ダイエット効果がアップするスムージーの飲み方

ダイエット効果がアップするスムージーの飲み方は、無理なく1日に1回を守って、楽しみながらおいしく続けることです。

美味しくないとダイエットは継続できないですが、スムージーは加える果実も野菜も工夫できるので、アレンジができます。

スムージーはダイエットに効果あり?

スムージーはダイエットに効果ありかどうか、この答えはイエスです。なぜダイエットを実践するときに、スムージーが役立つのかというと、食事を野菜と果実のドリンクに置き換えるので、カロリーを大幅に減らすことができるためです。

あくまでも置き換えですから、食事を一切食べないダイエットではなく、しかもビタミンや酵素にミネラルなどの栄養価は大変高いです。痩せるためには栄養が必要であり、不足しがちな栄養をスムージーでは補うことができます。

 

スムージーにはお腹の中をリセットする栄養も豊富なので、詰まっていた腸の中の腐敗物もどんどん出ていきます。便通も良くなって巡りも良くなり、新陳代謝も上がるのがスムージーの力なので、ダイエット効果は抜群です。

3食のうち1食を置き換えるのが定番

3食のうち1食を置き換えるのが定番なのが、一般的に知られているスムージーの飲み方であり、正しいダイエットの手段です。ダイエットはスムージーを置き換えて食事の代わりにすることになりますが、張り切って1日に2回からスタートすると、それを長く続けるのは無理があります。

もともとしっかり食べていた人が、1回の食事を減らすのも大変ですから、2回を置き換えにした場合、そのストレスはかなり大きいです。糸が切れてドカ食いをする可能性もあるので、無理のない1日に1回だけを、フレッシュな作り立てのスムージーにするのが、挫折の確率の少ない健康的なスムージーダイエットになります。

ほかの2回の食事は好きなものを食べることができますが、たんぱく質などを意識するとよいです。

スムージー以外の食事も低カロリー高たんぱくを心がける

スムージー以外の食事も低カロリー高たんぱくを心がけること、スムージーを飲むようになると、この点は意識的に気を付けたいことです。野菜をドリンクにして飲んでいるから大丈夫と思い込みやすいですが、スムージーで摂取ができる栄養は、いくつかの種類に限られます。

水溶性食物繊維に使用性食物繊維、ビタミン類にカルシウム、ミネラルや酵素などが主な健康的な栄養素です。うっかりしやすいですが、スムージーでは基本的に、たんぱく質の材料を使わないので、明らかにたんぱく質の栄養が不足をします。

そこで食事の中で、スムージー以外の食事タイムの時には、たんぱく質を献立に入れるようにします。豆腐や納豆や味噌などの、大豆食品はローカロリーで、高タンパク質です。

味が苦手な人はバナナやリンゴを加えると飲みやすくなる

味が苦手な人はバナナやリンゴを加えると飲みやすくなるので、加える材料にも一工夫です。スムージーの材料には生の野菜を使うのが特徴であり、普段生野菜を食べるときのように、味付けの濃いドレッシングを、たくさんかけて食べるようなものとは、スムージーは違います。

味付けのためにミキサーには、ドレッシングやマヨネーズを加えるわけでもなく、野菜のそのままの味わいをドリンクにします。でも生の野菜は独特の苦みとか、青臭さがあるので、濃い味付けに慣れていると、野菜の持つ自然なおいしさが、最初は受け入れがたいかもしれないです。

安心して良いのは、スムージーは果実と一緒に作ることができることであり、飲みやすくするならリンゴやバナナが、味わいととてもマイルドにしてくれます。

慣れてきたら野菜と果物の比率などにも気を遣おう

慣れてきたら野菜と果物の比率などにも気を遣うこと、そのほうがダイエットや、自分の目的達成への成功の近道になるためです。最初から野菜オンリーは、飲むときに野菜の青臭さが邪魔をしてしまいがちです。

張り切って野菜ばかりの多いスムージーにしてしまうと、今まで自由気ままに甘い物や、味付けの濃いものを、思い切り食べてきた人には、いささか馴染めない味わいになる可能性があります。スムージーのスタートは、少し果物を多めに入れて、甘くすると飲みやすいです。

次第に慣れてきたら、野菜を6割、果物を4割を意識して作ります。さらにスムージーの自然の味わいに慣れてきたら、ダイエット目的なら葉物野菜を少し多めにしたりして、比率の調整をします。

味に飽きない工夫も継続の秘訣

味に飽きない工夫も継続の秘訣なので、アレンジをしたり加えるものを選んで、美味しく楽しみながらスムージーを続けていくことです。100%フレッシュなジュースを加えてみても新鮮な味わいです。

ピーチジュースにアップルジュース、何でもよいですが、人工的な砂糖が多いものではなく、天然果汁のものが好ましいです。こってりした味わいの、豆乳を加えてもおいしいです。フルーツティーのようなおいしさになるのが、紅茶を加えたの味方です。

トッピングに近くなりますが、ボリュームアップで香ばしさと、甘さが味わえるのは、黄な粉を加えたスムージーです。濃厚な味わいを醸し出したいときには、ココナッツミルクを加えたスムージーで、風味も味わいも濃厚にできます。

間違った飲み方は体へのダメージがある

間違った飲み方は体へのダメージがあるというと、少し驚くかもしれないです。特に気を付けたいのは朝のスムージーであり、新しい1日のスタートに、フレッシュな野菜と果物のドリンクは最高に良いはずです。

でも気を付けたいのは材料であり、パセリやセロリなどの、せり科の野菜を朝のスムージーに加えるのは不向きです。エイジングを加速させるからであり、そこにはソラレンの物質の働きがあるためです。

ソラレンの摂取を日差しを浴びる前にすると、紫外線の吸収力が高くなるので、肌に日焼けをしやすくなります。朝のスムージーは、ソラレンを含まない食材を選ぶことです。冷たいスムージーを飲むのも注意であり、腸内を冷やすので常温で飲みます。

朝に摂っていい栄養素を覚えておこう

朝に摂っていい栄養素を覚えておくと、スムージー作りの時にも役立ちます。1日のうちでスムージーは、いつ飲んでも大丈夫ですが、時間的に飲んだほうが良い食材と、控えたほうが食材はあります。朝のスムージーには、ショウガやりんごなどを入れるのは良い選択です。

りんごはポリフェノールが豊富なので、抗酸化作用でエイジングケアにも役立ちます。カリウムも多い青梗菜は、むくみ改善にも助けになります。栄養素密度において、トップレベルのスーパー野菜も言われる、クレソンを加えるのも良いです。

体内の代謝を上げてくれる、ショウガもスムージーに少しだけ加えて、ダイエット効果を高めるとよいです。水を豆乳にしてみると、朝から大豆イソフラボンも摂取できます。

冷たすぎるスムージーは体の冷えに

冷たすぎるスムージーは体の冷えの原因となるので、氷を入れてミキサーにかけたり、冷たい水や野菜は使わないようにします。冷やしすぎの野菜や果物、氷や冷やして水は、真夏の暑い時期にはおいしく感じますが、お腹の中までクールダウンさせるので、内臓器官まで冷やしてしまうことになります。

体内は温かい状謡のほうが、基礎代謝も高まりますし、血流も良くなります。食べ物で体の中を冷やしてしまうと、血行が悪くなりますし基礎代謝も低下しやすくなります。巡りの良い体は健康状態をよくしますし、疲労回復にも良いです。

野菜と果物、それに使う水は常温を用意して、きれいに食材を洗って、ミキサーで混ぜたらフレッシュなうちに、出来立てを飲むことです。

正しく飲み続けてキレイを手に入れよう

スムージーを正しく飲み続けて、内側からのキレイを手に入れることができます。見た目の美しさに必要なのは、スキンケアという基礎化粧品でのお手入れと、栄養という体の中からの美しさへの努力です。

基礎化粧品のお手入れが1日で劇的に変わることがないように、食事での美容効果も1日だけでは大きな変化はないです。でも毎日大量の野菜と、果物をミキサーにかけて、新鮮な出来立てのスムージーを飲んでいると、だんだんとお腹の中も心までスッキリしてくるから不思議です。

人間は毎日食べているものでできていますし、健康も美しさも、心の安定までも食事の栄養に左右されています。スムージーの習慣はダイエットを目的とする人が大半ですが、肌までみるみる綺麗になります。