リクナビ薬剤師の情報・概要・口コミ・評判を調べました

転職と言えば、今やごく当たり前の世の中になりました。自身のキャリアアップや自分の適性・スキルに見合った職場、また活き活きと働ける場に就くためにも欠かせないものです。それらの転職の際に強力な助っ人となるのが、インターネットの転職サイトです。転職サイトといっても様々あります。

まずは、求人数が多いところでないと話になりません。また、口コミはとても参考になるので、その数も重要です。そういったサイトの中でも有力なのがリクナビ薬剤師です。マーケティング会社の調査によると薬剤師からの認知度がNo.1で実績はトップクラスと言われています。専任のキャリアアドバイザーの存在も大きいです。そういったリクナビ薬剤師に関する情報を紹介します。

サービスの概要と特徴

リクナビ薬剤師はリクルートが運営している薬剤師専門の転職サイトです。リクルートは様々な雑誌やWEBなどの媒介を発行しているため知名度が高く、リクナビ薬剤師もそれらを生かして大手から中小まで幅広く求人を検索することができるといった特徴があります。

また求人数も全国に35.000件を超えるなど圧倒的な求人数と転職ノウハウを持っているため転職希望者にとってはとても心強いです。転職コンサルタントは優秀であればあるほど優位に転職活動を進めることができるためリクナビ薬剤師はまさにうってつけというわけです。求人の内容を見てみると病院や調剤薬局の案件も多いですが、それら以上にドラッグストアからの求人も豊富に用意されています。

さらには高収入求人が多いのもリクナビ薬剤師の特徴の一つです。そのため病院勤務からさらに高収入を目的に転職される薬剤師も少なくありません。その他にもよい求人案件があった場合問い合わせに対して電話やメール連絡が早いのも特徴です。

とくに初めての転職の場合とても不安でいっぱいであるため、転職コンサルタントの素早い対応はありがたいです。このようにこれからキャリアアップや高収入を目指すのであればリクナビ薬剤師はおすすめです。

人気の理由と会員数

リクナビ薬剤師が人気でその会員数が多い理由は、色々な求人を取り扱っているからです。また会員数は薬剤師の中でも今現在求職している人やあるいは今は職を離れているけれどもしばらくしたら復帰しようと思っている人など、色々な人がたくさん登録を行っています。

薬剤師は今後徐々に処方箋を受け付ける調剤薬局だけではなく、在宅患者のもとへと赴きそこで在宅医療の一環として薬の服薬指導などを行う在宅療養管理指導などへとシフトを進めていきます。医療機関側でも通院が困難な患者への対応のために訪問診療や往診、訪問看護などを行う中で調剤薬局でもその動きに呼応するように在宅医療へとシフトを進めざるを得ません。

こうした背景がある中でリクナビ薬剤師もその登録者数に対して徐々に調剤薬局での在宅医療の話も振らざるを得なくなる可能性が高まります。地域によってはすでに在宅医療へと舵を切りつつあるところも現れました。したがって薬剤師だけが取り残されることはありませんので、その動きに付いていくようになります。

会員数の増加では非正規雇用を望む人も多く含まれます。そのなかで時間限定での働き方を許容する人はいますので、需要と供給の関係から成り立つと考えているところです。在宅医療は時間が限られる働き方でも可能な仕事の一つとなります。

サービスの良い転職サイトに登録

リクナビ薬剤師を利用したいけど、サービスの流れや祝い金がでるのかよくわからないという人もいます。リクナビ薬剤師を利用するサービスの流れですが、登録すると翌日には35000件の求人の中から厳選した5件の求人を紹介してくれます。5件ならばじっくりと比較できるので選びやすいのが特徴です。

専属のキャリアアドバイザーが在籍しているので、自分の希望ははっきり伝えることが大事です。求人探しの専門家のキャリアアドバイザーが条件にあった求人をピックアップしてくれるので希望通りの薬剤師の求人が見つかりやすいです。紹介された求人を見て、自分にはあわないと感じたらキャリアアドバイザーにその感想を伝えて大丈夫です。

何回もやり取りを重ねることで、自分が希望している求人を見つけることができます。希望にあった求人が見つかったらキャリアアドバイザー経由で応募します。職務経歴書の作成サポートや面接の日程などの調整もおこなってくれるので、転職がなれていない人でも安心して任せることが可能です。

面接のアドバイスもキャリアアドバイザーがしてくれるので、不安なことがあれば何でも相談するといいでしょう。採用が決まったら条件の交渉などもキャリアアドバイザーがやってくれるので助かります。ただしリクナビ薬剤師では就職が決まっても祝い金はもらえないので気をつけてください。

こんな方にオススメです。

あなたは大学の薬学部に在籍中で、薬剤師の資格に合格して卒業までに就職先を探している学生さんですか?

それとも薬剤師の資格を取って働いていたけれども、結婚や子育てのために一度仕事を辞めて、お子さんに手がかからなくなったので、まずはパートから仕事を再開しようと思っているお母さんですか?
薬剤師として病院や薬局に就職したけれども、当時と環境が変わったので、今の自分に合った職場で働きたいと思っている現役の薬剤師さんかもしれませんね。

リクナビ薬剤師はそんなあなたにぴったりな薬剤師のための求人サイトです。薬剤師の就職先は病院やクリニックだけではありません。製薬会社など企業やドラッグストアなど多岐にわたります。リクナビ薬剤師は日本最大級の薬剤師求人サイトですので、全国の病院やクリニック、ドラッグストアや企業からのたくさんの求人が集まっています。

その中から、正社員かパートか、どこで働きたいのか、もちろん給与や勤務先の場所などいろいろな条件を比べる事ができるので、資格を取ったばかりでこれから正社員としてガッツリ働きたい学生さんにも、お子さんが学校に通っている間だけ働きたいお母さんにも、転職先を探す現役薬剤師さんにも、自信を持ってオススメできるのです。

「リクナビ薬剤師」の口コミ

「就職活動の時にもリクナビ薬剤師を利用していたので、今回の転職の際にも利用することにしました。もちろん、他の転職サイトも利用していましたが、やはりこちらの方が有名で安心感ありますね。担当者していただいた方の印象も良かったです。」

「初めての転職で不安がいっぱいでした。でも、リクナビ薬剤師はコンテンツが充実していて希望どおりの条件で転職することができました。スカウト制度もいい制度だと思います。今は新しい職場で元気に頑張っています。」

「コンサルタントさんが真剣に対応してくださる方で、こちらの希望にそって転職先を頑張って見つけてくれました。また、直接にヒアリング調査もしていただき、労働条件などもしっかりと確認できました。今の職場は以前よりも雰囲気も良く、年収などの労働条件も良く、楽しく働いています。リクナビ薬剤師を利用して正解でした。」

「紹介される案件は確かに多かったです。しかし、とにかく面接に持ち込もうとされるようで、実際に面接に行くと私の希望条件と微妙に違っていたりしてミスマッチも多かったと思います。また、電話も頻繁にかかってきたりしてちょっと面倒に感じることもあり、担当さんにもノルマがあるのかと思ってしまいました。私の場合は結局うまく転職できませんでした。」

「リクナビ薬剤師」の口コミから分かること

人材紹介最大手のリクルートが運営しているというだけあって、信頼性やコンテンツの充実性の高さが口コミからも伺えます。担当コンサルタントの評判も高く「理想の転職先をみつけてくれる」「徹底したヒアリング」に高い評価が集まっています。年収や労働条件も好転したという声も上がっており「今の年収を低いと感じている」方にも一見の価値があります。

しかし、案件が多いだけに「電話が毎日のようにかかってくる」「ミスマッチが多かった」と不満に思う方もいるようです。自分の条件を明確にしたり、スカウト制度を利用したりするなど、アプローチの仕方を変えてみるのもひとつの手でしょう。また、担当コンサルタントが親身に話を聞いてくれる分、時間を取られると感じる方もいました。

転職する本気度によって煩わしさは変わってくるかもしれません。初めて転職サイトを利用される方にとっては、時間をかけて相談できる頼もしい存在にもなり得ます。「リクナビ薬剤師」は総じて口コミの評価は高く、バラエティに富んだ案件を多く扱っています。

転職の条件や目的をはっきりとさせることで、ミスマッチも防ぎやすくなりますので「時間をかけてでも理想の転職先を見つけたい」と考えている方にとっては、登録をお勧めできる転職サイトだと言えるでしょう。

薬剤師の求人が増えるとき

リクナビ薬剤師で確認が出来る求人が急激に増えるタイミングはあります。新卒や第二新卒を狙ってのタイミングなどがありますし、その卒業前の年なども人材確保のために行うときがあるわけです。無論こうしたとき以外でもリクナビ薬剤師の求人が増えるときはありますが、外部的な要因に寄ることが多く一概には言えません。

したがって一般的に増加するときを狙っての応募となります。このとき競合する他のサイトもありますが全てがかぶるわけではありません。リクナビ薬剤師にしか求人情報を載せないところがあり、そうしたところとの連携をしっかりと図っています。この他にもドラッグストアなどとも連携を図ることで掲載情報の充実に力を入れています。

ドラッグストア側の都合で掲載時期を少しずらす場合があります。したがって国家試験合格後直後の掲載が多いわけですが、それ以降で少し時間をおいたタイミングでの掲載もなされたりします。

地方での薬剤師不足は顕著です。地域柄元々の人口が少ない等の理由もありますが、大学を卒業したばかりあるいはこれから卒業を迎える人たちが地方にまで目を向けることはなかなか難しいのが実態となります。地方で採用をしたいと考えている企業などは試験合格発表後すぐに掲載をするケースもあります。

新着に関する情報提供

リクナビ薬剤師では色々なお知らせを新着でお届けしているところです。求人情報からお得になるような情報までありますが中でも求人情報ではいち早くその内容を届けるために、メールマガジンなどでも送信をすることによって届けています。中にはリクナビ薬剤師でしか確認できないような求人もありますし、既に届け出ている内容によってその条件に沿ったものを表示するようにしています。

特に最近では在宅医療の普及が図られるようになりその分だけ在宅医療での薬剤師の仕事に関するものが増えている傾向です。介護保険に関する情報などでも法改正で薬剤師が関わるようなものもお知らせします。特に在宅療養管理指導や居宅療養管理指導などで診療報酬や介護報酬が変更されたとき、薬剤師の求人にどう影響が出るのかなどを特集を組んだりして対応することもあります。

こうした情報は薬剤師の求人情報に少なからず影響を与えるものです。在宅医療が活溌になることで薬剤師もその対応をせざるを得なくなりますし、その分だけ仕事が増えます。足りない人手をリクナビ薬剤師の利用で対応をするという流れが出来ますので、求人でも在宅医療に対応が出来る人材を求めるという話しになります。

問い合わせへの対応力

リクナビ薬剤師を利用して就労を目指すときに、その目指す先によっては接客の対応をしなければならないことがあります。このとき一般の調剤薬局の場合でも必要ですしまたより求められるのがドラッグストア内での調剤薬局です。リクナビ薬剤師ではこのドラッグストアへの対応も行っていますので、事前にどのような雰囲気なのか確認したいときなどは相談をすることが望ましいと言えます。

ドラッグストアでは一般の調剤薬局以上に接客に対して神経を使います。その理由としてはドラッグストアにくる客は調剤薬局を利用しない人の方が多く、調剤薬局での対応も横目で見ているものです。もし対応が悪いような場合にはその場では言わないでしょうけれども後々ドラッグストアでの調剤はやめた方が良いと言われかねません。このことをドラッグストア側では良く理解をしています。

ドラッグストアでの薬剤師による調剤では一般の調剤薬局以上に接客に関して確認をしなければならないです。つねに顧客に見られていると言う意識を持つ人が成功に繋がります。リクナビ薬剤師でもこうした経験談などを紹介することが出来る場合がありますので、気になる場合は事前に確認の上で応募することが望ましいです。

助言などのフォロー

リクナビ薬剤師を利用して就労された人に向けたサポートをとっています。就労したときとは違った内容でちょっと困っていることがある場合、その内容に応じて専門的な助言も含めた対応をとります。特に最初に聞いていた内容とは違う勤務態勢や就労条件さらには雇用保険や社会保険、厚生年金への加入問題などで困っているといったときでも相談に応じられます。

薬剤師としての就労で実際に困っているというケースもあれば、その時々で人間関係であったりあるいは上司などとのやりとりの中で困るケースもあります。今までのノウハウを豊富に有するリクナビ薬剤師であればこその専門的な助言などを行えるわけです。

勤務条件が実際に違っていたような場合などはその雇用先との話し合いで解決になることもありますし、場合によっては士業の専門家たとえば就業関係で社会保険等への加入の問題であれば社会保険労務士に相談をすることもあります。悪質な違反行為などはその時々に応じてさらに弁護士等とも協力して対応に当たることもあり得ます。

リクナビ薬剤師を利用した人が安心して仕事に専念が出来るように努めていく体制作りと、対応力の強化をリクナビ薬剤師では行っているわけです。