ドラッグストアの青汁にはちゃんと効果がある?

かつては青汁を売っているのは通販が主流でしたが、今では様々な場所で売っています。デパートやスーパーマーケットで売っているものもありますし、ドラッグストアでも販売されています。

ただ、通販で販売されている青汁に対して、ドラッグストアで売られているものは効果が期待されていないのが現状です。

青汁はどこで買う?買う場所による違いとは

青汁の買い方の主流は、大きく分けて通販とドラッグストアです。通販の場合、様々な品質や価格帯から選択することができるうえ、気に入った青汁があれば割引価格で定期購入することも可能です。

ドラッグストアで購入する場合は、最近では品ぞろえも良くなっており、選択肢の幅が広くなっています。ただ、青汁を購入するのにお店まで行く必要があるのと、売り切れの可能性があることが欠点と言えます。

また、通販の場合は、品質が非常によく、価格も高いものを購入することができるのに対して、ドラッグストアでは、あまりにも高価なものは売れにくいので、安価なものを中心に置いているところもあります。

ドラッグストアで置かれている青汁の種類は確かに増えましたが、通販の方が選択の幅はまだ広いと言えます。

青汁って実際にはどんな効果があるの?

青汁には、原料となっているケールなどに含まれる、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。普段の食事で野菜や果物などの植物性食品が不足している人には、特に効果が大きいです。

豊富な食物繊維によって、腸内環境を整えることができるので、便秘解消には大きな効果があります。また、豊富なビタミンによる効果で、肌の粘膜が維持され、美容にも効果は大きいです。その他にも、生活習慣病の予防やダイエットの促進など、数多くの効果が期待できます。

また、液体で野菜を摂取できるという利点があるので、夏バテなどで食欲がない時の栄養補給や、高齢者の野菜不足の解消にも、効果的に使用できます。ただ、明らかな効果を発揮させるためには、継続して飲む必要があります。

知ってた?ヤクルトが出している青汁

様々な企業が青汁の販売をしていますが、健康飲料で有名なヤクルトも数多くの種類の青汁を販売しています。ヤクルトが販売している青汁は、大麦若葉から作られている青汁、ケールから作られている青汁、両者がブレンドされているものがあります。

ヤクルトから販売されている青汁のほとんどは、ドラッグストアやスーパーマーケットなどで購入できます。また、ほとんどのものは価格が高くはないので、継続して飲んでも、経済的負担にはなりにくいです。しかし、一部は訪問販売でのみ売られており、手に入りにくい状態です。

また、ヤクルトから販売されている青汁には、抹茶が配合されているものもあり、飲みやすさに拘っていることを、伺うことができます。

ドラッグストアで買える青汁の種類

オンライン上の通信販売と比較すると、ドラッグストアでは店頭における青汁の種類は限られてきます。商品を棚の中に収める必要があるので、無限に商品の種類を増やすわけにはいかず、選択の幅は通販より限られてきます。

しかし、最近ではドラッグストアでも青汁は注目されており、販売される種類数も増えています。販売されている種類数はドラッグストアによって変わりますが20種類以上など、非常に多く置かれているところもあります。

最近は、ヤクルトの青汁を販売しているドラッグストアも多く、数種類を通常見かけることができます。また、パックに入った飲料型の青汁もあり、それを加えると非常に数多くの種類の青汁が、ドラッグストアで売られています。

安い青汁には効果はないのか?

一般的に、価格が高い青汁の方が高価があるとされています。オンライン上にある健康関連のブログなどでも、高価な青汁の方が良いという情報を発信しているところもあります。確かに、価格が高い青汁の方が、ビタミンやミネラルが豊富で、効果を期待できますが、安い青汁に効果がないとは言いきれません。

安い青汁でも、使われている原料はケールなどの野菜なので、ビタミンなどは含まれています。高価なものの方が、製造過程で栄養が壊れにくいという利点はありますが、安い青汁でも栄養補給できます。

特に、普段から野菜の摂取量が足りていない人は、安い青汁でも大きな効果が見られます。また、価格が高い青汁でも、値段に根拠がない場合があるので、注意が必要です。

初心者でも飲みやすい青汁は極の青汁

青汁を定期的に飲むことを決めても、数多くの種類があるので初心者は迷ってしまい、どれを飲めば良いのか分からなくなってしまいます。初心者でも飲みやすく、そして続けやすい青汁として、サントリーが発売している極の青汁という商品があります。

大手飲料企業のサントリーが発売しており、煎茶や抹茶をブレンドしており、非常に飲みやすい味をしています。また、商品の初回ページには、青汁をさらに飲みやすくするためのレシピも公開されており、非常に便利です。

また、定期購入を申し込むと、通常価格より安くなるうえに、シェイカーまでついてきます。そして、購入後7日以内なら、原則として返品可能です。定期購入の解約はいつでも可能なので、安心して購入することができます。

青汁どう飲んでる?青汁のアレンジ方法

青汁には様々なビタミンやミネラルが含まれており、体調管理や健康維持に非常に役立ちます。しかし、ケールなどの野菜をそのまま使用しているので、苦みが残っていたり、味にクセがあったりして、飲みやすいとは言えないのも事実です。

青汁を飲みやすくするために、様々なレシピが公開されています。青汁に牛乳やバナナジュースを入れると、バナナシェイク風味になり、美味しく飲むことができます。また、飲むヨーグルトに混ぜると、ヨーグルト風味が強くなるので、青汁の味が気にならなくなります。

また、レモンサイダーや果物ジュースと混ぜることでも、青汁の味は目立たなくなります。その他、食パンの上にかけるなど、料理でのアレンジも可能です。

青汁を選ぶ時の重視すべき点

青汁には様々なものがあり、それぞれ特徴が違います。青汁を選ぶ際にはまず、原材料を見るようにします。青汁はケール主原料のものと、大麦若葉主原料のものが主力です。

ケールの方が栄養価は高いですが、独特の苦みがあるので、野菜の味が苦手な人にはケール主原料のものは推奨されません。

また、原材料が日本産か外国産か、ということも重要です。外国産が危険とはまったく言えませんが、一部の非常に安価な青汁には、非常に安い外国産の野菜が使われていることがあります。残留農薬などの危険性を排除するならば、日本産を原料にしている青汁の方が、安心できます。

また、青汁の中には防腐剤などの添加物が入っていることもあります。青汁を継続的に飲むことを考慮するなら、なるべく無添加のものの方が、推奨されます。そのた、原材料が有機栽培や無農薬栽培で作られているものを選ぶことも、非常に重要です。

たくさんあって分からない!青汁の種類

数多くのメーカーが青汁を販売しているので、青汁の種類は非常に多く、見分けがつかなくなっています。細分化すると、それぞれの商品は異なりますが、大きく分けると青汁の種類は3つになります。

まず、ケールが主原料になっているもので、非常に栄養価が高いことが特徴です。ケールは緑黄色野菜の1つであり、非常に多くのビタミンAやビタミンCが含まれています。しかし、苦みが強く、飲みにくいことがあります。

次に、大麦若葉を主原料にしたものがあります。大麦若葉は、強い抗酸化作用を持っており、体の健康を維持するのに役立ちます。栄養素はケールより劣りますが、味が良く、飲みやすいことが特徴です。

そして、明日葉を使用した青汁も、一部にあります。多くのミネラル分を含んでおり、苦みが少ないので飲みやすいことが特徴です。青汁の種類を細かく分けるときりがありませんが、大きく分けると3つになります。

青汁ってどれを買えばいいの?迷った時に見るべき基準

青汁にはたくさんの種類があり、特に初心者は何を買えばいいのか分からなくなってしまいます。迷った時に基準にすべきことは、継続できるかどうか、ということです。

ほとんどの健康食品に当てはまることですが、継続しなければ効果は発揮されません。青汁も、継続して飲み続けなければ効果は発揮しないので、いくら栄養素が高いものでも、味が好ましくなく、続けられないものは買うべきではありません。栄養価があまり高くない青汁でも、継続的に飲めるものであれば、効果は発揮します。

また、経済的な面でも、あまりに高価な青汁で、定期的に購入できないものであれば意味はありません。安価で、栄養価が高くないものでも、続ければ効果は出ます。どの青汁を買うか迷った時には、継続的に飲むことができるものを、選択することが必要です。