マイナス5キロも夢じゃない!2ヶ月でダイエットを成功させるために必要ないくつかのポイント

2ヶ月後に大切な予定があるという場合、今より少しでもきれいな自分でいたいと思う方が多いでしょう。最近食べ過ぎや運動不足で少し体が重くなってきたという方はダイエットでスリムな体を手に入れておきたいところです。

しかし短期間でのダイエットはやり方を間違えると体や心に負担をかけてしまったり、リバウンドにつながってしまったりという形で思うように痩せることができなくなってしまう事もあります。

無理なくできてダイエットを成功させていくにはどうすればいいか、ダイエットの仕方や工夫できることについて知っておくことは重要です。2ヶ月で綺麗に痩せていくためにどうすればいいか、ポイントについてチェックして役立てていきましょう。

2ヶ月ダイエットは継続が大事

2ヶ月ダイエット成功者の口コミでわかることは、まずリバウンドのリスクが少なく健康的に痩せることができるということです。1週間で数キロ落とすなどの急激なダイエットを行うと身体にかなりの負担がかかりますし、仮に痩せたとしてもストレスなどからすぐに元に戻ってしまいます。

2ヶ月かけてじっくり痩せる方法では、身体にかかる負担もストレスも緩やかなものになるのでリバウンドする可能性が減ります。ただ約60日に及ぶダイエットでは、継続するということが難しくなるということを経験者は誰もが口にします。

ずっと飽きずにやり続けるための工夫が必要で、そのためにはまず具体的な計画を立てることが鍵になります。何月何日までに体重をいくら落とす等、綿密な計画を立てることで励みになりますし、また自分の目指しているスタイルのモデル・女優などの写真を部屋やトイレやお風呂の脱衣所に貼るのも効果的です。

さらに太っている自分の写真も並べて貼ると効果倍増です。飽きを防止するには、複数のダイエット方法を組み合わせるのも効果的です。単一の方法のみでは毎日やっていると嫌気がさしてしまい挫折する可能性が高いので、毎日違ったトレーニングメニューを考えて実行するのがおすすめです。

2ヶ月ダイエットは習慣化しやすい

ダイエットにチャレンジしているものの、なかなか成功しないという人は、2ヶ月ダイエットに挑戦してみるのがおすすめです。さらに、痩せたもののすぐに体重が戻ってしまうという人にも、2ヶ月ダイエットは最適です。

ダイエットというとハードな食事制限というイメージがありますが、断食や1日1食などの減量方法は短期間しか続けられないのがデメリットです。短期集中型は減量効果が高いものの、そのぶん大きなストレスがかかることも特徴です。

そのため、せっかく痩せてもリバウンドしやすくなっています。これに加えて短期型の減量はウエスト周りや太ももなどの脂肪だけではなく筋肉まで落としてしまい、太りやすい体質になることがあるので注意が必要です。

けれど2ヶ月は食事制限と運動をバランス良く行えるので、太りやすい体質になることを防げます。これに加えて、体にかかる負担も少ないので、楽に続けやすいのが魅力です。体にかかる負担が少なければリバウンドが起こりにくいうえに、ダイエット生活を習慣化しやすくなります。

食事制限と運動を組み合わせた減量方法は、万が一、食べ過ぎてしまった場合に運動でカバーできることも魅力です。反対に、運動ができない日は工夫してカロリー摂取量を少なくしてみましょう。

2ヶ月ダイエット成功のコツ

比較的長期間をかけて痩せることを目指す2ヶ月ダイエットは短期集中型のダイエットと比較するとダイエット方法やアプローチの仕方が大きく異なるため、性格によって向く場合と向かない場合とがあります。

具体的にどのような人が2ヶ月ダイエットに向いていてどのような性格の人が向いていないのかについて確認を行なっていきましょう。

2ヶ月ダイエットを成功させるポイントは最初のステップで綿密に計画を立てて、目標に向かってコツコツと努力をしていくことが大切になります。日々の運動量や摂取したカロリー量や体重の移り変わりを把握しておく必要があるので、計画的に物事を進められる人や計算や数値管理が得意な人などであれば無理なく成功させることができるでしょう。

一方で向いていないと考えられる性格については、一歩一歩コツコツと物事をこなしていくのが苦手という人や、せっかちですぐに成果が出ないとイライラしてしまう人が挙げられます。短期間で集中してすぐに結果を得たいという場合にはプチ断食を行うなど即効性の高い方法を試してみるのがおすすめです。

2ヶ月間と比較的痩せるまでに時間はかかりますが、その分安全できれいに痩せることができるので、出来る限りこの方法を実践することをおすすめします。

生活習慣の見直しをして改善する

2ヶ月間で行うダイエットと言っても急激に体重を落とすダイエットはリバウンドのリスクが高まります。リバウンドをしては体重を落とした意味はなくなってしまうので、2ヶ月後も体重を維持できるダイエットを行うことが重要です。

そのカギを握っているのが日頃の生活習慣です。暴飲暴食をしている場合や、間食が止められない、就寝時間は日付が変わる頃、運動を行っておらず運動不足であるなど見えてくる問題は複数あるでしょう。

2ヶ月ダイエットで行うのはとても簡単な方法で、カロリーを抑えたバランスの良い食生活、お菓子などの間食を控え、日付が変わるまでに就寝をするなどの些細なことです。運動不足の場合は、日常生活で通勤の際に歩く時間を増やしたり、家事などにストレッチを取り入れる方法もオススメです。

ただし食事をサラダのみなどの急激な食生活にするのは止めましょう。女性の場合は生理不順になる可能性や、必要なカロリーが摂取できず体調を崩してしまう場合があります。

ポイントは無理をしないことが重要で、どうしても置き換えダイエットなどを2ヶ月間の間に行う場合は仕事や学校が休みの土日だけに絞り、一気に体重を減らそうと焦らず、少しずつ落としていきましょう。

具体的な数字を目標に

2ヶ月でダイエットに成功して理想のボディを手に入れるためには、きちんと計画を立ててから実行する必要があります。やみくもに取り組むと焦りを感じたり、やりすぎてしまって途中で辞めたくなってしまうなど挫折しやすくなるからです。

また、具体的な数字を挙げておくことで、目標に向かって意欲を高めることにも繋がります。シンプルに考えれば、人の体は食事などで摂取するカロリーよりも消費するカロリーの方が多ければ自然に痩せていきます。

食事の量に対する摂取カロリーや運動に対する消費カロリーなどは事前にきちんと把握しておく必要があります。運動だけではなく、通勤で歩いている時や家事をしている時などにもカロリーは消費しています。

今まで自転車に乗っていた距離を歩くようにするだけでも、消費カロリーをアップさせることができます。ダイエット計画を立てる際には、そういった生活面を含めて計画を立てることが重要です。

それから1日ごとにきっちり摂取カロリーや消費カロリーを管理すると、辛くなってしまうこともあるので1週間を目安に考えるのがおすすめです。1日運動をしない日があっても、次の日に多めに運動するといった方法でバランスを取ります。

2ヶ月ダイエットを成功させるための摂取カロリー

2ヶ月間という比較的長い期間をかけて5キロ程度の減量を目指すダイエットは体に負担がかかりませんし、精神的に無理をせずにきれいに痩せることができるため、初めてダイエットをしようと考えている人にもおすすめの方法となります。

2ヶ月ダイエットを成功させるためには綿密にカロリーを計算して毎日コツコツと食事制限や運動を行っていくことが大切なのですが、具体的には1日あたりどのくらいのカロリーを摂取していれば2ヶ月間で5キロ痩せることができるのでしょうか。

一般的な成人女性の場合、一日あたりの摂取カロリーはおよそ1600kcalだといわれているため、ダイエットの摂取カロリーは基本的に1600kcal以下とすることが目標になります。2ヶ月間で確実に5キロ痩せるためには1日あたりおよそ600kcalの摂取を控える必要があるため、1日あたりに摂取する目標のカロリーはおよそ1000kcalという計算になります。

ダイエットのやり方には個人差があるため、食事制限のみで摂取カロリーを600kcal減らしても良いですし、運動量を増やして消費するカロリーを600kcal増やすのも良いですし、食事制限と運動を組み合わせるのもよいでしょう。

2ヶ月でダイエット

2ヶ月でダイエットをするので、気になるのがカロリーオーバーです。自炊が毎回できれば良いですが、社会生活をしていく中では難しいので、1食置き換えダイエットを試してみるのも一つの手段です。

1食置き換えダイエットなら自分で調理をする必要もありませんし、保存がきく物が多く販売されています。持ち運びできる物としては、ビスケットやクッキータイプの商品です。軽い物になるので、荷物になりませんし、ビスケットやクッキータイプの物は腹持ちがいいので、空腹になる心配もありません。

手軽に食べる事が出来るので、1食置き換えダイエットには向いている商品と言えます。他にも運動をしているとタンパク質が不足するので、プロテインを利用した1食置き換え方法も存在します。

大豆から作られているプロテインはカロリーも少なく、お腹に溜まるのでお薦めです。牛乳を混ぜて作る事が出来るので、手軽に朝食としても利用できます。タンパク質を簡単に摂取出来るため、基礎代謝が落ちることも無くなるので、安易なカロリー制限を行うよりプロテインを摂取する方が良いでしょう。

溶かすタイプの物は持ち運びに不便を感じますが、錠剤タイプの物ならカバンにも入れることが可能です。

2ヶ月でダイエット

朝は食事を作る時間をとるのが難しく、お昼は会社勤めの方であれば、外食になる事が多いので、自由に食事をとる事が出来るのが、夜ご飯になります。

夜ご飯を頂く際には炭水化物を抜いた物を食べる事でダイエットに繋がります。炭水化物を抜く方法としては白ご飯を玄米に変えてみたり、もしくはご飯自体を食べずにおかずだけを食べる方法がありますが、初めからご飯を全部抜くのは苦労をするので、少しずつ減らしていく方法がお薦めです。

食べるおかずに関しても注意が必要になり、炭水化物を含んでいないお魚やお肉を中心としたメニュー作りを行う必要があります。味付けに関しても糖分を含んだ調味料を使用してしまうと炭水化物を摂取する事になるので、醤油や塩を利用した味付けが中心になります。

揚げ物を作る時には小麦粉やパン粉を利用すると炭水化物を含んでいるので、いくらお肉や魚を使っても効果を期待する事はできません。揚げ物を行う際には糖分が少ない大豆粉を利用する方が良いでしょう。

ご飯を食べる事ができない分、おかずを頂く事には制限がないので、比較的簡単に長く続けていくことが出来ます。空腹感を感じる事もありませんので、2ヶ月でダイエットを辛く感じる事もありません。

2ヶ月でダイエットするには

痩せたいと思っているのになかなか体重が落ちず、気がつけば万年ダイエット状態という方も多いのではないでしょうか。実はダイエットは明確に期限を決めて行う方がやる気も出ますし努力をすることができます。

2ヶ月ダイエットにおすすめなのが、レコーディングダイエットです。食べたものを毎日きちんと記録することによって痩せるというものです。たったそれだけで痩せるのかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、これを2ヶ月行っただけで数キロ体重が落ちたという声もよく聞かれます。

朝起きてから夜寝るまでのあいだに、間食や飲み物に至るまですべて詳細にノートなどに記録することで、自分が普段どれくらい食べているのかを視覚的に把握でき、自然と食事量が減っていくというものです。

そんなに食べていないと思っていても、書き出してみると意外とたくさんのものを口にしているもので、何をどれだけ減らさなければならないかが一目瞭然です。また、たくさん食べるとそれだけ多くの食べ物を記録しなくてはならず面倒なので、精神的にも食事を減らすことができるのです。

2ヶ月という短期間で行うことで集中してダイエットすることができるため、効果が出やすいのです。

2ヶ月ダイエットにおすすめのトレーニング

2ヶ月間という比較的長い期間をかけて確実に5キロ以上の減量を目指す2ヶ月ダイエットは、食事制限を行うのと同時に定期的に運動を行うことも大切になります。体に負担をかけずに脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が大切になるのですが、有酸素運動と併せて行いたいのが筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

筋力トレーニングを行うことで基礎代謝がアップするので痩せやすい体を作ることができますし、筋力量が増えれば同じ有酸素運動を行なった場合でも脂肪が燃えやすくなるのです。

今まであまり筋力トレーニングをやったことがないという人でも気軽に行える筋力トレーニングとしておすすめなのがハーフスクワットです。

ハーフスクワットは一見するとあまりダイエットには向かないトレーニングのように捉えられがちですが実は正しい姿勢で行い回数を増やすことでかなりのカロリーを消費しますし、インナーマッスルを鍛えることもできるので内臓脂肪を減らして美しい腹筋を手に入れるのにも効果的です。

ハーフスクワットを行う際には背中を伸ばし、頭の位置を動かさないように意識して、太ももを前に押し出すようなイメージで行うと腹筋と足の筋肉を同時に鍛えることができます。

ながら運動は2か月ダイエットに最適

2か月でダイエットに成功するには、ながら運動を日常生活にとりいれると無理なく体重を落とすことが出来てストレスもたまりません。日常生活でテレビを見たり歯を磨く、パソコンやスマートフォンを使ってネットサーフィンをするときに出来るエクササイズを覚えておくと便利です。

例えばテレビを見ているときにバランスボールを使って筋力トレーニングをすることで身体が引き締まったり燃焼しやすい体質に導くことが出来ます。湯船につかりながらお尻を支点にして脚を浮かせて自転車をこぐ要領で両足を動かすと脚をスリムにする効果がありますし、水の抵抗もあって高いカロリー消費が見込めます。

歯を磨きながらストレッチをすることで姿勢が正しくなったり筋肉が鍛えられて燃焼しやすい体になります。毎日3回行う歯磨きにストレッチを加えることで習慣になりますし、お尻や太ももの贅肉対策にもなります。かかとを付けてつま先を開き、その状態でスクワットすると高いダイエット効果が期待できます。

パソコンやスマートフォンを椅子に座って使う時にはクッションを脚に挟んで上下させながら時間を過ごすことでカロリーを消費することが出来ます。この運動はウェストのスリム化にも効果的です。

美しくダイエットに成功する

2ヶ月ダイエットに挑戦するときは、食事制限や運動などから精神的にも肉体的にもストレスがかかりやすくなります。そのため気を抜くと肌がカサカサに乾燥したり、肌荒れを起こしやすくなるため顔やボディのお手入れにはいつも以上に時間と手間をかけると良いでしょう。

おすすめなのはオイルやクリームを使ったマッサージです。筋肉やリンパの流れを意識しながら丁寧に指を滑らせていくのがポイントです。基本的な流れは下から上に、心臓に向かって体の端からマッサージを行いましょう。

ダイエット効果も期待したい時は特にリンパの流れが滞りやすい膝裏や太ももの付け根の鼠径部分を念入りに行うと効果的です。顔のお手入れをする時には首筋から胸元に向かってリンパを流すようにすると顔のくすみを解消したり、新陳代謝をアップさせることが出来るでしょう。

2ヶ月ダイエットにチャレンジするときはつい結果を急ぐあまり、体重の変化ばかりに気を取られがちですが、体重が減っても肌がカサカサでは美しく見えないため要注意です。体重を減らしつつ美しく見せたい時には顔やボディのマッサージといったお手入れを欠かさず行い、全身すべすべお肌を維持できるようにしましょう。

2ヶ月ダイエットのコツは、鏡チェック!

ダイエットをする前には、自分の身体がたるんでいる、人に見せたくない場所に贅肉がついているので自分でも鏡で見たくないという人もいます。

しかしながらダイエットをする時のコツの1つは、自分の体型を自覚することなのです。その確認方法とは鏡でチェックする方法。鏡を見ながら自分の体型を自覚することのメリットは、二つあります。

一つ目のメリットは、ダイエットのモチベーションを高めることができるということです。2ヶ月という期間は決して短くありません。強い意志がなければ、継続することは難しいです。

時には停滞期などがあるので、やる気がもてないこともあります。そんな意識を改革してモチベーションを高めるためには、鏡を見て自分の身体をチェックするという方法が効果的なのです。

二つ目のメリットは、客観的に分析することができるということ。例えば雑誌のモデルやテレビのタレントを見ると、その体型に憧れることもありますね。自分の身体も鏡にうつせば、惚れぼれとしてしまうことがあるでしょうか?

ここもたるんでいる、ここにも肉が・・・とがっかりしてしまうこともあるかもしれません。しかしそれが、自分の体型を分析するということにつながるのです。

日常生活を工夫してダイエットに役立てる

2ヶ月ダイエットで痩せるために日常生活で出来るポイントはたくさんあります。ちょっとした工夫でダイエットに大きく役立てることが出来ますので積極的にトライしてみましょう。食生活において積極的に行うべきこととしては、食事をする際の食べる順番を工夫するということです。

いちばん最初に野菜や大豆製品やキノコ類や海藻類などの食物繊維を豊富に含む食べ物を食べることで、食事全体の脂質や糖質の吸収を抑制する効果が期待できます。ちょっとした工夫でカロリーカットさせることが出来ます。

喉が渇いていなくても自分で水を飲むタイミングを決めてこまめに水分補給をすることも大切です。代謝アップ効果が期待できます。

むくみの原因となる塩分を摂取しすぎたら利用作用があるカリウムを摂取してナトリウムや水分の代謝を促す、代謝を促進させる働きがあるビタミンB群やアミノ酸や酵素を積極的に摂取する、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖を摂取して腸内環境を整えるなどもダイエットに役立てることが出来るポイントとなります。

生活習慣においては、姿勢を常に正しく保つ、エレベーターやエスカレーターではなく階段を積極的に利用する、ぬるめの湯船にゆっくりと浸かって体を芯から温める、こまめにストレッチやマッサージをして血行を促進させるなどを心がけましょう。

停滞期の過ごし方

ダイエットをしていると、必ずと言っていいほど停滞期が訪れるでしょう。停滞期がやってくる時期ですが、だいたい5%体重が落ちた頃にやってくると言われています。体には健康状態を維持しようとする機能が働きます。

それはホメオスタシス機能などと呼ばれているそうです。順調に体重が落ちていけばよいですが、2ヶ月ダイエットの途中では努力をしているのに体重が減らないという停滞期が訪れると考えておきましょう。この時期の過ごし方はとても重要であり、下手をするとリバウンドをしてしまいます。

ホメオスタシス機能はしばらくの間働き続けるので、停滞期は無理に痩せようとしないことです。体が痩せたときの状態のほうが正常なのだと認識するまでは、我慢をしましょう。ダイエットを始めてから1ヶ月目くらいが停滞期になりやすいので、この期間は痩せることよりも体重をキープすることを意識するのがよいです。

体重が減らないとストレスが溜まってしまうという人も多いでしょう。そのような時は、マッサージやストレッチをして、理想的な体を作ることを目標にするとよいです。

エステなどに通って美しさを磨くのもよいでしょう。最初と比べて自分の体がどのように変わったかを確認して、気になる場所を集中的に部分痩せにチャレンジしてみることもおすすめです。