ダイエットに無理は禁物!頑張りすぎずに痩せれる方法とは

ダイエットしたいと思っても、辛い内容であると継続しにくく、すぐに挫折したり、リバウンドしてしまうことはよくあります。無理なダイエットは、一見即効性があるように見えますが、体への負担が大きく、結局は失敗してしまうのです。

太る原因にはどういうものがある?

太る原因はいろいろありますが、多くの場合、食べ過ぎや偏食が原因と考えられます。飽食の時代となっており、消費カロリーよりも摂取カロリーが超えてしまうと、余分なものが体に溜まっていくのです。

また、栄養バランスが偏っていることで代謝が悪くなり、体に余分なものが溜まりやすくなってしまいます。栄養バランスの偏りは、体温低下を招き、女性が多く悩む冷えが起こります。さらに、冷えやストレス、運動不足は、血行を悪くし、代謝をさらに悪くしてしまいます。

生活習慣が原因であることが多いと考えられます。また、食べ過ぎたりしていないのに、急激に太ってしまった場合は、甲状腺の病気や更年期が原因であることもあるので注意が必要です。

無理しないことがダイエットの極意

いろいろな理由によって人は太ってしまうのですが、ダイエットを試みたとき、一番大切なことは無理をしないことです。一瞬で太ってしまったわけではないので、一瞬で痩せることができるとはまず考えられません。

すぐに痩せられる、という勘違いや、すぐに痩せたいという願望を取り除きましょう。無理をしないダイエットを継続していくことで、体に負担をかけずに、徐々に痩せていくことができます。

もし、無理なダイエットによって痩せた体を手に入れたとしても、体に害をもたらしてしまってはダイエットを行った意味がなくなってしまいます。痩せるということは、体重を減らすだけではありません。体重だけに着目するのではなく、健康的に痩せることを目指しましょう。

無理なダイエットのありがちな実例とは

無理なダイエットをした場合のありがちな実例は、食事制限、食べないダイエットからくる栄養不足です。貧血などの体調不良や、ホルモンバランスが崩れ、精神的にも不安定になりがちです。栄養不足やストレスから、抜け毛や切れ毛が増えてしまうこともあります。

皮膚がかさついたり、骨を弱くしてしまうこともあります。また、深刻になると、過食症や拒食症に至ってしまうこともあります。その他に、よくある例はリバウンドです。

体重が落ちたことを喜び、再び元の食生活に戻すことで、元の体重以上に太ってしまうことがあります。無理なダイエットを急にやめると、ダイエット中に変化した満腹感がすぐに元に戻らず、満腹感が得られず食べ過ぎてしまう状態になってしまうからです。

無理の無いダイエットが持つメリットって?

食べなければ摂取カロリーを抑えることができるので、体重は落ちます。ただデメリットが多いです。無理のないダイエットをすることのメリットは、健康的に痩せられることです。体に負担をかけず、体調を崩さないように痩せ体型になることが理想です。

無理をすれば体調も崩しますし、ストレスも溜まります。体重が落ちても、健康体をキープできないのです。また、徐々に痩せ体質に変化させていくことは、太りにくい体質に変化させていくことにつながります。

無理なダイエットは急に痩せることはできますが、ダイエットをやめてしまうと急に太ってしまうのです。美は一日にして成らず。継続して少しずつ痩せていくことが、痩せた体を維持するために必要なのです。

無理の無いダイエットのルール

無理のないダイエットを成功させるためのルールとして、大きすぎる目標を掲げないことです。ダイエットを開始する人は、一刻も早く痩せたいと焦りがちですが、始めから大きな目標を掲げてしまうと、挫折しがちです。目安は、1ヵ月で3キロ減らすことを目標にしましょう。

ダイエットはある程度の忍耐が必要ですが、継続して行わなければ意味がありません。我慢や忍耐をできるだけ減らすことで、計画的に痩せるダイエットにつながります。

1ヵ月間のうちでも、体重が順調に落ちていくときと、停滞期といって、なかなか体重が落ちないときがあるでしょう。我慢や忍耐をできるだけ減らしたダイエットを行うことで、挫折ポイントを乗り越えやすくなります。

ダイエットするなら絶対にやめたい習慣!

ダイエットするなら絶対やめたい習慣としては、まずは外食です。外食は栄養が偏りがちで、カロリーオーバーになりやすいです。食べてはいけない、というわけではないので、栄養バランスの整った食事を心掛けるということが大切です。

また、アルコールやたばこも避ける方が良いです。アルコールは糖質を多く含むから、という理由と、アルコールを摂取すると、アルコールを代謝、排出するのに大量の水分が必要になります。たばこは血管を収縮させ、血流を悪くします。

代謝が悪くなるのです。有害物質が肺機能を低下させ、酸素をうまく取り込めず、運動量が減ってしまいます。それは消費カロリーを減らしてしまうことにつながります。また、味覚が鈍くなり、摂取カロリーが増えてしまう原因にもなります。

楽しいダイエットは食事スケジュールを計画することから

楽しくダイエットするには、食事を管理することが大切なポイントとなります。食事スケジュールを計画することで、食事に対する意識が高まります。例えば、朝食は抜かず、食べて体のリズムを整える、夕食は早めにとる、夜の22時以降は食事をしない、といったことです。

生活のリズムは人それぞれですが、食事の時間が適当だったり、タイミングを間違えると、痩せにくく、太りやすくなることがあります。

食事の時間やタイミングを整で、体のリズムを作ることで、代謝をアップさせ、痩せやすい体質に導くことができます。食事の内容は、朝食、昼食をしっかり摂取し、夕食は脂質、糖質を控えるのがおすすめです。体は夜中に向かって脂肪をため込もうとするからです。

ダイエットを成功させる方法とは?

ダイエットを成功させるためには継続することが必要です。無理をせずに、ちょっとした生活習慣を変えていくのがおすすめです。例えば、空き時間にストレッチをしたり、いつもは車で出かけるところを自転車でいく、おやつを低カロリーのものにする、といったことです。

また、その他の成功させる方法としては、ダイエットサポート食品をうまく利用したり、他人を巻き込む、という方法があります。もちろんダイエットをサポートする食品をただ摂取したからといって痩せるわけではありませんが、上手に利用することで、無理なく痩せることが可能になります。

また、他人を巻き込む方法では、例えばエステなどを利用することでダイエットを応援してもらう、といったことです。ダイエットの途中で辛く、挫折しそうになったときでも、応援してくれる人がいればあきらめずに乗り越えられることがあります。

置き換えで楽しくダイエットしよう

ダイエットサポート食品で最近人気があるのが、置き換えダイエットができる商品です。置き換えダイエットは、必要な栄養素を取り入れながら、摂取カロリーを抑えられることです。また、食べないダイエットではないので、空腹感が抑えられ、無理のないダイエットができることです。

最近は粉末に水を混ぜるだけで出来上がるスムージーや、水などで割って飲める酵素ドリンクが置き換えダイエット商品として評判となっています。食事で摂取カロリーをコントロールすることが難しい、という人におすすめです。

また、ダイエットを継続するためには、味も重要となってきますが、ダイエットサポート食品は美味しい味にこだわった商品が多く、無理のないダイエットを応援してくれます。

上手な置き換え方って?置き換えのポイント

置き換えダイエットする場合、おすすめは朝食の置き換えです。理由は、継続しやすいからです。スムージーや酵素ドリンクなどは、栄養素が豊富で、カロリーが抑えられています。

朝、何も食べない状態で摂取することで、朝食の摂取カロリーを必然的に抑えられ、体に栄養素を吸収しやすく、また1日のカロリーを消費しやすくなります。1日に1~2食、朝食だけ、または朝食と昼食を置き換えるのがおすすめです。

ただ、ダイエットに効果的なのは夜といわれています。夜はエネルギーをため込みやすいというのがその理由です。しかしながら、夜の置き換えは継続しにくく、ストレスを感じやすいです。挫折してしまえばダイエットの意味がありませんので、継続しやすい朝食を置き換えるのがおすすめというわけです。