ダイエット効果や美容効果も期待!チアシードの副作用や摂取する際の注意点を知っておこう

スーパーフードとしてテレビや雑誌でも話題のチアシードは、ダイエットや美容に関心の高い女性を中心に注目を集めている人気の食品ですよね。

栄養価が高く健康的に美しくなれるというイメージがあるチアシードですが、実はむやみに食べれば良いというものではありません。食べ方によっては副作用が起きる可能性もゼロではなく、せっかくの豊富な栄養も活用できないことになりかねないのです。

とはいえ、上手に取り入れることができればダイエット中の強い味方になってくれたり、美容への効果も大いに期待できるものでもあるので、あまり知られていない、チアシード副作用の可能性や食べかたの注意点を知って正しく摂るのが大事です。これから食べてみようという人はぜひチェックしてみてください。

チアシードがスーパーフードと呼ばれる理由

美容雑誌や美容情報サイトなどで取り上げられることが多いチアシードは、海外セレブやモデルなどが使用していることで高い人気を集めています。ダイエットや美容に良い食べ物というイメージが強いですが、どこで栽培され、具体的にどんな栄養素が含まれているのか知っている人は少ないようです。

チアシードはチアという植物の種のことで、メキシコやグアテマラなどの南米で多く作られています。非常に栄養素が高いことが特徴で、南米では古くからチアシードと水だけがあれば生命が維持できると言われています。

チアの種にはゴマのような見た目をしているのが特徴で、黒色のほかに白いものもあります。スーパーなどで売られているものは黒色が多いですが、ダイエットなどの美容効果で比較すると白色のほうが効果が高いと言われてます。

その大きな要因の1つに、膨張率があげられます。チアシードは水に浸すと水分を吸収し、体積が膨らむという性質があります。

黒色の種の場合、その膨張率は8倍から10倍ほどですが、白色では14倍にもなるものがあるからです。さらに含まれる栄養素にはビタミンB群やα-リノレン酸やタンパク質などがありますが、特に水溶性と不水溶性の食物繊維を含んでいることが美容に最適なポイントと言えます。

ネットで人気の理由

チアシードは、ネットや美容雑誌の口コミで人気になっています。実際に購入した人も評判がよく、長く続けられると言われている方が多くいます。チアシードは、ミランダカーが使っているということでテレビや美容雑誌で話題になりました。

口コミで多かったのが、とても簡単に摂取できるという書き込みです。水につけておいて、ヨーグルトやゼリーにかけるだけなので短時間でできるというメリットがあります。

食物繊維がたっぷり入っているので、便秘対策にもなったという口コミもあります。ごまのような食感で、必須脂肪酸のオメガ3、オメガ6、アミノ酸、鉄分、亜鉛が入っているのも魅力です。

オメガ3食品は、青魚に多く含まれていますが毎日摂るのが難しいという女性から助かったという声が聞かれました。手間がかかる料理や高額なダイエット食品だと、ダイエットが続かなかったという声が多いですが、チアシードは簡単にとれて、価格も安いのが魅力です。

チアシードの注意点としては、摂取量を守る必要があります。適量は1日大さじ1杯で多く食べると、不溶性の食物繊維の摂りすぎになり便が硬くなることもあります。

成功した方のお話で、便秘が緩和したという方が多かったのも好評の理由です。

食物繊維もたっぷり含まれている

ダイエットに良いとされる食品の中でも特に注目が高まっているチアシードですが、なぜダイエットに良いかも知っておきたいところです。

痩せやすい体にするためにはお通じを良くして体に溜まった余計なものを排出させることも大事ですが、チアシードには食物繊維が豊富に含まれており便秘の解消に役立ちます。さらに食物繊維は食後の血糖値の上昇を抑えるのにも良い成分です。

そしてチアシードは水を含むと周りにプルプルした部分ができますが、これはグルコマンナンと呼ばれており水を含むと膨らむので食事前に食べておくと満腹感が高まり食事の量を減らすことにつながります。

しかも低カロリーですのでカロリーを心配することなく続けていけるのも嬉しいところです。チアシードでダイエット効果を得ることができるのは、食事の量を抑えてカロリー摂取を減らすことにありますのでチアシードを活用していても食事の量が変わらなければ良い結果が得られないということは理解しておきましょう。

それからチアシードは乾燥した状態で販売されていますが、そのまま食べるのではなく水で戻してから食べるようにしましょう。そして多く食べれば早く痩せるというわけではありませんので適切な量を守ることが大事です。

チアシードはダイエットや美容にも効果的

チアシードといえば健康や美容に効果的として注目を集めているが、その働きは何と言っても水分に浸すとどんどんと膨張して10倍にまで膨らむという点です。この働きによってダイエットにも効果があると言われているが、何故これほどまでに人気を集めているのでしょうか。

まず、単純にチアシードを食べると体内で10倍程度にまで膨張するので、少ない量でもお腹がいっぱいになります。これによって少ない量でも満腹感を得られるのですが、もちろんそれだけで注目されている訳ではありません。

そもそもチアシードには豊富な栄養素が含まれていてアミノ酸やカルシウム・マグネシウム・食物繊維なども豊富です。さらには血流を良くすると言われるオメガ3系脂肪酸も含まれているので、血液中の脂質濃度を下げて様々な働きを促進してくれます。

例えば血液の流れが良くなれば当然体の代謝もアップしますので、今までと同じ食事や運動量でもカロリーが消費しやすくなりますし、食物繊維が腸内環境を整えてくれるのでこれもダイエットに繋がります。

また、血流を良くすることや腸内環境を整える働きにはダイエットだけでなく美容にも効果的で、肌に必要な栄養素が全身に届けられるようになりますし、腸内には免疫力の約7割が存在していると言われているので、そこが健康になると外側も内側も健康で美しい体にすることができます。

チアシード副作用とダイエット以外のメリット

チアシードは、紀元前の古代アステカ・マヤの時代から食用として利用されてきた歴史を持つシソ科のミント属サルビア植物の種子で、豊富な栄養素を含んでいることから現在ではスーパーフードとして注目されています。一方で、カロリー量は極めて少ないので食事の代わりにする置き換えダイエットとしても人気を集めています。

なおチアシードの特徴は、グルコマンナンという食物繊維を豊富に含んでいることです。これにより、水で戻すと約10倍にまで膨れ上がるのでスプーン一杯(10g)だけでも相当なボリュームになります。ちなみに、チアシード10gあたりのカロリー量は約50キロカロリーで、通常の食事の代わりにすればかなりのカロリー制限に寄与することになります。

また、食物繊維には大腸を活性化して便秘を改善するという効果があるので、お通じが滞りがちな人には特におすすめです。このように、カロリー制限とデトックスの両方のメリットを得られるということが、チアシードがダイエットに効果的な理由です。

一方、チアシード副作用はこれらのメリットの裏返しの部分で、摂りすぎてしまうと便秘や下痢などのトラブルを引き起こしてしまいます。このような不具合を防ぐためには、しっかりと戻したうえで食べ過ぎないように注意するのが適切です。

チアシードによる副作用

便秘解消としても効果のあるチアシードですが、一度に食べ過ぎたり、生のまま食べたりすると便秘が悪化する場合があります。

チアシードを大量に食べてしまうと、体内の水分を吸収して膨らみ詰まってしまうからです。1日の摂取量を守ることが大切です。同じように、生のままで食べてしまうと体内の水分をどんどん吸収して膨らみ消化器官内が渋滞を起こしてしまいます。正しい食べ方を心がけるようにしましょう。

また、チアシードは食物繊維やオメガ3といわれる脂肪酸などが豊富に含まれています。必要量以上を摂取すると腹痛や下痢の原因になってしまいます。普段とらない脂肪酸などを一度にたくさん摂取すると、消化しきれずにお腹を壊してしまう可能性もあります。

チアシードを食べることで、胃のむかつきや胃痛の症状を訴える人もいます。チアシードが体質に合わないことも考えられるので初めて食べる場合は少しずつ試してみることが大切です。

一部の人にはアレルギー反応も報告されています。アレルギー症状としては、吐き気やおう吐、発疹や蕁麻疹、呼吸困難などが見られます。重い症状の場合はアナフィラキシーショックの場合もありますのですぐに中断するようにしましょう。

血圧や血栓対策、糖尿病など血液に関する薬を服用している場合には、医師への相談が必要です。

チアシードは血圧や血流に影響を与える場合があるからです。腎臓に病気を抱えている人がタンパク質を多く含むチアシードを食べると体に負担を与えてしまう場合があります。自己判断で症状が悪化しないように医師への確認をするようにしましょう。

チアシードは体質によっては副作用の危険がある

スーパーフードのチアシードはダイエットや美容に効果が期待できるので女性の間で話題になっていますが、副作用があることは知らない人が多いのではないでしょうか。最近メディアなどでもよく登場していて、多くの女性から注目されているのがチアシードですよね。

高い栄養価があるのでダイエットや美容にオススメで、内側から健康になれると評判になっています。しかしそれは体質的に身体に合った人が正しい食べ方をした時で、そうでない人が食べると胃痛やアレルギーの副作用の症状が出ることがあるので注意しないといけませんよ。

チアシードは体質的に合わない人が食べると、胃痛や胃のむかつきの症状が出ることがあります。そうした副作用が出る人は体質的に合っていない可能性が高く、あるいは食べ過ぎや正しい食べ方をしていない疑いが高いです。

体質的に合っていない可能性がある人は一度医師に相談すると良く、何らかの安心材料が得られれば正しいアプローチができるかもしれません。

一部の人はチアシードを摂取すると吐き気などのアレルギー反応が副作用として出る可能性もあります。注意が必要なのはマスタードやからし類にアレルギーを持っている人で、チアシードのたんぱく質に似た反応を起こすことが懸念されます。

吐き気や嘔吐、発疹や蕁麻疹、呼吸困難など重い症状が続く人はアナフィラキシーショックの可能性もあるので摂取しないことですね。

チアシード副作用

摂取するとダイエット効果が得られると人気のチアシードですが、食べ方に気をつけないと副作用が生じる可能性があります。

たとえば、大量に摂取した場合に前立腺がんになるリスクが高まるという研究データがあります。その理由は、チアシードに大量に含まれている脂肪酸ががんを引き起こすからです。その他にも、チアシードを大量に摂取すると腹痛や下痢などの副作用が生じるリスクがあります。

そもそもチアシードは食物繊維が豊富に含まれているので、水分と一緒に摂取する事で胃腸の中で大きく膨張する性質があります。したがって、あまりにも食べ過ぎると胃腸に刺激を与えることになるので、お腹の調子が悪くなり腹痛や下痢が引き起こされるというわけです。

このような副作用を抑える為には、チアシードの1日の摂取量をきちんと守ることが大切です。1日の摂取する目安は、乾燥している状態で10g、大さじ1杯までとなります。大さじ1杯と聞くと少ないと感じる方も多いでしょうか、チアシードは水につけておくと吸収して約10倍にも膨らみます。

したがって、大さじ1杯だけでも1日に充分な量だと考えられます。このように正しい食べ方を実践すれば大いにダイエット効果を得られるスーパーフードなので、摂取時に注意を払う事が大事です。

チアシードの副作用以外の危険性

チアシードは、ローカロリーでありながら栄養豊富なうえにデトックス効果も期待できるということで、スーパーフードとして世界中でブームとなっています。また、古代マヤやアステカの時代から食用として利用されてきた歴史があり、安全性においても信頼できるという点も人気につながっています。

ただし、だからといって闇雲に利用すれば良いというわけではなく、間違った使い方をすると十分に効果を得られないだけではなく、健康を損ねてしまうリスクも生じてしまいます。これは、チアシード副作用というよりも効果の裏返しの様な問題です。

具体的には、チアシードの最大の特徴であるデトックス効果を発揮している要因の食物繊維の作用によるもので、過剰摂取した場合は下痢や便秘などを発症する確率が高くなるのです。このために、一度当たりの摂取量はスプーン大さじ一杯(約10g)程度にとどめておくのが無難です。チアシードは胃の中で10倍に膨れ上がるために、この程度の分量でも十分に効果を得ることが出来ます。

また、チアシードの戻し方に関しても注意しなくてはなりません。短時間で戻すと、発芽毒という有害物質によるネガティブな影響を受けてしまうかもしれないからです。このために、最低でも数時間程度は賭けるようにするのが賢明です。

チアシード副作用と水分

自宅でチアシードを準備する時には、注意しておきたいポイントがあります。調理をする時に、チアシードの正しい調理方法を知らなくて、困ってしまったという人もいるのではないでしょうか。正しい方法で調理をすれば心配はないので、きちんとした方法を理解しておくことがとても大事です。

正しくない方法で消費していると、チアシード副作用を感じてしまう結果にもつながってしまうので気をつけておいた方が賢明であると言えます。

チアシード副作用が起きる原因の一つに、しっかりと水分を含ませられていないことが挙げられます。チアシードを利用する前は乾燥した状態であるために、必ずしっかりと水に入れて水気を含ませておかなければなりません。水の代わりとして、牛乳やアーモンドミルクを代用しても構わないのです。

しっかりと水分に浸しておくと、チアシードが柔らかくなります。柔らかくなった時は、安心して食べられる状態であるという印なのです。

一方で、まだ柔らかくない状態で食べてしまうと、体に悪影響を与えてしまう原因となってしまいます。というのも、体内に入ったチアシードに、体内の水分が吸い取られてしまうからなのです。体内の水分が吸い取られてしまうことは、健康の面を考えると危険であると言えるのです。

チアシードの戻し方

それではチアシードの正しい戻し方はどうすればいいのでしょうか。チアシードには発芽毒があります。そこで水に戻してしっかりと毒を抜く事が大切です。水に浸しておくだけで毒は除去されますし、そこで水分を吸収しないで膨張しない種子は除去してしまいます。

チアシードはその10倍以上の水に12時間浸けておくのが基本です。水の量については水が多いとジェル状になり、少ないとさらりとした仕上がりになります。あまり水が少ないと発芽毒も除去出来ません。戻す時間については、朝食に食べたいなら前日の夜に用意して冷蔵庫に入れておけばいいわけです。

温度は42度以下が望ましいでしょう。それ以上高温だとオメガ3等の栄養素や酵素が失われてしまいますし発芽毒も除去されません。したがって常温か冷水で戻すのがいいのです。

チアシードは食べ過ぎると便秘等の副作用があります。そこで毎日大さじ一杯ずつ戻すといいのですが、毎日だと面倒になりますので最初は大さじ一杯だけ戻してみて、出来上がった具合を見て重さを記録、その後は出来上がりの重さを予想しながらある程度まとめて戻せば面倒がありません。

戻している時にチアシードにはゲル化した部分が出て来ますがこれは水溶性食物繊維なので残さず食べましょう。食事の糖質やコレステロールの吸収を抑制する効果があります。

チアシード副作用と食べること

チアシードを食べたいと思っている時に、気をつけるべき点があるかどうかを知りたい人はいるのではないでしょうか。というのも、食べ過ぎてしまうと、チアシード副作用を感じてしまうことになるからです。決められた量や調理方法に気をつけておくと、安心して楽しみながら食べられるようになります。

おすすめできる食べ方としては、チアシードプディングが挙げられます。このレシピを作る時には、アーモンドミルクが必要になります。甘いものを控えたいという人は、砂糖の量が少ないものを選択しておくと良いです。また、味にアクセントが欲しいという場合には、チョコレート味のアーモンドミルクを選ぶことも可能になっています。

まず、マグカップの中に1人分の適量の飲み物を入れ、そのあとにチアシードを大さじ1杯入れます。その後、よく中身をかき混ぜておくと良いです。しっかりとかき混ぜておかなければ、仕上がりに悪影響を与えることもあるためにきちんと混ぜることが大事になります。

混ぜた後は容器を冷蔵庫の中に入れて、保管します。6時間程度冷やすと、中に入っているチアシードが非常に柔らかくなります。柔らかくなった時には食べどきです。プリンのような味わいが特徴になります。

バジルシードと一緒に食べればダイエットに効果的

チアシードと言えば日本でもスーパーフードの代表としてポピュラーになりつつありますが、効果的な摂り方について気になっている人も多いのではないでしょうか。

ゴマのような感じで、ほとんど無味で香りもないので色々な使い方ができます。香ばしく炒ってサラダにふりかけて食べたり、ヨーグルトに入れて食べる代表的な食べ方があります。

味が殆どないチアシードはフルーツと一緒に摂ることでバリエーションを増やすことが可能です。チアシードと一緒に食べたいスーパーフードはバジルシードで、栄養価が非常に高いことで知られています。

少量でもしっかり満腹感を得られるのでダイエットに効果的で、食べ過ぎによるカロリー摂取を防ぐことができます。チアシード性質がよく似ていてどちらもダイエット効果が期待できるのですが、バジルシードの方がカロリーは低いです。

違いはカロリーの量にあり、スプーン1杯がチアシードの場合25kcalであるのに対し、バジルシードは5kcalしかありません。どちらもαリノレン酸が豊富なので健康はもちろん、美容とダイエットに大きな効果が期待できます。

バジルシードは食物繊維が豊富で膨張度が高く、チアシードの3倍膨らむので満腹感を持続させることができるでしょう。ダイエット目的でチアシードを摂取するなら、一緒に食べたいのがバジルシードです。

チアシード副作用とストレッチ

チアシードを取りながらダイエットをする時には、チアシード副作用に気をつけておくことが欠かせません。しかし、気をつけてダイエットに取り組んでいるのにも関わらず、成果が出なくて困ったという経験をしたことがあるひともいるのではないでしょうか。

そのような時には、別のダイエットを組み合わせてみることも考えられます。

併用して挑戦できるダイエットの一つに、ストレッチ運動があります。自宅で挑戦することができるものであるため、すぐに気軽に始められるところが魅力となっています。

また、ストレッチ運動は、体を柔軟にしておく上でかなり重要なものです。体に柔軟性がなくなってしまうと、コリや病気を生じてしまう原因ともなってしまうために注意が必要になります。

チアシードを摂取して体をきちんといたわっているのであれば、運動を通じて体をきちんと管理することもすると良いです。ストレッチ運動をする時には、無理をせずに少しずつ続けることが大事です。慣れていくと、体に柔軟性を身につけることも可能になっていくものなのです。

じっくりと時間をかけて体を伸ばしていると、柔軟性が身につくことも夢ではありません。継続して行うことにより、体をきちんと管理できることに繋がるのです。

種類が豊富なチアシードの価格帯

チアシードの種類は大きく分けて二つあり、ブラックチアシードとホワイトチアシードです。ブラックチアシードのほうが廉価で購入することが出来る上に広く流通していますが、ホワイトチアシードのほうが膨張率が高かったり栄養も豊富に含まれています。

どちらも水に入れるとゼリー状に膨らむのは同様ですが、質を求める方にはホワイトチアシードが好まれる傾向にあります。値段はメーカーや生産国によって大きく異なりますが、100グラム程度で1000円前後で販売されているのが一般的です。

大容量のものでは1キロ以上入っていて2000円以下で買えるショップもあり、量が多いほど割安な傾向があります。

しかし、チアシードは水に入れると量が増える性質がありますので、一度に大量には食べられませんし、大量に購入しても消費期限が切れてしまうことがありますので、安いものを大量に買った場合には周囲の人と小分けにしてシェアするとコストパフォーマンスに優れた買い物が出来ます。

チアシードはメーカーによっても品質が異なりますので、信頼できるメーカーのものを購入するのがポイントです。評判の良いものを購入することで価格に見合った製品を手に入れることが可能です。