ダイエット効果抜群!今日から始められるその場ジョギングの効果とやり方とは?

ダイエットをするために、ジョギングをすればいいと考えている方も多くいます。ですが走ろうと思っても、天気が悪いなどの理由ですぐに断念してしまうこともあるでしょう。そこで外を走るのではなく、その場ジョギングを実践するのも1つの手です。

その場ジョギングと言われても、本当に効果が期待できるのか怪しむ方もいるかもしれません。実際にその場ジョギングには、どのような効果があるのか調べてみることも大切です。具体的な効果を把握することで、その場ジョギングを実践しやすくなります。

また効果について調べるだけではなく、正しいやり方の確認も欠かせません。間違った方法で実践すると、効果が半減してしまうこともあるので注意しましょう。

その場ジョギングの体験談

その場ジョギングは、部屋の中でもできるということが最大のメリットです。外に出てジョギングをすることが恥ずかしいという人に向いています。また、暑い夏や寒い冬でもエアコンがきいた部屋で快適にジョギングができるということもポイントが高いです。

特に夏にジョギングをすると汗でベタベタになってしまいますが、その場ジョギングならジョギングが終わった後にすぐにシャワーを浴びることができます。自宅なので、下着姿でその場ジョギングをしてもかまいません。

意外にも室内では下着オンリーですごしているという人は多いですが、そのまま気が向いたときにその場ジョギングをして理想的なボディを手に入れることができます。口コミや体験談で気になるのが、実際に効果があったのかどうかということでしょう。

運動に慣れていない人は、5分~10分くらいでばててしまう傾向のようです。なるべく20分~30分は継続してやらないと有酸素運動としての効果が薄いということには注意をしておきましょう。ダイエットになったという意見が多いですが、健康的になれた、便秘が治ったという意見などもあります。

どうやらその場ジョギングをして効果が出たという人がたくさんいるようです。

その場ジョギング

その場ジョギングを行うと体がすぐに温まるので、血流改善を期待する事ができます。その場ジョギングなら何時でも何処でも場所を取ること無く行えるので、血流改善する為にも会社の休み時間や手が空いた時には行うようにして下さい。

血流改善の効果として、体重が落ちるだけではなく、体の調子も良くなりますし、健康的な状態を保つ事ができます。老廃物も汗をかく事で流れていくので、その場ジョギングで血流改善する事により、肌も綺麗になる事が期待できます。

特に冷え性の方にはその場ジョギングを行うと末端の血流も良くなるので、手足の冷え性の改善に繋がります。寒い冬に行うと体全体も温もるので、冬場にはその場ジョギングを行うのは最適です。更に血行が促進される事によりむくみの解消にもつながるので、女性の方には特にお勧めと言えます。

血行が悪い状態が続いてしまうとむくみや冷え性になるだけではなく、体も硬くなってしまい、運動をスムーズに行う事が出来ずに怪我をする事にも繋がりますが、血流が良くなる事で、体を動かすにも支障が無くなるので、長時間運動を付ける事が可能になり、多くカロリーを消費できるので、ダイエット効果を期待する事ができます。

その場ジョギングが持つ脂肪燃焼のダイエット効果

誰にでも手軽にできて、しっかりとしたダイエットにもなる「その場ジョギング」には、脂肪燃焼の効果が期待できます。というのは、その場ジョギングも立派な有酸素運動になるからです。有酸素運動というのは、酸素を体に沢山取り入れながら軽めの負荷で、持続的な運動を行うことを指します。

酸素が体内に多く取り込まれることによって、糖あるいは脂肪をエネルギーとして効果的に使い、燃焼させることが可能になるため、有酸素運動がダイエットに結び付けられる場合が多いという訳です。

有酸素運動の中でも代表的なのはジョギングや水泳、縄跳びや踏み台昇降などですが、その場ジョギングも沢山の酸素を取り入れて行う運動です。屋外で走ってダイエットするのも一つの方法ですが、「屋外での運動は面倒に感じる」という方や「ハードな運動はなかなか続かない」という方でもその場ジョギングなら脂肪を燃焼することができます。

その場ジョギングを行うと、開始してから15分程度経てば汗もほど良く出てきますし、息も上がってくるはずです。前へと進むのではなく、その場に留まってジョギングの動作を続ける訳ですが、それでも通常のジョギングと同様に脂肪燃焼効果があるので、今すぐにでも始められます。

その場ジョギングをすれば体がぽかぽかになる

ダイエットの方策にはいろいろな手法があります。その中でも時間も場所もかけず、自宅でも職場でも公園でも、お手軽にトレーニングできるのが、その場ジョギングです。

ジョギングというと専用のシューズを揃え、体操服に身を包み颯爽と行わなければならないというイメージがありますが、お手軽に実践する方法があります。その場ジョギングは、通常のジョギングと同じく軽めのウォーミングアップを行ってから実施します。

いくらお手軽にできるからと言っても気を付けないとケガや故障の原因となりますので注意が必要です。体が温まったら軽めのその場歩きから始めます。意識するのはしっかりと足と手を動かすということです。5分程度歩いたら、今度は速度を上げてみましょう足と手は大きく動かしましょう。

呼吸も意識します。吸うを2回、吐くを2回と繰り返すと脂肪燃焼効果が高くなり体も温まります。汗をしっかりかく程度の時間を走ると良いでしょう。その場ジョギングは手軽にできるだけでなく、冷え解消にもつながります。これはジョギングによって血流が良くなるからです。

また体を動かすことにより筋肉の硬直が防げ、柔軟性が高まり体が温まりやすくなります。その場ジョギングで健康的にダイエットしましょう。

運動が苦手な方におすすめです

これからの暖かくなる春に向けてファッションを楽しみたいことから、ダイエットを行いたいと考えている方が多いです。ただ、運動することが苦手だという方も少なくありません。自分に合った運動方法を探して、毎日継続することが重要になります。

現代では自宅で簡単に行うことができることから、その場ジョギングの人気が高まってきています。道具を準備するなどの必要もありません。テレビを観ながらでも気軽に行うことができます。近年は、仕事や人間関係でのストレスを抱えているという方が増えてきています。

そのことから、その場ジョギングはストレス発散の効果もあります。身体を動かすことによって、気持ちがスッキリしてきます。もちろん継続をすることによって、心肺機能向上の効果もあります。体力に自信がないという方であっても、少しずつ継続をすることで、きちんと筋力ををつけることができます。

最初のうちは、無理のない範囲で行うようにすることが大切です。突然運動を始めることにより、怪我につながってしまう場合もあります。自分の身体の様子を見ながら、続けることが重要です。仕事などで疲れている時には、無理をせずに身体を休めることも大事なことです。

その場ジョギングの効果

自宅で空いたスペースさえあればいつでも手軽に行える「その場ジョギング」は時間やお金をかけずに行える手軽な運動方法として多くの方に人気になっています。

テレビを見ながら運動が出来るので長時間の運動も飽きずに行えるメリットがありますし、太ももを上げる高さを調節すればより足に負荷をかけた本格的な運動を行うことも可能なので、筋肉をつけたり足を引き締める効果を期待することが出来ます。

しかしその場ジョギングは足を引き締めたり、ダイエットに効果があるだけではなく肩こり改善や体力アップにも期待することが出来るメリットがあります。

まずその場所銀をする際には腕を適度に振る動作を取り入れるため、肩周りの運動を並行して行えるようになり、ガチガチに固まり血行が悪くなりやすい肩周辺の筋肉を適度にほぐし血行をスムーズにすることが出来ることから、肩こりが自然に治り適度に筋肉がつくので良い姿勢が維持出来るようになります。

また腕の振りや足の上げ下げを長時間行うことで、軽めの全身運動となり無理なく体力をアップさせる効果が得られます。運動が苦手な方でも気軽に始めることが出来ますし長時間の運動も休憩を挟んで継続させることができます。

その場ジョギングの具体的な方法

具体的なやり方ですが、基本的には一般的なジョギングとほぼ変わりません。その場でとは言え運動を行うので、まずは準備体操など、身体を動かして筋肉を十分にほぐします。特に普段運動していないけどこれから始めようという方は念入りに行いましょう。

ジョギングのペースなどはゆっくりとした感じで激しく疲労しない程度に行うのが理想です。長時間こなすことで有酸素運動になりますし、長く続けるという意味でもあまり張り切らず疲れたら少し休むなどをしながら続けます。

長時間その場でランニングすると、どうしても飽きてくるのでテレビやラジオを見たり聞いたりするついで行うのがオススメです。また姿勢というはとても重要です。ランニングの効果を高める為にも正しい姿勢で行いましょう。

お尻の穴や下腹部を締めるような感じで行うと効果的です。特に体の引き締めなどが目的の方は、筋肉の動きを意識しなながら行う事によって、さらなる引き締めと美しいスタイルの形成に役立ちます。終わった後もしっかりとストレッチをしておきましょう。

身体をを痛めない為にもその場ジョギングの前と後には十分に体を動かす様にします。その場ジョギングでは特に必要な道具はありませんが、床で滑ったりしないように敷物の上で行うなどの対策はしておきましょう。

その場ジョギングのカロリー

空いたスペースさえあれば誰でも行えるその場ジョギングは、実際に30分ほど続けることで消費できるカロリーは50キロの方の場合182キロカロリー、60キロの方の場合で182キロカロリーと10キロごとに37kcalほど多くカロリーが消費される計算となります。

外で行うジョギングやランニングに比べると消費カロリーが抑えられる傾向はありますが、天気を気にせずに自宅で気軽に行えることから、忙しくてジムに行く時間が取れないという方や、小さなお子さんがいるご家庭など気軽に外にひとりで運動に行く時間が取れない方も少なくありませんので、空いた時間を活用して効率よく運動ができる点が人気になっています。

ただ30分以上のその場ジョギングを行えば、よりカロリーを消費することができると運動を頑張ってしまう方も多いですが、1時間くらいの運動を目標としている場合30分に一度は水分の補給を行ったり、ストレッチを間に挟んでクールダウンするようにすると、体への負担を減らして長時間の運動も無理なく行えるようになります。

また毎日続けることによって体に適度な筋肉がつきやすくなり、代謝の良い体つくりを行えるようになります。代謝が良くなると脂肪が燃焼しやすくなるので痩せやすい体になるメリットがあります。

その場ジョギングで効果アップは

その場ジョギングは、脂肪を落としやすく下半身をすっきりさせます。さらに効果を高める方法を取り入れると、結果が出るのが早くなります。最初はゆっくりと無理がないスピードでスタートして、慣れてきたら足を高く上げた走るスピードをアップさせましょう。

同じ時間その場ジョギングをやっても、効果が違ってきます。その場ジョギングは、有酸素運動ですが無酸素運動をプラスすると脂肪燃焼効果が高まります。その場ジョギングを10分してダンベルやストレッチなどの筋肉を増やす運動を一緒にやっていきましょう。

有名なパーソナルトレーニングジムでも、有酸素運動と無酸素運動を取り入れています。注意したいのが、運動の前後には必ず水分を取っておくことと、呼吸を止めないことです。また、運動が終わった後食べるのはたんぱく質の食品です。

痩せようと思って食事を減らすのは、筋肉が少なくなって脂肪燃焼効率が悪くなります。たんぱく質は筋肉を増やす働きがあるので、運動後の食事は最適になります。その場ジョギングをやっていて、続かないという口コミもありますが続けられるように楽しくやる工夫をすることも大切です。

好きな音楽を聴いたり、目標を達成したらエステに行ってみるなど達成後にストレス解消になることをイメージしてやってみましょう。

その場ジョギングでのダイエットにはメリットが

ダイエットはしなければならないことではありますが、続けるのが難しく断念してしまいがちな点が大きな問題です。始めた当初はやる気もあって頑張れるけれど、徐々に仕事が忙しくなったり面倒になったりという形で取り組みにくくなってしまいます。

そのような方にとってはその場ジョギングという形の運動を取り入れることには大きなメリットがあります。その場で足踏みをするだけですから外に出る必要は必要ありません。室内の狭いところでも取り組めます。

外に出て走ろうとすると天候が悪い時や時間が無いときには取り組みにくいということになってしまいますが、家の中でできるのであれば天候も関係ありませんし、空いた時間にちょっと取り組むということがしやすくなってくるのです。

テレビを見ながらなど、何かのついでにできるというのも嬉しいポイントです。継続がダイエットにとっては重要なポイントですが、その場ジョギングなら継続しやすいためダイエットの成功につながりやすいのです。

運動をしているという事を人に見られることがないという事もポイントです。こっそり綺麗になりたいという場合にはぜひ家の中でできるその場ジョギングを取り入れてみましょう。他の運動との組み合わせもおすすめです。

その場ジョギングにはデメリットも

手軽に行えて、特に準備する物のないその場ジョギングは比較的取り組みやすいダイエット方法だといえるでしょう。大きなスペースやトレーニング用品が必要な場合などはそれがハードルとなって取り組めないという事もありますから、特に準備が必要ないその場ジョギングはメリットが大きいです。

しかし、取り組みやすいというメリットは場合によってはいつでもできるという事で先延ばししてしまいがちになります。

他のダイエット法であれば、仲間を作ったりジムに通ったりという形で他の人の目があるためにくじけそうなときでも続けることができるということがありますが、一人で行うことが多いその場ジョギングではそういったこともなく、自分自身が積極的に取り組んでいかなくてはなりません。

ついつい忘れてしまうという事もあり、忙しい方や意志の弱い方にとっては続けることが難しくなるのがデメリットといえます。さらに運動量としては激しい運動に比べて少ないこともあり、効果が出るまでに時間がかかることもあります。

そのため断念してしまいやすいという事も言えます。取り組み始めたらモチベーションを保てるような工夫をしていくことが重要なポイントと言えるでしょう。

どちらもダイエットには欠かせない

有酸素運動とは軽い運動から中程度の運動を行い、継続的に体に負荷をかけ続ける運動のことをいいます。呼吸によって酸素を取り込んで、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーとして燃焼させる運動です。20分以上続けることで、脂肪が燃焼されるといわれています。

代表的な有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、スイミング、エアロビクスなどです。それに対して無酸素運動とは、瞬間的な短い時間に力を発揮するような強度の高い運動のことをいいます。

短い時間で力を発揮する時は、脂肪をエネルギーとして使用するのではなく筋肉に蓄えられていたグリコーゲン(糖)がエネルギーとして使われます。酸素を必要としないので、無酸素運動と呼ばれています。

代表的な無酸素運動には、短距離走や筋力トレーニング、ウエイトリフティングなどがあります。無酸素運動は筋肉を鍛えるのに効果的だと言われています。ダイエットに効果的なのは、有酸素運動でしょうか。それとも無酸素運動でしょうか。

実は、最も効果的なダイエット方法は、両方を組合わせることです。有酸素運動ばかりでは効率的に脂肪を燃焼することができませんし、無酸素運動ばかりでは筋力はアップしてもエネルギーが消費されません。

無酸素運動をして筋力をアップしてから有酸素運動を行うと、効率的にエネルギーを消費することができます。

その場ジョギングとランニング

その場ジョギングを始める際に、多くの方はジョギングとランニングの違いを把握せずに運動を始める方は大半です。ウォーキングとの違いは運動量からして異なるので、違いを把握出来ていてもジョギングとランニングの場合はわかっていない場合は少なくありません。

この二つの大きな違いは運動時の心拍数にあります。ジョギングは心拍数で120~130前後となり、動きの範囲も早歩き+アルファの軽い運動となるので、話しながら走ることができるスピードです。ランニングの場合は心拍数で140以上なので、喋りながら走ることは辛いと感じるスピードです。

この二つの運動を行う上でダイエットに向いているのがジョギングだとされています。ダイエットは過度な運動量を短時間で行うよりも、体に余裕がある運動を長時間行うほうが有酸素運動で脂肪を燃焼させるために効果的なのです。

ジョギングを行う場合は心肺能力の強化を行いたい場合に効果があり、ダイエットには向いていません。そのため自宅でその場ジョギングを行う歳も自分が苦しいと思う早さよりも、余裕を持てる早さで足を動かすことで適度に体に負荷をかけていくことがダイエットでは一番効果が高くなる傾向にあります。

その場ジョギング

その場ジョギングと食事制限を行うことでダイエット効果は倍増する事が期待できます。その場ジョギングでは筋肉を使うので、食事制限をする時には鳥のささみなどの高タンパク質の食事をとるようにしましょう。

出来るだけカロリーと炭水化物を控える食事をする事がベストです。また油物を摂取するとカロリーオーバーしてしまうので、揚げ物類は控えるようにして下さい。食事ダイエットを行う時には何を食べたのか記録をとる事で、毎日の食事に気をつける事ができます。

毎日の記録をとると食事制限をするモチベーションも上がりますので、お薦めです。食事ダイエットをする時の注意点としてはコンビニや外食を控える事も大切です。コンビニや外食ではカロリーがわかりませんし、どの様な栄養素が含まれているかもわかりにくいです。

味付けも濃い物が多いので、塩分過多になってしまい、食事ダイエットには向いていない食材が多く使われています。食事制限をする際には自炊を行う事が成功への近道です。自分で料理を作る事で味付けを薄くする事も出来ますし、カロリー計算をして作る事が出来るので、カロリーオーバーをする心配もありません。

その場ジョギングと並行して、料理も作るようにして下さい。

その場ジョギングに便利なアイテム

自宅で空いたスペースさえあれば手軽に始められるその場ジョギングですが、マンションに住んでいる方は運動を行う場合下の階に音が響いてしまう恐れがあるので、静かに運動を行う方法として静音マットの利用をおすすめします。

静音マットは厚みのあるゴム仕様のマットになっており、その上で運動をすることで音をマットが吸収して下の階に響く状態を抑えることが出来るメリットがあります。特にジョギングは体を激しく動かす運動なので、騒音対策として必ず取り入れるようにすることが重要です。

またゴム製のマットは音を吸収するだけではなく、滑り止め効果や体の負荷を抑えるクッションとしての役割もあるので、長期間運動を行うためにも利用する方が増えてきています。

また室内だからといって、靴下や裸足のままで運動を行ってしまう方は多いですが、フローリングやマットの上でジョギングをすると膝関節などに体重の負荷がかかり、怪我をしてしまう危険があるので、室内運動をする場合は必ず専用のシューズを着用することをおすすめします。

ジョギング用タイプを選ぶと軽量で動きやすく、ヒールにはクッションが入っているので、体重の負荷をクッションが吸収し足を保護してくれます。