ダイエット初心者さん必見!ダイエットを決意したら始めるべきこと

ダイエットに挑戦するものの、いつも失敗ばかりするという人は準備不足かもしれません。きちんと準備をして、何から始めればいいのか明確にすることで、ダイエット中のストレスを軽減できるうえに、効果も出せるようになってきます。

とりあえずはやめよう!目標を決めてとりかかる

ダイエットを決意する瞬間は、お風呂タイムで自分の下腹をチェックした時や、いつものズボンがきつく感じた時など、いろいろあります。その直後、何も考えずにとりあえず食事量を減らしていてもダイエットは成功しません。

確実に体重を減らしていきたいなら、まずは目標を決めてからダイエットにチャレンジするように心がけましょう。ダイエットの目標は、人それぞれです。何キロ痩せたいと理想の体重を決めるのも良いですし、憧れの可愛い服が着られるようになりたいでもかまいません。

体重に着目するのではなく、1カ月2か月と期間に重点を置くのもおすすめです。このように目標を決めておくと、ダイエットのモチベーション維持に繋がるので、挫折しにくくすることができます。

何から手をつければいいの?運動?食事?

ダイエットというと、食事を減らすものというイメージが強くなってきますが、それと同じぐらい運動も大切になってきます。では、どちらからはじめればいいのかと言うと、両方バランス良く取り組んでいくのが正解です。

食事量を減らすダイエットは、摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、痩せる効果が高くなります。ですが、運動をしていないと、脂肪よりも先に筋肉が落ちてしまい、せっかく痩せたのにバランスの悪いスタイルになってしまう可能性があります。

これを防ぐために、適度に運動をするのがおすすめです。さらに運動をして筋肉をつければ、気になる部位が引き締まるだけではなく、基礎代謝を上げて痩せやすい体質へと整えていくことも期待できます。

計画を立ててダイエットをしよう

計画を立ててダイエットを行えば、急激なダイエットを避けることができます。そのため、体にかかる負担も軽くなると同時に、ストレスも少なくすることができます。ダイエットの計画で目標体重を決める時は、1か月のマイナス量が体重の5%以内になるように注意しましょう。

短期間で結果を出したいと、ついつい思いがちですが、無理な減量はドカ食いへと繋がってしまうからです。さらに、摂取カロリーが元々の食事と大幅に変わると、体は生命の危機と誤認する可能性があります。

このような状態になると、体は少ないカロリーを逃さないように積極的に吸収をしようと働くようになるので注意が必要です。大幅に体重を減らしたい時は、長い期間をダイエットに挑戦するよよう計画しましょう。

リフレッシュも大事!肉もストレスも貯めこまない

ダイエットを成功させるポイントは、どうやってストレスを上手に発散するかにかかっていると言っても過言ではありません。ダイエット中はいつもより食事量が減るため空腹になりやすいうえに、甘いものや揚げ物など、食べるものも制限されることが多くなります。

さらに、意識して体を動かさなくてはいけないので、ついイライラとしてくるのが普通です。そんな時は、無理に我慢をしないで、少しだけ自分の好きなものを食べるようにしてみましょう。ダイエット期間中にリラックスできる時間を設けることで、改めてモチベーションを高めることができます。

さらに、過度なストレスによるドカ食いやリバウンドを防ぐ効果も得られます。このようなリラックスタイムは、あらかじめ計画に入れておくのもおすすめです。

運動といっても何をすればいいの?

運動をして体重を落とすというと、ハードなスポーツを想像する人が多くなります。ですが、運動だけで体重を落とすのではなく、ダイエットのサポートして体を動かすことを意識してみましょう。

ダイエットにおすすめの運動は有酸素運動です。有酸素運動は呼吸をしながら行えるもので、比較的運動量が軽いものになっています。ですので、普段運動をし慣れていない人でも挑戦しやすいというメリットがあります。

さらに有酸素運動は、ハードな無酸素運動よりも脂肪を燃焼しやすいという特徴もあります。有酸素運動にはウォーキングや水泳、エアロビクスなどがあります。運動が苦手だという人は、プールでウォーキングすることで体にかかる負担を少なくすることができます。

そもそもどうして体重は増えるのか

体重が増えてしまうのは、飲食で得た摂取カロリーに対して消費カロリーが少ないことが原因です。この差が大きくなると、どんどんと体に脂肪が蓄積されていくので注意が必要です。

太ってしまった人の中には、いつもと同じ量の食事をしているはずなのに、体重が増えてしまったという人も少なくありません。この場合は、消費カロリーの低下が考えられます。消費カロリーが低下してしまう原因は、さまざまです。まず最初に考えられるのが、運動不足です。

仕事や学業が忙しく、体を動かす時間が少なくなると体重は増えてしまいます。それと同じように、基礎代謝の低下にも注目するようにしましょう。基礎代謝の低下は、加齢によって起こる場合があるので気を付けましょう。

運動ビギナーさんにおススメのダイエット方法

運動が苦手で、普段体を動かしていない人は、意識して運動をするようにしてみましょう。運動をし慣れていない分、ダイエット効果が高くなるからです。だからと言って、急にハードな運動をすると体を壊す心配があるので注意が必要です。

まずはストレッチやヨガ、筋肉トレーニングなど、自宅で簡単にできるものから挑戦するのがおすすめです。これらの運動を集中的に行うことで、痩せやすい体質にできると同時に、運動ができる体へと整えることが期待できます。

自宅での運動になれてきたら、ウォーキングや水泳に取り組むのもおすすめです。ウォーキングは外を歩くことでダイエットのストレス解消効果も得られます。水泳は、体全体の筋肉を動かすことができるので、消費カロリーが高いのが魅力です。

ダイエット=運動は時代遅れ?

ダイエット情報を見てみると、話題のダイエット商品や海外セレブが愛用しているヘルシーフードなどが紹介されています。このような情報を見ていると、運動をしながらダイエットに挑むのが時代遅れのように感じることがあります。

けれど、ダイエットと運動は切っても切れない関係にあります。意識して体を動かせば、通常時よりも消費カロリーがあがります。さらに、体に筋肉がつくことで基礎代謝を上げていくことも期待できます。また、運動を行えば体温を高めることができます。

この状態が長く続くと、痩せやすい体質になれると同時に、肌のターンオーバーやデトックス効果も高めることが期待できます。運動によるダイエットは、減量効果があらわれにくいものですが、綺麗に痩せるためには必要なものなので、頑張ってチャレンジしてみましょう。

運動は習慣をつけることが大事!

ダイエットに適度な運動が大切なことを知ってるけど、どうしても苦手で動かしたくないという人はいませんか。そんな時は、自分の生活を見直すことで、運動を習慣化させることができます。仕事や勉強が忙しくて運動をする時間がない人も、習慣化することで無理なく体を動かせるようになるからおすすめです。

まずは、エレベーターやエスカレーターの利用頻度を減らしてみましょう。3階までは自分で歩くなど、目標を決めることで運動を習慣化させることができます。さらに、バスの乗り場を一駅変えて歩くのもおすすめです。コンビニをよく利用するという人は、最寄りから1つ先の店舗を選ぶことで、自然とウォーキングすることができるので試してみましょう。

小さなことからコツコツと日常生活ですぐ取り入れられる習慣

ダイエットと言うと、話題のダイエット商品やグッズが数多くありますが、それらを使わなくても体重を落としていくことができます。さらに、ダイエットのコツを覚え、いろいろと組み合わせて実践することで、大きな効果を期待することができます。

食事の量を減らしたい場合は、食事の前に水や野菜ジュースを飲むようにしてみましょう。水分を飲むことで満腹感が得られやすくなるからです。さらに、ご飯を噛む回数を多くするように意識するだけで、少ない量で満足しやすくなります。

食事をしたら、きちんと歯を磨くように心がければ、ダラダラとした食べ続けることを予防できます。筋肉トレーニングをする時は、太ももの筋肉や腹筋を鍛えるのがおすすめです。これらはとても大きな筋肉なので、鍛えることで簡単に筋肉量をあげることができるからです。