リバウンドする原因を知ろう!ダイエットを無駄にしないための対策

健康や美容、またはある目的のためにダイエットを志す方は多いかと思います。せっかくダイエットをしてもリバウンドをしては努力が無駄になってしまいます。これからその原因をと対策をご紹介していきます。

ダイエット後にリバウンドをする原因は主に3つあり、短期間で成果を上げようとする行為や期間中に身体を作るたんぱく質を極端に減らした場合。身体の防衛本能であるホメオスタシス効果が働いて諦めてしまうことが挙げられます。

リバウンドをしないためにはトレーニングも大切ですがそれ以上に日々の食事が重要となってきます。美味しく、身体にもいいおすすめのレシピを生活に加えたりとちょっとした心がけをすることで健康的に体重を維持することができます。

短期間のダイエットは大きなストレスがかかる

次のサマーシーズンまでに痩せたいと思ったり、結婚式までにプロポーションを整えたいなどのようにダイエットの目的がある人は、十分な効果を得るために本気で減量にチャレンジすることが多いようです。短期間で成果を出すためにハードな運動を行ったり、無理な食事制限をする人が少なくありません。

ですが、このような短期集中型のダイエットは、一時的に体重を落とすことができても、その後すぐに体重が戻ることがあるので注意が必要です。場合によっては、元の体重以上に太ってしまうこともあります。これらのリバウンドの原因は、ダイエットによるストレスが要因になっています。

短い期間で体重を落とすためには、断食や大幅なカロリーカットが必要なうえに、いつも以上に体を動かして消費されるカロリー量を増やす必要もあります。これにより体と心に大きなストレスがかかり、無意識に食べ物を口にしたいと考えるようになります。

その結果、ダイエットを終了した途端に食べ物を大量に食べやすくなるので気を付けましょう。この状態でのリバウンドは、筋肉量が減った状態で太ることになるので、短期間ダイエット前よりも脂肪量が多くなることがあります。これを繰り返すと、太りやすい体質になる可能性が高くなります。

ダイエットするなら健康的に

ダイエットをしようと思って食事の量を減らすような制限をしていくと、始めた頃はいいのですがそのうち余り減らなくなってきて、段々と耐えられなくなってきます。人間の体には生命を維持するための機能としてホメオスタシスがあり、栄養不足になってくると自分自身を守るためにエネルギー消費量を減らしていきます。

緊急事態であれば仕方のないことですが、ダイエット中も食事制限をすることで同じような飢餓状態になり、体重が減らなくなる停滞期としてしばらく体重の変化が殆どなくなって実践する側を不安にさせてしまうのです。

約一ヶ月もすればホメオスタシスの機能も現状で大丈夫なのだと認識してまた減る時期がやってくるのですが、知らずに途中で諦めてしまって食事を元に戻してしまうと、これまで以上にカロリーが蓄えられやすくなっている状態なので太りやすいです。お腹も空きやすく満腹感も感じにくくなっているので量も増えて結果的にリバウンドして体重が前より増えていたという結果になります。

急いで一気に減らそうとするとよりホメオスタシスも働きやすいですから、体重の5%を目安に一ヶ月じっくりと時間をかけて減らすようにすると、リバウンドも少なく健康的に体重を減らしていけます。

体重だけでなく筋肉も減ってしまうとどうなる?

ダイエットの定番は食事制限ですが、上手くいかないと体重を減らすどころか増やしてしまうリバウンドに悩まされることもあります。カロリーを減らせば体重は確かに減りますが、筋肉量も減ってしまって基礎代謝が落ち、今度は逆に太りやすい体になっていきます。恐ろしい事にリバウンドを繰り返すほど太ってしまうのです。

筋肉量を維持するためにはタンパク質が必要不可欠ですから、不足するだけでも体重が増えてしまうと言われているほどです。必要量の目安は1日に自分の体重に1gをかけて算出しますが、大人だと約50~60gは摂取したいところなので、肉や魚、大豆製品などたくさんありますからバランスを考えて食事をするように心がけましょう。

タンパク質は動物性のものはカロリーが気になって多くの人がダイエットの時は食べる量を減らしていくのですが、筋肉をしっかりと保持するためには動物性タンパク質は欠かせません。

植物性ももちろん摂取する方がよいので、カロリーのことも考えながら両方を程よく食事で取り入れていって下さい。ダイエットをする時にはタンパク質不足にならないように食材を選びながら、しっかりよくかんで満足感も得られるようにしてリバウンド対策も行うようにしましょう。

自分の身体に適したダイエット方法を

同じダイエットを行っても順調に痩せて結果を出せる人もいれば、なかなか体重が減らずに結果がでないうえリバウンドしてよけい体重が増えてしまう方もいます。これは、自分の身体に適したダイエット方法を選んでいるかどうかが原因になっています。人は大きくわけて糖質で太るタイプと脂質で太るタイプにわかれます。

糖質で太るタイプの特徴としては、寒さに強く短距離走などの無酸素運動が得意であるなどの特徴があります。脂質で太るタイプは暑さに強くジョギングなどの有酸素運動が得意な方が多いです。糖質タイプの方は、お米などの炭水化物や砂糖を大量に含んだお菓子などの取りすぎによる血糖値の急上昇によって太りやすい傾向があります。

糖質で太りやすい人は、食事の際に糖質摂取を少なくするように心がけると痩せやすくなります。血糖値を急激に上げないように食事するときには主食のご飯やパンより先に野菜を食べることで血糖値の上がり方を緩やかにすることもできます。

食事に糖質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1を多く含んだものを取り入れるのも効果があります。脂質で太りやすい方は、肉やマーガリンなどの脂質を多く含んでいるものを控えるとよいでしょう。また、脂質をエネルギーに変える働きをもっているビタミンB2が含まれている食材も取り入れるようにすると効果が出やすいです。

リバウンドのリスクが高い方法

ファスティングはプチ断食のことで、消化器官の機能回復、カロリーカットなどに役立つ健康法です。胃腸が元気になりますし、減量を期待できるのもメリットです。最近では短期ダイエットとして用いられることが多いですが、リバウンドしやすい方法でもあるので注意してください。

プチ断食には酵素ドリンクやファスティング食品が活用されますが、食事ほどの満足感は得られません。普段の食事量が多い人ほどストレスが溜まるため、途中で挫折する可能性が高くなります。自分が辛いと感じた方法は、長期の継続をするのは容易ではありません。

ダイエットで挫折する怖さはリバウンドのリスクを高めることです。短期間で大幅に落とした場合は、肥満体質はまだ改善されていません。こうした状態でダイエットを急にやめてしまうと、体重が前以上に増えてしまうのです。プチ断食は上手に実践すれば非常に効果的ですが、焦って短期間で痩せようとしてはいけません。

プチ断食をするタイミングは毎日である必要はなく、週に1~2回でもいいのです。例えば休日限定で行ってもよいですし、気の向いたときに置き換えるのもありです。週に1~2回の断食が無理という人は、この方法で痩せるのは難しいと言えます。

リバウンドしやすいダイエット

ダイエットは、継続することも大変ですがやる気を損ねるナンバーワンの理由といえばリバウンドではないでしょうか。リバウンドしやすい危険なダイエット方法として〇〇だけダイエットというものが挙げられます。結局、三食はきっちり規則正しく栄養バランスを考えて食べなければ、綺麗に痩せることは不可能なのです。

例えば、炭水化物やお肉を摂取せず、サラダのみ食べて体重を落とす方法や、水などの飲み物だけとって早く体重の数値の効果を見る方法などがとても危険なのです。確かにこれらの痩せ方は、短期間で一気に落とすことが可能なのでやりがいややる気もアップするかもしれません。しかし、短期間で落とした体重は短期間で戻りやすいのも事実なのです。

せっかく頑張って落とした体重もリバウンドしてしまうと、何のために頑張ったのかわかりません。肌荒れや体調不良にもつながりますので、やはり三食はきちっとバランス良い食事を摂取しましょう。
もちろん、バナナだけやリンゴだけの、果物だけダイエットもやめておきましょう。

これらの果物は体に害はありませんが体を支えるパワーとしては、足りません。結果、ダイエットを終わらせたあとに食べたものを全て体が吸収しようとするのであっさりリバウンドしてしまいます。結局は、健康的に痩せるのが一番近道なのです。

ダイエットで危険なこと

ダイエットを行う際に、多くの方がしてしまう間違った方法の一つが○○抜きダイエットです。特に脂質を多く含むお肉や脂を利用した料理を極端に減らして、偏った食材ばかりをとってしまう方は少なくありません。

しかしお肉と言っても全てが油脂を多く含むわけではなく、油脂が少ない赤身肉や鶏肉などを上手く食材に取り入れることで体に必要な動物性タンパク質を取り入れることが出来ますし、お通じを良くするためには適度な油分も必要不可欠です。また体に良いからと言って、野菜ばかりを摂取するのも体にはよくありません。

お通じをスムーズにすると言われる食物繊維も、大量に摂取してしまうとかえって体に蓄積してしまい便秘の原因となりやすくなります。そのため適度な水分を取り、普段どおりに栄養バランスの整った食事を一日3食きちんととることは基本となりますし、肉や魚、野菜やご飯などを適度に大量に食べすぎなければ、ダイエットを行っていく上で問題は無いのです。

偏った食事を続けてしまうことで、体に必要な栄養素が不足すると少量でもお肉や脂を摂取した時に大量に体内吸収を行ってしまい、せっかく落とした体重もリバウンドを起こす原因となる危険があります。

体重計で測定!?リバウンドを起こさない秘訣

人間の身体は摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなると、飢餓から逃れようとする力が働いて基礎代謝を抑制させる防衛反応が起きるようになっています。これはホメオスタシス効果と呼びますが、食事量が少ない場合でも人が生きて行くための生存本能と言われています。

摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなる状態を飢餓状態と呼びますが、ダイエットを始めた時点では体重が落ちて行くけれども、ある時を境に減少しなくなる、これはホメオスタシス効果が働いているために生じるものです。ダイエットしているのに体重が減らないとなるとモチベーションが下がってしまう、ダイエットを途中で止めてしまう人も多いと言えましょう。

これはリバウンドの原因になるものでもあり、この状態で以前と同じような食事を摂るようにすると、身体のエネルギー消費が低下しているなどからも余分な体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

体重計を毎日使って計測する事はどれだけ体重が落ちているのかを知るだけでなく、停滞期に入った時に基礎代謝を上げるタイミングを知る目的もあります。基礎代謝を向上させるためには筋肉量を増やす、そして筋肉を作るのがタンパク質などからも、適度なたんぱく質を摂取して筋肉を増やすようにしましょう。

無理をしないダイエットがリバウンドを防ぐ

食事制限を地道に続けていればダイエットができますが、ちょっとしたきっかけがリバウンドにつながります。普段はあまり食べないけど、食べるときは徹底的に食べるという人は要注意です。一度の暴飲暴食がきっかけでダイエットをやめてしまうケースがあるからです。

食事制限は少なからずストレスが溜まるので、毎日続けるのは簡単ではありません。無理を重ねた結果、たまのご褒美として食べ放題の店に行ったものなら、我慢した分を回収するつもりで食べてしまうことでしょう。リバウンドはダイエットのストレスが大きいほど反動としてやってくるので、無理をしないことが何より大切です。

食事制限はダイエットの鉄板ですが、カロリーを減らしすぎるのはよくありません。カロリーの元となる三大栄養素はいずれも生命活動に欠かせないため、過度に制限するのはよくないのです。たんぱく質は筋肉の原料となりますし、糖質は脳の唯一の栄養源となります。

脂肪は便通をスムーズにしたり、肌のバリア機能を維持したりします。特定の栄養素だけを著しく減らしてしまう方法は、身体本来のバランスを崩すので健康によくありません。健康的にダイエットをするためにも、身体に無理のかからない方法を長期継続してください。

ダイエットは食事も重要

短期間で体重を落とそうとすると過度な食事制限や運動を行いがちですが、普段の生活よりも無理をして体重を落とすことが出来ても、体重が落ちた時点でダイエットを継続しない限りリバウンドは必ず起こってしまいます。そのため体重を落としてもリバウンドしにくい体つくりをすることがとても重要になります。

特に毎日の食事量を制限する極端な方法をとっている場合、普段食べていた食事量が減ったり間食などをしていた人が間食を一切行わなくなるとストレスを感じやすくなり、体重が落ちた時点で反動を起こし普段以上に食事や間食をしてしまう危険があります。そのため毎日の食事は適切に3食食べる事や、カロリーをチェックして間食を行う事は問題無いのです。

そのため毎日の食事分をきちんと消費するためには、適切な運動を継続して続けることが重要になるのでストレッチやエクササイズなど自宅で行える運動方法や、ウォーキングやジョギングなどの外でじっくり行える運動を生活に取り入れるようにしましょう。

運動をして体に適度な筋肉がついてくれば、何もしなくても脂肪が自然に燃焼する痩せやすい体を作ることができるので、効果的にダイエットを続けることができるようになります。

ダイエットでリバウンドを避ける方法

ダイエットに成功して体重が落ちたと言っても、直ぐに油断すべきではありません。体重が一時的に落ちるというのは珍しい事ではなく、厄介なのはリバウンドが生じてしまう事です。ダイエットのリバウンドは元の体重に戻る所か、逆に増えてしまうケースも珍しくないので非常に厄介だったりします。

そもそもリバウンドが起きてしまう原因は、極端な食事制限をして一気に体重を落とそうとした場合に起こるケースが多いです。人間の身体というのは、食事により入って来るエネルギーが少ないとエネルギー消費を減少させて維持しようとする機能が働きます。お陰で食事制限に耐えられなくなり、ダイエット前と同じ食事を摂る様になった時に以前よりもどんどん太る様になってしまいます。

ダイエットをリバウンド無しで乗り切りたいなら、極端な食事制限は止めるべきです。おすすめレシピとしては、具だくさん豚汁を食べる事だったりします。豚汁であれば様々な野菜を同時に食べられる上に、タンパク質も補えるので身体に必要な栄養素を効率良く摂取する事が可能です。

しかもごぼうやれんこんといった根菜類を入れると、歯応えがあって満腹感が得られ易い上に食物繊維を摂取出来るのでお通じの改善効果も期待出来ます。この様に具だくさん豚汁は、ダイエットでリバウンドしないための食事として大いに期待可能です。

心も体も満足できるレシピ

リバウンド対策には心も体も満足できるレシピを作ることが大切です。そのために是非レンコンと鶏ひき肉の甘辛炒めにチャレンジしてみましょう。ダイエット後の体は栄養を吸収しようとしているため、出来るだけカロリーを抑えつつ栄養バランスに気を配るのがコツです。

そのためひき肉はヘルシーな鶏を選びましょう。最初にフライパンで鶏ひき肉を炒める際、にんにくとしょうがをじっくりと炒めると風味がプラスされるだけでなく血行促進や新陳代謝アップなどリバウンド防止効果が期待できます。レンコンのような根菜類の野菜は腹持ちが良く、ダイエット後のお腹を優しく満たしてくれるでしょう。鶏ひき肉の色が変わってきたらレンコンを加えて炒めます。

その後味噌と醤油を加えて、隠し味に豆板醤をプラスすることで甘みとコクを出し、充分な満足感が得られる一品になります炊き立ての白いご飯と一緒に食べると絶品です。彩り不足が気になる時は豆苗やカイワレ大根をプラスすると見た目が華やかになっておすすめです。

ダイエット後のリバウンドを防ぐためには、食事をする順番にも注意しましょう。いきなり炭水化物を食べると血糖値が上がりやすいため、まずはサラダなどの副菜を食べてからメインに向かいましょう。

ダイエットリバウンド

おからハンバーグはカロリーも低く、炭水化物も入っていないのでリバウンドする可能性が低くダイエット向きの料理と言えます。作り方も簡単でミンチ肉の中につなぎとしておからを利用するだけなので、誰にでも簡単に作る事が出来る物です。また保存もきくので、おからハンバーグのタネをいくつか作っておき、冷蔵庫に保存して置けば食べたい時に約だけで済むのでお勧めです。

長期間保存する場合には冷凍保存する事も出来るので、自分に合った保存方法を選びましょう。またおからハンバーグは食物繊維が豊富に含まれているので、脂肪の吸収を抑えてくれるだけではなく、お通じも良くなります。

老廃物を身体から出す事が出来るので、体重が落ちやすくなるのとおからハンバーグを食べるとおからによる効果で満腹感を得ることが出来るので、ドカ食いする事もありません。リバウンドする一番の理由はこのドカ食いが原因に鳴るので、満腹感を感じる食事レシピを考える事が大切になります。

その点ではどこでも手に入る事が出来る食材を利用して作る事が出来るおからハンバーグはリバウンドしないダイエット方法には有効と考える事ができます。おからの配分を多くするとより効果的にダイエットが可能です。

リバウンドしないためのおすすめレシピ

ダイエットを頑張って取り組んで、減量に成功しても全体の3割ぐらいの人はリバウンドしています。リバウンドすると頑張ったことも水の泡ですし、なかなか痩せにくい体質に戻るので、より痩せるのが難しい状態になります。そのため、ダイエットが成功してもジャンクフードやお菓子ばかり食べていてはいけません。

ある一定の期間はできるだけ体重をキープさせるヘルシーなメニューにしましょう。そこでおすすめのメニューが、さけとしいたけの中華煮です。ヘルシーなのに美味しくて、食べ応えもあります。鮭はお魚の中でも栄養価が高く、ビタミンも豊富に含まれています。また、しいたけもきのこ類の中でも優秀な食材です。

味付けは中華風に、お醤油、ウェイパー、少量のごま油で整えましょう。ダイエットメニューではなかなか中華料理は食べられないですが、ウェイパーなどのだしを使えば低カロリーに楽しむことが出来ます。また、最後に片栗粉でとろみをつけるのもおすすめです。

とろみをつけることでさらに満足感のあるメインのおかずにすることが可能です。しいたけは肉厚のものをしっかりと焼いて調理すると風味も良く、ダイエットメニューということも忘れるようなレベルになります。

リバウンドしない身体作り

ダイエットに成功した人もほとんどが経験していると言っても過言ではないリバウンド。せっかく痩せて理想の自分に近づけたのもつかの間、元の体型に戻ってしまったり、悲しいかな元の体重以上になってしまう人も少なくありません。リバウンドを避けるには、まずそのメカニズムを知る必要があるでしょう。

一言で言ってしまえば、これは身体のホメオスタシス効果によるものです。私たちの身体は上手く出来ていてなにかいつもと違うと感じると、それを元の状態に戻そうとします。急激な体重の減りを危機と捉えた身体は、食べたものを体脂肪として蓄積しようと働くようになってしまうのです。そのため、今までと同じように食べていても太りやすい身体になってしまうのです。

それを避けるためには体質改善を図り、痩せやすい身体を作るしかありません。基礎代謝力が上がれば、それだけカロリーを消費しやすくなります。そのためには身体全体の筋力を上げるのが効果的です。筋力トレーニングと有酸素運動を両方取り入れるのが一番です。

ダイエットで運動と同時にとても重要になってくるのが食事です。栄養バランスの良い食事を毎日心がけることが大切です。中でもタンパク質はダイエットに欠かせない栄養素ですので積極的に取りましょう。