下半身太りを解消するには?原因とタイプ別脚やせ方法

上半身に比べて下半身が太いということに悩まされている人は少なくはありません。

ただ、一口に下半身太りと言っても、人によって水太り・脂肪太り・筋肉太りの3つのタイプに分けることが出来ます。効果的な下半身痩せを目指すのであれば、自身の太っている原因やタイプを知るということが近道になります。

これまで様々な方法を行っていても、いまいち効果を実感することが出来ないという場合には、これまでの方法を見直すようにすることをおすすめします。

下半身痩せはその方法にもよりますが、すぐに効果を期待することが出来るわけではありませんので、ある程度の期間は継続して行うことが大切になりますし、そのような方法を選ぶようにすることが大切です。

タイプにより効果的な解消方法が異なる

脚やせ成功者の口コミなどからわかることとしては、下半身太りのタイプによって解消方法が異なるということです。ですので、自分の下半身太りの原因が何なのかをきちんと特定してどのタイプに分類されるのかをしっかりと把握しておくことが下半身太り解消への近道となります。

水太りタイプの人は下半身の余分な水分や老廃物を体外に排出させることが重要なポイントとなりますので、利尿作用があるカリウムを積極的に摂取したり食事における塩分を控えたりマッサージをして血行を促進させたり体を冷やさないようにしたりすることが大切です。

下半身の筋肉量を増やすために筋トレを行うのも効果的です。下半身の筋肉が増えると血液やリンパ液の流れがうまく循環されるようになるので、むくみが無くなり下半身に溜まった余分な水分や老廃物を排出させることが出来るようになるからです。

脂肪太りタイプの人は、食事制限や運動でカロリーコントロールをする必要がありますし、筋肉太りタイプの人はストレッチやマッサージなどを中心に行って血行を促進させる必要があります。

骨盤の歪みが下半身太りにつながってしまっている人もたくさんいます。その場合は、骨盤矯正の施術を受けるのが効果的です。脚やせ成功者の口コミから様々なことがわかりダイエットにダイエットに大きく役立てることが出来ます。

むくみが原因になるセルライト

下半身が太る理由の一つとしてセルライトがあります。セルライトは太ももやお尻などの下半身に出来やすい凸凹とした脂肪の塊で、普通の脂肪と違い老廃物や水分が混ざっているので一度出来るとなかなか除去することが出来ないという厄介な性質があります。

そのため、ダイエットの妨げとなってしまいます。運動や食事制限などのダイエットを頑張ってもセルライトがあることでなかなか下半身太りを解消させることが出来ないという人もたくさんいます。そんな厄介なセルライトの原因となるのがむくみです。

運動不足や筋力の低下や加齢や冷え性や骨盤の歪みやホルモンバランスの乱れや栄養バランスの悪い食生活などにより代謝が低下すると、リンパ液や血液の流れが悪くなり水分や老廃物がうまく排出されなくなってしまいます。

そのことによりむくみが生じ、それがセルライトに結びついてしまうというメカニズムです。むくみは放置するとどんどん症状が悪化してしまいますし、慢性化してしまう危険もあります。むくみの症状が悪化すればセルライトもどんどん肥大化して下半身太りをさらに加速させてしまいます。

ですので、下半身太りを解消させるためにはむくみケアを積極的に行ってセルライトが出来にくい体質に導くことが大切です。

水不足が原因で下半身太り

水を飲みすぎてもむくむことはありません。逆に水分が不足すると血液やリンパ液の流れが悪くなり、体内に溜まった老廃物を体の外に排出できなくなります。体内の老廃物は重力の影響で体の下の方に溜まるために下半身が太ったように見えます。

下半身太りを解消するためには、少なくとも一日1.5リットル以上の水分補給が必要で、摂取する水分は甘味料が入った甘い飲料ではなく水やミネラルウォーターを飲むようにします。お茶やコーヒー、紅茶のようなカフェインを含む飲料は利尿作用があるため水分補給には適していません。

また、水分を補給する場合は一度に大量の水を飲んでも効果が期待できないため、一回の水分量は体が吸収しやすい200mlを目安にして一日に何度もこまめに飲むようにします。1.5リットルを飲むのがつらいときは、1リットルから始めて徐々に増やしていきます。

今まで飲んでいたコーヒーや紅茶をミネラルウォーターに変えてみるのも良いでしょう。水分を十分にとることでリンパの詰まりが解消され、血液とリンパ液の循環がよくなり老廃物が徐々に体の外に排出されます。

毎日の水分補給を習慣にすれば老廃物が下半身に溜まることもなくなり、下半身太りの悩みもなくなります。

下半身太り

加齢や運動不足、ホルモンバランスの乱れなどによって代謝率が悪くなり太ってしまうことがあります。身体の中でも多くの人が悩んでいることが多いのが下半身太りです。この下半身太りの原因として筋力の低下があげられます。

身体は不要な老廃物を排出し、必要な栄養分を細胞の隅々まで行き渡すことで健康や美容を維持できます。脚には重要なリンパや太い血管がたくさんあります。

ですから脚の筋力が衰えてしまうと下半身の血液やリンパの流れが滞ることにつながり、重力によって下半身に老廃物、不要な水分が溜まってしまうことになるのです。ですから下半身が太ってしまうのです。

特にふくらはぎの筋肉は、動きによって収縮を繰り返して血液を押し上げています。脚を動かさずにいるとむくみが起きたり、長時間のデスクワークをした後に脚がだるくなりやすいのはふくらはぎを動かしていない証拠です。

しっかりと筋肉をつけることで体内循環率が上がります。すると引き締まった体、そして健康的な体になっていくのです。運動やマッサージなどによって脚を刺激させることで筋肉はついていきます。

そして脂肪が減っていきます。そうすることで体内循環率、代謝率が上がっていくのです。

下半身太りと健康状態

体の下半身太りに悩まされているという人は、意外と多いのではないでしょうか。下半身太りが気になり始めると、似合う服を見つけることが難しくなったり、堂々と振る舞うことができなくなることもあるのです。

下半身太りが気になった時には、原因を振り返ってみることが非常に大切です。例えば、骨盤が歪んでいることが原因となっている人は少なくありません。骨盤の位置がずれてしまうと、体に悪影響を与えてしまうことにつながります。

姿勢が悪くなって猫背になってしまったり、冷え性に悩まされることになる場合もあるのです。猫背や冷え性に悩んでいる人の中には、原因がわからずに困っているということもあります。

しかし、元を辿っていくと、骨盤の歪みが原因となっていることが少なくありません。

骨盤がずれて姿勢が悪くなってしまうと、体内の血液の巡りも悪くなってしまいます。その結果、体内の血液が巡りにくくなって体が冷えていくことになるのです。冷えが生じてしまうと、下半身太りになってしまうことも珍しくありません。

下半身太りと健康状態は非常に密接している関係であるとも言えるので、きちんと原因を突き止めておくことは欠かせません。骨盤の歪みが原因で、様々な症状が発生してしまう可能性があります。

食生活の改善や運動をしてみましょう

下半身太りの原因で最も思い浮かぶ原因は「脂肪」だという方も多いのではないでしょうか。無駄な贅肉がついてしまうと、下半身が太くなってしまいます。

この太り方のタイプの方は、体重や体脂肪も多い傾向があります。そのため、まずは食事や運動などを見直す必要があります。摂取カロリーが多いと、もちろん脂肪もつきやすくなってしまいます。脂肪が多すぎると見た目の問題だけではなく、生活習慣病など全身に影響が出てしまうこともあるのです。

そして、運動も平行して行いましょう。脂肪が多いということは、相対的に筋肉が少ないことも表しています。筋肉が少ないと冷えやすく、痩せにくくなるばかりでなく全身に影響を及ぼしてしまうのです。

下半身の筋肉を鍛えると嬉しいこともあります。下半身には大きい筋肉が多いので、筋肉を鍛えると基礎代謝も上がりやすく、痩せやすい身体になるのです。そのため、筋肉がつきにくい女性でも、運動効果を実感しやすいのです。

しかし、無理は禁物です。特に膝や足首などは全身の重さを支えている部位です。そのため無理をすると痛めやすいのです。体重が多い方は、まずは水泳や自転車など、これらにあまり負担をかけない運動から行うことをおすすめいたします。

代謝がよくないことによる下半身太り

下半身の部分が太めの方の場合でも、その理由はいくつかあるため、ダイエットをする場合にはそれぞれにあったアプローチ方法を試していくことが大切となります。水太りと言われるものは、主に下半身の代謝がよくなく、それにより太ってしまっている状態となります。筋肉太りや脂肪太りと異なる点としては、触ると柔らかく、指で少し圧力を加えてへこませてみた場合にすぐには戻らないといった症状がある場合もあります。水太りは何らかの要因により代謝がよくない状態になっていることが考えられ、その要因としては例えば塩分摂取が多い、加齢による筋力の低下、運動不足や生活習慣の問題などがあげられます。これらの要因の中で思い当たるものがあればそれを解消していくこともひとつのアプローチ方法となります。具体的には食生活であれば塩分に気を付けたり、塩分の排出を促す食材を意識的に取る、お酒を控えるなどがあげられます。また代謝を促すために下半身をマッサージしたり、エクササイズを日常的に取り入れることも方法となります。それ以外にもサプリメントや美容効果のある飲み物、下半身の代謝を促すための美容アイテムなども販売されているため、そうした商品を取り入れることも考えられます。

筋肉の発達による下半身太り

下半身太りのタイプには、大きく分けると水太り・脂肪太り・筋肉太りの3種類が存在します。元々スポーツを行っていた人に多く見られるのが、筋肉太りタイプです。他のタイプの下半身太りと違い、足がたるんだ印象はなく、足に触れると硬い筋肉の感触がします。

筋肉太りタイプの場合、脚に特別力を込めなくても、筋肉が付いているのが見てわかるのが特徴です。長時間立ったままでいる仕事を行っていたり、以前に激しいスポーツの経験がある人も少なくありません。

姿勢の悪さや歩き方、自己流の筋肉トレーニングを続けることで一部の筋肉だけが鍛えられ、ボディバランスが崩れてしまいます。下半身太りの3つタイプの中で、最も痩せるのに時間がかかるため、じっくりと脚痩せに取り組むのが大切です。

筋肉太りになると、見た目より体脂肪率は高くない場合でも、足だけ太く下半身太りに見えてしまいます。また、筋肉太りの人は、足にある大きな筋肉が発達しているため、太って見えるのが特徴です。

さらに筋肉の上に脂肪がつくこともあり、対処を行わないと足はさらに太くなっていきます。人によっては、筋肉の中に霜降りのように脂肪がつき、硬く落としにくいセルライトとなっていることもあります。

体質改善で痩せやすい体に

脂肪太りタイプの人は、痩せやすく太りにくい体質に改善させることが下半身太り解消への近道となります。痩せにくく太りやすい体質になってしまう原因としては、加齢や運動不足や食生活の乱れによる栄養の偏りや体の冷えなどによる代謝の低下があります。

代謝が低下すると体の巡りが悪くなって脂肪太りに繋がってしまいます。体質改善の具体的な方法についてですが、食生活や生活習慣の改善が重要なポイントとなります。

食生活において心がけるべきことは、糖質や脂質や塩分をなるべく控えて栄養バランスを意識する、喉が渇いていなくても水分をこまめに補給する、代謝を促進させる働きがあるビタミンB群を積極的に摂取する、食物繊維を積極的に摂取して糖質や脂質の吸収を抑えるなどです。

生活習慣において心がけるべきことは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼させる、筋トレをして基礎代謝をアップさせる、体を冷やさないようにしたりぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を芯から温めたりする、マッサージやストレッチなどで血行を促進させる、良質な睡眠をとる、規則正しい生活リズムを身につけるなどがあります。

自分の日頃の生活習慣を見直してみるということから始めましょう。

下半身太りの悩み

下半身太りで、脂肪太りタイプで悩んでいる人は骨格を矯正することで体質を改善する効果が期待できます。骨盤の歪みは冷えや便秘、むくみの原因になると言われています。特に出産をした女性は骨盤の歪みが出ている人が多く、下半身が太っているのも歪みが原因で引きおこります。

骨盤が歪むと内臓が下に下がりお尻も下がります。筋肉の低下で脂肪もつきやすい状態になります。内臓が下がることで骨盤を支えている筋肉が圧迫される為に便秘しやすくなるのも太る原因のひとつです。

下半身のむくみにもつながるので、新陳代謝が悪くなりリンパの流れも悪くなるため老廃物を貯めこみます。骨盤を矯正することで、血液の循環が良くなるので冷え性が改善されます。毎日骨盤体操を行うだけでも、筋肉アップにつながるので骨盤周りもスッキリしてきます。

下半身太りで脂肪がついている人は筋力の低下によるものなので、鍛えることで筋肉がつきお尻のたるみや、便秘予防につながります。下半身が締まることで歩く時も負担が少なくなり動くのも軽くなる効果もあります。

骨盤の歪みを矯正することで冷え性の改善になるので、女性は特に体調不良の予防や改善につながります。下半身太りは骨盤をチェックしてみることがポイントです。

下半身太りは食生活で改善

下半身太りを改善するためには、血行を良くすることが大切です。特に水太りタイプは水分をためやすい体質のために、疲れたりむくみが出ると、下半身が太くなりやすいです。立ち仕事の人や座りっぱなしの人は、血液が足の下にたまってしまうために下半身太りになります。

毎日マッサージをしたり血行を良くするために食生活の改善が必要です。食事は外食を避けて、野菜や魚を中心にバランスよくとるようにしましょう。冷たいものは体を冷やすので血行が悪くなるので控えることが大切です。

食生活で気をつけることは、塩分やアルコール脂肪の多いものを撮りすぎることです。甘いものも糖分が多いので太りやすくなります。炭水化物が好きな人は夜に量を控えると効果的です。むくみをとるのにはビタミンやミネラルが効果的です。

良質のたんぱく質、鶏のささみや魚、納豆や豆腐は毎日積極的にとると良いです。野菜は生よりも茹でたり温野菜にして食べることで身体を温める効果があります。しょうがやにんにくも体を温かくするので積極的に取り入れましょう。

野菜は鍋にして食べたりたんぱく質を上手に取り入れると栄養バランスも整います。果物と野菜、魚と肉のバランスを毎日考えて食べることがポイントです。

マッサージと運動でむくみを改善

水太りタイプは、マッサージと運動でむくみを改善させることが下半身太り解消への近道となります。むくみは代謝の低下が原因となり、血液やリンパ液の流れが悪くなってしまって余分な水分が排出されずに溜まってしまっている状態です。

放置するとどんどん症状は悪化してしまいますので、マッサージと運動で早めに改善させましょう。マッサージの具体的な方法についてですが、リンパ液の流れを意識しながらクリームやオイルを塗って滑りが良い状態にして行うのが効果的です。

その日のむくみはその日のうちに解消させるのが鉄則ですので、毎日継続して行いましょう。運動は、筋トレで下半身の筋肉量を増やすことがポイントとなります。とくに積極的に鍛えるべき箇所は、ふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉がアップすると、筋肉がポンプの役割を果たしてくれて血液やリンパ液の流れを循環させるという作用が働きます。そのことにより下半身に余分な水分が溜まりにくくなり、スッキリとした美脚に導くことが出来ます。

つま先立ちをしたり足首を回したりするだけでも立派な運動になりますので、日常生活に積極的に取り入れてみましょう。ウォーキングやジョギングや縄跳びなどもおすすめです。

筋肉が原因の下半身太りの対処法

ひとえに下半身太りといっても下半身が太くなってしまう原因は人それぞれであるため、なぜ下半身が肥大化しているのかの原因をしっかり把握し太くなっている原因を根本的に解決できるような方法で下半身ダイエットを行うことが成功への秘訣と言えます。

下半身に筋肉がつきすぎてしまっていることが原因で太っているように見えてしまうという人の場合は具体的にどのような方法でダイエットをすればよいのでしょうか。

筋肉が原因で下半身太りが引き起こされている場合に特に有効なのが体を温めて無駄な脂肪を取り除くというダイエット方法です。筋肉が原因となっている場合実は筋肉だけが太い下半身の原因となっているのではなく、筋肉の間に脂肪が入り込んでしまいミルフィーユのような層が筋肉と脂肪によって層ができてしまっていることが大きな原因となります。

冷えた体を温めて代謝を上げることで老廃物が排出され、脂肪の層を取り除くことができるので、意識して下半身の温めることで高いダイエットが得られるのです。

おすすめなのは半身浴で、体温に近い温度のお湯に下半身をつけて最低でも20分程度お湯に浸かり続けることで心臓に負担をかけること無く下半身の温めることができます。

下半身太りにはストレッチが効果的

ふくらはぎなどに筋肉がついて足が太く見えてしまうという筋肉太りタイプは、体が冷えることにより血流が悪くなって下半身の筋肉が固くなってしまっている可能性が高いです。カチコチの筋肉はむくみやすくなる原因となりますし、何より見た目がムキムキとした状態で女性らしくないので、美しいスリムな下半身を手に入れるためにもストレッチやマッサージを行うことをおすすめします。

体の筋肉を柔らかくするためには、全身の血流を良くすることが重要になります。そのため下半身の筋肉を伸ばして、血流を良くすることができるストレッチを念入りに行うようにすることが大切です。

運動を行う際には、下半身を重点的に伸ばすストレッチを取り入れると、体の基礎代謝力が上がった状態になるので短時間でも脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果をアップさせる効果も期待することが出来ます。

下半身太りを改善するストレッチには、一番効果的だとされているのがスクワットです。

スクワットをすると余計に筋肉がついてしまうのではと不安に感じる方は多いですが、姿勢を正して下半身の血流を良くするだけではなく、足を引き締める効果もあるのでスクワットを正しい姿勢で10回を一日3セットを行うことをおすすめします。

下半身太りの原因は生活習慣かもしれない

下半身太りに悩んでいる人の中には、自分自身で足が太くなるような生活をしていることが原因であることがあります。

足が太くなる原因としてあげられるのが、セルライトの存在です。セルライトが出来るきっかけはむくみにあるとされています。むくみやすい生活としては、塩分の摂りすぎが挙げられます。しょっぱいものや脂っこいものをたくさん食べているという場合には、体が水分を溜め込んでしまい、血液やリンパの流れが悪くなることでむくむ可能性があります。

次に、お酒をたくさん飲む習慣があるという場合も周囲が必要です。お酒を飲むと、アルコールの利尿作用によって、脱水状態となります。その結果、血管の外に水分がにじみてでしまい、むくみます。血管の外に水分が出ると、さらに脱水状態となりお酒や水分を飲むようになるということを繰り返すことで、むくみが悪化するというわけです。

禁酒するべきとは言いませんが、適量を意識する必要があるでしょう。

女性で下半身痩せに悩まされる人が多い理由として、冷えがあります。体が冷えると、老廃物を上手く排出することが出来ないため、セルライトが出来やすくなります。座りっぱなし、立ちっぱなしなどの同じ姿勢を長時間行っている場合も血流が悪くなる原因ですので、適度に体を動かすことが大切です。