ドローイングって?30秒間お腹をへこますだけでダイエットできるって本当?

ダイエットしたいけれど甘い物やおいしいものを食べたいし、きつい運動もしたくない、できたら簡単に行える方法を知りたいと思っている人にぴったりなのがこの「ドローイング」です。「ドローイング」とは腹式呼吸を使ってお腹をへこます動作のこと。

たったこれだけで本当にダイエットできるのかと疑われるかもしれませんが、この動作を繰り返すとお腹周りの大きな筋肉を鍛えることになり、基礎代謝が上がってやせやすい体になるのです。またダイエットだけでなく姿勢がよくなったり、便秘や冷え性、生理痛の改善などにも効果があります。

何よりも手軽に始めることができ時間もお金もかからないし、どこでも行なうことができるのが一番の魅力です。

ダイエットの方法はどれを選ぶべきか?

ダイエット、それは女性の永遠のテーマです。どんなにスタイルのより人でも、常にダイエットのことは意識していることが多いのではないでしょうか。人それぞれ体型や体重によって、そのダイエットの目標というのは異なります。

3キロ程度の減量を目指すなら食事を改善してダイエットできるかもしれませんが、5キロ、10キロとなると食事や運動を組み合わせた方法が必要です。またダイエットには成功したけれど、今度は今の状態をキープしていくことが必要という場合があります。その場合には、ダイエットを緩やかに継続することが大切なのです。

これを考えてみると、ダイエットの期間には、激しい水泳やジムといった運動もできますが、その一時期だけで終わるわけではありません。その後の維持することを考えると、食事や運動といったものを継続できるものを選択することが大切です。ダイエットとしては急激な変化を求めるといったものよりも、継続できるものを意識して行うことが重要なのです。

その一つとしてあげられるのがドローイングダイエットです。これは腹式呼吸をしながら、お腹をへこませてインナーマッスルを鍛えるという方法です。代謝を高める、太りやすい腹部を刺激してウエストキープをすることができるといった方法として人気も高まっています。

お腹をへこます方法としてのドローイング

ドローイングダイエットとは、腹式呼吸をしながら、お腹を引き締めていく方法です。私たちの呼吸方法には、胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、日常生活の中では肋骨部分を動かして行う胸式呼吸をしていることがほとんどです。

しかし腹式呼吸をすると、横隔膜をしっかり動かす、腹部の筋肉を刺激することができる、多くの酸素を取り入れることができるので、代謝亢進にも良い影響があるとメリットが大きいのです。

ドローイングというのは、腹式呼吸を基本として行います。まっすぐ背筋を伸ばして前を向いて立ちます。息を吸う時には、お腹を風船を膨らませるように意識し、吐くときには、お腹の中を空っぽにするようにへこませます。そして息を吐き切ったら、最後にはお腹をへこませた状態で30秒キープすればいいのです。

へこませた状態をキープするのは意外にも難しく、腹筋やインナーマッスルが鍛えられることが期待できます。慣れていない人は、キープしていると、腹部がプルプルと震えることもあるほど。

ドローイングをする時間を設けてもいいですし、隙間時間を使用しても行うことができます。呼吸法の一環としても行えることから、ドローイングダイエットは誰にでも取り組める方法だといえます。

腹式呼吸と胸式呼吸はそれぞれの働きがある

腹式呼吸と胸式呼吸では、名前の通り「胸(肺)」で息を吸うか「腹部(横隔膜)」で息を吸うか、呼吸時に使う部位が違います。そして呼吸による効果に違いがあり、胸式呼吸は「リフレッシュ効果」、腹式呼吸は「リラックス効果」があります。

また、メカニズムとして刺激される神経が違います。胸式呼吸は交感神経を刺激しますが、交感神経は主に活動的に働く神経で、集中しているときやストレスを感じている場合にも活性化します。対して腹式呼吸は副交感神経が刺激されますが、副交感神経は寝ているときなどのリラックスしているときに働く神経で、体を休めたり脳を回復させるときなどに重要な役割をはたします。

この2つの神経は真逆の働きを持っていて、呼吸に関して言えば胸式呼吸は呼吸を「促進する」のに対して、腹式呼吸は「抑制する」といった具合です。さらに、呼吸を吸う場面も違います。意識して胸式呼吸と腹式呼吸を使うこともできますが、1日のそれぞれの場面で自然と呼吸が切り替わっています。

例えば運動をしているときなど早い呼吸を必要とするときには無意識に胸式呼吸が使われていますが、気持ちが落ち着いていたりリラックスしているときは腹式呼吸が使われています。体を起こしているときは比較的胸式呼吸、寝転がっているときは腹式呼吸になっていることが比較的多いです。

ドローイングダイエットの回数と方法は?

ドローイングダイエットをする時は、息を吸って吐き出すまでを1回と数えます。それを一度に10回程度行うことが理想です。10回を1セットとして、朝昼夜に1セットずつ行います。

何故朝昼夜と3回に分けて行うのか。ドローイングというのは、腹式呼吸をすることによりお腹をへこませていくというダイエットです。腹式呼吸をするということは、新鮮な空気を体にたくさん取り入れるということになります。新鮮な空気を取り入れると、代謝が高まり消費カロリーを増やすことができるのです。

朝というのは、これから活動していきたい肝心な時間です。そのため、朝新鮮な空気をたくさん取り入れる、そして活動的な一日にするためにドローイングを取り入れると良いでしょう。

昼は、休憩時間などにこっそりと行います。新鮮な空気を入れることによりリフレッシュすることができます。また、仕事中に乱れた姿勢を正すことができます。夜のドローイングは、時間をかけて丁寧に。体幹を意識してお腹をへこませることによって、筋肉を刺激し代謝を高めます。

それ以外にも、気が付いたときにドローイングダイエットを行うということが大きなポイントです。やればやるだけ効果が期待できるので、回数や方法は気にしなくてもいいでしょう。

ドローイングダイエットは腹式呼吸で行う

呼吸というのは意識をしなくてもできるものです。その呼吸法には、二つの種類があり、一つは胸式呼吸、もう一つは腹式呼吸といわれています。胸の肋骨を拡げて行う胸式呼吸は、無意識に行う呼吸の代表格。それに反して、腹式呼吸というのは、意識をしなければなかなかできない物なのですね。

ドローイングダイエットというのは、その腹式呼吸をベースとしています。腹式呼吸をするときには、へその下に重心を置いてどっしりと構えます。そしてお腹の前面を膨らませたり、へこませたりするように意識をしましょう。

正しい呼吸法としては、息を吸いながら、まるで風船をお腹の中に入れたように膨らませていきます。次に息を吐くときには、お腹から絞り出すように、へこませていきます。もうこれ以上吐き出すものはないという状態になれば、そのへこませた状態で30秒キープします。このキープをしている時間がドローイングしている時間になります。

腹式呼吸をするときには、しっかりお腹や横隔膜を動かすことが重要ですが、はじめはとても難しいです。そのためお腹の上に手を置いて呼吸法を確認しながら、行うのも良い方法です。慣れてくると自然に腹式呼吸は出来るようになるので、吐きだした後のドローイングをすることが大きなポイントになります。

簡単にお腹をへこますことができるダイエット

お腹の脂肪が気になるという人もいますが、いろんなダイエット方法を試してもなかなかお腹をへこますことができないという人が多いです。あまり時間や費用をかけたくたくないという人はドローイングダイエットを試してみるといいでしょう。複式呼吸に合わせてお腹に力をいれてインナーマッスルを鍛えるダイエット方法です。

ドローイングダイエットはお腹をへこます効果や、代謝アップや姿勢が美しくなるなどの効果があります。ドローイングはコルセットのような形の腹横筋と複数のインナーマッスルを鍛えるので、お腹をへこます効果やウエストを細くできる効果があるというわけです。基礎代謝も高まるので運動をしなくても消費できるカロリーがアップし、脂肪が燃焼する力が増し痩せやすい身体になります。

ドローイングダイエットの効果はどれくらいで現れるか気になる人もいますが、1か月でウエストが11センチも減ったという人もいれば、10日でウエストが3、5センチも引っ込んだという人など個人差があります。一般的には3~4センチは減らすことができると言われています。

よりドローイングダイエットの効果をあげるためには、ウオーキングやランニングなどの有酸素運動と組み合わせるとより効果がでやすいです。

お腹をへこます事でダイエット効果を得る方法

ダイエットに励むものの、なかなか痩せるという効果が得られない人はインナーマッスルを鍛える事をおすすめします。インナーマッスルを鍛えれば代謝力がアップするので、太り易く痩せ難い体質から太り難くきちんと痩せられる体質へと変貌させる事も可能です。ただしインナーマッスルを鍛えるには、継続する事が大事なので手軽に実行可能な方法を選んで鍛える事をおすすめします。

ドローイングダイエットであれば簡単に実行できる上に、無理なく継続する事が可能です。というのもドローイングダイエットは特別な道具を用意する必要はなく、腹式呼吸を行いお腹に力を入れてへこますだけだったりします。お腹をへこます呼吸法を繰り返し行うだけで、お腹周りのインナーマッスルを鍛えて代謝力のアップ効果を得る事が可能です。

具体的なやり方として、まずは腹式呼吸で大きく息を吸い込んでから少し止めます。その上で吸い込んだ空気をお腹から全て吐き出す様なイメージで、へこませながら大きく吐き出す事です。

この様にして深い腹式呼吸を、大体10回程度繰り返すのを1セットとして空いた隙間時間等に毎日続ける事をおすすめします。そうすればお腹周りのインナーマッスルがいつの間にか鍛えられ、代謝力をアップさせる事が可能です。

インナーマッスルは鍛えた方が良い

インナーマッスルとは、1つの筋肉の名前ではなく、股関節・肩関節・体幹部など、体の奥にある小さな筋肉の総称のことを言います。体にとってインナーマッスルはとても重要な筋肉です。インナーマッスルを鍛えることでメタボや隠れ肥満とも無縁の体を作ることができますが、筋トレで鍛えられる表層の筋肉ではなく体の奥深くにあるため、普通の筋トレではなかなか鍛えられません。

インナーマッスルには、棘上筋・棘下筋・脊柱起立群筋・腹斜筋・大腰筋・腸骨筋の7種類の筋肉があたり、これらインナーマッスルは体の骨格を維持する働きがあります。棘上筋と棘下筋は肩関節、大腰筋と腸骨筋は股関節、脊柱起立群筋と腹斜筋は背中や腹部などの体幹部に関連するインナーマッスルになります。

インナーマッスルを鍛えると体幹も鍛えられてダイエットになりますが、ダイエット以外にも実際にたくさんのメリットがあり、代謝が上がりやすく、ぽっこりお腹の解消になったり、腸の働きをよくして便秘解消になったり、姿勢がよくなり体のむくみも解消したり、腰痛改善の効果といったものがあります。

逆にインナーマッスルが低下してしまうと、骨盤や姿勢の歪みや便秘、冷え症など悪影響が起こることがあります。

お腹をへこますにはドローイングが良い理由

ぽっこりしたお腹をへこます為には、ドローイングを行うと効果的です。人はストレス社会と言われ緊張やプレッシャーから胸式呼吸で浅い呼吸をしていることが多くなっています。それとは異なり腹式呼吸は、息を大きく吸って少し止めてから、ゆっくりとお腹の中に入れる感じで吐き出します。

10回以上すると身体がリラックスするだけでなく、足など身体のいろんな所が暖かくなります。血行が促進されている証拠です。腹式呼吸であるドローイングを毎日続けてゆくと、血流が良くなり基礎代謝が上がり痩せやすい体となります。同時に腹横筋をはじめ、腹斜筋、腹直筋、脊柱起立筋、腸腰筋など鍛えられます。

このような筋肉を鍛えるとウェストにコルセットをしているような状態になる為、おなか周りのお肉がスッキリしてきます。毎日ドローイングを行う事で天然のコルセットを手に入れれば、ウェストが細くなるだけでく姿勢も綺麗になります。姿勢が美しいと普通に立っていても、座っていても様々な筋肉が使われているので脂肪になりにくくなります。

ですからぽっこりお腹にならないのです。ドローイングはいつでもどこでもできるので、仕事の休憩時間や就寝前など取り入れやすいです。ウェストが引き締まるだけでなく、深く呼吸をすることで心もスッキリします。

姿勢を正し基礎代謝を向上する

お腹をへこますドローイングダイエットによって得られるメリットとして「姿勢が良くなる」ということが挙げられます。腹部にある筋肉を鍛えることによって身体の中心を意識しやすくなり、自然と背筋が伸びて美しい姿勢を保ちやすくなるといわれているのです。姿勢を矯正するために使用されるコルセットは、筋肉の代わりに正しい姿勢を支えるという役割を持っています。

筋力が低下していると上半身の重みを支えることが難しくなり、猫背になりやすくなるのです。お腹をへこまして筋肉を鍛えれば、天然のコルセットを育てていつでも姿勢を正しく維持できるようになるでしょう。筋肉によって美しい姿勢を保つことは、体内に存在している内臓を正しい位置に戻すことにもつながります。

下がっている内臓を上に引き上げることで、便秘解消などの効果も期待できるでしょう。腹部にある大きな筋肉を鍛えることは、身体の基礎代謝能力を高めることにもつながります。

基礎代謝能力を高めることが出来れば、消費カロリー量が自然と増加し痩せやすい体質になっていくでしょう。お腹をへこますという簡単なダイエット方法ですが、腹部の筋肉を鍛えることで基礎代謝向上や姿勢矯正など様々なメリットを得ることが出来ます。

お腹をへこます事で生理痛やむくみを改善する

ドローウィングという腹式呼吸でお腹をへこます事でインナーマッスルを鍛えるというウェストを引き締める方法があります。この方法を行う事で、生理痛やむくみが改善されます。

その理由は、インナーマッスルを鍛える事で代謝が向上し、筋肉の周りにある血管やリンパ管の流れが良くなりますので、生理痛やむくみの原因である血流の悪さが改善される事で、これらの症状が解消されていくからです。ウェストを引き締める為にドローウィングを行う際に気をつけるべき事は、お腹をへこます時に息を止めてしまう事です。

息を止めてしまいますと、その分、脂肪を燃焼する酸素を吸収する事が出来なくなってしまいますので、筋肉が付きにくくなってしまうというデメリットがあります。生理痛やむくみを改善するには血流を良くする事が必要であり、脂肪がついた体の場合、それだけ代謝が悪くなってしまいますので、生理痛やむくみが生じやすい環境になってしまいます。

お腹をへこますという動きをしてダイエットを継続していけば、インナーマッスルから筋肉を鍛えていく事が出来ますので、生理痛やむくみの改善だけでなく、お腹周りのダイエットにも大きな効果を与えられる事になります。

お腹をへこますドローイングを効果的に!

ドローイングダイエットの効果をもっと高めたいと思った時には、回数と姿勢が大きなポイントになります。例えば、ドローイングダイエットをする時に時間を決めて行っている人。決められた時間に行うだけでも十分に効果はあると言えますが、それ以外にも気が付いたときにお腹をへこませてドローイングを行うとより効果的です。

筋肉というのは、刺激をする回数が多いほど鍛えられていきます。また鍛えられるほど、ダイエット効果が期待できるようになるのですね。ドローイングをするということは、場所や時間を選ばずに行うことができるというメリットがあります。そのため、気が付いたときに行うということが大きなポイントの1つです。

次に効果をもっと高めるためには、姿勢を正すことが重要です。姿勢をただし、ドローイングを行うと、腹部をより意識することが出来るようになります。またお腹をへこませようとしていなくても、姿勢が良いだけでお腹に力が入り、たるんだお腹を刺激することが出来るようになるのです。

普段から姿勢が悪いと言われる人にとって、正しい姿勢をとるということも簡単なことではありません。そこであえて姿勢を意識することによって、ドローイング効果を高めることが出来るようになるのです。

毎日の習慣に。必要なのは生活に取り組む力

ドローイングダイエットは、短期集中のダイエットではありません。日々の小さな積み重ねに重点を置くダイエット方法です。したがって毎日の生活にどれぐらいドローイングを取り入れることができるかが成功の大きなポイントとなります。

電車の移動時間や信号での待ち時間、歯磨きをしている時間などドローイングは生活のちょっとした時に行うことができるのが最大のメリットですから、それらの時間にドローイングを行うと意識して毎日の生活に取り入れることが大切です。毎日継続してちょっとした隙間時間にドローイングを取り入れ、それを年単位で続けられる方にドローイングは向いています。

ちょっとした時間にお腹をへこませるという一見簡単な動作ですが、毎日続ける、年単位で続けるとなるとなかなか大変なことです。ダイエットだけでなく、精神のトレーニングにも繋がります。

自分には向いていないかもしれないと不安になるかもしれませんが、歯磨きをしている間だけ、電車に乗っている間だけとやるタイミングを決めて少しずつその回数を増やすようにすることによって無理なく継続させていくことができます。ストレスのたまらない範囲で、少しずつ毎日の生活にドローイングを取り入れていきましょう。

お腹をへこますドローイングの注意点

お腹をスリムにへこますためにドローインを行うだけでより効果的にダイエットが望めます。なぜならドローイングは深層部にある腹横筋を鍛えることができるからです。しかし、行う際には注意点があります。ドローイングで鍛えられる腹横筋はインナーマッスルと呼ばれ、腹筋群の中では最も奥に位置しています。

ですので食後の満腹時に行うと、胃に食べ物がある状態になり苦しくなります。胃や腸に圧力が加わる為に、吐き気や胸やけを起こす場合もあるので避けた方が良いです。また、腹筋を鍛えることも難しくなる為の効果が薄れてしまいます。他にも首や腰に痛みのある方は、負担が掛かり過ぎないように体勢や回数など様子を見ながら行いましょう。

返って体を痛めてしまう場合があります。そして妊娠中の方は早産の可能性を高めますし、産後は腹部の異常を生じやすい傾向になるので避けた方はよいです。赤ちゃんがお腹の中に命が宿る事でお腹のふくらみがが気になる期間ではありますが、妊娠中から産後には絶対にお行わないで下さい。

赤ちゃんの健康にも母体にも悪影響となります。体の痛みがある場合は無理をしない事が大切です。異変を感じるなら回数を少なくする、休みを入れながら様子を見ながら行うと事をおすすめします。

お腹をへこますだけでダイエットはできる

お腹をへこますだけでダイエットすることは可能です。それには正しいドローイング方法を身に着けることが大切です。

私たちは、学校に行ったり仕事に行くなど、忙しい毎日を過ごしています。その中でお腹をへこまそうと意識することは何回あるでしょうか。ダイエットをしていない時であれば、お腹をへこませるという意識は働かないことがほとんど。へこまそうとすれば、筋肉を刺激するので、ダイエットにも効果的です。

ダイエットを始めたからといって、一度に何回もドローイングを急激に始める必要はありません。これまで0回だったのが、5回やるだけでも十分に効果敵なのです。

ただし少ない回数で効果を出したい場合には、正しい方法を身に着けることも大切です。正しい方法を身につければ、体幹にも作用します。また全身の代謝にも作用するため、ダイエットには良い効果をもたらしますね。その結果、ダイエット成功に一歩近づくことができるのです。

ドローイングに慣れてくると、電車に乗っている合間にも仕事の合間にもちょっと行うことが出来るようになります。ながらダイエットとしてもおすすめな方法なので、是非生活習慣の一部として取り入れてみてください。お腹をへこますだけでダイエットできるということを実感できるはずです。