ミキサーで簡単!スムージーダイエットのすすめ

ミキサーで簡単にできるのが、たくさんの野菜の栄養も摂取ができる、スムージーダイエットでの痩せ方です。

痩せるためには野菜や果物の持つ、酵素やミネラルにビタミンの力が必要であり、スムージーであればそれらを満たします。

最近話題のスムージーダイエットって?

最近話題のスムージーダイエットというのは、新鮮な果物や野菜類を水とミキサーにかけて作る、スムージーのドリンクを飲んで痩せる方法です。飲むタイミングは食事の時であり、いつもの固形物の食事を、スムージーのドリンクに置き換えてカロリーを少なくする方法です。

食事をスムージーにするのは、朝でもランチでも夕食でも構わないですが、1回だけの置き換えで様子を見ます。2回の置き換えにする場合は、短期間だけのやり方にしないと、リバウンドの可能性が高くなるので、2回置き換えるときには期限を決めておくとよいです。

ゆっくりダイエットは朝のスムージーの置き換えが良いですし、スピードでのダイエットならば、夕食をスムージーのみにします。

簡単スムージーでお手軽朝食

簡単スムージーでお手軽朝食ができるのも、スムージーダイエットの気楽で続けられるポイントです。スムージーダイエットのやり方は、食事を固形物ではなく、スムージーのドリンクに置き換えることで、痩せる結果を出す方法です。

朝の置き換えがスムージーダイエットに向いているのは、朝は軽い食事のほうが体内時計にもあっているためです。時間のない朝はスムージーであれば、すぐに用意ができて、十分なミネラルやビタミン類の栄養をとりいれることができて、一石二鳥の飲み物です。

朝からスムージーを飲めば、お通じは良くなりますし、あっという間に櫃になってランチは普通においしく食べることができます。置き換えにしても朝のスムージーなら、ストレスを感じることもないです。

スムージーは大きく分けて3種類

スムージーは大きく分けて3種類であり、自分で作るフレッシュなタイプ、市販のすぐ飲める液体タイプ、市販の粉末タイプです。コンビニやスーパーで手間なく購入してすぐ飲めるのは、液体タイプのスムージーです。

既に1回分が出来上がって容器に入っているので、水で溶く必要もないです。粉末タイプのスムージーは、果実や葉物野菜をパウダーにしていて、コップやシェイカーで水と混ぜて飲むスムージーです。水に溶けやすいパウダーですので、炭酸や豆乳を加えて飲むこともできます。

フレッシュタイプのスムージーは、自分で野菜と果実から作る、新鮮なスムージーです。好きな野菜と果実を加えることができて、新鮮な酵素とビタミンもたくさんとりいれることができます。

スムージー作りに適したミキサーはどんなもの?

スムージー作りに適したミキサーはどんなものかですが、基本的にはシンプルな機能のほうが使いやすいです。あらゆる機能が備わっていても、スムージーは基本のミキサー機能さえあれば、ことは足りるからです。

操作が難しいと使うのが億劫になりますし、わかりにくいのは挫折の元です。複雑な構造や機能になると、スムージーを使用した後の、片付けが面倒になるので、シンプルでわかりやすいミキサーが1番楽で続きます。

ミキサーの野菜類を入れる容器は、ある程度のカップの容量があったほうが便利です。ミニサイズのミキサーのカップもありますので、容器はある程度ゆとりがあって、スムージーのドリンクを、一人分は十分に作れる容器付きを選びます。

作りたいスムージーを想像してみよう

作りたいスムージーを想像してみることで、用意をするミキサー選びにも役立ちますし、野菜など加える食材選びにも頭が回ります。スムージーダイエットを始めるにあたり、最初に戸惑うのは何を食材として、スムージーの材料と使うかです。

野菜と何かの果物が入っていればよいのはわかるものの、具体的には何かわかっていないと、誤ったものを入れてしまう可能性もあります。糖質と炭水化物の多い、じゃがいもやサツマイモなどは、ダイエットスムージーには不向きです。

スイートで飲みやすいスムージーを想像するなら、ほうれん草や小松菜に甘みをプラスできるように、バナナやアボカド、イチゴなどの甘みの強めな果物を選ぶことができますし、水をミルクにしても良いです。

パワー・容量・手入れの仕方をチェック!

パワーや容量、手入れの仕方をチェックしてから、スムージーダイエットに使うミキサーを選ぶようにします。家庭のキッチンに1台はあると便利なミキサーは、本格的な高級ミキサーもありますが、ホームセンターで販売しているような、比較的安価な商品もあります。

価格によって機能の高性能さが違う面はありますが、スムージーはミックスしてドリンクができればよいので、あまり多数の機能が搭載ではなくても、十分に機能を発揮することができます。力はそこそこあればよいですが、容量はドリンクを作るので、小さすぎないほうが良いです。

スムージーダイエットは毎日のことなので、ミキサーを使用した後の、お手入れがいかに簡単かのチェックをするのは大事なことです。

最新のミキサーはどんなものがあるの?

最新のミキサーはどんなものがあるのか、ダイエットのためのスムージー作りに、欠かせないミキサーを選ぶ際にも気になります。4枚の刃が搭載されていて、スイッチを入れると回転をして、中に入れた食材が高速で細かくなります。

固形物で水分よりも繊維が多いものなどは、全てが水分になるわけではなく、ミキサーにかけることでとろみのある液体に変わります。最近のミキサーでは、野菜や果物のほかにも、氷にも対応をしている商品も登場をしています。

ミキサーは細かくすることが得意ですが、ガラス容器の下のほうにしか、裁断のできる刃はついていないです。上のほうや側面にある食材には、届きにくい部分があるので、多めの水分や水分量の多い食材を使用すると回転がスムーズです。

家にあるもので簡単スムージーレシピ

家にあるもので簡単に作ることのできる、楽なスムージーレシピなら、初心者にも気楽な挑戦ができます。多くの家庭の冷蔵庫には、食事の献立を健康的にするためにも、グリーンの野菜のストックはあります。

おやつにも食事のプラスにもなる、果物も多くの家庭のキッチンにはあるので、それらを使って、美味しいスムージーを作ることができます。ヨーグルトに小松菜、それに果物があれば、酸味と健康的なスムージーができます。

レシピは小松菜にバナナ、オレンジにヨーグルトにはちみつ、水をミキサーにかけるだけです。バナナにほうれん草に豆乳でシンプルだけど濃厚なスムージーも、冷蔵庫の食材でできる簡単なスムージーレシピです。水以外に、豆乳やミルク、ヨーグルトでのアレンジも自由自在です。

慣れてきたら目的に合わせてアレンジしてみよう

慣れてきたら目的に合わせてアレンジしてみることで、スムージーはおいしく続けやすくなります。スムージーは果物と野菜を使うドリンクになりますので、それをドリンクにする水分が必要であり、それはj基本的に水を使います。

でもアレンジをすることで、目的に合わせての結果を導くことになります。美容効果を期待したいときには、豊富なビタミンと、抗酸化作用のリコピンを含むスムージーです。トマトに赤パプリカ、バナナにイチゴに豆乳を入れて仕上げます。

免疫力を高めたいときには、βカロチンとポリフェノール豊富な、健康アップのスムージーです。小松菜にりんごにミカン、水か豆乳、もしくはミルクをミックして仕上げます。リンゴは皮に豊富な栄養があるので、皮つきでミキサーにかけます。

毎日の習慣づけと継続が大事!

毎日の習慣づけと継続が大事なのが、スムージーダイエットを成功させるコツになります。スムージーは健康的な野菜と果物とをミックスして、ドリンクにして飲むやり方なので、ダイエットとしても簡単です。

でも1回だけ飲んでいきなり痩せるのではなく、続けることで順調に体重は、標準体重に向かいますし、美容体重を目指すのも不可能ではないです。だから1回だけ飲んで、結果が出ないのではなく、続けるのが大事です。

体はゆっくりと変わっていくので、ダイエットをするなら続けることで、スムージーの効果がゆっくりと実感できます。ゆっくりと栄養を十分にチャージすることで、体重は緩やかに減りますが、そのほうがリバウンドをしにくくなります。