運動と合わせて効果アップ!プロテインダイエットで体を引き締めよう

美しく引き締まったボディラインを作るためにはプロテインダイエットを行うと、筋肉がついて脂肪が少ない理想的な状態にすることができます。摂取量やタイミングなど知識を身につけると、健康的に痩せることが可能です。

プロテインダイエットって何?

体が痩せるために欠かせないのは余分な脂肪をなくすことで、そのためには体を動かすことが必要です。でも運動を取り入れたり食事の量を減らしても、思うような体重の変化が見られない場合があります。それは筋肉が衰えていて、基礎代謝の効率も悪くなっている可能性が高いです。

筋肉は動かすと熱を生み出しますが、これは食事から得たエネルギーや体に溜まっている脂肪がエネルギーに変わることで消費され生み出されています。痩せるためには筋肉量を増やすことが大切で、そのサポートをしてくれるのがプロテインです。

飲み続けることで筋肉量を増やし、燃焼させやすい体を作ってダイエットにつなげることがプロテインダイエットの基本の形になります。

プロテインを飲むだけで痩せるわけではない?

ダイエット商品は飲むだけでよいと宣伝されているものが多くあり、サプリメントなどで試したことがある人もいるでしょう。しかし、プロテインは飲むだけでやせることはできません。プロテインはたんぱく質で、やせさせる効果が期待できる成分ではないためです。

ただ飲んだだけでは、かえって太ってしまう可能性もああって、たんぱく質は消費されないと脂肪細胞を太らせてしまうことがあります。たんぱく質を体内に取り組むことで、きちんと筋肉を作るために役立てなければダイエットにはつながりません。

飲むだけで簡単な方法で痩せたい人は、選び方と取り組み方に工夫する必要があります。プロテインの性質をよく理解して、間違った方法をとらないようにしましょう。

プロテインダイエットに期待できる効果

痩せるために不健康な体になってしまう人が割と多くいますが、プロテインダイエットで期待できるのは、健康的に体を絞り、理想の体型に近づけることが期待できます。

食事制限は栄養が極端に少なくなる可能性があって、脂肪が減るだけではなく、筋肉や骨の成分まで失われてしまうことがあります。体が弱って風を引きやすくなったり、体力が落ちてすぐに疲れる、骨折しやすくなるなどして、見た目もこけて老けたようなやせ型になってしまったのでは意味がありません。

筋肉をつけて痩せる方法をとるプロテインダイエットであれば、正しい方法を覚えることで不健康に見えることなく、健康的に無駄な脂肪を減らしていくことができますから、見た目の印象もよいまま続けていくことができます。

プロテインを取り入れるメリット

食事からたんぱく質を取り込もうとすると、効率が悪い部分もあって、なかなか吸収されなかったり、余分な脂肪分まで取り入れるようになってしまい、太ったりドロドロ血などの心配も出てきてしまいます。プロテインであれば、1日に必要となるたんぱく質を簡単に摂取することができるため、効率的です。

良質なたんぱく質が体に入ると筋肉が作られやすくなるだけでなく、肌や髪、爪などにも良い影響を与えますし、免疫力の強化も期待できます。体のあらゆる細胞を作るためにはたんぱく質が欠かせない存在で、プロテインで摂取することでたんぱく質不足が解消されます。

ダイエットで食事制限をすると細胞から衰えてしまいがちですが、プロテインでは活性化させることができるところもメリットです。

プロテインダイエットのやり方

一つの方法だけではなくいくつかやり方があって、自分の体の状態などを考慮して選ぶ必要があります。筋肉を増やして体を絞ることが目的であれば、運動に合わせてプロテインを飲むようにすべきですが、普段暴飲暴食が多かったり1回の食事量が常に多い人は、食事の量を少しセーブさせるのが適したやり方です。

1食分をプロテインに置き換えるようにすると、総摂取カロリーを抑えることにつながり、食事の前の空腹時にプロテインを飲むようにすれば、すぐに満腹感を得られて食事の量を少なくさせることができます。あくまでも筋肉を作るためのたんぱく質摂取であるため、食事を置き換えたり食事の前に飲むようにしている人でも運動を行わなければ、たんぱく質が使われず太ってしまう可能性があります。

プロテインダイエットの効果を上げるためのコツ

プロテインは動物性と植物性とがあって、多少性質が違います。牛乳からつくられているホエイプロテインは筋肉をすぐにつけたい人に向いていて、体に吸収されるのも早い傾向があります。

運動する前に飲むと運動中に筋肉が失われるのを防ぎますし、運動してから飲めば筋肉の修復に役立ち筋肉量を増やすこと役立たせることが可能です。カゼインプロテインも牛乳から作られていますが、体への吸収がゆっくりで、修復させたいときに向いています。

大豆から作られているソイプロテインは、脂肪に対するアプローチが期待できるプロテインです。血中コレステロールや中性脂肪に対して、大豆成分が働きかけてくれます。

効果を高めるためには、目的に合ったプロテインを選んで飲むようにし、プロテインの性質に適した運動を取り入れ筋肉にアプローチを行っていくことが大切です。

プロテインを摂取するベストタイミングとは

筋肉のことだけを考えるなら、プロテインを摂取するベストタイミングは運動を始める前や運動をした後ですが、高たんぱく低カロリーのプロテインで食事量のコントロールをしたいなら、朝食や昼食の前に飲んだり置き換えるのが理想的です。

夕食前に飲んだり、夕食をプロテインに置き換える方法も、筋肉や体の疲労を回復させるためには適していますが、動物性プロテインを飲んでしまうと逆に太る可能性もあるため、植物性プロテインで行ったほうが安心です。

食事の前にプロテインを飲むときは、栄養やカロリーが過剰にならないよう、計算して食事のメニューを組み立てたり、不足分をプロテインで補うようなやり方にすると、脂肪になってしまうのを防ぐことができます。

プロテインダイエットは合わせて運動もするべき?

仕事の強度が強かったり、通勤通学の際に歩くなどしていると、特別プロテインダイエット中でも運動を取り入れなくても筋肉が増やせるような気持ちがしてしまいますが、筋肉を効率的に増やすためには、意識をすることが大切になります。腕や足、腹筋などどの部分の筋肉を増やすか意識しながら、実際に動かしていることを実感しつつ運動することが重要です。

テレビなどで、筋肉に話しかけたりほめたりしているシーンがあって、ギャグのように使われていますがあの方法がとても有効性があります。

このため、日ごろから体を動かしている人でも、改めて筋トレの時間を設け、筋肉を意識しながら運動を行うようにしましょう。人がいるところで筋肉に話しかけることが恥ずかしい場合は、手で触って鍛えている筋肉を意識するようにすれば大丈夫です。

ダイエット目的で選ぶプロテインはどれ?

とにかく筋トレと一緒に、プロテインを飲むことを続けなければダイエットにつながりません。味がついて飲みやすくなっていますが、それと同時に目的に合わせて動物性か植物性かも選びましょう。

プロテインはたんぱく質だけでなく、ほかの成分もプラスされているものがあります。炭水化物やアミノ酸、ミネラルやビタミン、コラーゲンなど様々です。筋肉の増量を相乗的に高めてくれる成分がプラスされていることが多いですが、女性向けのものは美肌を意識したものもあります。成分がプラスになっているほどカロリーも増えてくるので、普段の食事に合わせる場合はコントロールが必要になります。

つい食べ過ぎてしまう人は満腹感が持続しやすいソイプロテインが、とにかく筋肉を鍛えて引き締めたいならホエイプロテインを選ぶようにしましょう。

プロテインダイエットで気をつけたいこと

現在の身長や体重によって、1日に必要になるたんぱく質の量には違いがあります。人と同じ量を摂取するのではなく、体に合った分量を取り入れるようにしましょう。

体調が弱っている人や、腎臓の数値が悪化していたり腎臓疾患になっている人は、プロテインを取り入れてしまうと負担が高くなってしまいます。さらに運動を無理に取り入れてしまうと、なかなか回復しなくなってしまいますから、医師と相談を行い取り入れても大丈夫か確認しましょう。取り入れすぎると、吐き気などの体調不良となって表れることがあります。

筋トレは、毎日すればいいというものではなく、傷ついた筋肉を回復させる期間も必要です。プロテインダイエット中だからと無理することがないように続けましょう。