ダイエットスムージースープで賢く綺麗になろう

ダイエットスムージーは冷たいものをイメージする人も多いでしょうが、中には温かい状態でのむダイエットスムージースープもあります。

体を温めることができますし、胃腸の消化を助け、機能を高める効果が期待できます。

ダイエットスムージーはホットにしても効果的

ダイエットスムージーには生の野菜、果物がふんだんに使われています。本来であれば普段の食事で生の野菜、果物を取り入れていくことで体に必要な食物繊維、酵素成分を取り入れていくことになります。

ただ、生の野菜、果物をそのまま食べていくとなれば味気ないと感じてしまう人もいるでしょうし、それこそものすごい量の野菜を食べなければいけなくなってしまいます。その点スムージーであれば野菜や果物をミキサーにかけているので、効率的に摂取することが出来ます。

液状になっていることで吸収率もアップしていきますし、これを温めることでさらにその効果は高まっていきます。あまり知られていませんが、実はダイエットスムージーは温めても胃腸の負担を軽減していくことができるわけです。

ホットスムージーならではの利点とは

ホットスムージーならではの利点、それは先に挙げたような消化のサポート力を高めることができるという点です。スムージーになっているだけでも消化に良いというのに、これが温かい状態で飲める、そうなれば胃腸の負担は最小限に抑えられますし不必要に消化酵素を使うこともありません。

体内の酵素成分はその量が限られているため、消化酵素に至っても温存しておくに越したことはありません。ホットスムージーはそういった面でも有効な方法というわけです。

また、温かい状態でスムージーを取り入れていけば、直接体を温めていくこともできます。体を芯から温めることで冷えやむくみの症状も緩和されることもあるため、美容のために取り入れるには打ってつけのアイテムです。

加熱することで栄養価がアップする食材も

ダイエットスムージーに使う野菜、果物は自分で自由に選ぶことが出来ますが、実はこの食材選びでポイントとなる点があります。というのも、食材の中には熱を加えることで栄養価がさらにアップするものもあります。

こうした食材をホットスムージーに積極的に取り入れるようにすれば、おのずと吸収できる栄養分も増えていきます。具体的にどんな食材が栄養価アップに優れているのか、挙げられるのはニンジンやほうれん草です。

生の状態のニンジンはその栄養吸収を阻害する成分が含まれています。熱を加えればこの成分を破壊することが出来るため必然的に栄養価はアップしていきます。ほうれん草の場合もそれは同様で、有害な成分を熱によって破壊することで身体に良い栄養素をピンポイントで摂取できるわけです。

体が冷えずに内側からきれいになれる

ホットスムージーにおいてポイントとなるのは、身体を冷やすことなくダイエット効果を高めることができるという点です。本来、ダイエットスムージーは冷やして飲むのが当然とされてきましたが、実は体が冷えるということはデメリットです。

冷えることで毛細血管が細く収縮する、これによって血行が悪くなり代謝も悪化していきます。ホットスムージーは少なくとも、こうした体を冷やしてむくみや冷えの症状がでやすくなるのを防ぐことができます。

体の内側から、それこそ体を芯から温めることができますし、野菜や果物を効率的に摂取することで着実に体質を変化させることができます。体を酷使することなく、きれいになっていきたい、体の中から変化を実感していきたい時には、参考にしていくといいでしょう。

ホットスムージーと野菜スープは別物?

ここまで聞くと、ホットスムージーと野菜スープと同じようなものなのではと、思われる人もいるでしょう。ただ、この二つは作り方に大きな違いがあります。そもそも、野菜スープは野菜の形を大きめに残しているものがほとんどです。

それに対して、スムージーは野菜が細かく粉砕された状態のため、その吸収率が大きく変わってきます。野菜スープはあくまで普段の食事に用意されるもの、それに対してホットスムージーは野菜や果物の成分をより効率的に摂取していくものです。

野菜がとれるのであれば一緒だと勘違いしないようにしていきましょう。そもそも、ダイエットのためであればより吸収率の高いスムージーの方が断然効果は高くなっていく、この点はしっかり押さえておきましょう。

ミキサーで混ぜているかと煮込んでいるかが大きな違い

先にも挙げたように、ホットスムージーと野菜スープとでは野菜の大きさに大きな違いがあります。ミキサーで野菜が粉々になっている分、野菜嫌いの人でも抵抗なく飲むことが出来ますし、野菜や果物の独特の風味を軽減していくこともできます。

また野菜スープの場合には煮込みに時間がかかっているため、その分加熱によって酵素成分、栄養成分が変化している可能性があります。もともと熱に弱いとされる酵素成分、ホットスムージーの場合でもそれは同様ですが、野菜スープの場合はそのほとんどが破壊されています。

ホットスムージーの場合は多少なりともその成分が残っていたり、果物の方の酵素を取り入れることが出来たりする分、メリットは多くなるわけです。

ホットスムージー簡単レシピ

ホットスムージーならではの簡単レシピについて、それぞれの目的に応じて使い分けていくのがおすすめです。

例えば、美肌を意識していきたいというのであれば、カボチャやレンコンなどを使ったレシピがおすすめですし、胃腸の調子を良くしたいならごぼうを使うのがベストです。まず、使いたい野菜を電子レンジを使って加熱していきます。

お湯でゆでないで電子レンジを使うのが栄養分を逃さないためのポイントです。そしてその後、水やフルーツと一緒にミキサーにかけていく、ある程度温めにしておくことで吸収率はアップしていきます。

時間があるようであれば水をお湯にかえて調理してみたり、あるいは全部が終わった段階で電子レンジでスムージーを温めていくのがおすすめです。

ホットならではの出汁や味噌味もおいしい

ホットの状態であれば、スムージーに出汁やお味噌を加えて味をつけていくのがおすすめです。ダイエットスムージーといえば、フルーツの甘みだけを生かしていくのが一般的ですが、ホットスムージーであれば例外です。

むしろ出汁や味噌味を付けた方が飲みやすくなりますし、それがアクセントとなって食事としても取り入れやすくなります。

普段の食事の代わりとしてスムージーを取り入れる人も少なくありませんが、やはりデザート感覚が強い冷たいスムージーは胃腸を冷やしてしまったり、代謝を悪くしてしまったりといいことばかりといいことばかりというわけではありません。

その点、自分で味の調節がしやすいホットスムージーであれば食事の代わりとしても問題ありませんし、ダイエットの妨げとなることもまずありません。

もっとお手軽に取り入れるなら市販品も活用して

一からスムージーを作っていくとなると食材選びやミキサーの用意など、面倒な点も出てきます。人によってはこれも楽しみの一環となるのでしょうが、やはり毎日続けるものであれば手間は少ないに越したことはありません。

そこでおすすめになってくるのが市販品のダイエットスムージーを活用する方法です。市販されているものであっても、電子レンジで加熱するだけで自分で作ったのと同じようなダイエット効果を得ることが出来ます。

むしろ市販品の方が材料費がかかりませんし、トータルコストを軽減していきたいという人にも打ってつけです。加熱によって多少酵素成分は破壊されていきますが、変に体を冷やしてダイエット効果を損ねてしまうよりは断然おすすめの方法となります。

永谷園のホットスムージーがおいしく安価で人気

ホットスムージーを市販品を活用して作るのであれば、永谷園のホットスムージーがおすすめです。ホットスムージースープ専用の商品のため、お湯を入れるだけですぐに飲むことが出来ます。自宅ではもちろんですが、粉末状の商品を外出先で作ることもできる、これが大きな魅力となります。

永谷園のホットスムージースープはトマトとニンジンがメインとなった赤のスープ、緑野菜を中心につかった緑のスープがあります。それぞれ16種類もの野菜が含まれていて、独島のドロッとしたスープで日ごろの野菜不足をこれで補っていくことも可能です。

その日の気分で二つのスープを使い分けてみたり、あるいはチーズやオリーブオイルなどトッピングを工夫したりと楽しみ方はさらに広がっていきます。