は注意したほうが良いでしょう。後は、短期間での効果を求めすぎであることもあります。皮下脂肪はなかなか落ちる物ではありませんから、長く続けるようにしましょう。