マルチビタミンについて

現在の食事では、必要な栄養素をすべてまかないきることは難しいのが現状です。特に、ビタミンの種類は多く、全てをバランスよく取ろうとすると、相当食事に気をつける必要があります。

ただ、マルチビタミンでなら、簡単にビタミンをとることができます。

どのような栄養素が入っているのか?

サプリメントには、様々なビタミンが含まれています。よく知られているビタミンAやビタミンCはもちろん十分に入っていますし、魚介類や豚肉などに大量に含まれている、ナイアシンやビタミンB1などの、ビタミンB系列も豊富に含まれています。

ビタミンB系統は、主に体の粘膜を整えて、免疫力を増加させます。また、体を日光に当てることで体内で作られ、骨の育成を助けるビタミンD、ナッツ類などに豊富で、生活習慣病の予防にもなるビタミンEも非常に多く含まれています。

また、あまり知られていないビタミンの、ビタミンPなども多く、サプリメントを飲むことで、食事だけでは不足してしまいがちな、ビタミン全般をバランスよく取得することができます。

マルチビタミンの魅力的な特徴

現代の食事では、体が必要としているビタミンすべてをとることは、非常に難しいです。植物性のものに多く含まれているビタミンや、動物性のものに含まれているビタミンなど様々なので、全てのビタミンを十分に取ろうとすると、数多くの食材を食べる必要があります。

また、レトルト食品やインスタント食品には、あまりビタミンが含まれていないので、これらの食事を続けているとビタミン不足になってしまいます。マルチビタミンの魅力は、体が必要としているビタミンを取るのに、手間がかからないことです。

また、ほとんどのものは安価なので、経済的な負担にもなりにくく、続けやすいことも魅力的な特徴です。一度に摂取する量も少ないので、体の負担にもなりません。

天然成分と合成成分について

天然成分と、合成成分のものがあり、一般的には天然成分の方が受け入れられやすいです。また、合成成分のビタミンではなく、天然成分のビタミンを含有しているものの方が、高い値段で売られていることが多いです。

天然ビタミンの方が、合成ビタミンより安全だというイメージが先行しているからです。しかし、天然のビタミンも合成のビタミンも、構造的にはほとんど違いはありません。天然のビタミンの方が、吸収されやすいということはありますが、もともとマルチビタミンには十分すぎるほどのビタミンが含まれています。

合成であっても、最近の合成技術は高くなっており、天然との違いはあまりありません。ビタミンが天然か合成かということには、あまり気にしない方がいいかもしれません。

日本製とアメリカ製の違いは?

かつてアメリカでは、国民全員が加入する保険制度がなく、医療費は自己負担で非常に高額なものでした。そのアメリカでは、病気にならない体づくりを普段からしておくことに意識がおかれ、サプリメントが発達してきました。

一般的に、アメリカのサプリメントは質が良く、多くのビタミン類が含まれています。また、日本製のものと比較した場合、奇抜な成分を含有しているものではなく、地味なビタミン類のものがよく販売されています。

日本製のものも、最近では質が上がってきています。また、日本製のものは、日本人の体に合わせているので、錠剤のタイプの場合では小さく、飲みやすいという利点があります。それと比較すると、アメリカ製のもの大きく、飲みにくい時があります。

ビタミンの種類や働きについて

ビタミンでは、ビタミンCやビタミンAが有名です。ビタミンCは皮膚や粘膜の維持を助けているのと同時に、抗酸化作用があり、美肌に効果があると言われています。

ビタミンAは目の健康を保っているビタミンで、ドライアイや眼精疲労にも効果があります。ビタミンAが極端に不足すると、夜盲症を引き起こします。その他、ビタミンB類は粘膜の維持をし、体の免疫力が低下することを防いでいます。

また、たんぱく質や炭水化物を、エネルギーに変える役割も持っています。ビタミンEは、体内の脂質が酸化することを防ぎ、老化防止に役立っています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨の育成に役立っています。

このように、ビタミンには様々な種類があり、それぞれが体の役に立っています。

成分保有量や種類は?

日本製の多くのものでは、ビタミンCは50mgから100mg含まれています。これは、体の調子を整えるには、十分な量です。また、ビタミンB類に関しても、多くのもので1日に必要な量の、2倍から3倍以上が含まれています。

ビタミンCやビタミンB類は水溶性なので、取り過ぎても尿と一緒に排出されるので、安心して摂取することができます。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどに関しては、体に蓄積されるので、あまり取り過ぎないことも重要です。

ほとんどのものでは、1日に必要とされる量が入っています。また、マルチビタミンは、様々なメーカーから販売されています。種類は非常に多く、各メーカーの主力商品です。多くのマルチビタミンは、ビタミン含有量に違いはありません。

安全面と信頼性について

ほとんどのマルチビタミンには、添加物はほとんど入っていないか、入っていても無視できる程度です。ただ、マルチビタミンを飲み続けるということは、体からは異物が入ってきていることなので、メーカー選びには慎重さが求められます。

現実的には、粗悪な商品を販売しているメーカーは、ほとんどありません。しかし、相場よりあまりに安いものがあるならば、成分表などを確認し、どのようなものが入っているか確認することが重要です。

また、非常に高い効果をうたって、高額なマルチビタミンが販売されることがあります。しかし、ビタミンを必要以上に摂取しても、体にはむしろ、害になってしまいます。

実際には、市販されている多くのマルチビタミンは、安全で信頼できるものなので、あまり質に関して神経質になる必要はありません。

値段はいくらぐらいなのか

マルチビタミンに含まれている、ビタミンを作り出すことは難しいことではありません。よって、多くのメーカーが販売しているマルチビタミンは、非常に安価なものです。市販されているものでなら、ほとんどのものの料金は、1000円以下です。

また、パッケージ1つあたりには数多くのサプリメントが入っているので、1日あたりに換算するとさらに安くなります。安いものでは、1日あたり数円のものもあり、市販の中では高いものでも1日10円程度です。

体に必要なビタミン全般と同時に、ミネラルも入っているタイプのものもあります。そちらの方は少し高額になり、1日あたり換算で10円以上にはなります。しかし、どちらにしても安価なので、経済的負担にはなりません。

理想の体調維持のために

ビタミンは体の調子を整え、健康を維持していくために必要なものです。しかし、今では多くの人が、ビタミンを十分に摂取できていません。食事内容も偏ってきていますし、食物自体のビタミン含有量も減ってきています。

ビタミンを十分に摂取し、体調維持をしようとすればマルチビタミンが大いに役に立ちます。ビタミンは、体のあらゆる面で体を維持するために働いています。

例えば、ビタミンB類はエネルギーを作るのに大きな役割を果たしているので、不足してしまうと体力がなくなってしまいます。また、ビタミンCが不足すると、肌の健康を損なうなど、体中にビタミン不足の影響は出ます。

神経質になり過ぎることはありませんが、ビタミンは不足しがちなので、マルチビタミンで健康を維持することは大切です。

美容と健康を考えてみる

美容と健康にも、ビタミンは大きく関わってきます。ビタミンCが不足してしまうと、肌の粘膜が弱ってしまい、美肌を損なってしまいます。また、ビタミンEが不足してしまうと、老化が早まります。このように、ビタミンは美肌などの体の審美性についても、大きな役割を担っています。

他の体の健康を担っているビタミンも、不足してしまえば美容に関わります。体力がなくなると目の下のクマなどが出てしまいますし、粘膜が弱まってくると、病気になりやすくなり見た目の元気もなくなってしまいます。

健康に関わるビタミンですが、その影響は美容にも及びます。ビタミンは、食事内容を整えると多く取れるので、過度に神経質になる必要はまったくありません。しかし、マルチビタミンは取りやすく、安価なので、体の健康や美容の助けになることも確かです。