ダイエット成功してもリバウンドしたら意味がない!やめ時について

目標の体重を達成できた場合や、なかなか実践することが難しくなったとき等、ダイエットをやめたいと思うときがあります。この時、ダイエットをやめたからといって油断をしてしまうと、すぐにリバウンドにつながってしまう恐れがあります。そのため、やめる際はリバウンドをしないように、タイミングや方法を知る必要があります。

成功していないけどやめたいは挫折?

まだ目標の体重に達成はしていないが、ダイエットをやめたいと思う場合もあるかと思いますが、これは果たして「挫折」になってしまうのでしょうか。ダイエットは始めた当初は生活が大きく変わるため体重が一気に落ちます。

しかしダイエットを続けているとやがて、体重がなかなか減らない停滞期が訪れます。これは身体が急に体重が落ちたので危機感を感じ、ある程度栄養を取っておこうとする時期になります。この時になかなか体重が落ちず、ストレスを感じてしまう場合があるかもしれません。

また、人によっては仕事の都合上、付き合いなどでどうしても食事をとらなければいけない場合もあるでしょう。その場合も、なかなか断れないのが現実です。

このように、ダイエットを行う上で様々な障害があります。そしてこの時、ストレスが溜まっていると感じたら、無理をしないでダイエットを1回やめてしまうのも一つの方法です。ストレスが溜まると、今度は身体を壊してしまう恐れがあります。ダイエットが逆にストレスにつながってしまうようなら、一度距離を置くことも体のためには大切です。

挫折の原因を知ろう!

ダイエットを挫折してしまうには、いくつか原因があります。その原因を知ったうえで対策を行うことで、挫折せずに続けることができます。

まず停滞期です。これはダイエットを行う上で必ず起こる現象です。これは一時的に身体が栄養を蓄えようとしている時期なので、体重が減らないからといって無理に食事を減らしたり、ストレスを感じないようにすることが大切です。同じ方法を無理なく続ければ、やがて再び結果は訪れます。体重が減らなくてもしばらくの間は様子を見ることが大切です。

次にストレスです。食べたいものが食べられない、体重がなかなか減らない、食事の誘いを断れないなど、ダイエットを行う上で様々なストレスが訪れます。この時、食べること自体を恐れてしまうと「過食症」「拒食症」を招く恐れがあります。食べることそのものは恐れず、適度な運動を行ったり好きなことをするなどして、ストレスを解消します。

ダイエットを長続きさせる秘訣は

ダイエットを長続きさせる秘訣は、「目標を明確化する」「現状を可視化する」ことです。ダイエットは前が見えないとストレスも溜まりやすくなります。ストレスを極力減らすためにも、できるだけ見えるようにすることが重要です。

まず、ダイエットを始める前に目標を明確化します。期間と具体的に何キロ痩せたいかはもちろんですが、目標とする人物の写真や着たい洋服を見える所に置き、目標を分かりやすくします。このとき、目標を誰かに話すのも効果的です。人に話すことで、より実践しなければいけないという強い決意に変わります。

次に、現状を可視化することです。ただ毎日ダイエットを行っても、本当に効果があるのか分からないと、次第に不安になってしまいます。そのため、毎日体重や食べたものなどを記録していき、現状の自分を可視化していきます。

そして体重がなかなか減らない停滞期が訪れたら、「今停滞期なんだな」と実感することが重要となります。そこで無理をしないで、現状維持を目安に続けていくことが大切になります。

どうやって実践すればいいの?

ダイエットを実践する際、何の計画もなしに突然始めてしまうと、思うように結果が出なかった時にストレスを強く感じてしまいます。また、無理なダイエットをすると体を壊してしまう危険性もあります。そのため、ダイエットを実践する前に、計画をしっかりと立てることが重要です。

まず目標を明確化します。何月までに何キロやせるのか、できるだけ具体的に目標を立てていきます。このとき、あまり無理な計画は立てず、自分の適性体重はいくつなのか、1か月にどの程度まで減らして大丈夫なのか計算しながら考えていきます。

次にダイエット方法を決めて行くのですが、このとき大切なのが事前の情報収集です。ダイエットは間違えると身体を壊す原因になってしまいます。方法はもちろん、メリット・デメリットなど、本やインターネットを参考にしながら調べていきます。このとき一つの情報だけでなく、いくつかの情報源から取り入れ、頭に方法がしっかり入ってから実践します。

日常生活ですぐ実践できる方法

ダイエットを長く続けるうえで大切なのが、日常生活にできるだけ取り入れることです。日々の習慣として取り入れることで、無理なくダイエットを続けることができます。

ダイエットには大きく分けて「記録」「運動」「食事」の3種類があります。「記録」は「レコーディングダイエット」などのように、自分の生活を可視化することで客観的に見る方法になります。「運動」は身体を動かすことで、新陳代謝を促進したり脂肪を燃焼する方法になります。そして「食事」は、食事の内容などを見直すことによって、体内に入る栄養を調節する方法になります。

「運動」は自分の生活にあったものを決まった時間に取り入れるようにします。すると運動が予定に入っているため、長続きさせることができます。「食事」も自分の生活に合ったものを毎日取り入れます。「ライザップ」のHP等、ダイエット食のレシピを掲載したサイトも数多くあるため、それらを参考にしながら日ごろの食事を考えるのも有効です。

ダイエット成功者のやめ時は?

ダイエットに成功した方も多いのですが、その共通点として挙げられるのが「やめ時」です。ダイエットに成功した方の場合、事前にたてた目標を達成してからやめる場合が多いです。ただしこの時大切なのが、やめ方とやめた後の過ごし方です。

やめる時は、一気にやめるのではなく、少しずつやめていくようにします。適度な運動は継続したまま、食事の内容を戻していくなど、身体に負荷をかけないように少しずつもとの状態に戻していきます。

そしてやめた後、全く同じ生活に戻ってしまってはリバウンドにつながってしまいます。ダイエット成功者は、その後の生活習慣も見直し、できるだけ健康的な過ごし方を心掛けます。無理のない範囲で余分な習慣を減らしていくことが重要となります。

ただし、目標に達していないからといってダイエットをやめてはいけない、というわけでもありません。体調を崩してしまったり、ストレスが溜まってしまった場合は無理に続けようとせず、一度距離を置くのも大切なことになります。

やめたらリバウンド?やめた後も努力は必要

ダイエットをやめた後、怖いのがリバウンドです。リバウンドを防ぐために大切なのは、やめた後に現状を維持するための努力になります。

まず日ごろから運動を取り入れるようにします。運動することで新陳代謝を促進し、体内に余分な水分や老廃物が溜まりにくい状態にします。また、筋トレなどで筋肉をつけることで、脂肪が燃焼しやすい状態を保つようにします。

食事の内容も注意が必要です。ダイエットをやめたからといって、ファストフードやお菓子等をたくさん食べてしまっては意味がありません。食事の量はできるだけ適量を守り、食事の内容もバランスのとれたものにすることが大切です。

また、日ごろからできるだけストレスを溜めないように、自分なりにリラックスできる方法を作っておきます。睡眠も体の調子を整えるために重要なので、できるだけ摂るように心掛けましょう。

元の体形に戻らないやめ方とは

元の体形に戻らないようにやめる際、重要なのがやめ方です。一気にやめようとせず、順序だててやめていくことで、リバウンドも防ぐことができます。

まず筋肉量と基礎代謝を増やしていきます。筋肉は新陳代謝と深い関係があります。新陳代謝が良ければ老廃物も溜まりにくくなり、むくみや疲労なども防ぐことができます。そのためには、日ごろから適度な運動を心掛け、常に新陳代謝を良くしていきます。

また、筋トレを無理のない範囲で行うことにより、筋肉の量を維持・増加させます。こうすることで脂肪を燃焼する力も一定程度保つことができます。次に、食事の量や内容を少しずつ戻すことです。

一気に増やしてしまうと、今度は多く栄養を吸収しすぎてしまい、リバウンドの原因となってしまいます。始める時もそうですが、やめる時も一気にやめるのではなく、少しずつ量を増やしながら元に戻していきます。

炭水化物を一生取らない炭水化物ダイエットのやめ方

ダイエット方法にも様々なものがありますが、その中でも炭水化物ダイエットは、やめ方が重要となります。炭水化物ダイエットとは、炭水化物を摂らないことで、糖質の摂取を制限します。

糖質は脳にとって大切なエネルギーなので、糖質が少なくなると身体はエネルギーを得ようと、脂肪や筋肉を分解し始めます。炭水化物ダイエットを続けると、糖が少ない状態に身体が慣れていきます。そのため、注意してやめないと、糖が身体に余りやすくなり、余分な脂肪に変わりやすくなってしまいます。

この炭水化物ダイエットの場合も、基本的なやめ方は運動と少しずつ食事内容を戻すことです。まずやめるしばらく前から適度な運動を行い、ある程度筋肉量をつけておきます。こうすることで脂肪を燃やしやすい状態を維持します。

そして炭水化物を全く食べていない場合は、少しずつ炭水化物の量を元に戻していきます。例えば全く食べていなかったら、まずは1日1食、ご飯1杯分だけ、というように少しずつ炭水化物を食事に取り入れていき、身体が慣れてきたら元の食事に戻していきます。

ダイエットをやめても維持する気持ちは持ち続けよう

もし何らかの理由でダイエットをやめてしまったとしても、大切にしなければならないことがあります。それは現状を維持することです。

ダイエットを始めたつもりが逆に太ってしまった場合は別ですが、多くの場合は以前より少しやせているのではないかと思われます。そこで大切なのが、以前より少し変わった今の自分の状態をしっかりと維持することです。

ここでもし、今の体形を維持する努力を怠ってしまっては、せっかく行ったダイエットの効果も失われてしまいます。軽いウォーキングやバランスの取れた食生活など、日ごろの生活の中でも身体のことを考えた行動を心掛け、少しでも今の状態を維持するように心掛けることが大切です。そして、少しでもリバウンドをしないように気をつけましょう。