ダイエット中の食事はバランスが肝心!気を付けたい食事の時間や順番食材の種類を詳しく紹介

多くの女性は一度はダイエットにチャレンジした経験を持っています。自分自身の身体の隅々まで知り尽くしているからこそ、足や二の腕、お腹周りなど自分の身体で気になる部位は人それぞれです。

何かと不規則な生活になりがちな現代社会においては睡眠不足や運動機会の減少、食生活の乱れなどによって生活習慣病のリスクにさらされていたり、不健康な身体の状態になってしまっている人も少なくありません。

多くの女性がチャレンジしようとしているダイエットの際にもこれらの生活環境はマイナスに働くことが少なくありません。何事にも適度な運動と規則正しい生活リズム、食生活の改善が大切と言われますが、ダイエット中は特に食事環境には気を配る必要があります。

ダイエット中に気をつけたい食事環境はどのような事があるのでしょうか。

体重を減らしてスリム体系へ

ダイエットをしようとしても、つい甘い誘惑につられてしまい出来ないでいるケースがあります。まず痩せたいという気持ちがなければ、成功へはつながりません。ではどうしたら良いかですが、カロリー値について知っておくと良いでしょう。

食事をする際には、ただ量を減らせば良いというわけではありません。摂取カロリーもありますが、食事をとる時間帯なども大きく変わってきます。動物は冬にあれば冬眠をするためにカロリーの高いものを食べます。

人も動物ですから、その考えをもって摂取していく事が重要です。寝る際にものを食べるとカロリー値が変わります。その時間帯が夜の9時からだんだんと上がりますので、その時間帯に摂取をするのは避けましょう。

また、食事をする際に果物や野菜を食べるようにしてください。それにより体への吸収も減ります。油物にレモンなどをかけると脂肪分が溶かされますので、ダイエットをしているのであれば必ずかけましょう。

食事の際にから揚げなどにレモンが添えてあるのは、その為でもあります。後は適度な運動をする事で活性化をしていきますので、体重も健康的に痩せていきます。カロリーを考えて毎日規則正しい生活をする事で体重は減少します。

間違ったダイエットをしないためにも

30歳を過ぎるとだんだんと下腹も出てき始めます。これではいけないとして、ダイエットを心がけようとする人もいる事でしょうが、まずは間違った減量の仕方をしないためにも、口コミや紹介などを比較してみてください。

ダイエット成功者の口コミからわかる事は、間違った方法でしていないという事です。断食をするのが一番手っ取り早いと考えている方もいますので、ここはしっかりと口コミなど成功者のコメントを参考にしてください。

ダイエットをする際に食事に一番気を付けたいですが、その前に自分の生活を振り返りましょう。食べ過ぎている、運動をしない、ストレスをためている、ファーストフードやインスタント食品を多く取っているということなどありませんか。これらは、太る原因の元です。

ダイエットを成功させるのであれば、断食も考えた仕方をする事でカロリー値を抑えた方法でした方が健康に良いです。毎日1500カロリーとしていけば、余分に摂取していたものが落ちてきます。また運動を適度にする事で、新陳代謝も良くなりますから、汗をかく事でデトックス効果も出て美容にも健康にも良いです。

さらに、太らない食品で鶏のささ身や野菜にシーチキンといった物を取るのも効果的です。

ダイエット向きの食事の順番がある

食事の際、どんな順番がダイエット向きだとされているのでしょうか。その答えは、血糖値の上昇と深く関係しています。例えば食事の際に、糖質を多く含む主食類から食べ始めてしまうと、急激に血糖値が上昇してしまいます。

結果的にそれが肥満に繋がってしまうのです。糖質を制限するのもひとつの方法ではありますが、徹底しようと思うと厳しいルールに縛られ、かえってストレスになりかねません。食事の順番を意識することで、急激な血糖値の上昇を抑える方が簡単ですよね。

血糖値の上昇を抑えるためには、サラダや煮物など食物繊維を多く含むメニューから食べ始めましょう。最初に食物繊維を多く含む食品を摂取することで、血糖値の上昇はもちろん、その後摂取する脂質や糖質の吸収も穏やかにすることが期待されます。

また、食物繊維を含む野菜やきのこは食べごたえがあるので満腹感に繋がり、主食の食べ過ぎを防いでもくれます。食物繊維の次に来るのが、たんぱく質。お肉はダイエットの大敵にも思えますが、豊富に含まれるタンパク質のお陰で筋肉量を減らさずに済み、基礎代謝量をキープすることに繋がります。

栄養不足になると筋肉もやせ細り、基礎代謝量の少ない太りやすい体質になってしまうので、それを避けるためにもタンパク質は摂るほうがいいのです。

ダイエット中の食事方法

ダイエットをしていても、生きているとお腹は空きますし、もちろん三食はきっちりと食べるべきです。三食を食べないダイエットや、食事制限だけにこだわったダイエットをしていると、続かないだけでなく、最悪の場合には病気にもなってしまいます。

けれど、三食きっちり食べたいだけ食べていても、ダイエットの成功はなかなかつかめないことも事実です。そこで何が一番大切かというと、食べるタイミングそして時間がポイントなのです。

食事はお腹が空いた時とるべきですが、やはり夜遅い時間に摂取してしまうとなかなか消費できません。夜は18時までに済ませるように調整すると、良いでしょう。この習慣は、痩せるだけでなく健康的な体を手に入れることにもつながります。男女問わずオススメしたい食事の方法です。

逆に、自分自身がそこまで食べたくないタイミングで無理に食べると、栄養の摂取面を考えてもあまりよくありません。お腹が少し空いたタイミングで、できることなら毎日規則的な時間にきっちり楽しく食べるのがダイエットにも健康にも一番いいです。

朝昼晩は、6時間おきにタンパク質を重視したメニューを心がけてよく噛んで食べていると、少しは体系や体重の変化を感じられることでしょう。

整った栄養バランスが大切

ダイエット中でもそうでなくても、人の体には必要な栄養素があります。三大栄養素であるたんぱく質・糖質・脂質、そしてビタミン・ミネラルを合わせた五大栄養素です。カロリーを控えていれば痩せると考える人も多いですが、いくら摂取カロリーが低くても栄養のバランスがきちんととれていないと痩せることが難しいと言われています。

それは、人間の体に必要な栄養が不足すると満足感が得られず食べ過ぎに繋がってしまうからです。人間の体は自然と必要な栄養を求めるので、バランスの取れた食事を意識すると、満腹感が得られてそうでないときと比べて食べる量が減ります。

しかも、栄養バランスが整っていないと脂肪も燃焼しにくくなるので、痩せづらい原因となってしまいます。また、たんぱく質といっても、魚・肉・大豆製品・たまご・乳製品とありますが、これらもバランスよくとるのが望ましいです。

しかし、一日ですべてを摂取するのはなかなか難しいので、とりあえず一食に一品はたんぱく質を入れるようにして、すべてを摂るのは一週間単位でも大丈夫です。

それでも難しい場合は一か月でも構わないので、なるべくいろいろな種類のたんぱく質を摂取するように心がけましょう。

一日の食事の摂取カロリーと基礎代謝の関係

ダイエットをする時に食事制限を行う人が多いかと思われますが、食事制限は摂取カロリー量を減らす事であり、摂取エネルギー量が減ると体重が落ちるなどからも効果を期待出来るわけです。しかし、摂取カロリー量を大幅に減らす事は身体への負担が生じてしまいます。

中には、重大な体調変化が生じるケースもあるため注意をしなければなりません。また、食事制限をしているのにも関わらず体重が落ちない、それならさらに食事の量を減らすなど危険なダイエットを行う人も多いと言われています。

体重が減らない理由の中には基礎代謝が低くなっている、筋力が不足している、血糖値の上昇など様々な要因があります。基礎代謝は、人が生きて行く上で必要不可欠なエネルギーの事を意味しています。座っているだけ、寝ているだけでもエネルギーは常に消費されます。

また、基礎代謝は1日に消費されるエネルギーの内、約7割を占めているなどからも、代謝が良い人ほど痩せやすいのです。但し、体温が低い、便秘症や冷え症、汗をあまりかかない人などは基礎代謝が低く太りやすい体質になります。

ダイエット時の摂取カロリーは低い程良いわけではなく、基礎代謝を向上させる事を意識して適度なカロリーを摂る事がポイントになるわけです。

食事を工夫して楽しくダイエット

ダイエットは運動だけをしてもあまり効果がありません。生活習慣を見直して、規則正しい健康的な生活をすることでその効果が高まります。体脂肪を落としたいからと言って有酸素運動だけしていても効果は限定的です。

食事の内容も見直して楽しく食事をしながら効果的なダイエットをしてみませんか。まずは栄養摂取はしっかりとらないと普段の生活にも支障が出てきてしまうことを考える必要があります。一日3度のご飯は、生活の基本となるのです。

食べるものの内容ですが、油を減らす工夫をしてみます。肉であればササミを中心にしましょう。味付けも薄味にするとカロリーを低く抑えられます。薄味も慣れてしまうと気にならなくなります。マグロの缶詰なども低カロリーのものがあります。

これらのものでたんぱく質を補うようにするのも良いアイデアです。牛乳も栄養価が高いですが低脂肪牛乳を飲用すると良いです。

お通じを良くするためには野菜も良くとることを心掛けます。天候が悪い日々が続き野菜は高騰していますが、もやしや、カイワレ大根、ブロッコリースプラウトなどは天候に左右されず、低カロリーで栄養もあり、何より低価格です。ダイエットには食事を工夫し、美味しく食べることを基本に無理なく実践しましょう。

太りにくい食事でダイエットを成功させる

ダイエットを考えた食事の場合に特に必要なのは、意識して野菜を多くとることです。野菜は低カロリーであり、また食物繊維も豊富で腸内環境を改善し便秘も解消されるため、ダイエットには欠かせないものです。

苦手な人も工夫することによってより多くの野菜を摂取することが可能になるでしょう。そのための一つのメニューとして考えられるのは「鍋料理」です。鍋料理には多くの具材が入っており、その具材からダシが出て、野菜も美味しく食べられる利点があります。

しかも野菜は熱を加えるとかさが減るため、生の状態では多い量であっても鍋料理にすれば意外に少なくなって食べやすくなります。また鍋料理には様々な野菜を入れることができるので、その種類も豊富にとることができます。

野菜を多く摂取すればそれだけお腹も膨らむため、食事の満足感を得られやすくなり、肉類の摂取を抑えることも可能になるでしょう。食べ方の順番として最初に野菜から食べるようにすれば脂肪の吸収を抑える働きもしてくれるので、ダイエットに効果的です。

野菜はビタミンとミネラルを豊富に含んでおり、栄養バランスを整え体の代謝を活発にする働きがあります。そして鍋料理で温まった体はさらに新陳代謝を活発にし、体の働きがよくなって太りにくくなる期待が持てます。

普段のダイエットで使える太らない食材

ダイエットをする際には食事面が重要であり、長く続けられればそれが習慣となり苦にしないで続けられるようになります。

ここでおすすめなのはこんにゃくです。こんにゃくは低カロリーなだけでなく、便秘にも効果を発揮する他すぐに満腹感を得られることからも食事制限やちょっとお腹が空いた時にもこんにゃくを食べることでコントロールできます。

しかも他の食材との親和性が高く、糸こんにゃくなどを利用すれば麺類として食することも可能です。汎用性が高い食材ということを考えてもこんにゃくに勝る食材はなく手に入れやすい食材でもあります。

一番効果的な使い方は3食のうち1食をこんにゃくに置き換えることです。特に夕食をこんにゃくに置き換えることで食事量をセーブでき、胃の中に消化しきれていないものがある状態で寝ることを防げます。

例えばラーメンのような形にすれば、ラーメンを食べている感覚でありながら麺はこんにゃくなのでカロリーを抑えられて、しかも食事制限をしている感覚にはならないため精神的に楽です。ただ全てをこんにゃくに置き換えるのは栄養素の偏りにつながり、よくありません。

長く続けるためにも1食だけこんにゃくを用いてあとは普通の食生活にすれば十分です。

ダイエット中の食事は代謝を良くするメニューで

太りやすいポイントの一つに食事の内容や食事の摂り方、時間帯などがあります。ダイエットに最適なメニューは低カロリーなものを中心にしたものが最適、しかし食事の量を減らすなどからも栄養が偏りがちになりやすくなります。

野菜を中心にしたメニューはカロリーが低いので良いかと思われますが、サラダを食べる時に使うドレッシングに油が使われていると、逆効果になる事もあります。

また、野菜はビタミンの摂取には最適、その反面代謝機能を促進させるたんぱく質が不足する、この場合もダイエット効果を半減させてしまう要因にも繋がります。

1日に摂取するカロリーが少なくても、食事の時間帯が遅い時、食事をする時には人よりも早く食べるなどは太りやすい体質に変えてしまいます。しかしながら、仕事をしている人にとって、夜遅い時間帯に夕食になるケースは多いと言えましょう。

こんな時には冷たいメニューではなく、温かいものを中心にしたレシピを用意する、海藻類や貝などを食材にしたメニューにする事で新陳代謝を向上させる効果にも繋がります。また、遅い時間帯が夕食になるケースが多い人はタンパク質を積極的に摂るメニュー作りを行うとダイエット効果を高める事が出来るのでお勧めです。

食べる順番と併用ダイエット

効率的に痩せたいならば、炭水化物を抜くのが効果的です。なるべくパンやご飯は食べない様にしましょう。そして食べる順番も重要です。食事で一番最初に食べて欲しい物はサラダになります。生の野菜には酵素が含まれていて、脂肪の吸収をゆっくりにしてくれる作用があります。

なので食事の時は必ず生野菜を食べる様にしましょう。この時にドレッシングは、油の入っていない物を使う様にして下さい。そして2番目に食べて欲しいのは、みそ汁などの汁物です。汁物を飲むと満腹感が出るので食べ過ぎを防いでくれます。

最後におかずを食べる様にして下さい。おかずは、揚げ物などカロリーの高い物は避けましょう。お勧めは取りのささ身や青魚などが良いです。特に青魚はコレステロール値を下げてくれる効果があり、生活習慣病の予防にもなります。

生野菜を食べて酵素を摂取すると、脂肪の吸収を遅らせるだけでなく、体の代謝も良くなります。なので、ウォーキングやエアロバイクなどの有酸素運動を取り入れるとダイエット効果が高まります。有酸素運動は20分以上続けると脂肪を燃焼し始めます。

なので20分以上頑張って続ける様にしましょう。毎日継続して行う事で痩せやすい体になっていきます。

ダイエットと食事の事情

痩せようと思っている時には、食べるものをバランス良くする必要があります。というのも、バランスを考えることなく好きなものをたくさん食べるようにしていると、体の調子が悪くなってしまうことがあるからです。

また、太る原因にも繋がってしまうのです。そのような状態を防ぐためにも、きちんとした食事を行うことはダイエットをする上で欠かすことができません。

ダイエットをする時には、食事制限を行うといいです。食事制限を行うと、一定の量の食べ物や栄養素を消費するようになります。それらの詳細については、個人の体型や目指す体重を始めとして、体質によっても異なっています。

無理な状態で食事制限を行うことは非常に危険であるとも言えるために、きちんと専門家に相談をしておくと良いです。特に、アレルギーを抱えている人や虚弱体質であるという場合には、相談をしておくことが欠かせません。

きちんとした食事制限を設けてダイエットに取り組んでいると、順調に体重を落としていくことが期待できるのです。また、無理なダイエットではなくて、健康的な状態に体を改善することができることも期待できるようになります。

ダイエットをする際には、食べるものに気をつけると良いです。

食事制限は無理せず少しずつ取り組むことが大切

ダイエットの為には食生活の見直しが欠かせませんが、だからといって間違った食事制限をしてしまうと、逆に太りやすい体質になってしまう恐れがあるので注意が必要です。例えば、短期間で痩せたいという方は1日1食だけにするなど急激に食べる量を減らす食事制限を行ってしまいがちです。

しかし、極端に食事量を減らすと体が反応し、脂肪を溜め込みやすい体質に変化してしまいます。こうなると、一度痩せることができたとしてもすぐにリバウンドし、せっかくの努力が無駄になってしまいかねません。

また、摂取カロリーを減らしたい一心で、栄養バランスが偏ってしまうのも良くありません。最近では、特定の食品だけを摂取するダイエットが流行することもありますが、必要な栄養が不足してしまうと代謝が落ちて太りやすくなってしまうだけでなく、体調を崩してしまう恐れもあります。

ダイエットに効果的な食品を食べること自体は悪くありませんが、それだけを食べるのではなく全体の栄養バランスをしっかりと考えましょう。

正しく食事制限に取り組む為には、まず普段の食生活の摂取カロリーを把握することが必要不可欠です。その上で無理をせず、少しずつ摂取カロリーを減らしていくことが大切となります。

辛いダイエットの食事制限の乗り切り方

ダイエットで一番辛いのは、食欲を我慢するということです。好き勝手に食べた結果ダイエットをしているのだとしても、食事制限は厳しいです。ストレスを溜めずに乗り切るために効果的なことが運動です。運動をするとお腹が空いてかえって何か食べたくなるのでは、と心配になります。

ですが運動をすると不思議なことに、空腹感をしのぐことができるのです。運動をすると交感神経が刺激されてアドレナリンが分泌し、アドレナリンは肝臓を刺激して、グリコーゲンをブドウ糖に分解し血糖値を上げます。

血糖値が上がると脳は「空腹だ」という信号を出さなくなるのです。そのため空腹をあまり気にしなくなってしまいます。また食べて、消化吸収すること自体もエネルギーを使う行為ですが、運動をして体が疲労すると食べるために必要なエネルギーを消費してしまうため食欲が減退します。

それでもどうしても食べたくて辛い時には、これだけは食べていいというものを決めておきます。低カロリーのビスケットをしっかり噛んで、炭酸水と一緒に飲むと一時的に空腹対策することもできます。

全てNGにしてしまうと辛くてリバウンドしやすくなりますので、無理しすぎず適度に糖質を取ることで食事制限中のイライラも改善します。

食事ダイエットを成功させるために

食事方法を気を付けることはダイエットにとって大切ではありますが、最低限注意しなければならないことは知っておく必要があります。周りの意見を聞いたり口コミを調べることも参考にはなりますが、全く食べない日を作ったり、一つの食材ばかりをずっと食べ続けるなどの極端な方法は、栄養不足や栄養過多などの原因となり疾患を招く可能性があります。

できるだけ医療機関で相談するなどして、自分に合った方法を選ぶことが好ましいです。また個々の体質によってはダイエットのために使用する食材が適しているか、効果が変わってきます。冷え性の人は根菜などを中心に食べたほうが体が温まり代謝が上がり、痩せやすい体質になります。

反対に熱っぽい人は、トマトやきゅうりなど体の熱を下げる食材を摂取したほうが効果的だと言われています。自分の体質を改善するためにふさわしくない食材ばかりを摂っているとなかなか痩せない上に、体の不調も改善されないままになってしまうため注意が必要です。

さらに食生活の基本として気を付けておきたいことは、できるだけ3食決まった時間に毎日食事をするようにしましょう。食生活の基本がきちんとできていれば、ダイエットも夢ではありません。