リアルな目標設定が大事!リバウンドせずに綺麗に痩せるダイエット

ダイエットをするには原因を特定する必要がありますが、リバウンドする方法は避けたほうがよいでしょう。リバウンドなしのダイエットを地道に続けるのが成功のコツであり、そのためには3ヶ月以上をかけて落としていきましょう。

ダイエット前より体重が増えた!リバウンドの原因とは

ダイエット前より体重が増えるリバウンドは、無理をすることで生じるものです。健康的に痩せていれば体重は確実に落ちていきますし、同時に体質も変化しています。しかし短期間で無理をして体重を落としてしまうと、脂肪と筋肉をともに減らすことになります。脂肪を減らすのはよいことですが、筋肉が減ると燃焼力が低下してしまうのです。

リバウンドしないためには筋肉を残しておく必要があるため、短期間で大幅減量を目指すのはよくありません。1ヶ月に1~3kg程度のペースで、少しずつ減量をしていきましょう。

無理をしないことはダイエット成功の鉄則であり、体質から変えることができるのでリバウンドを避けられます。リバウンドすると前以上に体重が増えてしまうので十分に注意してください。

繰り返すリバウンドがまた失敗の原因に

リバウンドを繰り返すダイエットは根本的にやり方が間違っているので、見直していく必要があるでしょう。リバウンドがまた失敗の原因になると、ダイエットをする気力も失せてしまうでしょう。大抵はダイエット前よりも体重が増えてしまい、さらに痩せるのが難しくなります。代謝力そのものが低下してしまうので、前よりも太りやすくなってしまうのです。

リバウンドしないためには代謝を上げることが大切であり、そのためには筋肉を維持することがポイントです。タンパク質は多めに摂るようにして、脂肪と糖質を減らしていきましょう。注意したいのは食事制限では無理をしないことであり、食べたいものはある程度食べたほうがよいことです。苦痛やストレスを伴う方法は挫折するので、最初から避けてください。

どうしてリバウンドするの?

リバウンドする理由は、ダイエット前よりも太りやすい体質に変わってしまうからです。肥満体質になれば以前より太りやすくなるのは間違いありません。リバウンドしないためには脂肪を効率よく燃やせる体質に変えていく必要があるのです。何度ダイエットに挑戦してもリバウンドする人は、ハードな方法を選んでいるのかもしれません。

ハードな方法は効果的ではありますが、継続性を考えるとよいとは言えません。数日で劇的に減量することは不可能ですし、身体のことを考えると3ヶ月以上はかけて段階的に落としていく必要があるでしょう。

食生活でタンパク質の摂取が少なすぎる人は、筋肉が不足しやすいので注意してください。筋肉不足はダイエットの失敗を招きやすいので、筋力強化のためにも適度な運動はしたいものです。

リバウンドを防ぐための対策って

ダイエットのリバウンドを防ぐためには、自分にとって苦痛にならない、ストレスが溜まらないダイエットを選ぶことが大切となります。ダイエットに近道はなく、無理をして短期間で痩せようとすると失敗します。コツコツと継続性のある方法を実践したほうが、ぐんと成功率は高くなるでしょう。

リバウンドをした方法については、再度チャレンジするのは避けるべきです。どのようなダイエットにも言えますが、自分に向いている方法・向いていない方法があります。向いていないと感じたら、別の方法に切り替えることも大切でしょう。

短期集中ダイエットは避けて、3~6ヶ月以上かけて痩せていく方法をおすすめします。体質改善には時間がかかるため、焦ってダイエットを進めるのはよくありません。

ダイエット後の食事でリバウンドを防ぐ

リバウンドしてしまう原因として、代謝の低下、暴飲暴食などがあります。食事制限はダイエットのために大切ですが、食生活のバランスが崩れると太りやすくなります。特に野菜やタンパク質が欠乏する食生活は、肥満を招きやすいので注意してください。

ダイエット後のリバウンドを防ぐためには、食生活のバランスが崩れないように注意する必要があります。暴飲暴食を防ぐことが基本となるため、食べるものには十分に注意しましょう。食前に野菜サラダを食べたり、炭酸水を飲んだりする方法は食べすぎを防ぐために役立ちます。

脂肪と炭水化物は摂りすぎないように注意し、1日の適正カロリー内に抑えてください。タンパク質に関しては筋肉の材料となるので、多めに摂取しても問題ありません。

筋肉をつけてリバウンドを阻止!

リバウンド対策として一番効果的なのは、筋肉をつけてリバウンドを阻止することです。リバウンドする人の特徴を見ていると、無理をしていることが多いのです。

とにかくカロリーを減らせば痩せると思い込んで、無理にカロリー制限をしているケースが少なくありません。痩せるためにはカロリー制限が必要ですが、タンパク質に関しては減らしてはいけないのです。

タンパク質が筋肉を形成するので、少し多めに摂るくらいが好ましいでしょう。相対的に脂肪と炭水化物を減らしていくことで、肥満体質から抜け出すことができます。肥満になってしまう人は、特に炭水化物の摂取量が多い傾向があります。ご飯、パン、麺類などの主食を減らして、タンパク質を野菜を増やす工夫をしてみましょう。

無理なダイエットの目標設定をしない

失敗や挫折を防ぐために、無理なダイエットの目標設定をしないことが大切となります。目標設定をすることはよいことですが、達成が難しければモチベーションを下げることになります。最初から高いハードルは設定せずに、確実に乗り越えられるハードルを設定してください。少しずつハードルを高くしていくことで、ダイエットに慣れていくことが大切です。

巷には様々なダイエット法がありますが、短期間で集中ダイエットする方法は挫折やリバウンドのリスクが高くなります。一時的に大幅に減量をしても、半年後には以前の体型に戻ってしまうという話はよくあります。無理な目標設定はやる気を失わせるので、自分にとって実践可能と思われる方法を継続してください。

時間をかけて長期的にダイエットしよう

健康的にリバウンドしないダイエットを目指すなら、時間をかけて長期的に行いましょう。時間をかけるとモチベーションが低下しそうと考える人は多いでしょうが、時間をかけたほうが成功率は上がります。そもそも人間の身体は短期ダイエットをするのには適していないのです。地道に痩せたほうが体質改善が可能になるため、リバウンドのリスクを軽減できます。

リバウンドせずにスリムな体型を維持できれば、痩せることが楽しくなるはずです。痩せた体型をイメージすることで、モチベーションの維持も可能になるでしょう。痩せることでどのようなメリットがあるのか明確にしておくことも、ダイエットを成功させるためのポイントです。無理をせずに時間をかけてマイペースで実践していきましょう。

短期集中のダイエットでもリバウンドしない方法はあるの?

短期集中のダイエットはリバウンドのリスクが高いですが、100%するというわけではありません。1週間のプチ断食を行って体重を減らしてから、適正カロリー内での食生活に戻すという方法がおすすめです。プチ断食をすることで胃腸が活性化し、脂肪の燃焼力を高めることができます。

1週間程度の超短期ダイエットだと、筋肉が著しく減少することはないので、代謝の低下を防ぐことができるでしょう。肥満になりやすい要素として胃腸機能の低下があるので、疲れた胃腸を回復させるためにも1週間のプチ断食をおすすめします。

ファスティング飲料を活用し、夕食と置き換えをするとよいでしょう。胃腸を朝までゆっくりと休ませることで、代謝力を高めることができます。

体重キープが最終目標!自分に合った緩やかなダイエットを

苦労してダイエットをしてもリバウンドしては逆効果でしょう。リバウンドをするためにダイエットをする人は誰もいないはずです。ダイエット後は体重キープが最終目標であり、そのためには自分に合った緩やかなダイエットから始めていきましょう。緩やかに体重を落としていけば身体に負担がかからないので、リバウンドのリスクも少なくなります。

ダイエットをしてから1ヶ月程度体重をキープできれば、ひとまず安心と考えてよいでしょう。ダイエット後は暴飲暴食に走ってしまう人が多いので、ここだけは注意してください。体重をキープして体質を固定化させていくことで、太りにくい体質に変えることができます。ダイエットにかける期間は、最低でも3ヶ月以上には設定しておきましょう。