下半身痩せに繋がる!股関節のストレッチやエクササイズでダイエット効果を得る方法

人間一人一人が性格が違うように、体形も人それぞれです。全体的に痩せ型の人やそうではない人、上半身は痩せているのに下半身はちょっと太り気味、といった上下でバランスの悪い人もいます。

そういった部分的に痩せたいなと思っている人はストレッチやエクササイズを試してみてはどうでしょうか。先の下半身の場合は、股関節に着目し行う方法があります。ストレッチは、あぐらをかく方法、足の開脚等、寝ながらでも出来ます。

エクササイズでは足を中心に着目し、つま先を使うものや骨盤に働きかけるもの等、色々あります。そういったストレッチやエクササイズのやり方と共に、それらを行う際のメリットや注意点、そしてなぜ股関節に着目するのか等を紹介していきます。

股関節と他の関節の動きは連動している

少し股を開くだけで関節が痛く感じてしまう人は、すでに股関節が硬くなっている可能性もありますから、すぐにでもストレッチを始めておく必要があります。硬くなった股関節を放置していると、股をスムーズに広げるのが難しくなるだけでなく、背中に力を入れなければ、背筋を真っ直ぐ伸ばせなくなる可能性もあるためです。

自分では背中を真っ直ぐ伸ばしているつもりでも、関節の歪みによってお尻の位置がズレてしまい、腰が曲がって見た目が格好悪くなっている人も珍しくありません。姿勢が不自然になると血液や体液の流れも悪くなり、身体の一部にむくみが起きてしまう場合もあります。

むくみ解消に効果的なマッサージを行っても、関節の歪みが原因のむくみは簡単に再発してしまうので、ストレッチなどの運動を行う事が重要です。ストレッチであれば股関節の周囲の筋肉を鍛えながら、背筋を真っ直ぐ伸ばすために必要な筋肉も同時に鍛える事ができます。

短期間でも体質の変化を実感するためにも、少しずつ関節を柔らかくするためにストレッチを行ってみてください。痛みが感じるようであれば、まずは関節の周囲の筋肉を鍛えるために、軽く運動を行うつもりで身体を動かす事を推奨します。

下半身が太る理由

股関節は、太ももの骨である大腿骨と骨盤の接合部分で、上半身の重さを支えたりさまざまな動作や運動をするための起点となる部分で、骨盤周辺のたくさんの筋肉が連携して下半身である脚全体を動かしています。

その股関節が固くなることによって、周辺の筋肉が弱くなったり筋肉の柔軟性がなくなります。したがって、骨盤周辺の筋肉が硬くなり、関節の動きが悪くなります。また、股関節には身体に不要な毒素や水分を排出する大きなリンパ節がありますので、固くなってしまうことによって下半身のリンパの流れや血行が悪くなり老廃物が蓄積されます。

その結果、下半身が痩せにくく太りやすくなってしまいます。そして、基礎代謝が低下しますので、下半身が冷えやすい体質になるだけではなく脂肪を燃焼しにくい状態になってしまい、余分な水分が溜まってむくみが生じます。

さらに、股関節が固くなっていると動かす範囲がとても狭くなりますので、その部分にたくさん脂肪がつきやすくなります。このように、股関節が柔らかい人と比較すると、基礎代謝が低下しますので、同じように日常生活で行っている動作や適度な運動をしていても差が出て下半身が痩せにくく太りやすい状態なります。

1日10分程度の股関節ストレッチで血行改善を

股関節を柔らかくする最大のメリットは血行をよくする事と他のストレッチの可動範囲を広げる事、そして怪我をしにくくする事です。ダイエットをするために関節や筋肉を怪我してしまったのでは元も子もありませんからのんびりとで構いませんので毎日少しずつ股関節を柔らかくする柔軟ストレッチをする事をおすすめします。

効果が高いのがお風呂やサウナから上がった状態でのストレッチです。血行が非常にいい状態ですので、これを1日10分程度を続け、1か月ぐらいやれば少しずつ効果が見えてくる事でしょう。その際のポイントは少し痛いなと感じるぐらいのところで一休憩しそれを何回か繰り返す事です。

また体が冷えているときに無理に伸ばそうとすると怪我の原因になりますので少しずつやるかランニングなどをして体を温めてから行う事を推奨します。股関は足の入り口にあるため、足全体の血行に影響してきます。

ここの血行をよくする事で足の甲や指の血液の温度を上げる効果があり、血流をよくすれば当然代謝アップにつながり、体温上昇が期待でき、特に太ももやふくらはぎの脂肪を燃焼させやすくなるのです。

脂肪がつくのは何もお腹だけではなく、足にもつきますし、お腹に比べて露出させやすい場所でもありますのでしっかりケアしていきたいものですね。

股関節ストレッチの効果と注意ポイント

下半身太りが気になっている女性たちは、あらゆる世代で増えてきています。どんなにダイエットしてもお尻やお腹周り、足はなかなか細くならないと悩む人も多く見られます。そのような場合に役立つのが、股関節ストレッチやエクササイズなのです。股関節には大きな血管が通っています。

そのため、股関節を鍛えて下半身から上半身に流れていく血液やリンパの流れをスムーズにすることによって、下半身のむくみを取り除いてすっきりとしたボディラインを手に入れることに結び付くのです。

さらに、股関節のストレッチを行う際の注意ポイントとしては、自分の体の柔らかさに合わせて無理のない範囲で始めることが肝心といえます。体が硬い人は徐々にストレッチで慣らしていくように心がけ、リンパマッサージなどを合わせて行うとより一層高い効果を期待できるのです。

股関節を柔らかくすることによって、自然に美しく正しい姿勢をキープすることにつながります。

このように、スラリとした綺麗なプロポーションに変身するためには、毎日の習慣としてさまざまなストレッチやエクササイズに積極的に取り組むようにすることで均整のとれたバランスの良い体型を叶えることが可能なのです。

股関節のストレッチ方法

骨盤の歪み、血流やリンパの流れを良くするために股関節を柔らかくしておくことはとても重要ですが、それにはストレッチが有効です。自宅で寝ながらできるストレッチを紹介します。

まず仰向けに寝転び、左右の足の裏と裏を合わせて股関節を両側へ開きます。この際手を添えて少しずつ開けるように補助すると良いです。開く時には息を吐き出しながら行います。次に足を伸ばし、片方の足を曲げて胸につけるようにストレッチします。

股関節が刺激される方法で、腸も刺激されるので便秘などにも良い効果が出るのです。両足10秒くらいずつ行うのが理想的です。次にまず足を伸ばし、片方の足を曲げてもう片方の足を越えて腰をねじるようにします。

この時に背中を床から離さないように、腰と股関節が伸ばされるようにします。息を吐きながら、手を添えてより腰をねじれるように、反対側も同じように行います。こうした寝ながらストレッチをすることで徐々に股関節が柔らかくなり足の開きもおおきくなっていけるのです。

ストレッチを行うのは入浴後など体温が上がっている状態の時の方が体に負担をかけずに、より効果的に曲げる、伸ばすことができます。毎日の習慣として日々の生活に取り入れることが良い方法です。

下半身ダイエットに役立つストレッチと効果

最近は、運動不足や冷えなどによって体の不調を感じている人が増加傾向にあります。そんな時には、適度に体を動かしてストレッチを行うことによって、血液を全身に循環して健康的に痩せることにもつながります。

特に、上半身は普通体型なのに下半身だけは太っていると悩んでいる女性が多くなっているのです。そのような場合に特に効果を発揮しているのが、股関節付近を重点的に鍛えるエクササイズといえます。

あぐらをかいて股関節の可動域を広げることによって、新陳代謝が活発になります。そのため、発汗作用もありますのでリンパが流れてスムーズに脂肪を燃焼することに結びついているのです。そして、あぐらをかいてから両足の裏を合わせて腰から折りたたむように前に手を伸ばして体を倒します。

すると、背中や腰、股関節が良く伸びますので気持ち良くエクササイズを満喫することができるのです。呼吸は止めずに実行することが肝心です。このように、体に負担をかけずに無理なくできるやり方で股関節ストレッチを行うことによって、驚くほど高い下半身痩せ効果を期待できます。

アンチエイジングにも役立ちますので、不眠を解消して潤いのある若々しい美肌を叶えることが可能です。

少しずつ股関節を柔らかくする

足関節の動きが硬くて歩き方が不自然になってしまったり、真っ直ぐ座っているつもりが猫背になりやすい人は、左右に開脚する股関節のストレッチを行う事を推奨します。左右に足を開く際には注意が必要で、いきなり足を開くと関節にダメージを与えてしまい、痛みが原因で歩き方が不自然になりかねません。

筋肉が硬いと感じている人が股関節のストレッチを行うと、太ももの裏側の筋肉を伸ばした際に痛みを覚える場合も珍しくないです。まずは足の筋肉をしっかりと伸ばしてから、痛みを感じない程度に足を開いていく事をおすすめします。

開脚した際に痛みを感じなかったら、ゆっくりと身体を前に倒す運動を試してみてください。股関節だけでなく腰や背中の筋肉まで伸ばす事ができて、下半身と上半身の筋肉が硬くなっている人でも、次第に身体が柔らかくなってきます。

足を開いた状態で上半身を床にべったりとつけられるほど、ストレッチに身体が慣れてくる頃には、股関節の周辺の筋肉も楽に動かしやすくなっています。

ストレッチの効果で関節をスムーズに動かせるようになれば、歩き方が不自然になる事も少なくなりますし、腰や背中の筋肉を柔らかくすると猫背になるのも防ぎやすいです。

股関節を柔らかくするために

股関節周りの柔軟性を高めるために、前後に足を開いてストレッチを行う方法があります。しかしこの方法をいきなり体の硬い方がやろうとしても痛いだけです。また余計な力が入ってしまい筋肉が硬直してしまって柔軟性があがりません。

そうならないためにも、初めて前後の開脚をやる方や体が硬い方は片足ずつやる事をおすすめします。その方法ですが、まずはじめに四つん這いになり、両手は肩幅に両膝は腰幅に開いておきます。両手の間より少し前に片足を置いて、足の裏で床をしっかり踏みしめます。

両手を太ももに添えて上体を起こしたら、体が前のめりに倒れこみやすいので床と垂直になるように起こしておいてください。その体勢のまま前に置いている足の膝を曲げていき骨盤を床に近付けていきます。そうする事で太ももの付け根が伸びてきます。

そのストレッチを15秒から20秒ほどキープしたら、今度はお尻を後ろに引いていき体をくの字にします。前に置いている足のつま先をあげて踵は床に置いたままにしておきます。太ももの裏側の筋肉が気持ち良く伸びているのを感じながら呼吸を続けます。

このストレッチも15秒から20秒ほどキープして、足を入れ替えて反対の足も行います。そのストレッチで慣れてきたら、徐々に両足の開脚を行うようにしてください。

股関節とヒップ周りに有効なストレッチ

最近では、多くの女性がお尻や腰回りについてしまったぜい肉に悩んでいます。スッキリとした下半身を目指してさまざまな努力を重ねているのです。多くのダイエット方法の中でも圧倒的な信頼を得ているのが、股関節を中心としたストレッチといえます。

そして、お尻と股関節の両方を重点的に鍛えることができると評判を集めているエクササイズが高い人気を誇っているのです。その具体的なやり方としては、膝を曲げて座って片足を太ももの外側に倒してその状態を10秒間キープします。

その後、反対側の足も同様に外側に倒していきます。この時に、両手は体の後ろ側について支えるようにしておくと安定するのです。このエクササイズを空いた時間に行うことによって、お尻がキュッと引き締まる効果を期待できます。

呼吸は止めることなくしっかりと吐くようにしながらストレッチを続けるうちに、自然に正しい呼吸法が身につきます。このように、日常生活の中で股関節とヒップを同時に引き締まることのできる心強い手法として、熱狂的な支持と満足度を誇っているのです。

口コミによる評価も年々高まってきていて、セルフストレッチの定番としても幅広い年齢層から親しまれています。

骨盤の歪みを改善しよう

下半身を痩せるために必要なことは、まず骨盤の歪みを改善するエクサイサイズを実施することが大切です。下半身太りが起こる原因は、骨盤の歪みと下半身の筋力の低下にあります。

骨盤の歪みは、左右の脚のバランスに影響を及ぼし、どちらかの脚に負担が掛かりすぎ過ぎることで、余計な部分に筋肉や脂肪がつきやすくなってしまいます。また、骨盤の歪みはO脚やX脚をもたらすことがあり、その結果外側に重心がかかり、太腿が太くなってしまうのです。

さらに、骨盤が開いていると、太腿の付け根の外側の大腿骨の大転子部が張り出し、お尻に脂肪がつき大きくなります。また運動不足等で下半身の筋力が低下すると、基礎代謝も低下し脂肪燃焼されにくくなり、太りやすい体質になってしまいます。

骨盤の歪みを矯正するエクササイズは、まず、仰向けに寝た状態で足を90度に曲げます。次に脚をくっつけた状態で左右交互に倒し、この動きを1~3分の間繰り返しましょう。続いて、仰向けに寝た状態で脚を90度曲げた状態のまま、お尻を持ち上げ30秒間キープします。

このエクサイサイズを何度も繰り返すことで、骨盤の歪みの矯正や下半身の筋力の強化を行い、効率よく下半身のダイエットを行いましょう。

下半身痩せに効くつま先立ち

現代社会では、さまざまなストレスや疲れによる暴飲暴食やむくみによって肥満に悩んでいる女性達が急速に増加してきています。健康的に体を動かして痩せたいと望んでいる人も非常に多く見られます。そのような時に役立つのが、無理なくいつでも実行できる簡単なエクササイズなのです。

股関節を柔らかくすることによって下半身の歪みやコリを解消してダイエットにもつながります。毎日定期的に続けていくことで徐々にリンパの流れがスムーズになり、血行が良くなるメリットもあるのです。

そして、効率的に下半身痩せを実現できるエクササイズとして、つま先立ちが挙げられます。歯を磨いている間や洗い物をしている時などほんの少しの時間を上手に活用することによって、引き締まったふくらはぎや足首、ヒップを手に入れることが可能なのです。

慣れてくると習慣になりますので、誰でも気軽に始められる点も大きな魅力といえます。このように、日々の生活の中で時間を見つけてすぐに実践できるつま先立ちエクササイズは、頼りになる味方として親しまれているのです。

理想的なスリムなプロポーションを叶えるために、あらゆる年代の女性たちの間で口コミによる高い評価を集めています。

股関節のストレッチをするには片足立ちが良い

下半身は脂肪が付きやすいですので、下半身痩せエクササイズを実施する事で太ももの動脈の血液の流れが良くなり、体に溜まった老廃物や不用な水分を体外へ排出する助けになります。

股関節のストレッチを行うのであれば、手軽に出来るものを取り入れる事で継続的にストレッチが行えますので、効果が高くなります。片足立ちは、ヨガの木のポーズが代表的であり、木になりきるイメージで行います。足を上げる事で普段使わない骨盤周りの筋肉を使う事ができ、鼠径部を鍛えたい時に有効です。

片足立ちを行うメリットは、スクワットなどのように筋肉を大きくせずに、インナーマッスルを鍛えて靭やかな筋肉を作りたいといった時に適している点です。また、靭やかな筋肉を作るだけでなく、体幹を鍛える事が可能ですので、スポーツやダンスをしている人々にとっても効果的なトレーニングとなります。

下半身の中でも太ももは大きな筋肉の塊ですので、ここを片足立ちで鍛えていきますと、効率的なダイエットを行えますので、ウエイトトレーニングやウォーキングやランニングなどのように、負荷を加えたり、有酸素運動を長時間したりする時間が無いという場合において、片足立ちは股関節を鍛えるのに良いストレッチ方法です。

足パカエクササイズ

足パカエクササイズは部分痩せとしてもダイエット効果も高いので知っている方も多いのではないでしょうか。足パカは下半身痩せにとても効果のあるエクササイズです。簡単な動作を繰り返すだけなので取り組みやすいですし、複雑な動作もないので誰でも簡単にできます。

エクササイズをする前にまずストレッチを必ずしてください。ストレッチをしないと怪我する確率も高くなりますし、十分に効果を発揮できませんので軽く体をならす感じで適度に行います。終わったら、足パカをします。

名前の通り足をパカパカするだけなのですが、床に寝転んで足を上げて、その次に左右、上下に向かって足を開きそのあと閉じます。これを1日30回ほど行うのですがやりすぎは禁物なので自分の限界を超えないようにします。

股関節を使うので使っているという意識を持ちながらやると効果も違ってきて、意識するのとしないのでは結果のでかたもかわってきます。足パカが終わった後もしっかりとストレッチをします。せずに終わってしまうと、綺麗に痩せることができません。

マッサージをするのもいいです。使った筋肉をほぐしてあげる感じでやります。継続すればするほど目に見えて結果がついてきます。

股関節のストレッチはキャメロンエクササイズ

突然ですがキャメロンエクササイズという言葉を耳にしたことはありますか。このキャメロンエクササイズとは股関節のストレッチとしてとても有効で、脚痩せ効果も抜群に高いとして今注目を集めているエクササイズです。

キャメロンエクササイズとは日本でも大人気のハリウッドスターであるきキャメロン・ディアスさんなどのパーソナルトレーナーを務める方が開発したエクササイズで厄介なO脚も改善できるとしてテレビでも紹介されました。

やり方は簡単で最初に足を肩幅よりも少し狭い程度に開きます。腕は肘を曲げて手の先を天井に向けるようにしてください。どちらか片方の足を軸足と決めたら、軸足を動かさないようにして反対側の足を大きく横に踏み出します。この時に手の指を軽く地面に付けて下さい。

その後は元の姿勢に戻って先ほどと同様に軸足は動かさず反対側の足を後ろに引いて、軸足は膝だけを曲げるように動かします。この時の腕は天井に向けて万歳をするような形にします。再び基本姿勢に戻れば完了で、この動作を軸足を変えずに10回程度行ったら、今度は軸足を変えて反対側も同じように10回行います。

このキャメロンエクササイズを毎日継続して行えばふくらはぎや太ももが鍛えられるので、美脚を目指すことができるようになります。

股関節ストレッチで痩せるには

股関節回りの柔軟性を鍛えることで、お腹周りをスッキリさせることができます。また、股関節のストレッチは腰痛の改善や猫背の矯正、美脚効果も期待できます。股関節の周囲は身体の中心の筋肉です。この部分はほとんどが体幹部の筋肉となっていて、ここを鍛えることで先述の様々な効果が得られます。

体幹トレーニングの重要性、身体への良い影響はすでに話題になっているとおりですが、具体的な方法はお風呂上りに柔軟体操をすると股関節回りの筋肉を鍛えると同時に柔軟性も上昇させることができます。

まずは、床に座って脚を開けるだけ開きます。身体が固い人は初めはなかなか大きく開くことは難しいかもしれませんが、できる範囲で大丈夫です。ことはの姿勢のまま、一分間ほどキープするとだんだんと筋肉の緊張がとけ、柔らかくなっていきます。

足を開いたまま上体が前に倒せるくらいになったら、今度はその上体を左右の足の上に倒すようにしましょう。その後は長座体前屈をしましょう。このセットを毎日繰り返すことで、姿勢が良くなったりダイエット効果が生まれたりします。

大事なのは継続して行うことで、一日や二日で効果は出ません。一か月ほど続けていくと、段々と効果が見えてくるので習慣づけて行っていくことが大切です。