ワークポートの情報・概要・口コミ・評判を調べました

ワークポートは、ITやWeb系などの求人に強い老舗転職エージェントです。しかも対応が早く、急ぎの転職に向いています。スピードは大手のエージェントより格段に早いです。初回登録が楽で、1分で終わります。また、余計な情報を書かなくて良いため個人情報保護という点においても安心できます。案件の量もたくさん紹介してくれます。

創業以来ずっとITに力を入れており、現状では多くの老舗企業やベンチャー系のIT企業と繋がりが強いという点がメリットと言えます。そして、ワークポートは求人の紹介から面接対策、書類作成のアドバイスなど転職に必要なサポートはしっかりとやってくれます。相談にもきちんと乗ってくれるという点でも安心できます。

転職活動の特徴は手軽で迅速な紹介

2003年に株式会社ワークポートとして設立された人材派遣や急ぎの転職に向いているエージェントです。ワークポートは様々な職種を取り扱う「総合転職エージェント」ですがなかでもITやクリエイティブ系の職種に強みを持っていることで有名です。誰もが知っているメーカーや企業との間に強いコネクションをもっており多くの転職実績を上げております。

ワークポートの特徴としては、手軽に始められることと、どんなキャリアを望んでいるのかを聞き取る転職相談に強みを持っていること、経験や希望を活かした求人をご紹介できることです。特にIT関連にネットワークが築くことを望んでいる人には、キャリアを生かした転職ができると好評を得ています。

専門職種での転職が安全で職場に抵抗なく入っていくことにつながります。大手企業の募集も多く、エンジニアを目指す人にも登録をおすすめする老舗の転職エージェントになります。対応が早く急ぎの転職にも前向きに対応してくれるのは転職業界の動向に常にアンテナを張って紹介案件を増やすことに努めているからです。

紹介案件が少なくては、選択することもできず急ぎの転職には向いておりません。ワークポートはそんな方に寄り添ってくれるエージェントです。

会員数の多さが証

ワークポートの転職相談サービスは、ユーザーの転職を専任コンシェルジュがサポートするサービスです。転職コンシェルジュは各業界に精通しており、マンツーマンによるキャリアアップの手助けを行なっています。何よりも、費用が一切かからないのが魅力で、初めての転職であっても気軽に相談できます。

言うなれば、不動産会社で希望の不動産を探すように、ユーザーのスキルや経験を活かした転職先を探す事ができます。プロの転職コンシェルジュが、病院で症状を患者から聞くように、ユーザーの希望を丁寧にヒアリングするわけです。このようにして、転職希望者にぴったりの職場を案内できるので、自分で探すよりも効率的で低リスクだと言えます。

ワークポートによるサポートは、ユーザーに転職先を紹介するだけに留まらず、面談日程の調整や入社時期の調整、そして年収などの条件交渉など幅広く行われています。こうしたサポートはユーザーの要望が優先されるので、ユーザーが全て自主的に行うことも出来ます。

転職活動マネジメントでは、履歴書や職務経歴書の作成をサポートしており、プロ目線から適性に添削しています。漢字の使い方から文章構成に至るまでチェックするので、書類通過率を大幅に高められるわけです。そして、保有している求人情報の7割以上が非公開求人で、希少性の高い情報が多いと言えます。登録会員数は3万人を超えており、支持の高さを裏付けています。

流れを把握し計画

実際に利用の流れを把握しておくと、転職プランが充実します。ワークポートでは、内定までの平均期間は現職者の場合30~60日間、離職者の場合は20~45日が目安です。まず、サイトの無料転職相談サービスに申し込むフォームからエントリーを行い、転職コンシェルジュとの相談からスタートします。

通常はワークポートまで出向くことになっていますが、利用者の状況に合わせ電話やメールでの対応も可能です。その後、希望に合わせたマッチングが実施され、企業の筆記試験や面接を受けます。通常、筆記試験は1回程度、そして面接試験は2~3回程度行われて採用の可否が決定します。

一連の流れに合わせたサポートが実施されるので、不安を感じる人にもしっかりとしたサポートが提供されるでしょう。応募書類での工夫や面接での心構えなど、利用者の苦手な部分をクリアする適切なアドバイスが、その都度受けられます。

しかし、ワークポートでは転職エージェントに期待されている祝い金の支給はありません。ただし、優良案件が多数あることや転職サービスが無料で利用できることを考えれば、祝い金がなくてもメリットのあるサービスが提供されていると考えて構わないでしょう。

同一業種への転職希望者に向いている

ワークポートは各業界、各業種のスペシャリストを探している会社からの求人が多いことで知られています。

そのため、どちらかと言うと、今まで働いていた業界ではなく、異業種への転職を希望している人よりも、同一業界・同一業種への転職を考えている人に向いている転職サイトだと言えます。転職後もこれまでに培った経験と知識を活用して働きたい、あるいはこれまでに開拓した人脈を活かしたいという人には、ワークポートは最適な転職サイトです。

ワークポートが特に得意としているのが情報通信分野や金融分野、そしてクリエイティブ分野の業種・職種です。これらの業界・業種でキャリアを積んできた人ほど、向いています。システムエンジニアとして数多くのプロジェクトに関わった経験がある人、ゲーム開発や社内インフラエンジニアの求人件数は業界でもトップクラスであり、各求人の条件も良質なものばかりが並んでいます。

クライアント企業はワークポートに専門性の高い人材が集まることをわかっているので、スキルや経験に応じて給与額や賞与額を柔軟に決定するようにしてます。そのため、自分の経歴や能力に自信のある方なら、他の転職サイトよりも好条件の求人に巡り合う可能性大です。

「ワークポート」の口コミ

「IT業種に就職したかったので、IT業界に特化した転職サイトに登録したいと思いました。中でもワークポートを選んだ理由は、最初のヒアリングの時の印象が他社よりも良かった点と、求人の多さに魅力を感じたことでした。サイトのいいところは専用の管理システムを通して連絡ができる点です。」

「面談後の不安を減らす工夫をしていたり、応募中の企業についても進行状況を把握できる点がよいと思います。現在の活動状況を同じ画面で一元管理できるので安心感に繋がります。現在の会社に在籍した状況でも同時に就職活動を行える点も良くできている思います。現在、転職を考えられている方で、なかなか就職活動に時間の取れない方におすすめです。」

「正社員の求人だけでなく非公開の求人も多く扱っています。長年スマートフォン向けのアプリを制作する会社でアルバイトをしていた経験を活かすための履歴書の書き方や面接での受け答えの方法についても丁寧にアドバイスをしてもらえました。おかげで前職の経験が活かす事ができる会社に転職ができました。」

「転職活動期間は3か月と決めていたためできるだけ対応の早い会社に決めようと考えていました。派遣会社や求人サイトには3社登録しましたが、ワークポートは対応も早く対応した際の印象も良かった点が決め手でした。そのため途中から他社とのやり取りはやめてワークポートさん一本で活動を進めました。」

「マイナス点は次の行動を段取りよくサポートしてもらえるので早く転職先を決めたい人にはとても良いと思いますが、急かされてと感じてしまうため自分のペースで進めたいと思っていた私にはマイナス点でした。」

「ワークポート」の口コミから分かること

ワークポートにはIT業界に特化した転職サイトとして多くの方が利用されています。その魅力として「求人広告の多さ」「ヒアリングの印象」が挙げられています。正社員の求人や非公開求人も多く、前職の経験をプラス要因にする「職務経歴書の書き方や受け答え方法などもアドバイスを貰えた」と初めての転職にも頼りになるサポートであることが伺えます。

しかし、段取りよくサポートしてくれる分、少し急かされていると感じたという口コミがありました。マイペースに転職活動を行いたい方にとっては、ややマイナス面ではありますが、それだけ手厚くサポートしてくれるとも取れます。素早い対応が好印象だと受け取る方もいますので、転職状況に応じて変わってくるポイントです。

また、求人広告の多さは、転職サイトを選ぶ上でも重要視されますが、求人数が多すぎると管理が大変になることがあります。その点、ワークポートは専用の管理システムによって連絡ができることで面談後の不安の軽減や、進行状況を把握しやすいといった工夫がなされています。

転職活動を一元管理できると好評です。仕事をしながらでも利用しやすい転職サイトだと言えます。IT業界への就職を目的とされる方には、まず押さえておくべき転職サイトだと言えるでしょう。

求人情報が得やすい理由

ワークポートでは転職相談サービスを利用することにより、効率的に求人情報を獲得することが出来ます。ワークポートの各ページにはオレンジのボタンが現れるのでそこをクリックすることで登録を行うことが出来ます。申し込んだ後はワークポートから連絡が来る仕組みになっていて、その後転職コンシェルジュとの面談を行います。

面談ではこれまでの経験や職務、転職内容、希望などを伝えます。早ければ面談の中で求人情報を教えてもらえることもあるそうです。ワークポートでは非公開も含めて常時15,000件以上の求人案件を保有しているので、それぞれの方に合った情報を見つけられる可能性が高くなっています。

求人情報のみではなく、最近の採用状況や企業の近況など、一般的にはあまり知ることの出来ないことも含めて知ることが可能です。応募したい求人情報が決まったら書類作成をスタートさせます。転職コンシェルジュによるアドバイスで採用担当者の目に留まる応募書類を書きやすくなっています。

転職コンシェルジュからのアドバイスは様々な企業に共通した内容もありますが、それぞれの企業に特化した内容も含まれているので採用に繋がりやすい効果的な書き方が可能になります。

IT業界の新着は多い

主にIT業界への転職や就職に強いのがワークポートであり、新着情報も常に入ってきていますので、いろんな求人を見つけることができるでしょう。地方によってはなかなか希望と条件が合致した求人を見つけることができませんので、いろんな転職・就職支援サービスに登録することがスタンダードになっています。この業界に強いワークポートにも登録をしてください。

新着のお知らせに関しては、常にメールや電話で受け取ることができます。登録後面談時にも多くの求人を紹介してもらえるのがワークポートの特徴でもあり、たとえそこで失敗したとしても後から新着の求人情報を受け取ることができますので、それほど問題になることはありません。

たとえ失敗しても次に挑戦できるほどの求人数を確保できていますので、大切なことはチャレンジを続けることになります。お知らせから自分で進めるのも良いですし、不安なことがあるのであればキャリアアドバイザーに相談してから進めるのも間違っていない方向性です。

サポート体制が他の支援サービスよりも劣っている声も正直ありますが、利用する側が求めればそれ以上の答えが返ってきますので行うべきことは就職したいといった強い志です。

サポート体制

ワークポートでは転職相談サービスも充実しており、その際の接客も丁寧とされています。サポートを行うのは専任の転職コンシェルジュです。転職コンシェルジュは各業界に関するリアルな情報を持っていて、面接対策や書類作成に関するアドバイスも受けることが出来ます。

利用者一人一人のスキルや職務経歴、将来の展望までを考慮しmリコメンドやアドバイスを提供していきます。たくさんの可能性を追求できる専門性の高い支援サービスを行っているのが特徴です。

ワークポートの保有する求人情報の70%から95%は非公開求人とされるものです。このサイトだからこそ見つかる仕事も少なくありません。非公開求人ということは一般には出回っていない求人ということなので、その分必要な知識が何か分からないという方もおられるかもしれませんが、そこは転職コンシェルジュがしっかりとカバーしてくれるので安心です。

ワークポートでは転職活動中の進捗が一目で分かるeコンシェルというツールを用意しています。このツールを使用することでおすすめの求人情報がリアルタイムで更新されます。気になる求人があった際にはその場で転職コンシェルジュへと問い合わせることまで可能です。

多くの求人を紹介してもらえる

登録してからワークポートから連絡が来て面談の日時が決まります。その内容はとてもシンプルです。とにかくたくさんの求人を用意しているのがワークポートの特徴になっており、IT関連を中心に求人を紹介してもらえます。本当に数が多く、矢継ぎ早に紹介されそこに応募するのかどうか聞かれてるタイプの面談です。

ワークポートのサポート体制はけっして整っているとは言えません。いろんな求人を紹介され、そこから求職者が応募するのかどうかを決めるだけですので、少し物足りなさを感じることもあるでしょう。ただし情報に関しては非公開求人も数多く揃えられており、量はもちろんそのなかには質の高い求人もあることから、自分にあった企業を見つけることができるでしょう。

IT業界になるとスキルが求められることが多く、書類選考を通過しなければ次のステージに行けないこともあります。そんなときにサポートもワークポートは整えていますので、効率よく勝利選考を通過することが出来るでしょう。

もちろん面接対策もしっかり行ってくれますので安心してください。求人を紹介されるサポートと想像するとわかりやすいでしょうが、それが充実しているかどうかは利用者の判断によって変わる支援サービスになります。