ヒリヒリしない!敏感肌の人に人気の高保湿化粧水まとめ

昨今、不規則な生活習慣、食生活の乱れなどから敏感肌で悩まされている人はとても多くいらっしゃいます。敏感肌になると、外気の冷たさ、乾燥、紫外線などの刺激を受けて肌荒れやニキビなどのトラブルが起こる可能性が高くなります。

また、肌に刺激となる成分が配合されている化粧水でケアすると、さらに肌トラブルが生じやすくなります。したがって、きれいな肌をキープする為には化粧水選びに気を付ける必要があります。

ただ現在、ドラッグストアには数え切れないくらい多くの化粧水が販売されているので、敏感肌の方はどのように自分に合うものを選べば良いのか戸惑ってしまうのではないでしょうか。そこで、ここからは選ぶ時の参考に敏感肌に人気の高保湿化粧水を紹介していきます。

敏感肌は変えられる?どうしてなるの?

男女問わず敏感肌のひとは多いですが、遺伝で敏感肌という人は実は多くありません。食事や間違ったスキンケア方法を継続して行うことが原因となっている場合があります。

そもそも敏感肌は、セラミドや脂肪酸などの細胞間脂質が減ることによって、肌の表面のバリア機能が低下してしまうことが原因です。そのため、昨日まではなんともなく使っていたスキンケア品が急に合わなくなってしまうこともあります。遺伝であれば体質などによりますが、そのほかには加齢なども原因のひとつといわれています。

敏感肌の主な症状は乾燥や赤み・ヒリヒリ感やかゆくなりやすくなることです。ハウスダストや紫外線の刺激でもかゆくなったりすることがありますが、かいてしまうと肌を傷つけてしまいます。傷ついた肌の表面に細菌が入り込んでしまうと、感染したことが原因で新たな肌トラブルを起こしてしまうので注意しましょう。

予防法は肌のターンオーバーを整えて化粧水などでしっかり保湿をすることです。アレルギー体質などの遺伝性のものであれば別ですが、遺伝性でなければ予防をすることによって敏感肌を防ぐことができます。スキンケアのほかにも、普段の食事にビタミンCを取り入れたり、バランスの良い食事にすることで肌は改善されます。

敏感肌の原因

自分が敏感肌だと感じている人は、肌が弱っている原因をしっかりと把握するようにしましょう。敏感肌は化粧水を使っただけで肌にしみたりするのでとても辛いものです。少しでも改善できるように、敏感になってしまう原因から知ってください。あまり生まれつき敏感な人はいないことに注目しましょう。肌を保湿してくれているセラミドが減ってしまうと敏感になってしまいます。

このセラミドは、たくさんの刺激から守ってくれるバリアとしての働きがあります。セラミドがあれば、かゆくなったり、赤くなったりすることを防いでくれます。肌を健康に保つためには、セラミドの働きを清浄にして肌のバリア機能を復活させることが大切なのです。

それでは、どうしてセラミドの機能が落ちて敏感になってしまうのでしょう。理由としては、スキンケアが間違っていることが考えられます。強く肌をこすったり、叩いたりはしていないでしょうか。肌に負担をかけることはなるべく避けるようにしてください。

洗顔時のお湯の温度も重要です。熱すぎないように適温に調節するようにしましょう。さらに、睡眠不足などの生活習慣の乱れも天敵です。ストレスを避け、バランスのいい食事を食べることも重要です。

自分に合ったスキンケア

冬の時期に肌が乾燥をしてしまい、これからの春に向けての時期に綺麗な肌になりたいと考えている方が多いです。しっかりと保湿をしていても、カサカサになってしまったり、潤いがない肌になってしまったことに悩みを抱いている方も少なくありません。現代では、たくさんのスキンケア商品が販売されていることから自分に合ったものを選ぶことが重要になります。

特に敏感肌という女性も多いことから、オーガニック化粧水の人気が高まってきています。自然由来の成分を使用して作られているスキンケア商品が数多くあります。そのことから、肌に優しいと安心して利用できることが支持されている理由です。しかし、すべてのオーガニック商品が敏感肌向きとは限りません。

配合されている成分などをしっかりと確認して、試供品などを通して自分の肌に合っているかどうかを試してみることも大切です。一人ひとりの肌の状況によって合わない成分も出てきてしまいます。慎重に使用することが必要です。

また、使用を続けていて肌に合わないと感じた時には、一時的に使用を中止してみることも重要となります。少しずつ利用を続けてみて、肌の調子を見ながらスキンケアを行うことが第一です。

敏感肌の化粧水選びは低刺激がポイント

敏感肌の化粧水選びでもっとも重要なことは低刺激の化粧水であるということです。低刺激とはどのようなものを指すのかを理解し、ぜひ敏感肌の化粧水選びに役立ててください。まず成分をしっかりとチェックし成分表記にアルコールや香料、着色料などの添加物が表記されているものは避けるのが賢明です。

近年ではアルコールフリーや無添加とパッケージに表記されている化粧水も多く販売されていますので簡単に見つけることができます。しかしいくらこれらの成分が配合されていないからとオーガニックという謳い文句にも要注意です。

天然由来の植物から構成されるオーガニック化粧品はお肌に効果的ではありますが、天然成分のパワーが逆に敏感肌には強すぎるという場合もあるからです。天然成分だからといってすべての成分に刺激がないわけではありません。たくさんの種類のオーガニック成分から作られていてはいざお肌に合わなかったときに、どの成分にお肌が反応しているのか見極めるのは困難です。

できるだけシンプルな成分で構成されている化粧水がおすすめです。セラミド成分やヒアルロン酸成分、アミノ酸成分やコラーゲンの成分など保湿力に優れた成分が配合されているかどうかも大きなチェックポイントです。高い保湿力がバリア機能の回復に役立ちます。

敏感肌の化粧水はセラミド配合がおすすめ

敏感肌の化粧水をどれにしようか迷っている場合は、「高保湿成分」が使われていることを確認して選ぶ必要があります。敏感肌の人は乾燥肌も隠れていることが多く、スキンケアで保湿を十分に行うことで肌の調子が良くなってくることもあるからです。

また、肌バリアが弱まっているために肌が敏感になっているのですが、肌バリアが弱まるのは角質層の乾燥が原因の一つでもあります。角質層にたっぷりと水分を届けることで肌バリアの本来の力が戻り、敏感肌が改善される可能性は大いにあります。高保湿成分として注目されているのがセラミドです。セラミドは元々角質層に存在する成分です。

健康的な肌の角質層には細胞間脂質とよばれる角質層の隙間を埋めている成分があり、この細胞間脂質が肌の水分量を左右すると言っても過言ではありません。その細胞間脂質の約半分を占めているのがセラミドで、化粧水で補うことで肌の保水力を高め、敏感肌を改善に導くことができるというわけです。

セラミドにはいくつか種類があるのですが、おすすめはヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは最も肌への馴染みが良く、肌に優しいと言われています。敏感肌の化粧水の高保湿成分として一番のおすすめであり、使用した方が良い成分だと思います。

買いやすい価格のものを選ぶのも大切

敏感肌の人が化粧水を選ぶ時に気をつけたいポイントとして、使い続けられる価格のものを選んだ方が良いということが挙げられます。

それは、敏感肌だと有名な化粧品メーカーが発売している敏感肌用の高機能な化粧水を選んでしまいがちですが、そういう商品は値段が高いことがあるので、人によっては買い続けることが大変になってしまい、ずっと使うことが難しくなってしまう場合があるからです。

いくら良い成分がたくさん入っている化粧品でも、何カ月間か使い続けないと肌の改善効果は実感できないでしょうから、初めから買いやすい価格のものを選んでおく方がおすすめです。また、価格が高い敏感肌用の化粧水を選んでしまうと、つい1回ごとの使用量を少なくして長くもたせようとしてしまうこともあるでしょう。

そのような心理になってしまうと、肌を化粧水できちんと潤してあげることが難しくなってしまうため、充分なスキンケアを毎日続けるためには自分が無理をせずに買える価格帯のものを選び、毎回ある程度の量を肌に塗ってケアをすることがおすすめと言えます。

近年では敏感肌用の化粧水は色々なメーカーから出ているので、比較的安価で良い成分が配合されているものも見つかることでしょう。使い続けることが楽な価格帯の化粧品で、地道にケアを続けるのが大切です。

うるおいが長時間持続する

朝たっぷりと化粧水で保湿をしたのに昼過ぎになると肌がカサカサになっている、そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。この製品は保湿成分としてセラミド類似成分やヒアルロン酸などを配合しており、うるおいが長続きするよう作られています。乾燥して敏感な状態になったお肌は、外的刺激によるダメージを受けやすくなりキメも乱れがちです。

乾燥によってバリア機能が低下したお肌を守るためには、肌細胞の隙間をしっかりと埋めてつなぎ合わせる保湿成分を補ってあげることが大切です。水分をしっかりと内側に保ち続けているお肌は、細胞同士がしっかりと繋ぎ合い外的刺激から自分自身を守ることができます。

この製品に配合されているセラミド類似成分は角質層に浸透しやすいよう、超微細なナノカプセル化されています。肌にのせた瞬間から肌の一部になる、その浸透力の高さが魅力です。高保湿が特徴の化粧水ですが、テクスチャがさらりとしておりベタつきにくいという特徴も持っています。

肌に負担が少ない快適な使用感ですから、ベタつきによって刺激を感じやすい人にも最適です。長時間保湿してくれますので、敏感がちなお肌にも使いやすい製品だといえるでしょう。

原液と水のみのシンプルな化粧水

原液保湿水は、その名の通り5種類の厳選された成分の原液を独自の潤い比率で調合した化粧水です。使用されている成分は、ヒアルロン酸・セラミド・ローヤルゼリー・コラーゲン・はちみつで、いずれも高い保湿力を持つことで有名です。特にセラミドは肌の水分を保つために欠かせない成分であり、不足するとバリア機能が低下して肌がダメージを受けやすくなります。

しかし原液保湿水にはこのセラミドも原液でしっかりと配合されているため、肌の奥深くまで浸透し内側から肌のコンディションを良好に整えます。以上のような成分の原液と弱酸性の水のみというシンプルな成分で作られており、余分な成分を含まないことからまっすぐ肌に届きます。

もちろん、石油系界面活性剤・パラベン・鉱物油・着色料・アルコールを一切使用していないため敏感肌の人でも安心して使うことができるでしょう。テキスチャーはとろみがありながらもべたつかず、肌によく浸透するため使用感の良さが実感できます。

使い方も簡単で、洗顔後の肌に適量を馴染ませていき、ハンドプレスで優しく浸透させていきます。その後は通常のスキンケアで問題ありません。乾燥が気になる部分は重ね塗りをすることで更に保湿効果が実感できます。

敏感肌の人が使用すべき化粧水

敏感肌の人はちょっとした刺激でも肌が反応してしまうので、出来るだけ刺激を与えない様に注意しなければなりません。しかも肌をきちんとお手入れしないと、トラブルを起こしてしまう事も多いので非常に厄介です。特に化粧水選びは慎重に行わないと、肌トラブルを起こしてしまうので注意すべきです。

というのも敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下した事で外部から刺激を受けやすくなってしまっている状態だったりします。化粧水はそんなバリア機能を取り戻すために、高保湿成分が配合されつつ低刺激の物をきちんと選ぶべきです。

刺激の強い商品を選んでしまうと、肌がよりダメージを負ってしまう事になるので注意しなければなりません。敏感肌の人は化粧水選びを慎重に行わないと、肌トラブルの悪化を招いてしまいます。そんな風に敏感肌の人が安心して利用出来る化粧水の1つとしておすすめなのが、アヤナスローションコンセントレート(ディセンシア)です。

アヤナスローションコンセントレート(ディセンシア)には、通常のセラミドよりも浸透力の高いヒト型ナノセラミドが配合されており肌にしっかりと潤いを与えてくれます。しかもアルコールや合成香料不使用なので肌にも優しく、敏感肌の人も安心して使用出来る化粧水です。

敏感肌の方の化粧水選びのポイント

敏感肌の方の場合は特に化粧水選びが重要となります。しかし、一般的に敏感肌の方にうってつけとされる化粧水であってもそれぞれに合うかどうかが異なるため、ある程度試してみることも必要となります。

もちろん、目立つところに試すとなるとリスクが発生してしまうので、腕の内側やあごの裏側といった部分に少し試すという方法が用いられることもあるそうです。化粧水を試す際にコットンでのパッティングを行うとそれが刺激になってしまう可能性もあります。そのため、手で付けてみるのがおすすめです。

化粧水には詳しい成分表示がなされています。これをよく見れば刺激成分が含まれているかどうかを判断することも可能です。例えばパラベンやエタノールは刺激成分とされており、敏感肌の方の場合は肌トラブル繋がってしまう恐れもあります。

もちろん、一口に敏感肌と言ってもその人ごとに状況は異なるため、どの刺激成分が実際の肌トラブルに繋がってしまうかの判断は難しくなります。しかし、過去に化粧水で肌トラブルを引き起こしたことがあるという方はその商品に含まれていた刺激成分を見つけることで肌トラブルを防ぐことに役立ちます。

もし、自分が肌トラブルを誘発する刺激成分が分からない場合は刺激成分がそもそも含まれていないものを選ぶという方法もあります。

ナノカプセル化したセラミドを配合

季節の変わり目に肌荒れが出てしまう、乾燥しがちで粉を吹いてしまうなどデリケートなお肌に悩んでいる人のために作られた保湿化粧水です。

この製品のポイントはうるおい成分であるセラミドを、ナノカプセル化して配合している点にあります。通常のセラミドは角質層の表面にとどまってしまいますが、ナノカプセル化したセラミドは浸透力が高まり角質層の奥深くまで染み込んでくれるのです。うるおい不足になっている角質層の内側までセラミドを浸透させることによって、効率的に保湿を行なうことができます。

またこの製品には、敏感肌に不足しがちとなっているアミノ酸も配合されています。敏感なお肌が必要としている5種類のアミノ酸が、角質細胞をふっくらと満たしてくれるのです。敏感肌向けに特化している製品ですから、アレルギーテストだけでなく医師立会によるモニターテストも行っています。

またアルコールや香料、紫外線吸収剤といったお肌に刺激を与えかねない成分は含まれていません。安全性が確認できたものだけを自社工場で製造し、衛生管理にも徹底的な対策を行っています。ダメージを受けやすい敏感なお肌を優しくケアしたい、そんな方にぴったりな保湿化粧水だといえるでしょう。

乾燥肌にオススメでスプレー式なので手軽です

敏感肌の人は化粧水を使うとヒリヒリするので困りますが、オススメの商品にアルージェのモイスチャーミストローションIIという商品があるのをご存知でしょうか。界面活性剤やパラベンを含んでいない低刺激にこだわった化粧水で、肌馴染みが良くナノ粒子なので潤いがい長時間持続します。

肌をすこやかに整える敏感肌用の高保湿化粧水で、ミストタイプなので肌に負担がなくメイクの上からでも気軽に使用することが可能です。刺激を感じやすい肌でも大丈夫で、風呂上りにつけると保湿されているのが実感できますよ。肌に心地良く浸透しながら肌が潤い、保湿力が高く翌朝の肌もしっとりするので乾燥肌の人でも安心して使える化粧水です。

高保湿化粧水はしっとりするけどべたつく商品が多いのですが、モイスチャーミストローションIIなら大丈夫です。べたつかないのにしっとりとしていて、スプレー式なので使い勝手が良く気軽に使用することができます。

ミストなのでお風呂上がりに手を汚さずに使うことができ、乾燥か気になる時でも素早く保湿できるので持っておくと便利なアイテムです。セラミド入りなので保湿に関しては優秀で、冬になると肌が乾燥しますが朝家を出る前に馴染ませるだけで夜まで潤いが持続しますよ。

化粧水は優しく浸透させること

敏感肌の人は肌の水分量が失われやすくなっているため、肌を清潔にしてからできるだけ早い段階で化粧水を使うことがポイントになります。まず手のひらに500円玉硬貨程の大きさに化粧水を出します。手のひらが冷えていると肌に水分を浸透させるのに時間が掛かってしまいますので、冷えている時は手のひらをこすり合わせて温めておきます。

次に化粧水を肌にしみこませていくのですが、この時肌をこすって塗りつけるのではなく手のひらで押さえるようにして浸透させていきます。この時強めに肌を叩いてしまうとそれが刺激になってしまいますので、顔全体を手のひらでやさしく押さえるようにして水分がしっかり浸み込んだら次の工程へと移っていきます。

コットンを使用する時も手のひらと同じように肌をやさしく押さえるようにし、水分をたっぷり含ませて使うようにしましょう。また時間をかけると水分が蒸発していってしまうので、素早く行うように気をつけす。

敏感肌の人は肌の水分量が低下しやすくなっているため、できるだけ化粧水で十分に補充してあげることが大切です。化粧水をつけている段階で手のひらに肌が吸い付いてくる状態が十分に水分が足りているサインになりますので、この状態になるまで重ね付けしていきましょう。

化粧水をつける時の注意点

敏感肌で悩んでいる方が化粧水をつける際には、注意したいポイントがいくつかあります。食品には賞味期限や消費期限が設けられていますが、化粧品の場合も使用できる期限が決められています。安全に使うには開封前は3年、開封後は1年以内に使い切るのがおすすめです。

1度、開封した化粧水はできるだけ早くに、使い切った方が良いでしょう。また日光を避けて常温で保存するというのも、注意したいポイントと言われています。使用期限を守らなかったり、保存状況が悪い化粧水は品質が悪くなっていたり、雑菌が繁殖している危険性があります。

肌が敏感になっている時に、雑菌だらけの化粧水でスキンケアをしてしまうと、肌にとっては大きな負担となるでしょう。特に敏感肌用のものは、肌への刺激をなるべく抑えるために防腐剤を配合していない商品も多いようです。防腐剤が無配合の商品は使用期限が短く、品質管理も難しくなるため早く使い切る事をおすすめします。

新しい化粧品を使うとヒリヒリとした刺激を感じるというタイプの方は、顔に使用する前にパッチテストを行いましょう。事前にパッチテストを行っておけば、肌に合うかどうかを確認できます。化粧水はコットンでつけるというイメージがありますが、コットンでのパッティングは肌を擦りダメージとなるので、敏感肌の方はハンドプレスで浸透させるのも覚えておきたいポイントです。

敏感肌の原因を把握

年齢を重ねてから昔に比べて肌が乾燥しやすくなったと感じる方は多くなっています。これは年齢と共に肌のターンオーバーが正常に行われていないことで、肌の角質層が蓄積してスキンケアで保湿が十分に行われずに、肌の表面が乾燥している可能性が高いです。

古い角質が蓄積すると肌の潤いが十分に浸透しにくくなるだけではなく、透明感がなくなることでくすみやゴワつきが目立つ肌質になるので、メイクを行う際にもきれいな仕上がりにならないデメリットがあります。そこで敏感肌を改善するためには、保湿に特化したスキンケアを行い肌のコンディションを整えることが重要になります。

洗顔をする際には古い角質を綺麗に落とすことができる酵素洗顔を利用したり、ウォーターピーリングが行える美顔器を活用すれば、エステサロンや美容クリニックに通わなくても自宅でしっかりスキンケアを行うことが出来ます。

保湿ケアを行う際には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿効果の高い成分が配合されている化粧水や乳液、保湿クリームを活用することで効果的に潤いを与えることが出来ます。継続的なスキンケアで肌質が整ってくると、透明感とハリのある美しい素肌になり刺激にも強い健康な状態になります。