ポッコリお腹が気になる人に試してほしい!腹回りのダイエットに有効な食事方法やレシピ

ポッコリお腹を気にしている方も多くいるでしょう。そこで腹回りのダイエットを実践したいと考えているものの、仕事で忙しく運動の時間を確保することが難しい方もいます。そのような場合には、運動ではなく食事面からアプローチするのも1つの手です。

腹回りのダイエットには、有効な食事方法が存在しています。適した食事方法を把握し、効率的に痩せられるようにしましょう。またダイエットに合ったレシピもいくつかあるため、何に気をつけて食事を作ればいいのか確認することも大切です。

食事方法は、1人1人のライフスタイルによって実践しにくい方法もあります。そのためダイエットについて考えるときには、自分の生活に取り入れやすいか確認することも忘れてはいけません。

お腹回りのダイエットを邪魔する習慣

お腹回りのダイエットの敵となる習慣はいくつもあります。寝る前に食べるというのもその一つで、就寝前に食べてしまうとそのカロリーはそのまま脂肪になりやすいです。また、女性に多い便秘もお腹回りがポッコリする原因となります。

便秘は直接お腹回りをポッコリさせるだけでなく、腸内環境が良い状態ではなくなるので代謝にも影響し、太りやすい体質になってしまいます。また、基礎代謝に影響してしまう体の冷えにも要注意です。お腹の冷えはセルライトを育ててしまいます。

ダイエットのためだと思って食事を抜くのもいけません。食べていないので摂取カロリーを抑えることができることは確かですが、体は維持するための栄養やカロリーを欲しがっています。次に食べた時についどか食いをしてリバウンドの原因になったり、食べたカロリーが脂肪になりやすくなります。

と言っても、カロリーを無視して食べた方が良いというわけではありません。口さみしくて間食が多くなっている人は、ダイエット時はほどほどにするべきです。間食のし過ぎによってお腹回りはすぐに太くなります。

意外とお腹回りの脂肪の原因となるのが、睡眠不足です。睡眠不足は食欲増進ホルモンの分泌が増えて空腹感が増すと言われています。また、血糖値を急激に上げるのも脂肪がつきやすくなる原因になります。

手足は細いのにお腹が目立つ2つの理由

ウエスト周りがぽっこりとするのは、なにも太った人だけの悩みではありません。手足やフェイスラインは細いのに、お腹だけ出ているという悩みは日本人女性に多いと言われています。このぽっこりお腹には、れっきとした理由があるので、それを把握することで正しいダイエットが可能です。

私達の体につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の二種類があります。このうち、ぽっこりお腹の多くが内臓脂肪と言われています。この内臓脂肪は体の内側である内臓周辺につく脂肪で、増えすぎるとコレステロールや血液中の中性脂肪の増加に繋がるので注意が必要です。

内臓脂肪の特徴の1つに、エネルギーとして体に蓄えやすいことがあげられます。ここ最近、食べ過ぎて太ってしまったという場合は、その多くが内臓脂肪だと言えます。そのため、手足が細くて痩せてる人も、内臓脂肪が多いぽっちゃりお腹になる可能性があります。

さらに、ウエスト周りが目立つことの要因に、筋肉の衰えがあげられます。お腹には腹筋と言う大きな筋肉がありますが、脂肪は筋肉が緩んだ部分に溜まりやすいという特徴があります。

スポーツなどで体を動かしていた人が、運動不足などにより筋肉が衰えると、その隙間に脂肪がつくことがあります。

お腹の脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪からできている

腹回りの脂肪というのは、内臓脂肪と皮下脂肪からできています。内臓脂肪は体の内側についているため見た目に分かり辛く、痩せているように見えてもしっかり脂肪がついている可能性があります。厄介なことに生活習慣病との関係も深いため、気にならないからと放置することはできません。

病気のリスクを下げるためには内臓脂肪を意識して落とすことも大切です。皮下脂肪は、皮膚の下についている脂肪で内臓脂肪以外の体脂肪を差します。お腹をつまむと掴めるお肉が内臓脂肪です。見た目に影響を与えますが体内の臓器を守るためについていますので、必ずしも悪いものではありません。

内臓脂肪は女性より男性に多くつきますが、つきやすい分エネルギーとして消費もされやすいため比較的落としやすい脂肪です。皮下脂肪は男性より女性に多くつきやすく、時間をかけて蓄積していきますが一旦ついてしまうと落とすのが大変な脂肪です。

摂り過ぎた油分や糖分が脂肪になってしまいますので、どちらの腹回りの脂肪を落とすにも食事のバランスを考えることは欠かせません。

加齢と共に腹周りに脂肪が蓄積しやすいのは代謝が低下してしまうからです。皮下脂肪は時間をかけて落とす必要がありますので、運動をして基礎代謝を上げて燃焼しやすくすることも大切です。

お腹回りのダイエットで意識するべき食事法

お腹回りの脂肪を落とすために意識するべき食事法は、まずお腹を冷やさないことです。お腹を冷やすことで周囲に集まっている内臓を冷やすことに繋がり、結果的に血流を悪くし代謝が低下してしまします。

冷たい食べ物や飲み物を摂取しすぎてしまうと、お腹周りを冷やしてしまい脂肪が増えやすくなります。なるべく、水は常温で飲むことや年中温かい食べ物を食べること、生姜など体温を上昇させてくれるような食材をたべるようにしましょう。

そして、もう一つ意識するべきことは、糖質(炭水化物)を抑えめにし、代わりにタンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養を中心にした食事を取ることです。脂質が低い肉や魚、キノコ類や海藻、納豆やモロヘイヤ、酵素が含まれた食品、ブロッコリーやトマト、キャベツなどの野菜を組み合わせた食事を取るようにしましょう。

最後に、意識するべき点は、血糖値を安定させる為にあえて間食をすることです。ダイエットをすると、つい糖質を抑えすぎてしまい低血糖になる危険があります。糖質は人間の生命活動に必要な大事なものですので、カロリーを考えながら摂取しましょう。

アーモンドや、バナナやリンゴなどの果物、無脂肪のヨーグルトなどの食材が適しています。

糖質・脂質を減らした食事をとるべき

お腹周りの贅肉は、もともと取りすぎた糖質や脂肪が原因となっています。そのため、余分な贅肉を蓄えないようにダイエットしたいならば、食事は糖質・脂質を減らした食事をとるべきです。余分な糖質・脂質が体に入ることを減らすことができれば、そもそも贅肉にはなりにくくなるでしょう。

もちろん、だからといってまったくそれらを取らないことは妥当ではありません。人間が健康体で生きていくうえではどれもある程度は必要になるからです。したがって、制限するといってもゼロにするのではなく、必要以上に取りすぎないことを意識したほうが良いでしょう。

炭水化物は糖質です。ご飯やパンなど、主食として食べるので取りすぎてしまいがちです。制限をするとするなら、ごはんなら一杯分の量を減らすようにするなど、取りすぎないように意識的に考えておく必要があります。

脂質は、食用油やバター、肉の脂身などに含まれます。調味料なら取りすぎないように揚げ物を控えたり、肉も脂身は避けて赤身にするといった配慮を考えておくと良いでしょう。

そして、糖質・脂質を減らした食事では満腹感を感じられない場合は、タンパク質をとるように心がけると良いです。現代人はたんぱく質が足りないといわれていますし、体を構成する重要な栄養素です。

お腹周りのダイエットでは摂取カロリーの意識を

一日の摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことがダイエットにおいては効果的です。消費カロリーを増やすためには代謝のアップや運動が不可欠ですが、摂取カロリーを減らすためには食事方法の見直しが必要です。

急激に体重を落としてしまうとリバウンドをしやすく、ダイエットそのものが持続しないことがあります。

長期的に無理のない方法でリバウンドしにくい体質に変化させていくことが大切です。朝・昼・夜の1食をカロリーの低いスムージーや栄養バランスのとれたサプリメントなどを活用して置き換えると効果があります。

無理なダイエットは、体への負担が大きくストレスもたまりますが、スムージーなどの置き換えのダイエットは必要な栄養も摂れ、お腹も満たされるので長期間でも行いやすい方法です。完全に1食を置き換えることが難しいと感じるならば、食事の前にスムージーでお腹を満たし、1回の食事の量を減らしても良いかもしれません。

自分のライフスタイルに合わせて少しずつ体を慣らし、摂取カロリーを減らしていく方法でもよいでしょう。短期的にダイエットを行いお腹回りをすっきりさせたい場合は、ファスティングが効果的です。1日から3日間といった短期間、食事を摂らずスムージーなどの低カロリーの飲み物で過ごす方法です。

ファスティングは効果は出やすいですが、正しい方法で行わないとリバウンドする可能性もありますので必ず正しい知識を得てから行いましょう。

一日二食ダイエットより気軽に行える

一日二食ダイエットはうまく行えば短期間で減量できますが、欠食するのは大変という方は少なくありません。こうした人におすすめしたいのが一食置き換えダイエットで、一食を置き換えダイエット食に変えるのです。

夕食を抜くのが厳しいという人は、プチ断食用のドリンクやスープなどを活用します。リゾットタイプは腹持ちがよいので、満足感を得たい人におすすめです。置き換え食品全般は胃腸にやさしいので、デトックス食品としても適しています。

年齢とともに胃もたれを感じるようになる人は多く、30代後半くらいから実感することが増えてきます。胃腸が弱っているのに食欲は衰えないという人は、胃腸のトラブルや肥満を招きやすいので注意してください。

一食置き換えダイエットを実践した人は、朝一番の腹回りが違うと答えます。三大栄養素すべてのカロリーを大幅に減らせますし、胃腸を休ませることで代謝機能が回復します。痩せなくて困っている人は、無理なくできる食事制限から試してみるとよいでしょう。

せる方法は無数にありますが、食事制限ほど効果的なものはありません。人間の身体は必要カロリー未満に摂取カロリーを減らすことで、減量や腹回りの引き締めが楽に行える仕組みになっています。

断食ダイエット!?お腹回りに最適

酵素飲料を使ったダイエットは飲むだけで痩せる事が出来る、リバウンドが起こりにくいなどの理由からも注目が集まっています。但し、飲むだけで痩せると言っても、今までと同じような食生活や生活習慣を続けているのでは酵素飲料本来のパワーを発揮させる事は出来ません。

体内酵素を助ける目的で補助的に使うのが酵素飲料で、体内の酵素を活性化させて代謝機能を促進する、これにより脂肪燃焼効果が期待出来るようになるわけです。特にお腹回りの脂肪を何とかしたい人に最適な健康食品です。

断食を取り入れるとさらに効果を期待出来るようになります。断食と言っても2日間のファスティング、1日1食や2食を食べないプチ断食などがあり、自分に合ったものを選んで行うのが大切です。ファスティングは断食を意味する言葉になるのですが、食事を摂らない時には消化機能を休ませる事が出来ます。

消化機能を休ませている間に代謝機能を促進させる、酵素飲料を使ってパワーアップさせるのが酵素ダイエットの特徴とも言えましょう。ドリンクにはファスティングやプチ断食を行っている時に得る事が出来ない栄養分がたっぷりと含まれていますし、飲む事で空腹感をなくしてくれるなどの特徴もありお勧めです。

腹回りのダイエット

男女問わず、腹回りのお肉は見苦しいものがあります。脂肪がついて、お腹がぽっこり出てしまうとなかなか簡単には元に戻せないですよね。しかし過度の食事制限ダイエットは健康面を崩してしまったり、肌荒れにもつながりとても危険なのです。

食べないダイエットは精神的にも辛く、継続しにくくリバウンドもありえるのでオススメできません。三食規則正しくしっかり食べて、適度な運動が一番綺麗に痩せられる方法なのです。腹回りは比較的効果があらわれやすい箇所ですので、頑張る気持ちも長続きします。

そこで、おすすめなのが食べる順番ダイエットなのです。順番を少し気遣うだけで痩せられるなら、毎日簡単にできますし、外食時にも気をつけることが可能なので取り入れやすいです。

空腹時に、いきなり炭水化物や脂肪分の多い食材から摂取してしまうと、全て体が吸収してしまいますので、まずはサラダや野菜、お味噌汁などの軽いものから食べましょう。次に体をつくるタンパク質を食べて、そのあと炭水化物となるご飯やパンを食べるのが理想です。

外食時でも、パスタセットを選んだ場合は、サラダやスープから食べてそのあとメインのパスタを食べると効果的です。トンカツ定食の場合も付け合わせのキャベツやお漬物、お味噌汁から食べるように心がけると腹回りのお肉も少し改善されていくのです。

贅肉を減らすのに効果的な食事

男女問わず最近太ってきたなと実感することのひとつが、お腹周りの贅肉がつくことではないでしょうか。ダイエットを始めなければと考えるのもこのタイミングかもしれません。食事からとった糖質や脂肪が体内に蓄積されると、それが中性脂肪となってお腹周りやお尻に溜まってきます。

ダイエットには適度な運動を食事に気をつけることが不可欠ですが、中でも食事は自分でコントロールしやすいので、痩せやすい体質作りに必要な知識を持っておくことは大切です。糖質はご飯やパンなどの炭水化物から取ることができます。

私たちが活動するエネルギー源として重要な栄養素なので、全く食べないのはおすすめできませんが、量を減らすことはダイエット効果が期待できます。脂質であるバターや油の摂取を減らすのも大切です。

それと同時にタンパク質をたくさん取るようにしましょう。タンパク質は筋肉を構成するのに重要な栄養素です。肉や魚、卵などは毎日食べましょう。大豆製品にもたくさん含まれています。

健康的に美しく痩せるには、ひとつの栄養素に偏るのではなく、バランスよく適度な量を食べるように心がけましょう。また、飲み物も甘味料の入っているものなどは控え、水やお茶を飲みましょう。

お腹回りが痩せるダイエット法

年齢を重ねるとお腹回りや太ももなどに脂肪がたまりやすくなります。運動不足の人も多く、中々痩せる事が難しい場合もあります。脂肪を減らす為には、食事制限をする必要があります。好きな物を好きなだけ食べていては、脂肪を減らせないからです。

また太ったままではコレステロール値が高くなり生活習慣病の心配もありますので、是非ダイエットはお勧めです。食事では、糖質制限ダイエットがお勧めです。これは、ごはんやパンやスパゲティなどを食べない方法です。

おかずは減らす必要はありませんが、揚げ物はなるべく控える様にしましょう。そして必ず食べて欲しいのは生野菜です。生野菜は酵素が含まれていて、脂肪の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。サラダなどを作って食事の一番最初に食べる事が重要です。

スープなどの汁物は満腹感が出て、食べ過ぎを防止できますので必ず飲みましょう。おかずは、鶏肉のささ身がお勧めです。お勧めのレシピは、ささ身をフライパンで焼いて塩胡椒で味付けするだけです。シンプルで美味しくいただけます。

またサバの味噌煮や、サンマの塩焼きなどの青魚は、食べるとコレステロール値が下がる効果がありますので積極的に食べましょう。

腹回りダイエット

有酸素運動は自分に無理のないペースで身体に酸素を取り込みながら行う事が出来るものです。対して無酸素運動は短時間の間に大きな力を出して行う筋トレなどになり、息を止めているので、身体に酸素を取りこむ事ができません。

大きな違いは脂肪の燃焼になります。有酸素運動は長時間行えば行うほど、脂肪の燃焼に期待を持つ事ができますが、無酸素運動は酸素を取り組むわけではないので、脂肪の燃焼に期待を持つことが出来ません。

但し、無酸素運動なら身体の筋肉を鍛える事が出来るので、筋力が上がり新陳代謝の向上に期待を持つことができます。新陳代謝が上がると何もしなくても脂肪が勝手に燃えていくので、ダイエットには効果的です。

特に腹回りには大きな筋肉が密集しているので、無酸素運動で鍛え上げる事により、多くの消費カロリーを上げる事に期待が持てます。

有酸素運動の場合には筋肉が鍛えられる訳ではないので、新陳代謝や基礎代謝の向上にはあまり期待を持つことはできませんが、酸素を多く取り込む為、肺活量が上がって、息もあがりにくくなります。毎日続ければ続けるほど、効果の持続が期待できる様になるので、ウォーキングなどで手軽に行える有酸素運動は大変人気です。

腹回りダイエット

まずはクランチがお勧めです。器具を必要とせずにどこでも簡単に行う事ができます。方法としては柔らかい場所に仰向けに寝転び足を少しあげます。そこからおへそを見るようにして頭を上げていきましょう。

その状態で数秒間キープする事ができれば、大丈夫です。辛く感じてしまう場合には足をあげずに行うか、足を置物の上に置いて行うようにしましょう。

次はサイドブリッジと呼ばれる方法は脇の腹回りを鍛える事が出来るので、お勧めです。横向きになって肘を立てる様にして身体をキープします。その際に足は伸ばしておくようにしましょう。

身体が上から見ても垂直になっている様に見えれば一番です。そのままの状態で脇腹に刺激を感じる事ができていれば成功です。片側だけ鍛えるのではなく、左右ともに行うようにしましょう。最後は立って行う方法です。

まずは背筋を伸ばして綺麗な姿勢を保つようにして下さい。そして右手を後頭部に寄せてそのまま右側に身体を傾けていきます。身体を傾けるとカーブする様に見えるので、このカーブが綺麗な形を保つ事が出来れば成功です。

これも左右ともに行うようにするのと負荷が少なく感じてきた場合には重りを持つようにすると良いでしょう。

ほっそりさせて腹回りのダイエット

腹部を見てみると、前面に贅肉がのり、たるんでいる印象があります。それをほっそりさせるストレッチは主に二つの方法があります。一つ目の方法は、背中をのばすということ。私たちの身体は本来背筋がS字を描いていて、お腹は上に引き上げられているのが自然な形です。

しかしイスに座る、運転をすると行った生活環境の変化や仕事でパソコンを使用するといったことなどから、この姿勢が崩れて前かがみに背骨が変化していることがあるのです。そこでおすすめストレッチが、背中をのばすということです。

これは一日に決まった回数があるわけではありません。背中が曲がっているな、肩がこるなと感じた時に、すこし上に伸ばしてあげる、また背中をそらせるストレッチをすると腹部が自然と引き上げられ、腹回りのダイエットに効果的なのです。

二つ目の方法は、体は前を向いたまま腕を左右に伸ばし、体を軸として前後ろに振る運動です。腹回りといえば、浮き輪といわれる贅肉がついていることが多く、この部分を刺激してあげることにより、脂肪燃焼を上げることが大切です。

前後に腕を振ると、腹回りの贅肉がぞうきん絞りのように刺激をされることを感じることができるでしょう。そしてほっそりとさせることが期待できるのです。

骨盤の歪み解消によって得られる効果

腹回りに肉がつきやすくなる原因の一つとして、骨盤が前に傾いている「反り腰」を挙げることが出来ます。骨盤が本来の位置よりも前傾した状態になっているため、下半身が太りやすくなったりお腹が前に出てしまうのです。

こうした場合には矯正によって骨盤を正しい位置に戻すことで、お腹痩せ効果が期待できます。また姿勢に歪みがあると血液の流れが滞りやすくなるため、余計な水分が排出されにくくなりむくみが生じてしまいます。体内に余計な水分が溜まっていると太って見えるだけでなく、手足が冷えやすくなったりお肌にもトラブルが起きがちです。

骨盤矯正によって姿勢の歪みを正し、血液の流れを促進すればむくみや冷えなどのトラブルも改善できるでしょう。骨盤が歪み血行が良くない状態だと、運動やカロリー制限によるダイエットの効果も出にくいといえます。

腹回りの贅肉を落とすために運動等をしているがなかなか効果が現れないといった場合には、骨盤矯正を試してみるのも良いかもしれません。また過剰に塩分を摂取しているわけでもないのにすぐに下半身がむくんでしまうという方も、骨盤矯正によって血液循環を良くすればダイエット効果を得ることが出来るでしょう。