デトックス効果がある!脂肪を燃焼するスープダイエットについて

ダイエットは食事を制限しなければ痩せることができないというイメージを持っている人は多いです。しかし、スープダイエットであればお腹いっぱいにスープを食べながら、脂肪を燃焼させ、痩せる効果を期待することができます。

脂肪燃焼スープダイエットって何?

脂肪燃焼スープダイエットとは、決められたスケジュールに従って一週間スープを食べ続けるダイエット方法です。通常ダイエットは長期間行うものですが、この脂肪燃焼スープダイエットはたったの一週間頑張ることでダイエット効果が期待できると言われています。

もともとは手術前に体重を落とす必要のあった患者のために用意されたスープだとも言われており、食べれば食べるほど痩せることが可能であるという画期的なダイエット方法でもあります。

もちろん、期間中に食べてはいけないものや逆に食べなければならないものなど、細かなルールは存在しますが、一週間という期間であれば誰しもがチャレンジしやすく、モチベーションも保つことができます。

脂肪燃焼させてくれるスープ!その魅力とは

脂肪燃焼スープにはまず野菜がたっぷりと入っています。そのためたったお碗一杯だけのスープでも、一度の食事で野菜をたくさん摂取することができます。野菜には食物繊維やさまざまな栄養素が含まれているため、美肌や美髪などの美容面においてさまざまな嬉しい効果が期待できるだけでなく、ダイエット中に悩まされることが多い便秘の解消や予防効果も期待することができます。

また、一杯あたりのカロリーは約80キロカロリーでとてもヘルシーです。ダイエット中は厳しい食事制限故に空腹感に悩まされる人も多いですが、このスープであれば食べる量に制限はないため、自分が満足するまで食べても問題はなく、カロリーの過剰摂取にもなりません。

どれくらいの効果が期待できる?

個人差はありますが、ルールを忠実に守って実行した場合、人によっては一週間で5キロ以上の減量に成功することもあるようです。たった一週間といえど、5キロも体重が減ると見た目もだいぶ変わります。元々の体重が標準体重よりもかなりオーバーしている場合、さらに高い効果が期待できる可能性があります。

さらに、スープダイエットを始める前に暴飲暴食が原因で体が重く感じていた人の場合、一週間のスープダイエットをやり遂げることによって、だいぶ体が軽く感じるようです。スープダイエットは一種の置き換えダイエットですが、野菜をたくさん摂取することができるため、自然とお通じが良くなり、さらに血行の改善効果も期待することができます。

デトックス効果があるって本当?

スープダイエットを行うことで体の内側からきれいになれる、デトックス効果を期待することができます。その秘密はスープに含まれるたくさんの野菜です。野菜をたくさん食べることによって便通が良くなり、体の中に溜まっていた老廃物や毒素を積極的に排出することができます。

通常、野菜をたくさん食べようと思うとなかなか大変かもしれませんが、スープにしてしまえば野菜の嵩も一気に減ります。そのため、例え少量のスープでも、そのまま生野菜を食べるのとは比べ物にならないくらいたくさんの野菜を摂取することができるのです。

体の中の余計なものをデトックスすることで免疫力を高めたり、新陳代謝を活発にする効果を期待することができます。

脂肪燃焼スープで痩せるための正しい方法

脂肪燃焼スープで痩せるためには、決められた食事のルールをきちんと守らなければなりません。例えば、前提として一週間毎日必ずスープを最低一杯は食べる必要があります。さらに、スープ以外にも、ダイエット一日目に食べなければならないものや、二日目に食べなければならないものなど、細かな食事のルールがきちんと定められているのです。

もちろん、そのルールに記載された食べ物以外を食べる事は禁止で、間食をしたり、勝手にアレンジすると効果が半減する可能性があります。詳しいやり方についてはネット検索などでたくさん出てきますが、まずは基本的なレシピに添ってスープを作り、決められたルールに従って一週間きちんと実行することが大切です。

脂肪燃焼スープに向いている人とは

脂肪燃焼スープで痩せるのに向いている人は、ずばり短期間で痩せたい人です。また、何らかの事情があり、長期間ダイエットを頑張ることができない人や、短期集中型で頑張りたい人にも向いています。脂肪燃焼スープダイエットは、他のダイエット方法に比べて比較的短期間で効果を実感することができます。

しかしその分、毎日の食事内容が厳密に決められていたりと、ルールが厳しいことで有名です。ですが、いくらルールが厳しくても、たった一週間だけなら頑張れるという人なら、途中で挫折することもなく、最後までやり遂げられる可能性が高いです。

また、元々野菜が好きな人であれば、いくらスープを食べても飽きない可能性が高いため、こういった人にも向いています。

野菜嫌いの人には向いてない?

野菜嫌いな人は野菜がたくさん入ったスープを食べることを苦痛に感じる可能性があるため、あまり向いているとは言えません。何せ一週間のメインの食事は野菜スープです。無理にチャレンジしたところでストレスが溜まり、早々に挫折してしまう可能性もあります。

たかが一週間といえど、ダイエットを行ううえで大切なことはストレスを溜めないことです。ストレスを溜め込んでしまうことは後々の暴飲暴食にも繋がります。ですが、生野菜は嫌いだけれど、火を通した野菜であれば食べることができるという人なら、一週間であれば頑張れる可能性があります。

野菜は健康を維持するために積極的に食べたほうが良い食材のため、この機会にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

リバウンドの可能性はある?

一週間ストイックに野菜スープダイエットを行った後、せっかく痩せたのにその達成感から食べ過ぎてしまうと当然ながらリバウンドする可能性があります。

基本的にスープダイエットを行った後は体の中から老廃物が排出され、代謝がアップしている状態のはずですが、カロリーオーバーの食事をしてしまうと頑張った一週間が全て無駄になってしまいます。
特に一週間我慢しながら行っていた場合、終わった後反動で食べ過ぎてしまうことがあるため注意が必要です。

大切なことは、一週間やりきった後でも、適度な食事制限と運動を日常生活の中に取り入れることです。そうすることでスープダイエットを終えた後でも体重をキープするだけでなく、さらに高いダイエット効果を得られる可能性があります。

脂肪燃焼スープダイエットに失敗しないためのポイント

まずレシピには含まれていない食材を勝手に入れたりしないことが大切です。美味しそうだからといってついお肉などを加えてしまうと、スープのカロリーが格段に高くなり、食べ過ぎることによってカロリーオーバーになってしまう可能性があります。

また、女性の場合、生理前などの体重が増えやすい期間は外して行うことがおすすめです。生理前はどうしても体重が増えやすく、これは例えダイエット中でも例外ではありません。

生理前にスープダイエットを行っても、目に見えて体重の変化を実感できないばかりか、食欲旺盛のためつい他のものを食べてしまう可能性もあります。おすすめは生理後の痩せ期と言われている期間で、このときに集中して行うことでよりいっそう効果を実感することができます。

脂肪燃焼スープには何を入れるの?

脂肪燃焼スープには基本的に玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト、さらに人参とピーマンと生姜をいれます。トマトはトマト缶でも代用可能で、ピーマンはパプリカに変えても問題はありません。味付けは鰹節と鶏がらスープの素、後は昆布と塩で整えます。

ただしこれらの調味料を準備することが面倒な場合は、コンソメキューブで代用しても大丈夫です。また中にはセロリの風味が苦手だという人もいるかもしれませんが、ミキサーなどで細かくしてから煮込むことで味がほとんどわからなくなります。

大切なポイントは、苦手だからといってこれらの食材の内どれか一つでも勝手に抜かないことです。また、勝手に何か別のものを追加することもおすすめできません。