ルールを守れば1日5食で痩せる!ファイブファクターダイエットとは

1日に5食も食べても大丈夫という、ダイエットがあるのをご存知ですか。食べることが大好きな人に、大変おすすめな、1日5食ダイエットですが、食事回数を増やしても、何故痩せることが出来るのか、その仕組みと食事内容のコツについて、しっかりと知っておきましょう。

レディガガも実践するファイブファクターダイエットとは

1日5食ダイエットは、海外ではファイブファクターダイエットと言われており、あのレディガガも実践する程の、人気のあるダイエットです。ファイブファクターダイエットは、細かな食事のルールがあります。

脂肪の少ないたんぱく質を摂る、普段の炭水化物の量を半分にする、食物繊維を1回につき5gから10gを摂る、オリーブオイルやごま油などの良質な油を摂る、ノンカロリー飲料での水分補給を積極的に行うという事です。

ちょっとルールは細かいですが、それさえしっかりと守れば、1日に5食も食べることが出来るのですから、食事が大好きな人には、大変おすすめのダイエットだと言えます。あまりにもルールが厳しいと言うことであれば、もう少しルールを簡単にすることも出来ますので、是非実践してみましょう。

どうして1日5食にすると痩せるの?

1日3食よりも、どうして5食にすることで痩せることが出来るのでしょうか。その理由は、血糖値にあります。血糖値は、ご飯やパンなどの炭水化物に含まれる、糖質を摂取した時に数値が上昇します。急激に血糖値が上がると、インスリンと呼ばれるホルモンが過剰分泌され、身体に脂肪が溜まりやすくなります。

さらに、急上昇した血糖値が急降下すると、眠気を感じたり、強い空腹感を感じるようになります。食事回数が少ないと、1度の食事で摂取する糖質量が増えてしまい、結果として血糖値が上がりやすくなり、太ってしまいます。

血糖値を急激に上げないために、1日5食にして、糖質のコントロールをすることで、食事回数を増やしても太りにくくなります。空腹も感じにくくなりますので、大変おすすめです。

どんなものを食べればいいの?摂取カロリーがポイントに

1日5食ダイエットは、あくまでもダイエットになりますので、普段と変わらない食事量で2回増やしても意味がありません。1日3回の時と同じ食事量で5回に増やすというのが、重要なポイントとなります。また、更に気をつけて欲しいのが、糖質量は増やさないように気をつけるという事です。

朝食に食べているパンを半分にしたり、普段食べている白米の量をカットしたり、半分にするなど、ちょっとした工夫で糖質量を抑えることが可能です。また、ミックスナッツやチーズ、ゆでたまごやサラダチキンなどは、糖質が低いので大変おすすめです。

それらのものは、全てコンビニで購入する事が出来ますので、忙しい人でも手軽に行う事が出来るダイエットだと言えるでしょう。

ダイエットや美肌も!一日5食ダイエットの効果って

1日5食ダイエットは、食事量と糖質量に気を付ければ、無理なく痩せることが出来ます。また、無理な食事制限をする訳ではないので、健康にも良く、ストレスも溜まりにくいので、美肌効果を得ることが出来ます。

何も食べないで身体に負担を掛けるようなダイエットや、単品ダイエットなどを実行すると、体重は落ちたとしても、身体に様々な不調が現れます。髪の毛がある日、ごっそりと抜けてしまったり、生理が来なくなったり、ビタミン不足で肌荒れが起こったりします。

1日5食ダイエットは、栄養バランスを考えて、きちんと食べることが出来るダイエットですので、身体に負担を掛けずに、自然と緩やかに痩せることが出来ます。また、きちんと食べているので、リバウンドもしにくい身体になれます。

我慢はドカ食いのもと!回数を増やすと食欲が抑えられる?

ダイエットで即効性を求めるあまり、ついつい食事制限をしてしまうと、空腹感に耐えられなくなって、ドカ食いをしてしまいます。また、空腹って感じるほど、身体は脂肪を溜め込もうとするメカニズムになっているので、よけい太りやすくなるというデメリットがあります。

1日5食ダイエットは、食事回数を増やして空腹感を感じにくいダイエットです。そのため、余計なドカ食いを抑えることが出来ますので、一気に体重が元に戻ってしまったり、リバウンドして太ってしまうといったことはありません。

また、インスリンの急上昇や急降下も抑えることが出来ますので、身体が脂肪を蓄えようとしなくなります。自然と痩せやすい身体も作ることが出来るのが、1日5食ダイエットのメリットだと言えます。

1日3食は単なる習慣?食事回数を増やすとご飯がおいしくなる!

ご飯は必ず、朝、昼、夜と1日3回食べなくてはいけないというのは、単なる習慣であって、絶対にそうしないといけないという事はありません。食事回数を増やせば、それだけご飯を美味しく感じることが出来ます。

ですが、1日5食ダイエットを実行するにあたって、何でも好きなものを食べてよいという事はありません。毎日出来る限り規則正しく5食食べるように心掛けて、お肉や魚、野菜や炭水化物を、バランスよく食べることが大切です。

そうする事で、食事に対する考え方も自然と変わってきますので、1回1回の食事を楽しむことが出来るようになります。偏った食事ばかり食べていると、どうしても体調を崩しやすくなり、食事も美味しくなくなります。意識をして食生活の改善をして、毎回の食事を楽しみましょう。

貯めにくいカラダへ!インシュリンの上昇を抑える

空腹を感じるほど、身体は脂肪を溜め込もうとします。また、空腹になると、力が入らなくてフラフラしたり、妙にイライラを感じることもあります。お腹が空いている状態というのは、身体にしてみると、飢餓状態を表しています。

すると、身体が自然と防衛本能が働き、食べたものをエネルギーとして消費するのではなく、脂肪として溜め込もうとしてしまい、結果として少ない食事量でも太りやすくなります。また、空腹状態で糖質を取り入れると、一気にインシュリンが上昇してしまい、脂肪を蓄えようとしてしまいます。

これではダイエットどころではありません。1日5食ダイエットは、食事をきちんと摂るダイエットのため、空腹感を感じにくいというメリットがあります。ストレスも溜まりにくく、自然と脂肪もためにくい身体を作ることが出来ます。

どうやって5食も食べればいいの?重要なのは食事の時間

1日5食ダイエットで重要となるのが、食事の時間です。タイムスケジュールを作って、出来る限りその時間に毎日食べるように心掛けましょう。理想的なタイムスケジュールは、7時、10時、13時、16時、19時と大体、3時間程度間を空けて5回の食事を摂ることです。

ですが、仕事をしている人って、なかなかスケジュール通りに食事を摂るのは難しいですよね。そういった場合には、食事を取れない時間の前の食事の際に、少し腹持ちの良いものを選んで食べるようにしましょう。

また、寝る時間が毎日遅いのであれば、夕食の時間を少し遅めにして、それに合わせて食事の時間をずらすようにしましょう。大切なのは、時間を大幅にずらさないことと、出来る限り毎日同じタイムスケジュールで食事をするという事です。

1日5食ダイエットで気を付けなければならないこと

1日5食ダイエットでは、今まで1日3食食べていた、トータルの食事量を、5回に分けて食べるダイエットです。ですので、一番気をつけなくてはいけないのが食事量になります。今までの量にプラスして2回食事を摂るのは、ダイエットではなく、単に食事量を増やしただけであって、痩せるわけがありません。

その事に気をつければ、食べてよいもの、食べてはいけないものと、決まったルールはありませんので、お肉や魚、炭水化物や野菜など、栄養バランスを考えて摂取するようにしましょう。また、食事は3時間間隔で摂ることも大切です。そのため、毎日食事の時間がずれるのは、管理をするのも大変ですので、タイムスケジュールを決めて摂取するようにしましょう。

リバウンド防止効果も!1日5食のメリット

1日5食ダイエットは、無理な食事制限をする訳ではありませんので、インシュリンの分泌を適度に抑えることが出来ます。そのため、1日の食事量を変えることなく、自然と痩せることが出来ます。

そんな1日5食ダイエットの一番のメリットは、リバウンドをしないと言うことです。空腹感を感じることなくダイエットをする事が出来ますので、ドカ食いも無くなります。また、自然と痩せやすい体質も作ることが出来ますので、健康になれます。

1日5食ダイエットは、即効性はありませんが、確実に体質を変えて、リバウンド防止効果も得ることが出来るダイエットです。しっかりと毎日取り組めば、結果を出すことが出来ますし、食べることが大好きな人は、我慢をしなくても良いので、大変おすすめです。