ヒップアップに効く!ステッパーダイエットの効果的なやり方

有酸素運動は通常30分以上行わないと効果が得られないといわれているので、ステッパーダイエットも1日に30分から40分以上行うことで効果を実感することができます。また、ステッパーダイエットのような有酸素運動は適度な脈拍をキープしながら行うことも大切で、脈拍を上げ過ぎたり下げ過ぎたりしてしまうとダイエット効果が低くなってしまうことがあるため、しっかり計測しながら行うのがおすすめの方法となります。

ステッパーダイエットは、長時間適度な負荷をかけ続けることではじめて脂肪が燃焼されたり太ももを引き締めたりする効果があるものなので、負荷をかけ過ぎると無酸素運動となってしまい筋肉が付き過ぎて逆効果になってしまうこともあるので、負荷をかけ過ぎないように行うことが重要になってきます。

ステッパーダイエットで受けられる恩恵

ステッパーダイエットでヒップの筋肉を鍛えることは健康にも美容にも沢山の恩恵を受けることが出来るため、年齢に関係なく誰でも行うとよいダイエット方法の一つです。ヒップには大殿筋や中殿筋など大きい筋肉がたくさんあり、日ごろの歩く、立ち上がる、しゃがむなどの基本的な運動動作を支える要となっています。

そのためヒップを鍛えることは日常の基本的な動作をする上で必要不可欠であり、スポーツを楽しむ余裕を生み出す原動力にもなるのです。しかし筋肉は加齢や運動不足などから衰えていくため、日ごろから意識的にステッパーを使って筋肉を鍛えることが重要となります。ステッパーダイエットは場所を取らず振動もないため時間帯を選ばずに行える数少ないトレーニングの一つです。そのためステッパーダイエットを毎日続けることによって理想的なヒップの筋肉を鍛え、維持することが可能となるでしょう。

筋肉で引き締まったヒップはきゅっと丸く引き締まり、どんなファッションも着こなすことが出来ます。また適度な筋肉がついているためきびきびとした動作が出来て幅広いスポーツに活かすことも出来るでしょう。少ない負荷で行える有酸素運動なので、ステッパーダイエットで一生涯体を鍛えるのがおすすめです。

ヒップアップで得られる3つの嬉しい効果

ダイエットというとウエスト周りや太ももを細くするというイメージがありますが、最近はヒップラインを整える女性が多くなっています。ヒップラインは自分の目で直接確認することが難しい部分ですが、他人からは非常に目につくところなので、意識して綺麗に整えるようにしてみましょう。さらにヒップラインを上げることができれば、3つの嬉しい効果を得ることも可能です。

1つ目は、ボディライン全体が美しくなることです。ヒップラインを上げてウエストとヒップにメリハリが出れば、胸元や太もものラインも美しく見せることができます。さらにヒップアップすることで、足を長く見せることも期待できます。

2つ目のメリットは、猫背が改善することです。ヒップアップするためには、お尻の筋肉を鍛える必要がありますが、その結果、骨盤が筋肉でしっかりと安定し、無理なく正しい姿勢をキープしやすくなります。これにより猫背が改善する上に、ウエスト周りにかかる負担を減らせるというメリットがあります。

3つ目のメリットは、腰痛を軽減できることです。これは猫背の改善と同様に、お尻の筋肉量がアップすることが大きな要因です。さらにウエスト周りの脂肪が減り、重りになるものがなくなることも理由の1つと言えます。

ステッパーで筋肉をバランスよく使う

定期的にウォーキングなどの運動を行っているけれど、お尻の脂肪を減らす事ができなくて困っている人に、ステッパーを使った運動法は最適です。お尻や太ももの裏側といった、ウォーキングだけでは鍛えにくい筋肉に刺激を届ける事ができて、ヒップアップに役立つ運動法として注目されています。

しかしウォーキングをセットで行っておいた方が、全身の脂肪の燃焼効果を高めやすくなるので、ウォーキングの後にステッパーを使う運動法も試してみてください。長時間の歩行で全身が温まった状態であれば、脂肪が燃焼しやすいだけでなく筋肉も増やしやすい状態になっているので、ヒップアップに効果的な運動だと実感する事ができます。

ステッパーを使って運動をする際には、ただ足を上下させるだけではなくて、お尻や腰の筋肉を捻るように身体を動かしてみる事もおすすめです。色々な動きで筋肉に刺激を届ける事によって、ヒップアップのために必要な筋肉を全体的に鍛えられるようになります。美しい形のお尻を作り出すためにも、幅広く筋肉を鍛えていく必要があると考えてください。運動法さえ間違えなければ、ステッパーを使って短期間でヒップアップに成功できて、お尻の美しさをアピールしやすくなります。

ステッパーダイエットは有酸素運動です

有酸素運動は身体への負担が大きい運動、バーベルや筋トレ、エアロビクスに水泳、ジョギングなど色々なやり方があります。また、有酸素運動は酸素を多く取り入れるのが特徴で、取り入れた酸素を使って体内に蓄積されている脂肪を燃焼させるなどのダイエットの仕組みを以ています。一般的には、有酸素運動を行えば体脂肪を減らせる、トレーニングとして最適と言われていますが、ダイエットの場合には問題となる脂肪を燃焼させる事が出来るメリットがあるわけです。

有酸素運動の一つにステッパーダイエットがありますが、ステッパーは両脚で交互に負荷の掛かる器具を踏み込む事で下半身を引き締める効果、有酸素運動によりダイエット効果を期待出来るようになるものです。ステッパーは太ももを引き締めてくれる作用を期待出来る道具、適度な負荷を掛けてあげてステッパーを踏み込むと太ももの筋肉が鍛える事が出来るようになり、引き締まった太ももに変える事が出来るわけです。

筋肉の量が増えるため、基礎代謝が高まりエネルギー消費が増えて来るので太りやすい身体を痩せやすい身体に変える事が出来るようになるわけです。有酸素運動は代謝機能を活性化させる働きがあるなどからもジョギングや水泳などもダイエットに効果的なのです。

ステッパーを使ったダイエット

女性にとって特に太さが気になるのが足の部分です。スカートをはくことが多い方は足が外に露出することになるので出来るだけ細く引き締まった綺麗な足にしていきたいものです。食事に気を使っただけのダイエットでは体重は落ちても綺麗な足のラインが出にくいので、運動をして引き締まった足を作っていく必要があります。そこで足を鍛える方法として、ステッパーという器具を使って運動する方法が効果的です。

ステッパーはホームセンターやスポーツ用品店などで売られていることが多いです。足を載せる部分があり、踏み込んでいくことで歩いているように上下していきます。負荷を変えることもできるので、どのレベルの運動をしたいのかという事に合わせて使っていくことができます。はじめは軽めに、後々負荷を上げていくという形で使っていくとよいでしょう。

ウォーキングなどを行っていくことでも同様の運動効果がありますが、外を歩くということが難しい場合もあります。忙しい方が毎日の運動に活用したり、常にウォーキングをしている方が天候や時間帯などで運動できないようなときに取り入れたりという形で使っていくのが良いでしょう。小さめの器具が多く狭いスペースでも置けるので使いやすい運動器具です。

ダイエットに使うステッパーの値段とサイズ

一口にステッパーといっても、性能やメーカーにより値段に幅があります。基本的には一万円前後の価格帯が多いのですが、安さだけを追求すれば4000円台から購入することは可能です。ただ、安いだけに連続使用時間や静音性、耐久性に難があることも少なくなく、ダイエットから成功後の体型維持と、長く使うつもりなのであれば価格よりも性能を重視してもいいかもしれません。

中には上半身を鍛えられるバンドが付属していたりと、用途に応じてステッパーのタイプを選ぶことが出来ます。ステッパーのサイズは、肩幅と足のサイズを基準に考えればイメージしやすいでしょう。横幅が50センチ前後、縦幅が30センチ前後のサイズが多く、ステッパーの形式や付属品によってサイズは異なってきます。賃貸などで音が気になる場合は、ステッパーの下にヨガマットなどを敷いて静音性を高めるという対策がありますが、その場合はヨガマットの大きさを含めた設置サイズを考えなくてはいけません。

あまり狭すぎるスペースでダイエットのための運動をするのは危険な面もありますから、縦横1メートルほどスペースを確保すると楽です。ダイエット中は身の回りの安全を慎重に確保する必要があるので、広いに越したことはありません。

ステッパー運動の方法

ステッパーダイエットの方法は、目的によっても異なりますが体の脂肪を減らすことを目標にして実施する場合は、ステッパー運動を継続して30分から45分間行う必要があります。しかし、ダイエットを始めて間もない方がいきなりそのような運動を継続して行うことが難しい場合は、あまり間をあけないようにしながら10分間実施した後10分間休憩するという流れを1セットとし、これを3セット繰り返しても良いでしょう。

また、ステッパーは負荷を調節することができますが、負荷を無理に強くしても体の脂肪を減らすことにおいては意味がありません。何を基準に負荷やピッチを決めるのかというと、それはご自身の脈拍です。ステッパーを行いながら脈を測り、20代の女性の場合は、1分間に120~140の間に入っていれば適正な負荷とピッチということになります。

30代の場合は、110~130回、40~50代の方は100~120の間に脈拍が入るように調節しましょう。ステッパーを行うタイミングは、基本的には血糖値が上がっている食後は避けましょう。少し空腹感を感じた時が最も脂肪が分解されやすいため、少し空腹感を感じる昼食前や夕食前に実施することが最適です。

ステッパーダイエットは基礎代謝を高めてくれる

ヒップアップに効果が期待出来る、ながら運動が出来るなどからもステッパーに人気が集まっています。太ももに負荷を与える有酸素運動でもあり、太ももを鍛えたい人、太ももを細く引き締まった形に変えたい人などに注目が集まっています。

ステッパーは太ももの筋肉を強化する作用を持つトレーニング器具の一つ、太ももの筋肉を増やすと基礎代謝が高くなるので脂肪を燃焼させる機能が活性化され、ダイエット効果を期待出来るようになります。

太ももの筋肉は大腿四頭筋と呼ぶもので、体中の筋肉の中では最も面積が大きいと言われています。ダイエットは筋肉の量を増やすと基礎代謝が大きくなり、ダイエットの効果を高める作用を持つため、面積が大きな大腿四頭筋を鍛えてあげれば痩せやすい身体に変えられるようになるわけです。

ちなみに、ステッパーは有酸素運動ですが、有酸素運動は30分以上続けなければ効果が期待出来ない、それ故にステッパーダイエットは1日に30分から40分を目安にしてトレーニングを続けるようにしましょう。但し、30分連続で続けるだけでなく、10分間を3セットなどのように分けて行っても良いので、自分に出来るやり方で1日30分を目安にしてやってみると良いでしょう。

誰でも気軽に始められる

痩せたいけれども、運動のためにジムに行くなど外に出るのはつらいというのは誰もが一度は思ってしまう事です。頑張ってみようと思ったら雨が降ったりして挫折するということもありますが、ステッパーなら器具を用意すれば自宅で天候も気にせず、いつでも体を動かしたいと思った時にダイエットができます。

自分が運動をしているのは恥ずかしいから人に見られたくないという場合にも室内できますし、ウォーキングよりもカロリーの消費は意外と多いです。天候や季節にも左右されないので、じっくりと時間をかけて運動をして痩せたい方にもうってつけです。飽きっぽくて体を動かすだけだとすぐにやめてしまいそうだという時でも、好きなテレビやDVDを見ながらマイペースにステッパーを踏むだけなので、何かをしているついでやながら動作で運動が出来てしまいます。

本格的にダイエットをしたい人にも、器具の性能も向上しているので好きなものを選んでしっかりと運動が続けられます。足踏みだけのものやハンドルやバンド付きなどがあるので、自分のレベルに合わせて器具選びもできます。体を動かしたいけれどもなるべく簡単に始めたいなら、ステッパーでのダイエットがおすすめです。

焦らずじっくり取り組もう

ステッパーは器具さえあれば天候も気にせず自宅で自分の好きな時にダイエットができるのがいいところですが、どれぐらいの期間を続けていけばいいのか悩むこともあります。負荷をかけすぎず、脈拍も一定に保ちながら行っていく有酸素運動なので、短期間で減らすというよりはじっくりと継続しながら体を作っていくイメージで考えておくとよいでしょう。

足踏みをするだけというとても簡単な動作ですが、早ければ一週間ほど、遅くても約1ヶ月ぐらいで体重の変化にも気づけるようになってきます。ただし、これも毎日続けた上での結果なので、一週間に一回だけ行うというような頻度では顕著な変化はないと思っておきましょう。

毎日続けるのは大変そうに思えますが、最低でも30分続けるようにステッパーを使うだけなので、好きなテレビ番組や音楽、ラジオなどを楽しみながらゆっくり動きに慣れていくようにすればやりやすいです。合計30分でもいいので、10分を3回や15分を2回というように休憩を挟みつつやってみましょう。踏むことに体が慣れてくるとよいストレス発散にもなりますので、動きがつらくなくなる頃には自分の体も程よく引き締まってきますから、焦らず頑張ってみて下さい。

何かをしながらできるダイエット

ダイエットのために運動と言っても、散歩やジョギングで外に出るだけでもかなりの労力を使います。そんな悩みを解決してくれるのがステッパーです。一台持っておけば、テレビを見たり音楽を聴きながら踏み込みを続けるだけというように何かをしながら気軽に運動ができてしまいます。

足踏みをするだけなので、雨が降っていても、風が強くて外に出られなくても、花粉症が気になって外で運動できないという時でも自宅での運動を叶えてくれます。器具の上に乗ってしまえば、後はゆったりとしたペースで踏み込むだけですが、ダイエットが目的であれば最低でも30分程度は続けましょう。録画したドラマなどを見ながら行えば1時間ぐらいはあっという間に経ってしまっています。一気にするのが難しい時には10分を3回というように休憩しながらでもいいので、無理のない範囲で体を動かせるのも魅力です。

自分のペースで行えるのもステッパーのよいところですが、負荷を上げすぎると有酸素運動が無酸素運動になってしまいます。そうなると筋トレになってしまって足の筋肉ががっしり硬くなる事もあるので、他の動作に夢中になりすぎないよう踏み込みの力加減などはチェックするようにして続けましょう。

鍛えたい部位を意識しよう

ステッパーを踏むだけでも有酸素運動で程よく体を動かす事ができますが、踏み方をいろいろと工夫するだけで他の部位も一緒に鍛える事ができます。ヒップアップなど下半身を引き締めていくなら、どこを鍛えたいのかを意識していくと効果も出やすくなります。

普通の動きでダイエットできるのは、太ももやヒップ中心です。慣れないうちは基本の動きでステッパーを使うことに慣れていくとよいでしょう。そこからたるみがちなふくらはぎを鍛えようと思ったら、上半身をやや前のめりにし、つま先に重心をかけながら踏み込んで下さい。無理な角度にする必要はないので、適度に体を前に傾けながら足を動かしましょう。

ウエストや骨盤周りも一緒に鍛えたいなら、踏み込んだ足とは反対側に体を捻る運動を加えましょう。大腰筋を鍛えられるので、気になりがちなお腹周りをすっきりさせつつ姿勢をよくする効果も期待できます。少し難しいですが、上半身を踏み込んだ足とは逆側に左右に倒していく運動も組み入れていくとお腹の横の筋肉をしっかり伸ばして使えるので、くびれを作るときにもよいでしょう。まずは基本の踏み込みを覚えてから、自分のボディで気になる部分をすっきりさせるために活用してみて下さい。

気になる足を効果的に細くしよう

ステッパーを踏むだけの簡単なダイエットで足に適度な負荷をかけて細くするために努力していくのですが、通常の動作ではまず太ももに効いていきます。太ももの筋肉は体の中でも体積の大きな筋肉ですから、足を踏み込む動作を繰り返して鍛えていく事で代謝がアップしてほっそりした足を目指せるのです。踏む時には膝を伸ばして腰の高さをキープしながら、太ももの前側に力を入れないように踏むようにしましょう。

ふくらはぎの筋肉もステッパーで鍛えることができますが、その際にはつま先に重心をかけて踏み込むように心がけて下さい。ふくらはぎの部分を意識しながら丁寧に動作をしていく事がポイントです。やや前のめりになりながら動作を続けていきますが、慣れないうちから回数を増やそうとすると体勢を崩したりすぐに足がパンパンになってしまって、逆に筋肉がつきすぎてしまうという事も出てくるので注意しましょう。

全身を使う運動ですが、ステッパーは下半身を使っての動作になるので太ももやふくらはぎにもピンポイントで細くしていける効果も期待できます。部屋の中で手軽にできるダイエットですから、テレビを見たり音楽を聴きながらすらりとした美脚を目指していきましょう。

ステッパーダイエットのデメリット

ステッパーダイエットには、デメリットがあることも知っておかなければなりません。まず、器具を用意するための出費があります。それほど高額なものとは言えないかもしれませんが、数千円から一万数千円ほどで購入できるものが一般的です。これを買わないと始まりません。

家の外を歩いたりジョギングしたりするのとは違い、風景が変わらない室内で行うため、飽きがきやすいというデメリットもあります。数日で飽きてしまう人もいるため、長く続けるためにはテレビやお気に入りのDVDを観ながら行うなどの工夫が必要です。自分がなりたい理想の体型の写真などを見えるところに貼るのもおすすめです。

ダイエットを効率的に行うためにはステッパーを正しい負荷で行うことが大切です。ただ一生懸命やればいいというものでもないので、時間や負荷のコントロールが難しいという特徴もあります。負荷調整ができるものをあらかじめチョイスするなど、事前の準備が肝要です。音や振動が出るものも気になるところです。特にマンションの2階以上などでは、階下への配慮が必要です。ステッパーの種類によっては、かなりの振動が伝わるタイプもあります。気にしないといけない住居の人は、ステッパー選びの際から注意を払うべきです。

ステッパーダイエット

ステッパーダイエットを続けていく為に初めから頑張りすぎない事です。努力をすると結果はついてきますが、身体もその分疲れやすくなってしまうので、ステッパーダイエットをする時には毎日継続して続ける事が出来る様に自分でペース作りをする事が大切です。

次に長時間ステッパーダイエットを行うと身体にも負担がかかってしまうので、家事の合間などを利用して、短時間にこまめに分けて行うようにしましょう。短時間なら身体への負担も少ないので、毎日楽しくステッパーダイエットを行う事が可能です。一気に長時間行うと次の日に疲れが出てしまって、継続する事が出来ません。

ステッパーダイエットを長期間行う為にも疲れを持ち越さない様にしましょう。自分に合った方法を見つける事で継続する事ができますので、色々な時間やシチュエーションで試してみると良いでしょう。

テレビを見ながらすると時間を忘れて取り組む事が出来る方や、ある程度の時間をとって集中してする方が向いている方など人それぞれ結果を出せる方法は異なりますので、自分自身がどの様な方法に向いているか試行錯誤してみる事が大切です。時間がかかっても良いので、よく考えて合った方法を行うようにしましょう。