ホエイプロテインについて

ホエイプロテインは、チーズ作りの際に余った部分から作られるもので、牛乳に含まれている脂肪やカゼインと言った物質が取り除かれた状態となります。

この為、高タンパクで低脂肪の他、知っておきたい作用や働きが豊富で、上手に取り入れればメリットが多い存在です。

メリットとデメリットを把握する

まず、ホエイプロテインの特徴としては、高タンパクで消化されるのもスムーズ、且つ、ミネラルなども多く含むので、筋肉の肥大に効果が期待できます。ウェイトトレーニングを始め、アスリートの筋肉を支えるサポート役として、スポーツ界では幅広く利用されているものです。

運動面でのメリットの他に、健康面へも寄与しており、置き換えダイエットに利用されたり、食事制限中の方にも利用価値は高いです。糖分を控え、高タンパクな食事が望ましい病気の際にも、利用価値は高いはずです。

デメリットとしては、体質に合わず、胃腸の調子が崩れたり、牛乳にアレルギーを持っている場合は、やはり、アレルギー症状が出る可能性があります。また、優れた機能を持つとは言え、これ一つで食事バランスは取れないので、上手く取り入れていくということが大切です。

こんな方にはぜひオススメ

ホエイプロテインは血中のアミノ酸濃度を短時間で高めることが出来ます。また、ピークレベルが高いので筋肉増強を目指す場合には、おすすめ出来ます。

最後の追い込みの前に補給したりなど、ピークに合わせて血中アミノ酸濃度をコントロールしやすいので、タイミングを見計らってトレーニングに取り入れていくことが可能です。

さらに、アミノ酸バランスの良いタンパク源になるので、ウェイトトレーニングのような筋肥大を目指さないタイプのスポーツでも取り入れたい製品となります。ダイエットにも適正が高く、低カロリーで脂肪を落としやすく、筋肉を維持しやすくなりますからリバウンドしにくいダイエットを目指す方にも有用でしょう。

WPC製法とは一体何か

WPC製法は乳清を濃縮してプロテインを作っていく方法の一種で、タンパク質の含有量を高めながら、カルシウムやペプチドなどの筋骨格の育成に役立つ栄養素を豊富に残せるのが特徴です。コスト面でもメリットが有り、トレーニングが初めてという場合やプロテインにチャレンジしてみたいという場合には、まず、ここから入門するのも悪くはありません。

より高級な製造方法によるものに比べ、BCAAでは若干劣るものも多いですが、そこまで本格的な取り組みではない場合は勿論、体を休める日の栄養補給などでも利用できるでしょう。BCAAは別にサプリで補給するという考え方もできますし、このBCAAの含有率を高めてあるWPCもあるのでこれを探してみるのも良いでしょう。

ホエイプロテインの主成分は何か?

ホエイプロテインの主成分は、その名の通り乳清タンパク質という事になります。チーズ作りでは牛乳を分離し、チーズになる方がカゼインというタンパク質、残った方が乳清の方には、乳清タンパク質が豊富に含まれています。

通常の肉や卵にもタンパク質が含まれていますが、乳清タンパク質はアミノ酸スコアが極めて高いという優秀なタンパク源になります。元々牛乳自体が優れた栄養食品なのですが、そこからさらに、筋肉やダイエットに向かない成分を削り落としたわけです。

勿論、カルシウムなど、健康に嬉しい栄養素が残る製品も選べますし、乳糖すら除去しているものもあるので、牛乳を飲むと胃腸の調子が崩れるという乳糖アレルギーの方でも、摂取しやすいのも特徴です。

吸収スピードの速さが魅力

ホエイプロテインの吸収スピードの速さは、同じプロテインの中でも注目に値する長所です。これは、血中アミノ酸濃度を短時間で上げられるというわけですから、トレーニングの最中や、終わった後に、スムーズに筋肉に栄養を行き渡らせるには好都合と考えられます。

アミノ酸濃度を長く維持できる他のプロテインはトレーニング前に摂取して、筋肉を守り、運動中、運動後の栄養補給にはホエイプロテインというような計画をたてるのも良いでしょう。

ダイエットでは食事制限で力が出しにくいこともしばしばありますが、ホエイプロテインにはアミノ酸系が豊富にバランスよく含まれているので、活動エネルギーを持続する為にも利用できます。有酸素運動にも向いているので、バテてきた時の栄養補給に利用するということも可能です。

ホエイプロテインは吸収した方が良い?

せっかく摂るものですから、摂った分はキチンと吸収したいものです。ホエイプロテインは吸収率も大豆由来などに比べると高く、また、吸収スピードも速いので、筋トレ後のゴールデンタイムに間に合わせたい場合などでは、吸収性に優れたホエイプロテインを選んでくのも選択肢となります。

この為、ホエイプロテインの吸収性の高さを活かして行くということで、大豆由来などでは実現できないような、栄養補給の方法を行うことも可能になるでしょう。ホエイプロテインをより吸収しやすくするためには、ビタミンB類やパントテン酸の摂取がおすすめです。

これらはタンパク質の代謝をサポートする成分なので、組み合わせていくことで、より、吸収しやすい環境を整えられます。

BCAAが多く含まれることが魅力

バリンとロイシン、そしてイソロイシンの3つを併せてBCAAと呼びますが、これらのアミノ酸は筋肉を作るのにも守るのにも役立つだけではなく、エネルギー源となったり、疲れやダメージを軽減させる働きもあります。

ホエイプロテインには、これらのBCAAが豊富に含まれている点も特徴で、筋トレには勿論、有酸素系スポーツの練習や本番にも、良く取り入れられているものです。ホエイプロテインはBCAAが豊富ですし、吸収力もあるので、体内のBCAAが使い果たされる前に、外部から補給していく事が可能です。

WPCにもしっかりと含まれていますから、このBCAAをリーズナブルに摂取したい場合には、ホエイプロテインは適正があると言えるでしょう。

ホエイプロテインの基礎知識を知る

ホエイプロテインは人体に欠かせない栄養素と、高いタンパク質含有量を特徴としています。運動の質を高めること、筋肉増強に役立てられることの他に、ダイエットにも適しており、また、体を丈夫にする働きも指摘されています。

製法としては、濾過をしながら濃縮していくWPCと、イオン交換で高純度に仕上げるWPIが有名で、他にもWPHなどの製法があり、それぞれに特徴があるので、目的に適したタイプを選ぶことが大切です。

パウダー式でも、ソイプロテインよりも溶けやすく、この為、利用しやすさという点でも優秀です。色々なプロテインがありますが、全体的にバランスが良く、入手しやすいという特徴もあり、ビギナーからアスリートまで親しまれているプロテインとなります。

筋肉を大きくするために

筋肉を大きくすためには、適度な負荷と、そして、負荷をかけた筋肉をしっかり休めることで成長を促すことが欠かせません。

しっかりと適切に負荷をかけた筋肉は、限界まで疲弊しきった状態になりますが、ここでしっかりと栄養を与え、休息させることで筋肉細胞の増加が促進され、筋肉を大きくすることが可能です。そして、その栄養を与えるタイミングは、筋トレが終わってからしばらく立った後のゴールデンタイムがセオリーとなります。

ここで、質の良いタンパク質をしっかりと補給することが大切とされますが、普通の食事では吸収に時間がかかります。ここで、短時間で栄養を行き渡らせることが可能なホエイプロテインの出番となり、多くの方に愛用されているわけです。

体の組織の材料にもなる

ホエイプロテインの特徴としては、タンパク質以外の栄養素も含まれており、体の色々な組織の材料として機能することも、特徴として挙げられるでしょう。

上手に食事中バランスを取っていくと、カルシウム補給やアミノ酸スコアの改善にも繋がるので、健やかな体づくりや、骨の強化などにも利用することは可能です。体組成に関わるアミノ酸が豊富ですから、筋肉だけではなく、しっかりとした体を作っていく上でも利用価値は低くはないでしょう。

ただし、何事もバランスが大切です。タンパク質を代謝させたり、体の組織として利用していくには、他のビタミンやミネラルなどの栄養素の兼ね合いも欠かせません。キチンと食生活を整えた上で、無理のない方法で取り入れていきたいものです。