ダイエット中でもデザートは食べて大丈夫?太りにくいデザートとは

ダイエット中でもデザートは食べて大丈夫かどうかですが、食べる種類や量を選ぶことで、食べても大丈夫です。高カロリーなスイーツを、好きなだけ食べてしまうのは太りますので、食べ方に工夫をするのが良い方法です。

ダイエットをしていてもデザートは食べたい時は?

ダイエットをしていてもデザートは食べたい時は、食べてしまったほうが良いです。むしろすべてに禁止令を出してしまえば、それは我慢の糸が切れやすくなります。デザートといっても、太りにくいデザートを選ぶことで、食べることへの罪悪感はなくなります。

小麦粉に砂糖にミルク、バターなどをたっぷりと使うお菓子は明らかに太りやすく、それをお腹いっぱい食べるのは控えたほうが良いです。デザートとして食べるのであれば、スイートなフルーツを食べたり、カロリーの低いおやつをいただくなど、工夫をすれば問題はなくなります。

チョコレートが食べたいなら、高級チョコレートを1粒だけ食べるなど、工夫次第でおいしいデザートを食べて、ダイエットも挫折をしないで済みます。

ダイエット中のデザートは禁止なの?

ダイエット中のデザートは禁止かどうかですが、すべてを禁止にして島野は逆に危険です。人間は甘いものを一度でも味わうと、脳はその甘みというおいしさを忘れることはできないです。我慢をしているとやがて限界がきて、一度口にしたスイーツが止まらなくなり、もはやダイエットどころではなくなるほど、スイーツをドカ食いする可能性が出てきます。

禁止事項にするのではなく、口にしてよいデザートを許可したほうが、ダイエットへの強いストレスは緩和されます。甘いものを食べたいのは、好きな人には自然な感情であり、無理に我慢はしないほうが良いです。食べるにしても、しっかりと甘いものは控えめに、低カロリーは1人分を守って食べるなど、頭を使い食べるようにします。

ダイエット中に食べるならどんなデザートが良い?

ダイエット中に食べるならどんなデザートが良いかですが、出来るだけ低カロリーであって甘みがあり、脂肪になりにくい食べ物を選びます。デザートに良い食べ物として、ヨーグルトなどは乳酸菌もたっぷりで巣から、お腹の調子まで整えてくれます。

ヨーグルトはスーパーでもコンビニでも販売をしているので、すぐに手に入りますし、調理の手間もなく、1人分に小分けされているので、食べすぎる心配もないです。こんにゃくを使用したゼリーも手軽ですし、カロリーが低いうえに、噛み応えもあるのでお腹が満たされます。

冷凍フルーツもお助けアイテムであり、甘みの強いフルーツはデザートにもぴったりです。くずもちなども、和風の甘みで低カロリーです。

太りにくいデザートなんてあるの?

太りにくいデザートはあるのかどうかですが、選ぶのであればGI値の低いスイーツをチョイスすることで、その願いはかなえられます。おやつを食べるにしても、口にして血糖値が急上昇をするスイーツでは、脂肪になりやすいデザートになります。

人間の体内ではGI値の高いデザートを食べると、血中のブドウ糖が増加をして、一気に血糖値がアップします。その安定のためにインスリンが膵臓から出てきます、過剰に分泌されると、たくさんの中性脂肪が出るので脂肪に変わります。

フルーツやヨーグルト、パンナコッタやココア、ゼリーなどはGI値が低めのデザートです。できれば控えたいのは、アイスクリームやポテトチップス、カステラやスイートポテトなどです。

主成分は食物繊維の牛乳寒天がおすすめ

主成分は食物繊維の牛乳寒天がおすすめであり、市販の商品購入もできますが、自宅で作ることもできます。オゴノリや天草といった海藻類が、ダイエットの時にも役立つ、寒天の原料になります。海藻のこうした成分を煮詰めてろかをして、さらに乾燥をさせることで、寒天が出来上がります。

寒天はダイエットに引っ張りだこですが、食物繊維の量がとても多いためです。食物繊維含有量は乾いた状態で80%も含みますから、他の食材と比べてもダントツの多さです。

水溶性と不溶性の2種類があるのが食物繊維ですが、寒天はダブルで含むすぐれた食材です。腸の動きも活発化するので、基礎代謝は自然に上がり、痩せにくい体になります。おなかの中ではゲル化するので、脂肪や糖質の吸収を遅らせます。

美容にも良いドライフルーツ

美容にも良いドライフルーツも、デザートに食べたい種類です。フルーツは新鮮なままでもデザートに適していますが、乾燥をさせることで甘みが際立ちます。さらに乾かすという工程がフルーツに加わると、もとからあるフルーツの栄養成分は凝縮をされます。

食物繊維は消え去ることはなく、甘みも強くなってさらに、栄養価まで上がりますので、デザートとしていただくにはもってこいです。ドライフルーツは水分の抜けた状態なので、咀嚼回数も多くなります。

何度も感で食べるので、食べたという満足感が高くなりやすいです。季節を問わないでフルーツを食べることができますし、皮をむいたりカットするような手間もないので、簡単に食べられるのもドライフルーツです。

種類が多く飽きずに食べれるゼリー

種類が多く飽きずに食べられるゼリーも、デザートには選びたいチョイスになります。ゼリーは寒天でできているのでローカロリーですし、意外と食べ応えがあります。何よりも味わいのレパートリーはとても豊富なので、毎回違う種類の味わいを食べても、飽きることがないほどです。

メーカーによって味わいや形状、工夫にも違いがあるので、ダイエットを意識して、様々なメーカーのゼリーを試すのも楽しみになります。

固形のスプーンを使用して食べるのは、オーソドックスなゼリーですが、飲むタイプのゼリーも楽しく味わうことができます。水分のようにすぐにのどを通り過ぎる食べ物ではなく、ぷるぷるとした食感が楽しめるスイーツなので、食後にも楽しみが増します。

デザートは食後に食べるのがオススメ

デザートは食後に食べるのがオススメであり、うっかり食前に思いきり食べてしまうと、砂糖や油分が最初に吸収をされてしまいます。空腹時の意の中というのは、飢えている状態でもありますので、入ってきた食材の栄養を残らず吸収しようとします。

低カロリー食材のデザートだとしても、胃の中が空っぽな状態で最初に入れてしまうと、それはすべて吸収される対象となり、脂肪にもつきやすくなります。いきなり血糖値を上げるものを食べてしまうと、血糖値の急上昇は、さらに甘いものを欲する状態になるので、逆に太りやすくなります。

食事で野菜や海藻類、たんぱく質などをよく噛んで食べてから、お腹がある程度満たされてから、食事の最後にデザートは食べます。

甘いものは夜より朝食べよう

甘いものは夜より朝食べようというのは、昔からよく言われる話ですが、これは人間の体の仕組みにもかかわります。朝は日中のエネルギーのために変換されやすいですが、夜の人間の体は急速モードに入ります。

するとよる食べたものはエネルギーには変わることなく、そのまま脂肪として蓄えられるので、スイーツを夜食べるのは、ダイエットのためにも控えたほうが無難だといえます。朝食べた食材は日中のうちに、ほとんどがエネルギーに変わりますので、朝は白米もトーストもスイーツも、食べてもカロリー消費で消え去ります。

しかし夜は蓄えるようにできているのが人間の体ですので、脂肪に変わるのが夜食べるスイーツです。夕食は食べたら眠るだけですので、スイーツは夜食べれば太ります。

ストレスをためないことがダイエット成功への鍵

ストレスをためないことがダイエット成功への鍵ですから、デザートはダイエット中に食べないではなく、食べる工夫をして許可をしたほうが、ダイエットは成功をしやすくなります。デザートメニューはできるだけ、自然な食材を選ぶのは良い考えであり、フルーツは新鮮なものでも、ドライフルーツでも構いません。

食物繊維が豊富であれば、食べても排泄をする効果が高まるので、寒天利用のゼリーなどは、デザートには良い食べ物だといえます。野菜を薄くスライスして、電子レンジで水分を飛ばして、野菜チップスにするのも良いアイデアです。クルミやアーモンドなど、ナッツ類をよく噛んで食べるのも、デザートの一品としては良い食べ方になります。