ダイエットに成功するために!痩せるメカニズムを理解しよう

ダイエットは失敗しやすく、一度成功させることができても、リバウンドをしてしまい太ることもあります。成功させ、望んだスタイルを維持していくためにも、まずは痩せるメカニズムを知っておくようにしましょう。ではどのようなメカニズムで痩せたり太ったりするのでしょうか。

太る仕組みと痩せる仕組みを知ろう

人はなぜ太るのかというと、それは消費しているエネルギーよりも吸収するエネルギーのほうが多いからです。体を動かしたり生命維持するためにはエネルギーが必要としていて、食事によってエネルギー補給をしています。

補給をしたエネルギーすべて使い切ることができれば良いのですが、しかし、必ず使い切るわけではなく、動く量と食事量によって使い切れなくて余ることがあります。

余ったエネルギーを体外に出してしまうのなら太りませんが、しかし、今後何があるのかわからないため、いざという時にために使わなかったエネルギーを脂肪に変えて蓄えるようにするため、余れば余るほど太ります。

余ることなく使うことができ、なおかつ足りなかった場合は、脂肪として蓄えられていたエネルギーを使うようになるため、脂肪が減り痩せるようになります。これが太る仕組みと痩せる仕組みになり、うまくコントロールすることでダイエットができるようになります。

消費エネルギーを増やせば必ず痩せる

太るのかそれとも痩せるのかは、エネルギーの消費と吸収のバランスにより変わるようになります。太る人に多いのが、沢山食べてなおかつ動く量が少なく、消費よりも吸収が多いからです。痩せようと思った場合、吸収量を減らすことも大事なのですが、それよりも消費するエネルギーを増やすことが大事です。

もし沢山食べたとしても、消費エネルギーが吸収よりも多くできれば、太るどころか痩せていくようになります。消費エネルギーを増やすためには運動が必要となり、辛いダイエットになるけれども、しかし消費エネルギーさえ増やすことができれば痩せられるので、痩せるためにも辛さを我慢する必要があります。

簡単に痩せられる方法で失敗しやすいのは、消費エネルギーを増やせていないからなので、痩せたいのなら運動をしましょう。

太るメカニズムは摂取エネルギーが余ること

沢山食べなくても太ってしまう人がいるのですが、なぜ食べていないのに太るのかが疑問になります。ではなぜ太るのかというと、それは摂取エネルギーが余ってしまうからです。沢山食べなかったとしても、摂取エネルギーが消費しきれなくて余ることがあります。

日常生活でどのくらい動くのかはその人によって違いますが、動くことが少なければ少ないほど自然に消費エネルギーも減ります。動くことが極端に少ない場合、少量の食事だとしても摂取エネルギーが余る可能性がでてしまいます。

生命を維持するためにエネルギーは使用されていますが、ただそれだけでは十分な消費にはならないので、動かなければ動かないほど摂取エネルギーが余りやすいと覚えておきましょう。

基礎代謝量とエネルギー所要量って?

ダイエットに関して調べている際に、基礎代謝量とエネルギー所要量という言葉が出てくることがあります。ダイエットを成功させるためにも、この基礎代謝量とエネルギー所要量とは何になるのかを知っておくことも大事です。

まず、基礎代謝量とはどのようなことを表しているのかですが、これは生命を維持するために必要な最小限エネルギー消費のことになります。全く動かなかったとしても、心臓や脳そしてその他の臓器は働き続けているため、エネルギーは自然と消費されていて、その消費エネルギーが基礎代謝量となります。

エネルギー所要量は、一日に消費するエネルギーを補給するために必要な総エネルギー量のことを表しています。基礎代謝量とエネルギー所要量を把握することにより計算しやすくなり、痩せるために必要なエネルギー管理ができるようになります。

ダイエットを始めてすぐ痩せるのは体の水分が減っただけ?

ダイエットを始めてから数日は、すぐに痩せることが多く、痩せられたと喜ぶ人が多いです。実は、初めてから数日間の体重変化は、痩せていない可能性もあるため注意が必要です。なぜ痩せていないのかというと、それは体内の水分量が減っているだけの可能性が高いからです。

ダイエットを始めると、運動量や食事の量が大幅に変化するようになります。運動量が多くして食事が減ることで、体にある水分が低下するようになります。特に水分補給を十分にできていない人に多い現象で、体重変化しているけれども脂肪量変化をしていない場合もあります。

必ずしも痩せていないわけではないけれども、始めてから数日の体重変化は痩せたと喜ぶのではなく、様子を見てください。もし体重変化が激しいようなら、水分不足になっている可能性もありますので、十分に補給をしていきながらダイエットを続けましょう。

最近お肉が付きやすくなった!年を取るごとに痩せにくくなる理由

年齢を重ねることによって、太りやすくそして痩せにくくなってしまう人が多くいらっしゃいます。なぜ年を取るごとに痩せにくくなるのかというと、それは筋肉が衰えてしまい減っているからです。筋肉が減ってしまうと、自然に基礎代謝量も減るようになっていて、その分エネルギー所要量も減ります。

しかし食事の量は、若い時と比べて変化することが少ないため、消費よりも吸収が多くなり太ります。基礎代謝量が減っているということは、それだけ頑張って動いたとしても、若い時よりも消費が少なくなってしまうため、痩せにくいという減少が起こります。

筋肉量は、加齢によって減少はするけれども、鍛えることにより増やすことができますし、それにより基礎代謝量も増えますので、痩せるためにも筋肉トレーニングすることが大事です。

ついてしまった体脂肪を燃焼させるには

ついてしまった体脂肪を燃焼させることは簡単ではありません。燃焼させるためにも必要としてくるのが、運動です。日常生活をしているだけでも、エネルギーは消費していき吸収量が少なければ燃焼していきますが、しかし十分な燃焼をさせることが難しく、長い期間のダイエットをしなければいけません。

運動することにより、日常生活だけの時よりも消費量が多く、エネルギーが足りない状態にしやすくなるため、脂肪燃焼を十分にさせることができます。

ただし、運動の内容によって燃焼効率が変わっていきますので、効果的としている有酸素運動を最低でも20分以上することがオススメです。激しい無酸素運動は、使用するエネルギーが違い、脂肪燃焼効率が悪いため、体脂肪燃焼だけを考えた場合オススメができません。

トレーニングで筋肉量を増やそう

脂肪燃焼だけを考え場合、有酸素運動が適しているのですが、ただそれだけで満足できるダイエットができるわけではありません。もし、望んでいるスタイルにしたいと考えているのなら、トレーニングをして筋肉量を増やすことも大事です。

筋肉量を増やすことによって基礎代謝量が増えて痩せられる可能性を高めることができます。実はそれだけではなく、スタイルを良くするためにも筋肉は必要としています。ダイエットしても脂肪を全て燃焼させることはできなくて、脂肪は必ず残るようになります。

残った脂肪がどこにあり、どのような状態になるのかで、太って見えたりスタイルが良くなったりと変わります。筋肉量を増やすことによって、脂肪のたるみを防止することができるようになるため、良いスタイルを手に入れることができます。

痩せるだけを考えた場合は、筋肉量を増やすことはさほど必要としていませんが、スタイルが良く痩せたいと考えているのならトレーニングをして鍛えることもしていきましょう。

摂取エネルギーを抑えることで痩せる!

運動をして消費エネルギーを増やすことにより痩せられる可能性を高めますが、しかし、その人の生活がどうなっているのかにより、運動することが厳しい場合もあります。そんな時は、消費量だけを増やそうとするので泊、摂取量を抑えるようにしていきましょう。

痩せるためには、エネルギーの消費と吸収のバランスを良くすることが大事なのですが、摂取量を抑えることができれば、消費のほうが多くすることができ痩せられます。

簡単ダイエットでは、消費よりも吸収を抑えるようにした方法が多く、辛い運動をしないことにより続けられるようになり、成功する可能性を高めています。摂取エネルギーさえ抑えられれば痩せられますので、生活の状況に応じて消費量を増やすか摂取量を減らすのかを決めるようにしてください。

脂肪はゆっくり減少する!ダイエットもゆっくりが理想

ダイエットしている人の多くが、できるだけ早く痩せようと考え、無理しすぎになってしまいます。実は脂肪は、頑張れば頑張るほど早く減少するのではなく、限界を超えたスピードで減少することができません。脂肪をエネルギーに変えて使うようにするためには時間がかかってしまいます。

そのため、どんなに頑張ったとしてもエネルギーに変えるスピードを早めることができないため、脂肪燃焼はゆっくりとなります。脂肪燃焼がゆっくりということは、ダイエットもゆっくりしていくことが理想的と言えます。

脂肪燃焼のスピードに合わせたダイエットをすることで、無駄がない効率的なダイエットとなります。無理すればするほど、体に負担がかかるだけでなく、無駄が多いダイエットとなりますので、その点を理解してダイエットの方法を選ぶようにしていきましょう。