ダイエットはきちんと計画して行おう!無計画ダイエットがNGのワケ

ダイエットに何度もチャレンジしているのに、いつも途中で挫折してしまうという人は、しっかりと計画を立てて挑戦するようにしてみましょう。そうすることで、ダイエットのモチベーションを保てるうえに、自分のが太る原因を知ることができるからです。

無計画なダイエットが挫折を招く?

お腹や太もも、お尻の贅肉が気になるため、何度も何度もダイエットをしているのに、なかなか成功しないという人は、1度しっかりとダイエット計画を立てるようにしてみましょう。そうすることで、どのぐらいのペースで体重を落としていけば良いのか分かるので、モチベーションを維持することができます。

さらに、自分の頑張りを客観的にチェックできるのも魅力です。ダイエット計画を立てるためには、今の自分の体重や食生活、運動量を把握する必要があります。その結果、何故自分が太ってしまうのかを知ることができるのもメリットです。自分の弱点が分かれば、太ってしまう行動を避けることができるので、ダイエットを楽に進めることが期待できます。

まずダイエットのキホンを理解しよう

痩せるためには、食事で得た摂取カロリーよりも、消費カロリーを多くする必要があります。そのため、ダイエットでは食事制限を行い、摂取カロリーを抑えることが大切です。けれど、ただ単に食事の量を少なくしただけでは、脂肪と一緒に筋肉を落とすことに繋がります。

筋肉の量が少なくなると、消化や体温の維持、呼吸などで使用される基礎代謝カロリーが少なくなるので、太りやすい体になってしまいます。さらに、痩せたとしても皮膚がたるんでしまったり、肌の代謝が落ちて、くすみが目立ったり、肌がゴワつくことが考えられます。

これを予防しながら痩せるためには、食指量を減らしながら適度に運動することが重要です。そうすることで、健康や美容を害することなく痩せることができます。

ダイエット成功のために計画を立てよう

ダイエットを成功させるためには、食事制限と運動を考えてダイエット計画を立てるのがおすすめです。ダイエットの計画を立てれば、どのようなスピードで体重を落としていけば良いのか分かるので、やる気を維持することができます。

たとえ計画通りに痩せることができなくても、次の日は頑張ろうと思えるのも、大きな魅力です。ダイエットの計画を立てる時は、まずは今の自分の食生活や体重、運動量をチェックすることが大切です。そうすることで、1日に摂取しているカロリー量や消費カロリーを知ることができます。

さらに、食事内容を細かくチェックすれば、栄養バランスの乱れを知ることができます。不足している栄養をダイエットで補っていけば、健康な体へと改善することも期待できます。

どのように計画を立てればよいのか

ダイエット計画を立てる時は、その前に今の自分の体重を計ってみましょう。その後、自分の適性体重を調べることで、あと何キロ痩せれば良いのか知ることができます。ダイエットをする時、短期間で効果を出したいという人が多くいます。

ですが、短期間に一気に体重を落とすと体に大きな負担が加わるうえに、リバウンドによるドガ食いを招きやすくなってしまいます。これを防ぎ、健康的に痩せていくためには、1か月の減量は体重の5%を上限にするようにするのがおすすめです。

体重が60kgの人の場合は、1か月に3kgの減量が上限になります。これを目安にしていけば、目標体重まで何カ月ダイエットを行えばいいのかも分かりやすくなってきます。

ダイエットの目的は?なりたい自分をイメージしよう

ダイエットの計画を考える時は、ダイエットの目的を意識することで成功率を高めることができます。ジーンズのサイズをワンサイズ小さくしたいや、三か月後の夏に水着を綺麗に着こなしたいなど、具体的な目的をいくつかあげてみましょう。

そうすることで、ダイエットをする意味をしっかりと持つことができるので、モチベーションを高めることが期待できます。ダイエットの目的には、体重のほかに、ウエストや太もものサイズを意識するのも効果的です。

体重は、筋肉量が少なくなることでも減りますが、これだと綺麗に細くなったとは言い難いです。ですが、ウエストや太もものサイズを細くすることを意識すれば、たとえ体重の減りが少なくても、プロポーション良くすることができるからです。

今の自分の状態は?しっかり把握しよう

ダイエットをはじめる前には、今の自分の状況をしっかりと把握することが重要です。今の食事の量や回数、栄養バランスや運動量を把握することで、自分が太りやすい原因を知ることができるからです。この原因を適切に整えていくことで、効果的にダイエットを進めることができます。

さらに、ダイエットをする時は、今の自分の体重と適正体重との差を意識することも重要です。適正体重は、BMIを計算することで知ることができます。BMIは、体重と身長を比較した体格指数で、体重kg ÷ (身長m)2で求めることができます。

この数値が22になるのが標準体重です。さらに、18.5から25未満が適正体重になります。ですので、適正体重を知りたい時は、(身長m)2 ×18.5から25を計算すれば求められます。

食事?運動?ダイエットの方法を考える

ダイエットで体重を減らすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があります。消費カロリーを多くするには、食事の量を減らすのが効果的です。けれど、極端に食事の量を少なくすると栄養バランスが崩れるうえに、強いストレスがかかってしまいます。

その結果、せっかく体重が減ったのにドカ食いを行い、リバウンドする可能性が高くなるので注意が必要です。これを防ぐためには、ダイエットに運動を組み合わせていくのがポイントです。

運動をし、筋肉量を高めることで基礎代謝で消費されるカロリー量を多くすることが期待できます。さらに運動を行えば、食事以外にも意識を向けることができるので、空腹感をまぎらわすのにも効果的です。

無謀な計画は失敗のもと!できるできないを明確に

ダイエットをしようと思って、やみくもに食事量をカットしても長続きしません。これは、具体的にどの程度食事量を減らし、何日ぐらい続けたら良いのかわからないからです。いつまで我慢すればいいのか分からなければ、強いストレスを感じやすくなるので注意が必要です。

さらに、ダイエット中には仕事や旅行で、どうしてもダイエットができない期間があります。無計画にダイエットを行うと、この期間にダイエットをやめてしまう可能性が高まりますが、しっかりと計画を立て、ダイエットができる期間とできない期間を決めておくことで、それを防ぐことができます。

ダイエットができない期間は、ストレスを解消する期間と割り切るようにしてみましょう。

短期ダイエットはリバウンドの元?長期的な計画を

人気の高いダイエットには、りんごやバナナ、ヨーグルトなど低カロリーの食品を食べ続ける単品ダイエットや、食事をカットする断食ダイエットなどがあります。このような食事制限系のダイエットは、摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、短い期間で効果的に痩せることができます。

けれど長く続けることが難しいうえに、体にかかる負担が大きいというデメリットがあります。そのため、体重があっという間に戻りやすく、逆に太ってしまうこともあるので注意が必要です。

これを防ぎながら痩せていくには、緩やかなダイエットを長期間続けるのがおすすめです。緩やかなダイエットは、食生活をはじめ、運動を習慣化させることができるので、太りにくい体質にできるのが魅力です。

計画作りに役立つアプリやグッズの紹介

ダイエットを計画的に進めたいものの、なかなか続けることができないという人は、ダイエットアプリやグッズを活用してみるのがおすすめです。ダイエットアプリには、1日の食事内容を細かく記すことができるものや、おすすめの運動を紹介するものなどがあります。

これらの中でも特に注目したいのが、毎日の体重の増減を記録できるかどうかです。アプリに体重の加減を記録しておけば、自分がどのぐらいの期間、ダイエットを頑張っているのか知ることができます。

さらに減量効果を客観的にチェックすることができるので、ダイエットのモチベーションを高めることができます。ダイエット運動でウォーキングやランニングをしている人は、万歩計を使うのもおすすめです。