ダイエット成功の秘策!過剰に意識してストレスを溜めないこと

ダイエットを始めると食べてはいけないと意識するようになるので、そのことでかえって食欲が増してしまって失敗しやすくなります。食べてはいけないと思うと食べ物の事ばかり考えるようになり、食欲増進につながるので、ダイエットする時は忘れることが大事です。

一口に忘れるといっても色々ある!

ダイエットする場合、そのことばかり考えるのではなく、忘れるのが一番良いのですが、一口に忘れるといっても色々あります。一番良いのは何かほかのことに打ち込むことで、たとえば仕事で忙しいとダイエットのことなど考えていられません。

要するにダイエットのことなど考えていられない状況を自ら作り出せば良いわけで、仕事や趣味やサークル活動に打ち込むことです。日頃から忙しく飛び回っていれば、ダイエットのことを意識することがなくなり、忘れることができます。

打ち込める趣味や仕事がない人なら、本を読んだり映画を見たりすると良いでしょう。友達とウィンドウショッピングするのもオススメで、外に出かければ運動になるので一石二鳥の効果が得られます。

お腹が空いた!ダイエット中の空腹を忘れたい

ダイエット中問題になるのが、お腹が空いてしまうことですが、ダイエット中の空腹を忘れたい時は仕事に集中することです。何かに集中していれば紛れるので趣味に没頭するのもオススメで、好きなゲームをすれば数時間は軽く経つでしょう。体を動かすのも有効な方法で、外に出て散歩すれば食品から離れられるので忘れることができます。

軽く体を動かすのも効果的なので、軽めのストレッチはオススメで、体が伸びて空腹を忘れるようになります。空腹を忘れたい時は、水分を多く取って空腹を紛らわせる方法も効果的で、何か飲んでいれば食べた気になって空腹を忘れることが可能です。

口が寂しくてついお菓子に手が出てしまう人は、お菓子の代わりに飲み物を近くに置いておくと良いでしょう。

集中する・動くで時間も空腹も忘れる!

ダイエットで一番苦しいのが空腹を紛らわせる時で、食事制限をしていると1日に何度も空腹の波がやってきます。空腹の波を我慢するには気分転換するのがオススメで、効果的なのは何かに集中することです。

集中するのに最適なのがスマートフォンのゲームで気分転換する方法で、子供の頃、ご飯を忘れるくらいにゲームに熱中した人は少なくないでしょう。単純なゲームほどのめり込んでしまうもので、一度のめり込んでしまうと空腹感を感じることがなくなります。

スマートフォンのゲームなら無料でも面白いものが沢山あるので、パズルでもアクションでも良いので、好きなジャンルのゲームに集中してみることです。そして、体を動かすのも空腹を紛らわせるための有効な手段になります。軽いジョギングをすれば、ダイエットにも効果が期待できるので、空腹を紛らわすために是非実戦してみましょう。

水分で空腹をごまかす

ダイエットの際、空腹をごまかす方法は色々あり、水分で空腹をごまかすというのも1つの方法です。水分をたっぷり摂るとお腹が膨れるので空腹を忘れることができ、水によってお腹が膨らむと満腹中枢が刺激されます。体内の水分が減っても空腹を感じるのは、食物が水分を含んでいるからで、食事の前に水分を飲むと空腹感が緩和する効果が期待できます。

水を飲むと30分から1時間くらいは空腹をごまかすことができ、トイレに行く回数が増えるので、血流を良くする作用もあります。水分で空腹をごまかす方法も有効で、糖分が含まれていない飲み物なら、摂取カロリーを大きく抑えることが可能です。ダイエット中、食事制限で空腹の大きな波が来た時は、水分でごまかしましょう。

何よりも一番の方法?寝て忘れる

ダイエット中の空腹を忘れる方法は沢山ありますが、何より効果的で一番の方法は寝て忘れることです。空腹を忘れるためには、夜更かしせずに寝てしまうのが効果的で、早寝の習慣を身に付けることです。ある程度、空腹が我慢できる間は、寝てしまえば空腹を忘れることができます。

ぐっすり眠ってしまえば、空腹の辛さを忘れることができ、あれこれと悩むことがありません。やっぱり最終手段は、寝てしまうのがベストで、寝てしまえば何も感じることがなく、お腹が空いていても寝ると忘れせれます。

空腹を紛らわすのに何をしても無理で、食べ物のことが頭から離れない時は寝てしまいましょう。人は寝れば気持ちがリセットされるので、ドカ食い防止にも効果が期待できます。

頭で考えることを忘れて体の声に耳をすまそう

ダイエットを成功させる場合、空腹という試練と戦わなければなりませんが、大事なのは頭で考えることを忘れて体の声に耳をすますことです。人間は体と心の2つの部分が一緒になって作られていて、痩せたいと思いながら痩せられない人は、体の声以上に心の声に耳を傾けがちです。

ダイエット中は頭の中でとりとめもない考えが錯綜するので、体が切り離されて満腹中枢の信号に気付かなくなることがあります。頭の声を聞き続けると体重を減らすのが難しくなるので、体の声に耳を傾けることが大事です。

体の声を聞くことができるようになると少しずつ行動が変わってきて、頭の中で考えていることが馬鹿馬鹿しくなります。これまでの考え方が間違っていたことに気付き、自然と痩せることができて理想の体重に近づくことができます。

基本的なこと!きちんと座って食べよう

空腹感を紛らわせるのに大切なことは、基本的なことをしっかり守ることです。意外と忘れがちなのが、座って食べることで、この基本を守っていないとダイエットに成功することはでません。座って食べることを意識するだけで、食べ物との良好な関係を構築することができるので、食事をする時は必ず座って食べるようにしましょう。

座って食べることが空腹を紛らわすことに繋がるのは、食べるという行動をしっかり意識できるからです。立ちながら食べていると落ち着くことができず、他のことに気を取られるようになります。

そうすると食事を心から楽しむことができず、もっと食べたいという気持になり、余計な食欲を増進させることになるのです。満腹感をしっかり感じるために、きちんと座って食べるようにしましょう。

お腹のすき具合をきちんと把握して適切な食事を

ダイエットに成功するには、お腹のすき具合をきちんと把握して適切な食事を心がけることが大事です。空腹の時と満腹な時を常に自分で把握してしっかり認識しておかないと、必要のない余計な食事をすることになってしまいます。

赤ちゃんの時は素直で、おなかが空けば泣き、満腹なのに無理やりお乳を飲まされると拒否します。しかし大人になると、自分の体のサインを無視して、食欲にまかせて好き勝手に食べるようになります。自分の体が空腹か満腹なのかをしっかり認識できていれば、適切な時間に適度な量の食事を摂るだけで満足できるようになります。

正しい空腹度の指標がわかるようになると、食べすぎたり、おなかが空きすぎることがなくなり、自然と適切な体重へと導かれます。理想の体重を維持できている人は、体が空腹のサインを出した時に適度に食べ、空腹を感じない時は食べません。

スマホをいじらない!食事に満足しよう

ダイエットを成功へと導くためには、食事中はデジタル機器を使わないことも大事です。最近はスマートフォンやタブレットのようなデジタル機器が普及したことで、食事に意識が向かなくなり、体の声に耳を傾けようとしなくなりました。

スマートフォンでつぶやいたり、シェアしたり、メールをするのは楽しいのはわかりますが、そうした習慣は食事に満足できなくなります。意識的に食事をとろうとする集中力が欠如してしまうので、注意が必要です。

食事中、スマートフォンを触りながら食べていると、心はご飯を食べているのを全く見ていない状態になります。体と心はつながっているので、体が食事に満足できないようになり、もっと食べたいという欲求にかられます。

食べる時に体と心がつながっていれば、食べることに対する満足感が得られるので、食事中はスマートフォンをいじらないようにしましょう。

意識しすぎると逆効果?ダイエットを意識するのを忘れよう

ダイエットをする時に大事なのは、あまり意識しすぎると逆効果になってしまうことです。真面目な人は痩せたいと意識すると、より痩せなくてはとむきになって頑張るようになります。しかし、痩せたいという意識が強すぎると、逆に痩せにくくなってしまいます。

ダイエットをする場合、痩せようと意気込むのは悪いことではなく、モチベーションを上げるのにはとても良いことです。やる気と動機づけのために絶対に痩せるという強い決心は大切なのですが、あまり意識しすぎてしまうと、痩せることが困難になってしまいます。

痩せようと強く意識すると、潜在意識が痩せていない自分を確定してしまい、痩せないための行動をとってしまうのです。顕在意識が痩せたいと意識しても、潜在意識は痩せてはいけないと意識するようになるので、ダイエットを意識するのを忘れるようにしましょう。