ダイエット中でも安心して食べられる!低カロリーな食材や食事とは

ダイエット中でも安心して食べられる低カロリーな食事を心がけると、自然に体重にも嬉しい変化が感じられます。食べ過ぎて体重は増えますので、食事は低カロリーで、栄養価の高い食材を選び、献立を考えるようにすることです。

満腹感の高い低カロリー食材

満腹感の高い低カロリー食材はいろいろな種類があり、こんにゃくなどは昔から、低カロリー食として不動のポジションにあります。100g食べてもこんにゃくであれば、たったの6kcalほどなので、アレンジを加えて食べるのも一つです。

白滝などは麺類のようにして味付けをすれば、本物の麺類よりもずっとカロリーダウンできます。細かく刻んでご飯に入れると、カロリーダウンのご飯にもなります。もやしは低カロリーで価格も安いので、節約食としても、ダイエット食としても助かります。

バナナは高カロリーと考えられやすいですが、ごはん半分ほどのカロリーです。白米はほとんどが炭水化物ですが、バナナはビタミンやカリウムなど、栄養を豊富に含みます。

食物繊維を積極的にとりましょう

食物繊維を積極的にとるのは、ダイエットをスムーズにするために必要なことです。食べても体内には吸収をされない食物繊維は、食事で取り入れてもエネルギー源にはならないです。血糖値の急上昇を予防させてくれるのは、水溶性食物繊維の働きです。

大腸では水溶性食物繊維は、良いエサになるので善玉菌が増えます。水分吸収でおなかの中で膨れるのは、脂溶性食物繊維の特徴であり、食べ過ぎないように予防ができます。有害物質を外へと追い出すのも、脂溶性食物繊維の働きです。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はダイエットに大変有効であり、食事では同時摂取をするのが理想的なスタイルです。食物繊維を含む食材はいろいろありますが、野菜や海藻類にはとても多いです。

糖質が少ないナッツで空腹感をなくす

糖質が少ないナッツで空腹感をなくすのは、賢いダイエットの味方となります。ビタミンE含有量の多いアーモンドには、70%もオレイン酸を含みます。アーモンドはナッツですが、ミネラルの栄養もたっぷりです。ナッツには抗酸化作用がありますが、ナンバー1の抗酸化作用を持つのはクルミです。

クルミのトリプトファンのアミノ酸は、睡眠を質の高いものとしてくれますし、クルミは食物繊維も多いです。葉酸にビタミンB6、マグネシウムに亜鉛など、クルミが持つ栄養はとても高いものがあります。

クルミは特に強い味はないために、食べるのであればサラダのトッピングにして、風味と食感を楽しむとよいです。ナッツは炒ったものを食べるではなく、生のままのナッツを食べます。

安くて低下カロリーのもやしで料理のかさ増し

安くて低下カロリーのもやしで料理のかさ増しができますので、ダイエットでたくさん食べたいときには、もやしは大活躍をする食材です。野菜炒めにしても良いですし、みそ汁や野菜スープに入れても、ボリュームが出ますし、シャキシャキとした食感が楽しめる食材になります。

もやしの素敵なところは、スーパーでもとにかく価格が安くて、カロリーも驚くほど低く、それでいてお腹いっぱい食べられるところです。

さらに静かな存在のもやしですが、栄養価が意外と素晴らしく、色素の薄さから栄養は低そうですが、実際にはもやしの栄養価は高いです、もやしにはたくさんの食物繊維をはじめ、健康にも良いビタミンCにカリウム、アスパラギン酸も含んでいます。

料理のバリエーションが豊富なキャベツ

料理のバリエーションが豊富なキャベツは、低カロリーでおなかいっぱい食べられる、ダイエット時にも食べたい野菜です。キャベツといえば、とんかつやエビフライの横に山盛りの、千切りキャベツを思い浮かべますがキャベツは様々なレシピに活用できる優等生です。

食事前に千切りキャベツを食べてから、通常食を食べることで、食事量を減らすことができます。メインの食事にも、たっぷりとキャベツは利用ができるので、レシピのアレンジは豊富なものです。

サラダに和え物、スープに味噌汁、和食時に養殖にも中華にも、あらゆる料理に利用ができます。キャベツだけでも卵と炒めれば、簡単な中華になりますし、鶏肉とのオイスター炒めで、ボリューム感のある食事になります。

ダイエットに適した食事とは

ダイエットに適した食事とは、たんぱく質はたっぷりと、それでいて総合カロリーは低い食事です。流行りの何か一つだけを食べるダイエットは、長続きはしないですし栄養は偏ります。

好きなものばかり食べるのも太りますし、極端に食事を減らすと、どこかで食べられないストレスの糸が切れるので、余計に過食をしやすくなります。人間の体は本来、必要な栄養が入ってくると、過食とは無縁でいられます。

そこには条件があり、できるだけ加工食品ではないこと、新鮮な食材を使った献立であること、栄養が整った食事をすると、過剰に食べなくて済みます。たんぱく質にビタミンにミネラルを意識して、健康に良いメニューを考えて食べること、和食をメインにしてみることです。

夜食べるならどんな料理?

夜食べるならどんな料理が良いのか、夜食べると太るのは代謝が昼間より、ずっと抑制をされるためです。夜に高カロリー食を食べてしまうと、エネルギー消費ではなく脂肪になります。空腹感を夜の時間に感じた時には、200kcalくらいを目安にした、低カロリーな食べ物を食べることです。

胃腸への負担の少ない、温かい食べ物で知るものなど水分が多いものが向いています。野菜ときのこの味噌汁、おかゆに野菜スープなどは向いています。

手をかけないで食べるなら、無糖のヨーグルトや、低カロリーのこんにゃくのおやつなどを食べてもよいです。夜は日中よりも脂肪になるので、間違えても、ケーキやアイスクリーム、チョコレートにビスケット、菓子パンなどは控えます。

ダイエットに向いているスープは?

ダイエットに向いているスープは、低カロリーでおなかがいっぱいになる具材を、たっぷりと含むスープです。野菜ときのこのスープは組み合わせからしても、脂肪燃焼を促すスープになり明日。玉ねぎにセロリにキャベツ、キノコにトマト、味付けにはチキンブイヨンで煮込めば出来上がります。

代謝アップで体を温めるスープならば、ショウガと野菜のスープです。基礎代謝を高めるためにも筋肉は必要であり、そのベースはたんぱく質ですから、鶏肉と野菜のスープもダイエットには向いています。

鶏肉に玉ねぎにセロリ、キャベツにトマトにニンニク、ショウガにローリエで煮込み仕上げます。ジャガイモなどの芋類をたっぷり入れたスープは、炭水化物と糖質が多くなるので、葉物野菜などを使うことです。

外食するときに意識すべきこと

外食するときに意識すべきことは、カフェなどで甘いスイーツやドリンクを、思い切り堪能しないようにすることです。一人でカフェに入ることもありますし、友人や会社の付き合いなどで外食をすることもあります。

居酒屋やレストラン、カフェやどのような飲食店でも、砂糖と油たっぷりのメニューは多くありますし、おやつに食べることができるデザートも、高カロリーなメニューが揃っています。甘くて油のたくさん使った料理は、デザートでもやはりおいしいので、心が揺れて注文をしやすいですが、選ぶ必要があります。

カフェであっても甘いドーナツやマフィンではなく、シンプルなブラックコーヒーだけにするなど、ダイエット中は高カロリー食の外食メニューには、心を鬼にして立ち向かいます。

ダイエット中でも食べられるおやつは?

ダイエット中でも食べられるおやつは、低カロリーでおなかに溜まりやすいもの、歯ごたえがあって咀嚼ができるものなどです。空腹時に口にして食感はあり、味わいも良くて満足感が得られる食べ物として、ナッツ類は良い食べ物です。

食べすぎないようにすれば、アーモンドなどは、オレイン酸にカリウム、ビタミンEを含み、脂肪燃焼も良くなります。おやつであれば、サツマイモのをふかして食べるのも、空腹感を満たすには良い方法です。

低カロリー食の代表的な、寒天もおやつには向いており、100g食べても2kcalですから、カロリーは気にしないで済みます。噛み応えのあるおやつであれば、するめを噛むようにすれば、お腹がだんだんと満たされます。