ツヤ肌?マット肌?なりたい肌になれるおすすめファンデーション集

ツヤ肌にマット肌、自分のなりたい肌を目指すためにはファンデーション選びがとても大切です。各社から色々な種類が発売されていますが、たくさんありすぎてどれを選べば良いのか迷っている人は多いのではないでしょうか。そこで、ファンデーションを選ぶために必要な知識とおすすめの種類を調べて見ました。

ツヤ肌とマット肌にはそれぞれどんな利点と欠点があるのか、リキッド・パウダー・クッションの各種ファンデーションについての特徴など、役立つ情報が満載です。また、おすすめのファンデーションはツヤ肌とマット肌用をそれぞれ5種類ずつ紹介しているので、自分にとって最良の品を見つけて下さい。それでは、詳しくお伝えして行きたいと思います。

ツヤ肌とママット肌の見え方

女性がファンデーションを選ぶ時の1つのポイントはマットな肌感をつくりたいのかツヤツヤした肌をつくりたいのかだと思います。マッドな肌はその名の通り、肌をあまり光らせないようにするファンデーションを塗った肌のことで、肌の質感が強調されているため、まるで人形のようなふんわりとした肌の印象を与えることができます。

一方で、ツヤ肌は肌の表面ができるだけ光を反射するようにつくられたファンデーションを塗った肌のことですが、光の反射感が潤った質感を強調してくれるのでとても若々しい印象を与えてくれるため、若者からはかなり好評です。また、皮脂の分泌によって肌が光を反射しやすくなっているテカリ肌とはまったくの別物です。

以上のように、マット肌の場合は、光をあまり反射しないため肌の表面ではなく肌の質感が強調されて見えます。そのため、大人の女性が使っている割合が高く、高齢の女性でもマット肌ならばマシュマロのようなふっくらとした質感を印象づけることができます。

ツヤ肌の方はそれとは反対に光の反射によって肌表面の潤いが際立ち、若々しい印象を与えてくれます。ですから、10代や20代の女性だけでなく30代の女性でも若々しい印象を与えたいのならおすすめです。

ツヤ肌の印象

ツヤ肌のメリットは何といっても見た目が若々しくなることです。潤いが満ちた、ぷるんとした印象を他人に与えることが出来るツヤ肌は、アンチエイジングが気になる世代の女性はもちろん、肌がくすみがちで顔色が悪く見られてしまう人にもおすすめです。

リキッドタイプのファンデーションでツヤ肌を作るのが定番でしたが、近頃は多くのメーカーからツヤ肌が作れるクッションタイプやパウダータイプが販売されているため、より自分の肌に合ったタイプや好みの質感になることが出来ておすすめです。ナチュラルな見た目にもなれるツヤ肌ですが、気を抜くとテカリ肌に見えてしまうこともあるため要注意です。

おでこや鼻など顔全体がツヤツヤしているとただのオイリー肌に見られやすいデメリットがあるため、ファンデーションを使うときにはおでこや鼻などのパーツはツヤを控えめにすることが上手に仕上げるポイントです。

化粧下地を使って毛穴の凸凹をカバーし、テカリやすい部分の皮脂が浮かないように注意するとファンデーションの仕上がりが良くなりおすすめです。メリットとデメリットを意識しながらツヤ肌を作りこんでいけば、自分の欠点をカバーしつつなりたい自分へとなれるでしょう。

マット肌の特徴

マット肌を一言で表すと、お肌が艶々にテカっていない、キメの細かいすべすべした感じのある肌のことをいいます。ツヤを消しているのでマシュマロのような質感と上品で落ち着いた雰囲気を出すことができ、しっかりと下地を作るので化粧持ちが良く、気になる毛穴やシミを隠すカバー力が高いという利点があります。

ツヤ肌の対極にあるサラサラとした肌質なので、ツヤ肌はテカって見えて苦手という人にもおすすめです。また、目元や口元の鮮やかなポイントメイクを引き立てる効果もあり、フォーマルな場など濃いメイクをしたいときにはマット肌をベースにすると品良くまとまります。

ただし、素肌感を隠してしまうマット肌は大人っぽい印象を与える反面、不自然な厚塗り感が出てしまったり、年齢よりも老けてみられる可能性があります。また、保湿を充分にしないとファンデーションが浮いてひび割れてしまったりとメイクが崩れやすくなり、特に乾燥肌の人は粉をふきやすく注意が必要です。

カバー力を優先したいからといってむやみに厚塗りをせず、しっかり保湿をして肌を整えてからメイクをしましょう。日々のスキンケアもマット肌を美しく見せるための秘訣です。汗や皮脂を吸収する効果のあるアイテムを使うことで、薄付きでも長時間マット肌を維持することができるので、自分の肌質に合ったものを見つけるといいでしょう。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、そのネーミング通りリキッド(液体)タイプのファンデーションです。他のパウダーなどのファンデーションと比較して、水分と油分が多い作りで粉っぽくなりにくいのが特徴です。乳液に近いようなサラッとしたものから、もう少し重めのテクスチャーまで幅広くあります。

水分があることから、最近流行しているツヤ感のある仕上げに適しています。特に乾燥が気になる季節、或いは乾燥気味のお肌に悩んでいる方にもぴったりです。また、フィット感が高いのも特徴で、あわせてカバー力が高い商品も多いです。

気になるしみやそばかすなど、コンシーラーでは隠しづらい広範囲の肌トラブルには、カバー力の高いリキッドファンデーションの方が適していることがあります。また、他のファンデーションとは大きく異なるポイントとして、混ぜて使うことができるという特徴があります。

コントロールカラーを少量混ぜて使ったり、一つで使うには色が白っぽいなど合わないものも利用できます。お肌がオイリー気味な方や、高温高湿の季節はメイクが崩れやすかったりする場合もありますので、薄付きを心がけることやメイク後のフィックスに気をつけると便利なアイテムです。

パウダーファンデーションの魅力

パウダーファンデーションは、コンパクトなパッケージに収められているものが多く、持ち運びがしやすいため手軽に使えるという点が特徴で、様々な魅力があります。粉の配分量が油分に比べて多いので、テカリをカバーしマットな肌に仕上がりますし、滑らかな肌表面に見せることができます。

また、ファンデーションとスポンジがセットされているので、他の道具を使用する必要がなく、コツを押さえればベースメイクを簡単に完成させることができます。そして、Tゾーンなどテカリが気になる部分に使用すると、余分な皮脂を抑えやすくなります。

それから、パウダーファンデーションは、肌の赤みや色むらなどを自然にカバーしやすく、きめ細かなパウダーが毛穴にフィットしてカバーしてくれるので、毛穴の開きも気にならなくなります。さらに、比較的崩れにくくてメイクのもちが良い点も魅力の1つです。

ベースメイクは、皮脂や汗、ファンデーションに含まれる油分が大きな原因とされていますが、パウダーファンデーションは油分が少ないので、メイク崩れが起きにくいと言われています。また、コンパクトで持ち歩きやすく、手を汚さずにメイク直しをすることができますし、鏡が付いているものも多いので鏡がない場所でも使用することができます。

クッションファンデーションの美容効果

数多くの種類があるファンデーションですが、ツヤ肌メイクを行いたいと思っている方にはクッションファンデーションがおすすめです。通常ファンデーションを利用する場合、パウダータイプは事前に肌表面をフラットに仕上げたり、肌色をカバーしてくれる化粧下地やコンシーラーを利用する必要がありました。

しかしクッションファンデーションなら、美容液成分が配合されているのでベースに化粧下地を塗る必要がなく、専用のパフを利用して顔全体になじませるだけで簡単にツヤのある美しい肌質に整えることが出来ます。また適度に潤いを与えることができるので、乾燥しやすい肌質の方や冬場で肌のカサつきを抑えたいと思っている方に向いています。

またクッションタイプの特徴として、美容液成分の他にコンシーラーや日焼け止めなどの成分も含まれているので、洗顔を行いスキンケアを済ませた肌に接使用すれば、メイクのベースを簡単に作ることができるので、少しおいてからパウダーで整えるだけでメイクを完了させることが出来ます。

BBクリームのような使用方法ですが、専用のパフを利用するので手を一切汚す心配もなく、肌に適度な美容成分も与えるので潤いのある美しい素肌を手に入れることが可能です。

ツヤ肌に仕上げるファンデーション

近年、健康的な印象で人気の高いツヤ肌仕上げのメイクですが、一歩間違えるとてかりに見える化粧の方法でもあります。ツヤ肌に仕上げるために必ずおさえておきたいポイントは、合ったファンデーションを選ぶことです。肌のメイクは目や口のポイントメイクと違い、広範囲です。ファンデーション選びを失敗しなければ、理想のツヤ肌にぐっと近付くことができます。

おすすめなのが、リキッドタイプのファンデーションです。リキッドはパウダータイプなどに比べ水分や油分が多めに配合されていますので、自然とツヤ感が出ます。ハイライトを使用するときなども、パウダーではツヤ消しになってしまう恐れがありますが、リキッドタイプなら使う順序も変わりますのでそんな恐れがありません。

また、リキッドタイプ以外にもツヤ肌作りにおすすめのファンデーションがあります。それはクッションタイプです。クッションタイプはリキッドよりも時短になりますし、手軽にツヤ感を出せるのでメイク時間はあまり取れないという方でも使いやすいのが特徴です。

慣れない間は厚塗りになってしまいがちですので、それによって崩れやすくなってしまわないよう薄く塗っていくことで自然なツヤ肌を作ることができます。

数あるファンデーションから選ぶには

数あるファンデーションの中から自分に合ったアイテムを探すのは大変です。ここでは肌質や目的によってどのように選んだらよいかをお知らせいたします。肌にフィットするけど重くならなくて長時間つけていても快適に過ごしたい方にはムース状のファンデーションがおすすめです。時間が経っても崩れなくて毛穴落ちしないセミマットできちんと感があります。

よりナチュラルに仕上げたい時にはスポンジではなくブラシを使うと軽く仕上がりますのでひとつでどんなシーンにも対応できるファンデーションではないでしょうか。またいくらカバー力があっても肌が弱い人には逆効果になってしまいます。低刺激で比較的カバー力があるファンデーションを選びましょう。

原材料が100%天然由来成分で作られているリキッドファンデーションがあります。石油系合成界面活性剤や香料などを一切使用せず肌に負担をかけない原料だけを使い、まるで美容パックをしているようにお肌を整えていきます。

超微粒子成分のミネラルパウダーがシミやシワや毛穴をカバーしてくすみのない肌を目指します。リキッドなので瑞々しくて伸びもよく、自然なツヤ肌になれます。このように使い心地がよく自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

スキンケアと化粧下地

流行のツヤ肌を作りたいとき、フォーマルで王道のマット肌を作りたいとき、両方に欠かせないのが丁寧なスキンケアと化粧下地の準備です。スキンケアで一番重要なのが保湿ですが、お肌に水分が足りていない方が多いです。水分が足りていない状態でメイクをしてしまうと、肌を保護するため油分が必要以上に分泌されファンデーションがよれたりする原因になります。

すると肌の状態も悪くなり、ダメージを蓄積することになりますので注意が必要です。スキンケアの際、化粧水は一度つけるだけでなく肌に馴染んだと感じた後にもう一度つけ、それを数回繰り返すことで化粧は崩れにくくなります。また、化粧下地をつける際にも注意が必要です。こちらもツヤ肌とマット肌どちらにも通じることですが、べったりと塗らないようにすることがポイントです。

薄く広げることを意識するとメイクの仕上がりをより良くすることができます。特に崩れやすいからといってTゾーンなどに厚く塗ってしまうと、化粧が下地から浮きファンデーションもよれてしまうことになります。

油分が多いと感じる方は、気になる部分だけ皮脂崩れ防止の下地などを混ぜて使うことをおすすめします。下地、ファンデーション、パウダーそれぞれを薄く重ねていくことでキレイなメイクに仕上げることができます。

ベースメイクで重要なコツと方法

より綺麗になるために、多くの女性たちがメイクをしています。そして特に重要なポイントが、ベースメイクなのです。ツヤのある肌に仕上げたい場合には、光沢のある化粧下地クリームを使用すると潤いのある若々しい素肌を叶えられます。一方で、マットに完成させるには、肌への密着感のある下地を選ぶと効果的です。

その後はファンデーションをのせていきますが、リキッドタイプかパウダータイプのどちらを選ぶかによっても仕上がり具合は大きく異なります。リキッドタイプの方がシミやニキビ跡などをしっかりと隠せますので、悩みをカバーしたい女性には最適といえます。よりナチュラルな素肌感を重視している人にとっては、パウダーファンデーションが安心です。

ベースメイクをする際には、塗り方に気を配るコツを覚えておくとより綺麗になります。顔の中心にはしっかりとファンデーションを塗っていき、外側部分はできるだけ薄くします。すると顔全体が立体的になり、小顔効果も期待できるのです

。このように、おすすめのテクニックとして化粧下地やファンデーションの塗り方を工夫することによって、スッキリとした美しい輪郭と滑らかな素肌感を演出することに結びついているといえます。

ファンデーションで使い分けるアイメイク

ファンデーションで希望する肌の印象に整えたら、ポイントメイクもそれに合わせていきます。艶感のあるファンデーションを使用した時はアイシャドウも艶や濡れ感を出しやすいものにします。程よい光沢を出すにはラメが細かいものがおすすめで、クリームタイプが艶を出しやすくなっています。

ですが化粧品の油分でアイメイクが滲みやすくなってしまうことが多いので、ベースメイクをした後にパウダーを少量まぶたと目の下に付けておくと予防ができます。パウダーはハイライトの役割もできますので、少しファンデーションより明るめの物を使用しましょう。

アイラインやマスカラもウォータープルーフタイプの方が長時間滲みにくくなるので、艶のあるメイクでも安心して使用できます。次にマットタイプのファンデーションを使用した時は、ラメの入っていないアイシャドウがおすすめです。カラーのみで仕上げていくことができるので陰影を強く出したり、目をはっきり見せるメイクもぴったりです。

ラメ入りのアイシャドウを使用する時はしっかり塗ってしまうと光沢が強く出てしまうので、目尻や目頭など部分的に使うと適度な艶を演出できます。マスカラやアイラインなども発色がきれいに出やすいので、自然な印象にしたい時は控えめにしましょう。

ツヤ肌作り

ツヤ肌作りをしたいときにおすすめしたいファンデーション第5位はランコムのブランエクスペールクッションコンパクトHです。高いカバー力と、素肌から美しいかのような上品な仕上がりで、お手軽にツヤ肌をかなえてくれます。日本人の肌の色にマッチするオークル系が充実した全5色なのもポイントです。

続いて第4位はクリニークのイーブンベターメイクアップです。フィット感と保湿力が抜群で、肌に吸い付く使用感です。自然な光沢感があり、健康的にツヤ肌を作れます。第3位はルナソルのスキンモデリングリクイドファンデーションです。薄い膜がお肌にぴたりと馴染み、立体感を出してくれるアイテムです。自然なカバー力で大人の落ち着いたツヤ肌が作れます。

そして第2位はランコムのタンミラクリキッドです。お肌が若返ったようなツヤ感が手に入るファンデーションで、素肌が美しいように見せてくれます。

第1位はRMKのジェルクリーミーファンデーションです。ジェルとオイルの中間と表現されたテクスチャーはお肌に溶け込むかのような使い心地のよさで、仕上がりは健康的で洗練されたツヤ肌になります。ツヤ感やカバー力、つけ心地など欲しかった要素がぎゅっと詰まった商品になっています。

マット肌向きファンデーションおすすめ5選

一選目にオススメするマット肌向きファンデーションは、エスティローダーのダブルウェアステイインプイスメークアップです。このアイテムは、肌にぴたりと密着するため、美しいセミマットな肌を演出してくれます。

ニ選目は、レブロンのカラーステイメイクアップ180です。このアイテムは皮脂を調整しながら潤いを与え、皮脂崩れを防止してくれます。毛穴レス下地効果入りで、ひと塗りで気になる毛穴を見えないようにしてくれます。

三選目は、マキアージュのドラマティックパウダーリーUVですふんわりと広がります。パウダーなのにしっとりとしていて、肌によく馴染んでくれ、非常に崩れにくく、10時間保ちます。毛穴も、色ムラも、乾燥さえもなかったように溶け込んで、素肌のような肌に仕上がります。

四選目は、NARSのベルベットマットスキンティントです。このアイテムは、立体感のあるナチュラルな肌に仕上げ、テカリを抑えながら一日中快適な肌を保ってくれます

五選目は、メイベリンニューヨークのピュアミネラルBBフレッシュクッションマットです。マットなシルキー・ヌード肌に仕上げてくれます。肌は水々しく潤い、余分な皮脂を吸着し、気になる毛穴や色ムラも見えなくしてくれます。

ファンデーションのおすすめの塗り方

ファンデーションをきれいに塗ることを心がけている人は、多いのではないでしょうか。仕上がり具合に関しては、それぞれの人の好みによって異なっています。マットな仕上がりが好きであるという人もいれば、ツヤのある仕上がりが好きであるという人もいるのです。好みはどちらであっても、ファンデーションの塗り方に関しては共通して言えることがあります。

おすすめの塗り方は、厚塗りをしないことです。肌をきれいに見せたいと思ったことがきっかけとなり、肌に必要以上の量のファンデーションを一度にたくさん塗っている人がいます。

しかし、たくさん塗ったからといって、きれいに見られるとは限りません。きれいに見られるどころか、年老いた印象を相手に与えてしまうことすらあるのです。化粧の上手な人は、薄くさっぱりと塗っている人が少なくありません。

ファンデーションを塗る前には、しっかりと肌を保湿させておくことが重要なポイントです。保湿をしっかりとしていると、ファンデーションを塗った時に長持ちしやすいからです。塗る時には、丁寧に薄く伸ばしていくことも大事です。肌の表面に何度も重ね塗りせずに、平らにしっかりと伸ばすように塗ることがおすすめです。

ファンデーションは自然な仕上がりになるものを

ファンデーションは自然な仕上がりになるものを選ぶという事が大事です。人気のカラーであっても、それが自分の肌に一番似合っているものとは限らないので、自分の素肌を一番美しく見せてくれるファンデーションを見つけるということが大事です。

日焼けしている肌の人もいれば色白の肌の人もいるので、一般的に似合う人が多い普通肌色が合わないと感じたら、別の色で似あうものを見つけましょう。そしてアジア人向けに作られたファンデーションのほうが似合うバリエーションも多く見つかるということがあるので、国内ブランドのもので見つけてみても良いです。

そして色だけでなくしっくりとフィットし、肌になじむものが見つかれば、自然な仕上がりになることが多いのでおすすめです。表面が艶やかで潤いがあるように見えれば触れたくなるようなイメージにもなり、実年齢よりも若く見せることもできるものです。

そしてファンデーションを選ぶ時というのは見た目だけでなく実際に自分の肌に乗せてみて確かめることというのも必要です。見た目の色と、塗ってみた色とで違和感を感じるようなこともなくなるでしょう。また、成分があわず、かゆみを感じることもあるので塗ってしばらくしてかゆみがないかも確かめてみましょう。