ニキビ跡のパターン別おすすめ化粧水!正しい使い方や注意点も

中学や高校時代にニキビに悩まされ、現在はニキビ跡で苦しんでいるという方は意外と多くいらっしゃいます。一口にニキビ跡といっても、炎症性色素沈着や赤み、クレーター、しこりがある物など色々な種類があります。実は、ニキビ跡をきれいに治すには、症状に応じて化粧水を選んでケアをする事が大切といえます。

いくら毎日、化粧水で時間をかけてケアをしていても、症状に合わないものを使っていては全く効果がありません。さらに、化粧水でのケア方法を間違えていても全く意味がなくなります。

そこで、ここからはニキビ跡の治療をしたいと思っている方に、ニキビ跡の種類別のおすすめの化粧水、正しいスキンケア方法や注意点などについて詳しく紹介していきます。

化粧水だけではなかなか消えないニキビ跡

ニキビ跡がなかなか治らなくて、悩んだり諦めたりしている人もいることでしょう。諦める前に自分が行なっている化粧水を使ったケアなどを見直してみることも大切といえます。ニキビ跡には、ニキビが治った後に赤みだけが残るタイプ、紫や茶色いシミが残る色素沈着タイプ、ボコボコになるクレータータイプの3つのタイプが存在します。

赤みだけが残るタイプは、比較的跡が残らず長くても数ヶ月で跡が消えますが、色素沈着タイプやクレータータイプは、個人差がありますが、1年以上かかる場合もあることを知っておきましょう。ニキビ跡が消えない原因の多くは、それぞれのタイプにあったケアをしていないことにあるようです。

色素沈着タイプの場合には、ニキビのできた肌を守るためにメラニン色素が大量に発生し、それが紫外線や肌への刺激により沈着してしまったものなので、色素沈着を改善するケアが必要なんです。皮膚科や美容クリニックなどで治療していても効果が見られない場合には、肌への負担を考えすぎてマイルドな効果の弱い治療を行なっていることが考えられます。

特に、クレータータイプのニキビ跡の場合には、強力な治療方法を行なわないと効果が出ないこともあります。基本的に跡を消すのは、簡単なものではないので、効果や結果がでるまでには時間がかかることを理解し、ケアの方法をしょっちゅう変えることを避けて、辛抱強くケアを続けるのことも重要です。

また、栄養不足や睡眠不足、運動不足に加え、紫外線対策を怠っているなどの悪習慣も改善していきましょう。

ニキビ跡に効果的な化粧水3選

「アクネケア化粧液」には、肌のバリア機能を高める3つの漢植物エキスが配合されている他に、毛穴詰まりを解消するプルーン酵素エキスや炎症を抑えるグリチルリチン酸、ニキビ跡のケアに効果的なアケビアエキスなどが厳選配合されているので、様々な外的ダメージをケアしながら滑らかな素肌へと導いていくことができます。

防腐剤や殺菌剤なども使用していない処方なので、敏感肌の人でも使いやすい化粧水になっています。「パルクレール」は、これ一つで乳液や美容液などの役割が済んでしまうオールインワンタイプの化粧水で、赤みタイプのニキビ跡に効果的なグリチルリチン酸ジカリウムや色素沈着タイプのニキビ跡に効果的なプラセンタといった主成分をはじめ、12種類もの美容成分が豪華に配合されています。

原材料の99%が美容成分で構成されている高濃度処方で、肌トラブルの原因となる炎症や原因菌を防ぎ、透明感のある美肌へと改善していきます。「QuSomeローション」は、美白型のビタミンC誘導体が肌の角質層まで浸透し、保湿成分やセラミドを増やしながら角層細胞を強くしていくので、肌に潤いを与えながらみずみずしい素肌へと整えていくことができます。

繰り返し使っていくことで肌本来のハリを取り戻し、ニキビで傷ついた肌を柔らかくしてくれます。

化粧水を使って体の内側からニキビ跡ケア

ニキビ跡が出来る原因や、ニキビ跡の種類にはいろいろな種類のものがあります。まず原因の1つ目にニキビが周辺の毛根を傷つけ、それにより肌が傷つきあとが残るもの。二つ目に同じ場所にニキビができたために肌が傷付いてしまったものです。種類には、肌に赤みがさすものや、色素の沈着、クレーターのように陥没する等があります。

そこで化粧水を使って、体の内側からニキビ跡ケアを行う方法があります。赤みがさすタイプのニキビ跡には、サリチル酸が配合されておりターンオーバーの促進ができるものや、炎症を抑える働きのあるグリチルリチン酸が配合されている化粧水がおすすめ。

色素が沈着しているタイプのニキビ跡には、メラニンが作られるのを抑制し、色素沈着を防ぐ働きがあるトラネキサム酸配合のもの。そしてクレータータイプのもののケアですが、これの改善は少々難しいですが悪化を阻止することはできます。ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧水を使うことで肌を保湿し柔らかくする。

またコラーゲンを摂って肌に弾力を与え凹凸を目立たなくするなどです。上記の成分が配合されている化粧水を使い続けることで、肌に栄養を与え体の内側からケアすることができます。

ニキビ跡が残ってしまった原因を考える

大人になってもニキビ跡が残ってしまう人がけっこういますが、その場合には自分に合った化粧水等を使って治すように努力する必要があります。ただどの化粧水が効くのかどうかは人によって異なるのでよく考える必要がありますが、その中でも特に気を付けるべきことはどうしてニキビ跡が残ってしまったのかその原因を考えることです。

ニキビ跡が残ってしまう原因はニキビが治った後に赤みが残ってしまうタイプとニキビの跡が紫や茶色のシミとして残ってしまうタイプがあります。さらに肌がデコボコのクレーター上になっているタイプと、肌の表面が固く盛り上がったままのタイプの大きく分けて4種類があります。

このうち特に多いのがニキビが治った後に赤みが残ってしまうタイプで、これは肌が弱っていてターンオーバーが乱れたり毛細血管が傷ついてしまうために出来てしまう点を原因として挙げることができます。

またニキビの跡が紫や茶色のシミとして残ってしまう原因は、赤みが出た後にさらに炎症を起こして毛細血管が内出血を起こし紫色の色素沈着を起こしてしまうからです。このようなことが原因でニキビ跡が残ってしまい困っている人が沢山いますが、残ってしまったニキビ跡に対してどのような化粧水を使えば効率よく治すことが出来るかを考えるようにした方が良いです。

炎症性色素沈着の原因は「内出血」「メラニン」

ニキビ跡に色素が残るような場合を「炎症性色素沈着」といいます。傷や虫刺されといった一次的な色素沈着もありますが、ニキビやアトピー性皮膚炎での色素沈着は慢性的となりやすいため、十分なケアが必要です。

炎症性色素沈着のタイプはその跡の色ごとに「紫」「茶色」タイプに分けることが出来ます。

紫色のニキビ跡

最初は赤みのニキビ跡が時間とともに紫色に変色していくような場合、その原因は「毛細血管の損傷」にあります。ニキビができたとき、身体はその部分を修復しようと多くの毛細血管を作ります。

この毛細血管が、肌をかくなどの外部からの刺激によって破裂してしまい内出血をおこし、その血液が皮膚組織に染み込んで色が残ってしまうのです。内出血は表皮のさらに奥、真皮まで達しているために皮膚が生まれ変われず、そのまま残ってしまいます。

茶色のニキビ跡

ニキビ跡が茶色くなるのは「メラニン」が原因です。ニキビで皮膚が炎症を起こした場合、肌を守ろうと皮膚内にメラニンが多く生成されます。さらに皮膚にメラニンが多い状態で紫外線を受けると、メラニンはますます生成されます。結果、異常に生成されたメラニンが皮膚の炎症部分に茶色の色素として残る場合があるのです。

ニキビによる深い炎症がクレーターの原因

ニキビ跡でクレーターができるのは、ニキビによる炎症が肌の奥深くにまでダメージを与えるためです。炎症によるダメージが肌の奥深くにまで到達すると、そこにある肌の弾力を構成している細胞にダメージが発生してしまいます。するとそのダメージを受けた部分の肌弾力は著しく低下するために、でこぼこしたようなクレーター状のニキビ跡ができてしまうと言うメカニズムです。

更に肌にはこのようなダメージを自分で回復させようと言う機能も備わっています。その機能が働くことで、炎症を受けた部分とそうでない部分とに差ができてしまい平らな状態になりにくいと言うのも、ニキビ跡がクレーター状になってしまう原因のひとつです。

肌の新陳代謝は当然、肌の状態が健やかなところでは正しく行われますが、肌の深い部分にまでダメージが及んでしまっているところでは、その周期が乱れがちであったり、その程度が良くないことも多いです。そのためにニキビ跡が均一に治らず、結果としてクレーターのような、不均一な状態で治り跡となって残ってしまうと言うことも少なくありません。

クレーター状のニキビ跡ができる場合、ニキビとしての程度も酷いことが多いです。またそれを無理矢理、潰してしまったりすることも、このような状態を引き起こす原因として挙げられます。

ニキビ跡がしこりになってしまう原因

しこりの原因は血流の悪化

ニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡がしこりになって残ってしまいなかなか治らないという経験はないでしょうか。ニキビ跡のしこりは、赤みや色素沈着などの症状と比べても最も悪化した状態であり、白ニキビや黒ニキビなどの初期段階で完治したニキビの場合はしこりになりにくいです。

ニキビ跡がしこりになる大きな原因は、肌の炎症が進みきったことにより、真皮層にまで達してしまったことにあります。それにより、血流が悪化して皮膚に毒素を作りだしてしまうことや、皮膚細胞が必要以上に生成されてしまうこと等が挙げられます。

肌の自然治癒力が原因の場合も

肌の奥深くまで炎症が到達した場合、肌がダメージを再生しようと自然治癒力が働き、コラーゲンが生成されます。コラーゲン自体は美しい肌を保つために必要な成分ですが、それが必要以上に作り出されたことでニキビ跡の部分が異様に盛り上がってしまい、結果としてしこりが作り出されてしまいます。

アトピー体質の場合はなりやすい

特にアレルギー体質の方は、ニキビ跡がしこりになりやすい方が多いです。対処法も、レーザー治療や切開手術などを要することになりますので、早めの対処が重要になります。

ニキビ跡の赤みにビタミンC誘導体がおすすめ

ニキビ跡の赤みに効果的な成分は「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は超万能な美容成分で、その効果はニキビ跡だけではなく、ニキビの予防やエイジングケア、毛穴ケアなどにも有効です。ビタミンC誘導体の赤みへの作用は、「皮脂の過剰分泌を抑える」「メラニン色素を還元して赤みを防ぐ」「肌のターンオーバーを促して肌をなめらかにする」ことです。

これらを見てもわかる通り、ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みを予防することもできますし、薄くすることも可能なのです。ニキビ跡の赤みに悩む人は、ビタミンC誘導体をぜひ取り入れてみて下さい。この素晴らしいビタミンC誘導体は身近な成分であり、多くの美白化粧品やエイジングケア化粧品に使われています。

そして、ビタミンC誘導体をスキンケアで肌に届ける場合は化粧水がおすすめです。ビタミンC誘導体は水溶性なので、化粧水に配合した方が安定するからです。

ビタミンC誘導体配合の化粧水は赤みにポイント使いするのではなく、普通の化粧水同様、顔全体につけます。それからニキビ跡に優しく二度づけします。使い続けることで繰り返すニキビが改善され、ターンオーバーの促進により赤みが薄くなっていく効果が期待できます。

ニキビ跡の赤みに効果的な化粧水

せっかくニキビが治ったのに、ニキビ跡の赤みが消えてなくならないと悩んでいる人は意外と多いです。赤みがあると鏡を見るたびに憂鬱を感じてしまいます。そんな悩みを抱えている人に最適なのが、FANCLのアクネケア化粧液でのケアです。

このFANCLのアクネケア化粧液には、肌のバリア機能を高める3つの漢植物エキスが配合されています。したがって、毎日のスキンケアに取り入れるだけで、肌の潤いを閉じ込めて見違えるほどにきれいな肌に生まれ変わります。

さらに、毛穴詰まりを解消してくれるプルーン酵素エキス、炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸などニキビ跡のケアができる厳選された成分が配合されているのも魅力です。さらに、こちらの化粧水には殺菌剤や防腐剤などが一切使用されていません。つまり、肌のつっぱりや乾燥することがないので、敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいアイテムといえます。

ただニキビ跡に効く化粧水を買っても、正しいスキンケアを行わないと全く効果がありません。たとえば、化粧水はコットンではなく直接手でつけた方が良いです。その理由は、手でつけることで化粧水が手の熱で温められ、浸透力がアップするからです。さらに、強くパッティングするのではなく、肌に優しく押し当てるように塗布するとより効果的です。

ニキビ跡に効果的な化粧水

ニキビができたときに気になることは3通りあると言われています。色素沈着、赤みが残るもの、陥没です。しかしこれらの中で本当の意味でニキビ跡とは陥没だけです。色素沈着は赤みがあるものに関しては、その上から日焼けをしない限りはお手入れ次第で消えていくからです。

とにかく皮脂の酸化を防ぎ、炎症を抑えることが大切です。紫外線や皮膚についた雑菌によって悪化してしまうので注意が必要です。対策としてはビタミンC誘導体の化粧水を使う事です。ビタミンCには皮脂の酸化を防止したり、炎症を抑える力があります。誘導体型のビタミンCは肌への吸収がとても良く、ビタミンCを口から摂取するよりも適していると言われています。

ニキビができているときのメイクのポイントは、サラッとしたパウダーのファンデーションや粉おしろいを選んだ方が安心です。赤みが気になるようであれば、コンシーラーでカバーし、その上から薄くパウダーをはたくくらいが肌への負担は軽くなります。

化粧を我慢してストレスを感じているよりも、このようにカバーしてあまり気にしないようにしましょう。また食事のバランスも気をつけ、脂が多いものや、アルコール、刺激物を控える事も大切です。

ニキビ跡は化粧水で対策する

ニキビが出来た時にスキンケアを開始する人もいますが、出来たニキビが治った後にニキビ跡が出ることがあります。その時には化粧水による対策をすることで、色素沈着を防いだりもとの健康的な肌を取り戻すことができます。QuSomeローションはビタミンC誘導体が含まれていますので、お肌を健康的に保つために必要なビタミンCの生成を促進してくれる効果があります。

お肌に積極的に浸透してく使い勝手が特徴的で、皮膚の真皮層までダイレクトに届いてくれるので、ニキビ跡で炎症が起こってしまっている場所はもちろん、赤みや色素沈着ができていてもそれを改善できる場合があります。

ただ単にこのローションをつかうだけではなく、他のスキンケアの方法も取り入れて生活習慣の改善を心がけ、健康的な生活をしていくことで効果をより高く発揮することが可能です。顔の気になる部分に塗りこむような形で浸透させていくと、その効果の高さを実感できるので、一日の終わりやスキンケアの時間を見計らって行うのが良いでしょう。

QuSomeローションはお肌に潤いを与える効果もあるので、しっとりとした素肌を手に入れながらも、色素沈着や赤みなどの典型的なニキビ跡に効果的な化粧水です。

クレータータイプのニキビ跡に効果的な化粧水

顔が凸凹になってしまうクレータータイプのニキビ跡のケアに効果的な化粧水には、次の成分が含まれているものがおすすめです。まずはヒアルロン酸で、この成分には優れた保湿効果がありお肌にもちっとしたハリが生まれます。コラーゲンも重要で、こちらも肌に弾力を与えてくれます。さらに肌の水分をキープするのに欠かせないセラミドも配合されていると効果的です。

これらの成分が入っている化粧水を使えば、クレーターのニキビ跡の悪化を防止し凹凸を目立ちにくくすることができます。ちなみにアルコール成分や界面活性剤が配合されているものは、ニキビ跡のケアには使わない方がいいです。

アルコールが入っていると肌が乾燥したり過剰に皮脂分泌したりする原因になりますし、界面活性剤はお肌バリアの機能が低下してしまいます。化粧水によるクレーターニキビ跡のケアはあくまでも補助的なもので、これだけで顔の凸凹を完治させることは不可能なのは知っておいた方がいいです。

化粧水によるセルフケアはクレーターを目立たなくさせることはできますが根本治療は無理です。クレーターを根本的に治したいという場合は、美容皮膚科のクリニックなどに行ってレーザーによる治療を受けたりする必要があります。

クレーター状のニキビ跡解消に役立つ化粧水

見た目はもちろん肌に触った時のデコボコ感も気になってしまうクレーター状ニキビ跡への効果が期待できる化粧水では、総研美舎アクレケアが挙げられます。

92パーセントものモニター満足度と99.5パーセントという高いリピート率を誇る実力派化粧水で、デコボコしたクレーターになってしまったニキビ跡に悩む人の声に応え、肌表面を滑らかにする成分にこだわって開発されました。

うるおいのベールで肌を包み込んで表面になめらかさをもたらし、きめ細やかな肌に整えて行く月光下エキスや、豊富なビタミンCを含むカムカムエキスが優れた美白効果をもたらし、皮脂バランスを整えて肌荒れをしっかり予防します。

さらにアクレケアには肌の再生パワーを高め、美肌力アップに画期的な効果をもたらす新時代の美容成分とも言える卵殻膜が含む上質なアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸によって含むデコボコしたクレーターになってしまったニキビ跡にも速やかに作用し、すべすべしてハリツヤのあるタマゴ肌実現に近づけて行きます。

高い美白効果を持ち抗炎症作用にも優れたカモミラエキスが肌の健康を守りながら美白に導き、カンゾウエキスの抗炎症作用と色素沈着を防ぐ効能も相乗効果となってニキビ跡を目立たないようにして行きます。アクレケアはクレーター状ニキビ跡のデコボコ対策と同時に、色素沈着防止も期待できる化粧水と言えます。

しこりタイプのニキビ跡は化粧水では治りません

ニキビ跡は、赤みタイプ・色素沈着タイプ・クレータータイプ・しこりタイプなど、いくつかの種類に分けることができますが、一番たちの悪いのがしこりタイプです。これは皮膚細胞生成のバランスが崩れ細胞が過剰に生成されたり、毒素が溜まってしまいしこりができてしまうもので、肌の表面が固く盛り上がり顔の見た目が非常に悪くなります。

こうなると化粧水などでセルフケアしても効果はなく、もちろん放置しておいても治る見込みはほぼありません。ニキビ跡がしこりになってしまったら、治すにはニキビ治療専門のクリニックに行ってレーザー治療を受ける必要があります。

レーザー治療では、増殖し過ぎた細胞や皮膚の再生力を失った細胞にレーザーで一時的にダメージを与え、新たな細胞を新生させることで皮膚を再生させていきます。他にも切開手術という方法もあり、これはニキビ跡になっている皮膚の部分を切り取り治すというものです。

これらの方法にケミカルピーリングやステロイド注入・内服薬・外用薬などの方法も組み合わされたりしますが、どのような治療法が最適かはニキビ跡のタイプや肌質などによって異なってきますから、とにかくニキビ跡で悩んだら一度専門のクリニックに相談するのがおすすめです。

ニキビ跡と化粧水を使うこと

ニキビ跡が気になっている時に、お肌の管理に困難を感じたことがある人もいるのではないでしょうか。例えば、ニキビ跡の部分に化粧水を塗って痛みを感じてしまうと、即座に使用をやめることがとても重要です。というのも、そのまま使用を続けていると、ニキビ跡の部分に悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

ニキビ跡の部分が炎症を起こしてしまい、痛みを感じてしまうこともあります。痛みだけではなく、炎症がひどくなってしまうことも考えられるのです。痛みを感じた時には、使用することをやめることが欠かせません。

使用を続けることをやめた後には、その部分を自然に放置しておくことが大切です。そうしておくことによって、ニキビ跡が再び良くなっていくことが期待できるからです。肌が回復するまでには、時間がかかってしまうことが一般的です。そのため、焦ったり悲しむことなく、辛抱強くなって待っておくことが欠かせないのです。

化粧水を使用する時には、その部分に化粧水をかからないように十分に配慮をしておくと良いです。その周辺を塗る時には、丁寧に塗ることが大切です。周辺を塗っているだけで痛みを感じるという場合にも、気をつけておいた方が良いといえます。