ハリのある目元を保つ!人気アイクリームや目元ケアの方法

女性は、30代、40代と年齢を重なるにつれて目元のシワ、たるみなどの老化に悩まされる方が増えていきます。実は、目元というのは皮膚がとても薄い為にメイクや花粉、紫外線などの外部からの刺激を受けやすく、体の中で最もトラブルが起こり易い箇所と言えます。

さらに、睡眠不足や栄養不足、ストレスなどに晒される事が原因で老化の症状が目立ちやすくなります。そんな目元の老化症状を防ぐ効果があると注目されているのが、アイクリームです。

アイクリームは、皮膚を保湿してくれるのでハリのある目元をキープする事ができます。そこで、ここからは現在女性に人気のアイクリーム、効果的な目元ケアの方法などについて詳しく説明していきます。

目元は印象を左右する

いつまでも若々しく見られたいと思っていても、目元にクマがあったりたるみがあると老けて見えてしまいます。自分の顔を鏡で見た時に老けた感じがしたのならば、目元ケアをすれば改善するかもしれません。

若くても目元は皮膚が薄いためにクマが目立つこともありますし、しわやたるみが生じることもあります。しかも、目はとても目立つ場所ですからこのようなトラブルがあれば見た目年齢を上げてしまいます。逆にきちんとアイクリームなどで目元ケアをしており、しわやたるみなどが目立たない人はいくつになっても若々しく見られます。

メイクでごまかすこともある程度はできます。しかし、しわは簡単には隠せませんし、くぼみができた場合はいくらメイクをしても老けた印象は変わらないでしょう。

目元のトラブルは身近なことが原因で起こるので、正しいケアをしないとすぐにしわやたるみ、クマなどが生じます。現代人は目を酷使していますし、ストレスも多いので何もしていないとどんどん見た目年齢が上がる可能性があります。

今ではとても品質の良いアイクリームがたくさん出ていますので、スキンケアにプラスしてみませんか。毎日使い続けているうちに若々しい目元になっているかもしれません。

目元はダメージを受け続けている

毎日スキンケアをしていても、毎日ずっと肌はダメージを受け続けています。目元の皮膚は特に薄く0.6mmしかないのでダメージの影響が出やすいです。だから、目元はしわやクマが目立ちやすいです。

顔の皮膚は体のほかの部分と比べても薄いのですが、顔の中でも目元と口元は特に皮膚が薄くなっています。しかも、目は酷使することもありますから特に目元は乾燥しやすいです。今の時代、パソコンやスマートフォンが手放せないですが、これらからはブルーライトと言う目によくない光が出ていますので、画面を見る時間が長くなるほど目の負担も大きくなります。

皮脂と聞くとあまり良くないイメージがあるかもしれませんが、皮脂には皮膚を保護する機能があります。適度な量が皮膚には必要です。しかし、目元は皮脂腺がほとんどなく、汗腺もほとんどないのでとても乾燥しやすいです。肌が乾燥してしまうと肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

肌を保護する皮脂が少ないですから、ダメージを受けると大変です。ブルーライト以外にもいろいろなダメージを受け続けています。どんなことがダメージとなってしまうのかを知った上で対策すれば肌トラブルを食い止めることができます。

メイクで目元が乾燥する

女性の多くは毎日のようにメイクをしていますが、これが目元の乾燥の原因となってしまいます。もともと目元は皮膚が薄いので乾燥しやすいですが、メイクはそれを助長してしまいます。

メイクをする時に、化粧下地を塗ってファンデーションを塗ります。最近は保湿成分が入っている化粧品が多いのであまり乾燥しないと思われるかもしれませんが、目の周りはこのほかにもアイメイクをするでしょう。目の印象はその人の印象を変えることができますから、アイメイクに力を入れる女性はとても多いです。

アイラインを引いたり、アイシャドウを付けたり、マスカラを塗ったりといろいろなことをしていませんか。ウォータープルーフのマスカラが手放せない女性は少なくありません。

メイクを落とす時に、アイメイクリムーバーを使ったり、洗浄力の強いクレンジングを使わないと落ちなくなってしまいます。洗浄力が強いのでただでさえ目元に少ない皮脂が洗い流されてしまうので乾燥がひどくなります。

メイクをしないといけないけれど、目元にベースメイクしか塗っていなかったとしてもクレンジングは必要です。普通の洗顔料と比べても洗浄力は高いのでメイクをしたら乾燥が進むと考えた方が良いです。

紫外線が目元トラブルを引き起こす

目元にクマやしわがありませんか。このような目元トラブルはいろいろな原因が考えられます。紫外線は肌にダメージを与えますが、目の周りの皮膚は特に薄いために紫外線の影響を強く受けてしまいます。だから、しわやたるみなどができやすいです。しかも、目から入ってきた紫外線が肌にダメージを与えてしまいます。

皮膚が紫外線を浴びると肌の表面だけではなく、内側までダメージを与えてしまいます。紫外線にはいくつもの種類があり、コラーゲンや肌繊維を壊したり日焼けしたりします。顔の中でも特に皮膚が薄い目元はコラーゲンや肌繊維が壊れやすいので年齢が出やすいです。

紫外線が強い夏だけ対策すれば十分と言うわけではありません。紫外線は一年中ありますから、一年中対策しておかないと肌はダメージを受け続けます。

目元は皮膚が薄いので日焼け止めよりもUVカット機能が付いているサングラスをかけたり、日傘を差して外出するなどした方が良いです。日傘だけではアスファルトを反射した紫外線が当たってしまうのでサングラスをした方が良いです。また、多くの人が地面を反射する紫外線対策を怠っていますので、特に目元年齢が気になっている人は徹底して紫外線対策しましょう。

目元の乾燥は花粉も影響?

目元が乾燥してかゆみを感じたり、荒れてしまいシミとして残ってしまうという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。しかし、保湿をしてもなかなか良くならないという事もあるでしょう。そういった場合はそもそも原因が単なる感想ではないこともあります。原因を考えてできる限りの対策をとってみましょう。

特に気を付けておきたいのが花粉です。花粉症というと鼻炎などを思い浮かべる方も多いですが、目に症状が出る方も多いです。涙が出たりかゆみを感じたりといったことにつながりやすいので注意しましょう。花粉が原因の場合には、花粉をまず防いでいくということが必要になります。目の周りに付着することを防ぐために花粉防止のメガネをかけてみるのもよいでしょう。

特に目の周りの皮膚は弱いので刺激を受けやすいですし、こすった時にキズにもなりやすいものです。刺激をおさえるためにアイクリームを使って保湿をしたり、直接花粉が触れないようにカバーしていくという事も対策の一つと言えるでしょう。

刺激を少なくしてくれるクリームを選んで利用していくのが良いです。場合によってはアレルギーの治療が必要なこともあるので、乾燥がひどい場合には病院へ行ってみましょう。

アイクリームと眠ること

目元が暗くなってしまうことに悩みを感じている人は多いのではないでしょうか。目元が暗くなっている時には、肌が乾燥していることが関連していることが少なくありません。そのような時には、悩みの原因を把握しておくことが大切になります。

目元が乾燥してしまう原因には様々なものがあるのですが、睡眠の時間が十分に取れないこともその一つです。睡眠の時間は健康を維持していくためには必要不可欠なものです。そのような貴重な睡眠時間が削られてしまうと、体に異変が出てしまうことも珍しくありません。

目元が乾燥してしまうこともその一種であり、睡眠の影響を大いに受けてしまうのです。目元を乾燥させないようにするためにも、日頃から質の良い眠りを十分に取っておくことはとても重要なことであると言えるのです。

それから、アイクリームを塗ることも効果的です。乾燥してしまった目元に痒みを感じてしまうという人もいるのですが、その時にはすぐにアイクリームを塗るようにしておくと良いです。乾燥した部分が潤うようになるために、痒みが抑えられるようになります。それから、乾燥することを事前に防ぎたいと思っている人の中にも、アイクリームを愛用している人がいます。

ビタミンA不足はドライアイの原因となる

栄養不足は体に様々な不調を及ぼしますが、その中でもビタミンA不足は目元の乾燥を引き起こします。ビタミンが不足すると栄養が目に届かなくなり涙のムチン層が壊れてしまい、表面が凸凹になって、細菌にやられて炎症を起こしたり、「ビタミンA欠乏眼症候群」となり夜盲症やドライアイを引き起こしてしまいます。

ビタミンAは健康な目を保つために不可欠な栄養素で、目の綱膜で光を感知するためには「ロドプシン」という色素が使われこの物資はビタミンAとタンパク質がもとになっています。

つまりビタミンAには目が光の刺激を受け止める感度を高める働きがあり、また結膜(白目)や角膜(黒目)の表面にある細胞の構造や機能を正常に保ち、眼球表面を保護する「ムチン」という粘膜の分泌を促す働きがあります。そのためビタミンAの摂取量が十分でないと暗いところでものが見えない「夜盲症」になったり、目が乾燥して「眼球乾燥症」を引き起こしたりします。

またビタミンAが不足すると眼球を保護するムチンが減少するので、角膜の表面が乾いて炎症が起こる「ドライアイ」も起こりやすくなります。ドライアイの原因は様々ですが、そのひとつにビタミンA欠乏眼症候群が関係しています。

ストレスはホルモンバランスを乱す

目元の乾燥を引き起こす原因の一つにストレスがあります。心と体は密接な関係にあるので、ストレスを抱えている状態だと肌にも様々な影響を与えてしまいます。特に目元は皮膚が薄いので、ストレスの影響をダイレクトに受けてしまいがちです。

では、どうしてストレスが乾燥を招くのかというと、その原因はストレスによってホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。エストロゲンという女性ホルモンは肌を健康な状態を維持するのに欠かせないホルモンですが、ストレスを受けるとエストロゲンの分泌量が減ってしまうことがあるのです。エストロゲンの量が減ることで、肌の潤いが失われ乾燥を招いてしまいます。

それからストレスは、肌のバリア機能を低下させてしまうこともあります。ストレスを受けた肌は血管が収縮するので、温度が低くなります。冷えは肌の新陳代謝(ターンオーバー)を乱してしまうので、古い肌細胞が剥がれ落ちずに残ってしまったり、肌細胞が未成熟なままになってしまうことがあります。

未成熟な肌細胞には水分をしっかりと保持する力がないため、肌のバリア機能が低下してしまいます。潤いを維持する力が低くなるので、肌の乾燥は進行してしまうのです。

目元はこすらないように

花粉症やアトピーの人は人一倍目をこすりたくなりますし、たくさん目をこすっていませんか。目や目元をこすると大きなダメージを与えてしまいます。女性はメイクもしますから、目や目元をこする機会が多いです。目の周りの皮膚はとても薄いので、できるだけ力を入れないようにしてください。

特に上まぶたをこすってしまうとまぶたを持ち上げる筋肉が伸びてしまうために、目が小さくなる恐れがあります。重度になると視界が狭くなるので日常生活に支障が出てしまいます。医療機関で適切な治療をしないと改善は難しいです。

どうしても目がかゆい場合はアレルギー症状対応の目薬を使ってこするのは我慢してください。また、アイメイクを落とす時は目の周りを強くこすったりしないで、専用のリムーバーを使ってこすらないでメイクを落としましょう。そうすれば、ダメージをあまり受けなくて済みます。

目元は皮膚が薄いために老化を感じやすいですが、ダメージが大きければ大きいほど老化が早く進んでしまいます。日ごろから目の周りをこすらないように気を付けたり、アイクリームでケアしてください。正しいケアを続けることで老化の進行を遅らせることができますし、若々しい目元になるかもしれません。

アイクリームで見た目年齢を若く

見た目年齢に影響するのは肌の若さであるということもあるものです。どれだけ綺麗なメイクをしていたとしてもシワがあったりたるみ、肌にハリがないような状態であれば老いて見えることも多いものです。

そして特に目元のしわに関しては深く刻まれていればいるほど疲れが見え、若さがないようにも見えてしまうでしょう。ですからアンチエイジングをするのであれば目元のケアを優先的に考えるようにもすると良いです。そして目元のケアには目元のケア専用のアイクリームが最適です。

アイクリームは普段のスキンケアとは別に塗る必要があるので、化粧水、乳液の流れが終わったら目元の保湿を潤わせるためにアイクリームを塗るようにしましょう。アイクリームは容量が少ない上に値段が高価であることも多いので贅沢に使うのをためらうこともありますが、今以上に目元のしわを深くしないようにするためにも必要なものです。

ワンポイントで使うスキンケアとして選んでいくと良いです。有名ブランドのものからそうでないものまで、アイケア製品は幅広く販売されていますから、自分にあうものを取り入れていくようにしても良いです。そうすることによって目元の悩みも改善していくことができるものでしょう。

エイジングケア

アイクリームは目元専用のクリームです。しわ・たるみ・くまが多い人にぴったりのクリームなので、エイジングケアができます。目元の皮膚はとても薄くなっているので、刺激を受けやすくなっています。そのぶんだけ、十分なケアを必要としていることを覚えておきましょう。刺激としては、花粉や紫外線、栄養や睡眠の不足、ストレスなどがあります。

これらの刺激を排除する生活を送るように心がけるのが第一です。アイクリームを使用するのも効果的です。まずは、保湿力を重視してください。目元にたっぷりと水分を送ってくれるものを選ぶことが重要です。配合成分としておすすめなのが、セラミド・ヒアルロン酸・グリセリン・コラーゲンです。

これらの成分が入っているものを選ぶと、エイジングケアに有効です。また、たるみがひどい人はレチノールやエラスチンが入っているアイクリームがおすすめです。エイジングケアをするためのアイクリームは、成分を確認しながら選んでください。

さらに自分にあったアイクリームを選ぶのであれば、パッチテストをしてみることをおすすめします。目立たない箇所にクリームを塗って、肌が荒れてしまわないのかを確かめてみると安全に使えます。

配合されている成分に注目

目元は茶くまやくすみなどのトラブルが起きやすい部分です。茶くまやくすみに効果的な美白を重視したアイクリームを選ぶには、配合されている成分に注目する必要があります。アイクリームに含まれていて美白効果が高く、くまやくすみを解消してくれる成分を挙げると、トラネキサム酸とプラセンタです。

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、美白効果の高い成分として知られています。これはトラネキサム酸に色素の沈着を抑える作用があるからです。トラネキサム酸はすでにできてしまった茶くまやくすみにも効果が期待できます。

それからプラセンタは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進してくれる成分です。茶くまやくすみがある古い肌細胞が新しく生まれ変わることにより、肌を美しい状態へと導いてくれます。プラセンタには糖質・タンパク質・ビタミン・ミネラルといった様々な栄養素が含まれており、血行を促進して肌細胞を活性化する働きがあります。

目元は特に肌が薄く、十分な栄養が行き渡りづらい部分です。血流が良くなることで細胞に栄養を届けることができます。また、プラセンタには肌を酸化して老化させる活性酸素を除去してくれる働きもあります。

寝る前ポイント。就寝前にアイクリーム

顔のパーツの中で他の部分と比べて皮膚が薄く、体に不調があるとすぐに症状として顕著に表れてしまう部分が目元です。ちょっとした貧血や疲労でもクマやくすみとして目立ちやすく、それを隠すために目元だけを過剰にメイクしてしまいがちですがそれは悪循環に繋がります。濃いメイクをすると、それを落とすためにクレンジングの際に強めに擦ってしまうからです。

濃い目のメイクをしなくても、目元の健康を保てるように助けてくれるアイテムがアイクリームです。が、常にケアしたいからと塗るのは逆にお肌にダメージを与えてしまう可能性が。アイクリームは保湿効果の高いものが多く、従って油分の多い商品ということもできます。

この油分は紫外線に当たってしまうと日焼けやシミなどの肌トラブルに繋がりやすいのです。日中に油分の多い化粧品を使用するのは避けるようにしましょう。アイクリームは油分が多いので、使用するのは夜寝る前がベストです。日中と違って埃やごみが付く可能性も低く、長時間塗っておくことができるからです。

また、睡眠時の乾燥を防ぐという役割もあります。寝起きの目元の乾きを予防してくれます。寝る時に使用する目元パックと考えて、お休み前の習慣にしましょう。

アイクリームは正しく塗りましょう

どうやってアイクリームを塗るのかは大きな問題です。目の周りに塗るからこそ、正しい塗り方でなくてはなりません。顔の皮膚は全身の皮膚の中でも薄いのですが、目の周りは特に皮膚が薄いので気を付けてください。力を入れて塗りこむようなことはしないようにしましょう。

まずは、アイクリームを適量手に取り、人肌に温めます。温めるとより浸透しやすくなりますし、柔らかくなるので伸びが良くなります。温まったら、少しずつ目の下に置きます。上まぶたにも使える場合は上まぶたにも少量置きましょう。そして、力が入りにくい薬指の腹を使って優しく伸ばしてなじませます。乾燥が気になる時は同じ要領で重ね塗りしましょう。

なるべく目の周りの皮膚が動かないように伸ばしてください。皮膚は摩擦に弱いので皮膚の上を滑らすようにアイクリームを塗りましょう。そして、極力力を入れないことがポイントです。デリケートな部分だからこそ力が入らない薬指を使います。

この塗り方を続けていけば、これまで効果があまり出ないと思っていた人も効果を実感できるようになるでしょう。また、アイクリームの量が少ないと皮膚に摩擦が生じるので、あまり少ない量にならないようにしてください。

アイクリームの効果を生かす生活習慣

アイクリームは目元にハリやうるおいをもたらす心強いスキンケアクリームですが、内側から張り出すような感触やつややかさは外側からのケアだけでなく、より良い生活習慣から生み出されます。

目元だけでなく顔の肌は太陽光の影響を受けやすいため紫外線対策が基本なのは言うまでもありませんが、美肌づくりに欠かせないターンオーバーを促すことが目元のハリやうるおいにも大きく関わって来ます。

代謝機能を高めて肌の老廃物を速やかに排出してこそアイクリームの有効成分が目元に浸透しやすくなり、外から取り入れるだけでなく自分自身でのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成を促すことにも繋げられます。理想的なターンオーバーを実現するには、規則正しい生活と適度な運動習慣によって全身の血流やリンパ液の流れを停滞させないことが大切です。

めぐりの悪さは代謝機能の低下に直結しているため冷え性の人は身体を冷やしやすい生野菜を避け、身体を温める食材をバランス良く摂るなど冷えにくい身体づくりも重要になります。寝不足の影響が出やすい目元だけに必要な睡眠時間を確保して、長時間のパソコンやスマートフォン閲覧など目の酷使を避けるようにします。

花粉症の人は目をこすらないよう注意し、目元の肌荒れを起こさないためにも流れた目薬をそのままにせず、清潔なティッシュペーパーなどで速やかに拭っておく必要もあります。