一週間で結果を出したい人必見!確実に痩せれるダイエット方法

どうしても短期間で痩せなくてはいけない場合、本当はダイエットは長期間で行うべきではありますが、一週間でも結果を出すことが出来る方法があるのをご存知ですか。ダイエットの方法と気をつけなくてはいけないポイントなどをチェックしましょう。

1週間で効果を出すための体重設定とは

1週間集中してダイエットに取り組んだ場合、痩せられる体重は、個人の体型にもよりますが、2キロから5キロが現実的だと言えます。よく広告を見ますと、1週間で10キロ痩せたとうたっているものもありますが、それは現実的に考えるとかなり難しいと言えます。

そのため、本気でダイエットをしたい場合、1週間で3キロ程落とすことが出来れば、成功だと言えます。それ以上痩せたい場合には、1週間ではなく、きちんと期間を設けて、長期的にダイエットに取り組むことをおすすめします。

また、1週間で集中してダイエットに取り組む場合、身体に相当の負荷が掛かります。終わった後に気を緩めてしまいますと、あっという間に体重も戻りますので、気をつけましょう。

確実性の高いダイエット法は?

1週間で3キロ痩せるためには、食事をどのように制限するかが、大きなポイントとなります。運動をすることも大切ですが、運動だけでは効果が薄いので、食事内容を見直して、徹底的に管理するように心掛けましょう。

そこで、おすすめのダイエット法は、糖質制限ダイエットと置き換えダイエットを組み合わせる方法です。炭水化物を控えて、低カロリーでも抗たんぱく質、ビタミンを意識した食事内容を考えましょう。また、青汁や酵素ドリンクなどを使った置き換えダイエットを夜に取り入れることで、カロリーを制限する事が出来ます。

また、食事制限にプラスして、少し息が上がる程度の運動をプラスすると、より効果を高めることが出来ます。おすすめなのが、ウォーキングやランニングです。

プチ断食できれいに痩せよう

プチ断食は、週末だけなど、期間を短く設定して、酵素ドリンクや野菜ドリンクだけを飲むダイエットです。腸内に溜まった老廃物や宿便などを、デトックスする事が出来ますので、ダイエット効果だけでなく、健康や美容にも良い効果を得ることが出来ます。

プチ断食を始める際には、断食の1日前の夕食から準備をする必要があります。夕食をしっかり食べ過ぎてしまいますと、意味がありませんので、少し量を抑えるようにしましょう。そして、断食当日は固形物を一切とらないで過ごします。次の日は、プチ断食で一番重要となる、回復日です。

食事を一気に戻すと、体調を壊してしまいますので、おかゆなどを食べて、徐々に普通の食事に戻すようにしてください。1日だけのプチ断食は、手軽で人気があるダイエット法です。是非活用してみましょう。

便秘解消のために水をたくさん飲もう

実は便秘の人って、身体の中に不要なものを沢山溜め込んでいます。また、ダイエットで食事制限をすると、どうしても便秘になりやすくなるので、水を沢山飲んで、便秘解消を心掛けなくてはいけません。

快便癖をつけると、体重が減少するだけではなく、不要なものが排出されることで、美肌効果も期待出来ます。人間は、毎日汗をかいたり、トイレに行って排尿することで、1日に約2リットルから2.5リットル程度の水を体外に排出しています。そのため、その失った分の水分は補給してあげる必要があります。

ですが、冷たいお水を一気に摂取すると、胃腸への負担が大きくなるので、出来る限り常温の水を摂取しましょう。また、一気に大量の水を摂取するのではなく、少量ごとに回数を分けるのが良いでしょう。

半身浴で汗を出してデトックス

半身浴は身体を温めることで、血行が良くなり、身体に溜まった不要な老廃物を排出出来るようになるため、ダイエット効果やむくみ効果など、美容の面でも良い効果が期待できます。

ですが、ただお風呂に入るだけでは意味がありません。お湯の温度は38度から40度程度のぬるま湯がおすすめです。また、最低でも20分以上はつかるようにして下さい。

そして、みぞおちから下の部分だけをつかるようにしてください、それ以上高くつかってしまいますと、内臓や心臓に負担が掛かるので、長時間の入浴はおすすめ出来ません。また、慣れない人は10分でも辛いと感じる事もありますが、体調が悪くなった場合には、無理をしないで直ぐに出るようにしましょう。

お粥に置き換えれば摂取カロリーを減らせる

カロリーが高くても、ご飯が大好きでやめることが出来ないという人は、白米をお粥に置き換えるダイエットがおすすめです。少量のご飯でも、お水を沢山入れて炊くので、ボリュームがアップしますし、実は白米よりもお腹に溜まりやすいので、満腹感を得られやすいというメリットがあります。

3食全てをお粥にすると、ダイエット効果を高めることが出来ますが、朝食と夕食だけなど、1食か2食をお粥に置き換えるだけでも、十分に効果を期待する事が出来ます。また、脂っこいおかずを沢山食べると、ダイエット効果は無くなりますので、意識をして、おかずもカロリーをおさえるように心掛けましょう。

お粥ダイエットは、市販のお粥でも代わりがききますので、自分で作る余裕が無い時は、是非活用してみて下さい。

野菜や海藻で食物繊維を摂取しよう

食物繊維を意識して摂取すると、実は食欲自体を抑えることが出来たり、血糖値の上昇を抑える効果や、便秘解消、整腸作用効果、生活習慣病の予防効果など、様々なメリットがあります。

水溶性食物繊維は、摂取をすると胃の中で膨らみますので、少量でも満腹感を得ることが出来ます。そして、食物繊維には血糖値の上昇を抑える効果があり、ダイエットにおいて非常に重要な役割を持っています。

そして、便秘が解消されると、腸内に溜まっている便が排出されるので、それだけでも体重が減少すると場合もあります。そして、腸内環境が整うと、痩せやすい体質になります。整腸作用により、善玉菌が増えると、美肌効果も得られますので、食物繊維は普段から積極的に摂取するようにしましょう。

温野菜で満足感を得よう

野菜は殆どがローカロリーですし、ビタミンや食物繊維も豊富のため、毎日摂取するべきではあるのですが、なかなか食べにくいという人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、生野菜ではなく、温野菜を食べるということです。

野菜を茹でるとかさが減り、沢山の量でも負担を感じずに食べることが出来ます。茹でる事でビタミンCが減少してしまいますが、沢山の量を食べれば問題ありません。また、生野菜は冷えているため、身体を冷やすもととなります。身体が冷えると、代謝を悪くして、脂肪を身体に溜め込んでしまいます。

また、野菜にはニンジンやほうれん草に含まれているビタミンAや、大根の葉などに含まれているビタミンEは、油分と一緒に摂ると吸収率がアップします。茹でるだけではなく、加熱するという方法も活かして、野菜を美味しく食べましょう。

おやつの代わりにカボチャ・サツマイモを食べよう

おやつにチョコレートやスナック菓子を食べるのは、ダイエット中は厳禁です。ですが、甘いものをどうしても食べたくなった時は、カボチャやサツマイモを食べるようにしましょう。カボチャやサツマイモは、食物繊維が豊富に含まれていますので、食べると便秘が解消されます。

また、ダイエット中の食事制限で失われがちなビタミンなどの栄養素を、しっかりとカボチャやサツマイモが補ってくれます。カボチャやサツマイモは、砂糖を使わなくても、それだけで十分に甘みを感じることが出来ます。

シンプルに煮たり、焼いたりするだけで、簡単に摂取する事が出来ますので、是非ダイエット中は積極的に取り入れて下さい。ですが、一度に沢山の量を食べ過ぎてしまいますと、消化不良を起こす可能性がありますので、気をつけましょう。

炭酸水をこまめに飲んで食べ過ぎ防止

炭酸水を飲むと、炭酸ガスが胃の中で膨らみますので、一時的にお腹がいっぱいになったような感覚になります。そのため、ちょっとお腹が空いたという時に飲むと、空腹感を紛らわすことが出来ます。
炭酸水は、食事の前に飲めば、ご飯の量を抑えることが出来るというメリットもあります。

また、100ml程度の少量を飲みますと、かえって食欲が増す可能性がありますので、食欲を抑えるつもりで飲みたいのであれば、500mlくらいを一気に飲むようにしましょう。

そのため、毎食前に炭酸水を500ml飲むと、慣れていない人は炭酸水自体が苦手になる可能性があります。慣れるまでは、夕食前だけにするか小腹が空いた時だけにするなど、飲むタイミングを考えてから始めるようにしましょう。