ダイエットを成功させるために!規則正しい生活を心掛けましょう

ダイエットを成功させるための生活は、日常の中でできることばかりです。痩せたいと考えると、すぐに体重を落とすために、ハードな行動に出やすいですが、それは逆効果です、日常でコツコツとできることこそが、最終的にダイエットの成功をもたらします。

まず具体的な目標を決める

まず具体的な目標を決めること、本当のダイエットはここから開始します。何となく早く痩せたいという、ゴールのないダイエットは、大体挫折という結末が待っています。終わりの煮えないランニングほどきついものはないですし、目標設定ができればそのほうが、対策を立てやすくなります。

いつまでにドンの暗い痩せたいのかを決めて、ゴールから逆算をしてダイエット計画を立てると、何をするべきかが良く見えてきます。短期間で急激に痩せる目標ではなく、月単位で穏やかに痩せる体重目標のほうが、体にとっても精神的にも無理のないダイエットができます。

無茶をする計画は続きにくいですが、目標設定をして負担の少ないスケジュールであれば、体重はゆっくりと落ちていきます。

一気に体重を落とすのは避ける

一気に体重を落とすのは避ける必要があるのは、短期間では脂肪は落とせないからです。短期間で体重が減ったと喜ぶとき、体内では脂肪が燃えて消えたわけではありません。

体重が一気に減った時、体の中で減ったのは水分量なので、通常の食事に戻すと、あっという間に体重は戻ります。そればかりが短期間で数字だけ落としたので、体内は飢餓状態になっていて、今までと同じように食べても無駄に急をするため、脂肪につきやすくなって太ります。

あっという間に体重が減ったと喜んでも、食事を戻せば体重は元通りどころか、もっと食べたい気持ちが止まらなくなります。体は食べられる時に食べておこうとする本能があるので、さらに食べて体重は増加をしやすくなるばかりです。

栄養のバランスが取れた食事にする

栄養のバランスが取れた食事にすることは、ダイエット成功とそのあとの維持には、必ず必要となる食生活の基本です。たくさん食べてしまう人の傾向として、本当に健康な食べ物から栄養を、十分に摂取できていないことが考えられます。

人間の体は生命維持や健康に良い必要な栄養を、きちんと体内にチャージできるまで食べ続けてしまいます。炭水化物や甘いお菓子、揚げ物やファーストフードなど、栄養がなくて甘みや油の多い食べ物ばかりでは、体はビタミンやミネラルを求めて、手当たり次第に食べようと脳が指令を出してしまう状態です。

炭水化物も甘いものも禁止ではないので、まずは野菜や魚に海藻類など、健康に良い食材をメインにして、食事は栄養のバランスを重視します。

ストレスをためないように気をつける

ストレスをためないように気をつけること、抱え込みてしまうとその発散のために、さらに食べてしまうからです。食べることでストレスを解消する人は多いですし、特に女性は我慢強い半面で、ストレスをスイーツや炭水化物など、食べ物で消化してしまう傾向にあります。

ストレス解消方法は人それぞれではありますが、食べ物で解消をするのは、体重にも健康にも、採取的には精神的も良くはないことです。ストレス発散に最も良いのは運動であり、軽くランニングをしたり、ウォーキングをするとストレスは軽減して、食べたい気持ちも弱くなります。

何か楽しいことに集中をするのは良いことなので、家の掃除をしてピカピカにするとか、一石二鳥な方法も解消法になります。

カロリーを確認する習慣をつける

カロリーを確認する習慣をつけること、現代のように高カロリー食の多い世の中だからこそ、1日の食べ物の総合カロリーとは向き合うようにします。昔のように野菜や果物を家庭で栽培をして、すべてを一から作ることもなく、手軽に食べられる食事が多くなっています。

手軽で味付けも濃くておいしいですが、現代の美味しいという味覚は、砂糖と油をたくさん使っていると、おいしいと感じやすくなります。便利な加工食材が多いですので、カロリーは意識して計算をします。

食べてはいけない制限ではなく、トータル的なカロリーが、オーバーしなければよいわけです。できるだけ新鮮な食材を使うと、1日あたりのトータルカロリーも、セーブをすることができます。

早寝早起きで良い睡眠を

早寝早起きで良い睡眠をとることも、ダイエットのためにはとても必要な要素になります。社会人ともなると特に、仕事もありますし付き合いも増えて、さらに家庭のこともあるので、夜は遅くなりやすいです。

ほとんどの人が働く時代に生きていますので、朝は一定の時間に起きて会社へ行くので、寝不足になりやすい傾向にあります。寝不足は解消をしたほうが良いのは、夜更かしや寝不足は太りやすくなるためです。

体内でのあらゆる修繕や修復の働きは、人間が眠っている間に行われることです。睡眠時には成長ホルモンも分泌をされるので、その妨げは痩せにくい体をつくることにもなります。夜は早く眠り朝は早く起きる習慣は、体内と桂も正常にしますし、痩せやすい体のために役立ちます。

姿勢を正すだけでも効果あり

姿勢を正すだけでも効果ありというのは本当であり、姿勢の悪さは体重を落としにくくしてしまうためです。姿勢を正すように意識をすると、インナーマッスルも鍛えられることになります。

正しい姿勢を意識して継続をすると、姿勢の悪さに慣れている人は疲労感を感じる帆とです。疲れるというのは、筋肉を使っているということでもあります。インナーマッスルが鍛えられることにより、ゆがみやすい骨盤は矯正されることにもなります。

骨盤矯正がダイエットに良いといわれるのは、骨盤が正しい地にないと、臓器の位置にも問題が生じるためです。おなかが出やすくなったりもするので、骨盤矯正もダイエットの助けになります。姿勢が良いほうが、自然と代謝も上がりやすくなります。

水をたくさん飲むようにする

水をたくさん飲むようにすること、これも痩せやすくするための、重要な条件になります。人間の体内はほとんどが水分といっていいほど、水分で満たされています。体内の不要となった老廃物が流れるためにも、排出をさせるためにも、水分は必ず必要となります。

しかし現代人は水分摂取量が意外と少なく、普段水分を十分に飲んでいるようでも、実はピュアな水分でない飲み物のほうが多いです。コンビニでは清涼飲料水がすぐ手に入るので、ジュースや缶コーヒーなどを、まるで水代わりに飲んでしまうこともあるほどです。

体内のめぐりをよくするのは、何も混ざっていない水だけです。血液の流れをよくしますし、不要なものも流れやすくさせますから、水や白湯はこまめに飲みます。

午前中になるべくカロリーを消費する

午前中になるべくカロリーを消費すること、これは人間の体内と桂ともかかわりがあります。人間は日中はカロリー消費に活発な動きを見せることができますが、午後から夕方に抱えては切り替わりますので、夕方から夜の時間は、燃焼効率は下がります。

つまり午前中に食べたものはカロリー消費をされやすい環境にありますが、夕方から夜の時間にはその消費する力が落ちます。食べたもののカロリーは消費されないと、消費されない分はすべて、脂肪となって溜まりますので太ります。

痩せる生活を目指すとしても、さらに痩せて体重維持することを目標とするのであれば、できるだけ消費は午前中にすることです。午前中はやる気にも満ち溢れていますので、カロリー消費にはぴったりです。

シャワーより湯船につかるほうがいい

シャワーより湯船につかるほうがいいと言われるのは、体の芯から温めることができるためです。仕事が終わって帰宅をすると疲れてしまい、シャワーだけで済ませて、すぐにベッドへ入りたい人は多いです。

シャワーは肌の汚れをさっぱりと落とすには良いですが、体をしっかりと温めることはできません。浴槽にゆったりと浸かると、体は芯からぽかぽかとしてきますし、血行の良さは体内のめぐりをよくします。

また血行の良さは新陳代謝の良さにもなりますし、脂肪燃焼を効率的にするので、体重は減りやすくなります。冷えた体は新陳代謝が落ちますが、体温が高いとそれだけ、基礎代謝も高くなります。痩せる秘訣は巡りの良さと、基礎代謝の高さにあります。