下腹のぽっこりを解消するには?効果を高めるために知っておきたい原因とエクササイズ法

下腹のぽっこりを解消するためにダイエットをしたものの、なかなかうまくいかないという方もいるでしょう。ダイエットに失敗した方の中には、原因を理解していないという方もいます。

高いダイエット効果を期待するために、なぜ下腹がぽっこりしているのか把握することが大切です。原因を把握することで、適切な形で対処することにつながります。実は下腹がぽっこりする原因は、人によって違いがあります。

またダイエットの効果を高めるために、効果的なエクササイズを実践するのも1つの手です。エクササイズの種類は1つではないため、どのようなやり方があるのか把握しましょう。エクササイズは正しいやり方で行うことで、高い効果を期待することにつながります。

ぽっこりお腹を短期間で改善する方法

どんなにダイエットしても下腹の脂肪がなかなか落とせないと悩んでいる女性たちは、非常に多く見られます。そのような問題を解消してくれるのが、ぽっこりとしたお腹に効果的なエクササイズです。

下腹を短期間で引き締めることのできるエクササイズ方法としては、仰向けになってゆっくりと息を吐きながら両足を上げていき、その後息を吸いながら下ろしていくレッグレイズが挙げられます。下腹に最大限の負荷をかけて鍛えることができますので、非常に効率的なエクササイズとして知られているのです。

さらに、お尻を上げるヒップレイズも、ぽっこりとしたお腹を解消するためには大いに役立ちます。体幹を鍛えることによって普段の姿勢も美しくなるため、より綺麗になりたいと願っている女性たちからも、圧倒的な支持と満足度を誇っているのです。

そして、便秘やガスがお腹に溜まることによって下腹が出てきてしまうこともありますので、乳酸菌を積極的に摂ることでお腹の中からすっきりと健康的な体作りを心がけていくことが求められているといえます。

このように、スリムなプロポーションを手に入れるためには、毎日の筋肉トレーニングを長く続けることが何よりも肝心です。肥満の解消にはこうしたさまざまな工夫が大切といえます。

下腹のぽっこり

年齢を重ねるとホルモンバランスの崩れ、老化現象として代謝率の低下がみられるようになります。すると、体に不要な老廃物が排出されにくくなっていきます。それが脂肪が多くなり太りやすくなる原因です。

その中でも下腹のぽっこりは中年以降の多くの人に見られる現象です。大きな原因としては、加齢による内臓の内側にある筋肉の衰えにあります。筋力が低下することで内臓が全体的に重力によって落ちてきて、下腹に溜まるということになります。

そして内臓を本来の位置に抑える筋力も低下していくことで、内臓や脂肪が下腹に溜まりやすくなります。筋力が衰えると基礎代謝がダウンします。すると、余ったエネルギーは脂肪となって蓄えられてしまうのです。

お腹周りは内臓を守るために脂肪を蓄えやすい部分です。お腹の肉が5センチ以上つかめる場合には、皮下脂肪が原因です。お腹の低下している筋力をしっかりと鍛えていかなければぽっこりお腹は改善されません。

見た目の問題だけでなく、体内循環が悪化することで様々な病気を引き起こすことになります。ですから、筋力を低下させないことは大切です。筋力の低下は骨の歪みにも影響します。それによって、益々脂肪が溜まりやすい現象になってしまうこともあるのです。

下腹がぽっこりなら骨盤を締めよう

骨盤は毎日動いています。朝締まり、夜開くように出来ています。特に女性は出産に対応できるように柔軟に動くように出来ているのですが毎日何気なくしている動きの癖が原因で骨盤は少しずつ歪んでいきます。

・デスクワークなど座ったままの体勢が長時間続く
・カバンは肩掛けタイプでいつも同じ方向で掛ける
・片足に重心を置いて立つ方が楽に感じる
・椅子に座るときはいつも同じ方向に足を組んで座ってしまう
・床に座る時は両足を外側にベタっと付けて座る、または両足同じ方向に向けて座る
・椅子にもたれて座る事が多い
・柔らかいベットで寝ている
・普段使用している椅子やソファーが柔らかい

このように偏った体勢を続けると筋力に偏りが出始め、だんだん姿勢が悪くなっていきます。骨盤は体を支える中心に位置し、上体を支えるためにバランスを取ろうとし歪んでいきます。骨盤が歪んでしまうと締まりにくくなり、筋力と骨盤で支えられている内臓が垂れ下がり、下腹がぽっこりとなるのです。

内臓を守るためにまた内臓が垂れ下がることでリンパ線を圧迫し血のめぐりが悪くなってしまいます。そのためダイエットなどをしても下半身だけ痩せなかったり、冷え性の方がとても多いです。

便秘やガス溜まりが下腹ぽっこりに

下腹をぽっこりさせるもの一つとして便秘やガス溜まりもあげられます。便秘は腸に老廃物が溜り、排泄がしづらくなる状態ですが、慢性的になると便が腸内で腐敗をして毒素をもったガスを出します。

毒素をもったガスが充満すると腸の機能を低下させ、便秘も深刻になる悪循環になります。便秘は仕事や人間関係のストレスを感じることが多かったり、忙しくゆっくりトイレに行けなかったり、運動不足や食生活の乱れなどから起こります。

また年齢からくるものや水分をあまりとらないなども考えられます。排便時に強くいきまないと便が出なかったり、残便感があったり、硬い便や細い便が続くとき、便に血が混じるときなどは便秘の疑いがあります。

便秘やガス溜まりの症状としては、3日以上便秘が続いている。排便しにくく、残便感がある。お腹が張った感じがする。オナラが臭いなどがあげられます。便秘あらゆる状況で現れますので今は大丈夫だからといって安心せずに、ときどきでもセルフチェックをしてみるのがいいでしょう。

便秘やガス溜まりは下腹をぽっこりにとっては無視できない存在です。お腹に不快感や強い張りを感じたら、慢性化する前にしっかりとした対策をしたいものです。

腰が影響して下腹ぽっこり

自分の姿勢を鏡で見てください。良い姿勢とは言えない人が多いですが、下腹がぽっこりしている人は、特に腰を見ます。あまり関係ないような場所に見えますが、腰の状態によって見た目が大きく変わってしまいます。

女性に多いのが反り腰です。まっすぐに立っているつもりでも、腰が反っているために少し前に状態が倒れてしまいます。反り腰でまっすぐに立とうとすると胸を前に出して、お尻を後ろに突き出さないといけません。もちろん、このような状態では骨盤がゆがみます。

腰が反っているならば、下腹はぽっこりしないように思えるかもしれませんが、骨盤が開いてしまうために内臓が下がります。しかも、骨盤がゆがんでいると血流やリンパの流れも悪くなります。すると、下半身全体が太ってしまうでしょう。

女性は筋力が弱いこともあって反り腰になりやすいです。しかも、腰痛の原因にもなりますから、日常生活に支障が出ている人もいるかもしれません。上半身の姿勢を正そうと思っていても、骨盤がゆがんでいれば下腹ぽっこりは改善されませんので、全身の姿勢を正さなくてはなりません。

ダイエットしているのにどうしても下腹がぽっこりしたままの人は、反り腰を疑ってみてください。

病気の可能性はあるのか

下腹がぽっこりとなってしまった場合において、病気の可能性はあるのでしょうか。これは、あり得ます。女性の場合、婦人科系の病気が原因となって下腹がぽっこりとなっている可能性があります。下腹部には子宮や卵巣といった女性特有の臓器がありますが、そこに隠れた病気がある場合に下腹が膨れてしまうことがあります。

そのため、もし生活習慣を整えたり運動をするようにしたりしても改善されないようなら、これを疑ってみた方が良いです。当然ですが、診断は医師の専門的知見によって行われることですから、このような場合は病院へ行って診てもらう必要があります。

決して素人判断をしてはいけませんし、問題があるかもと思ったら早めに病院へ行くべきです。病気は早期に治療を始めれば治る可能性が高まりますが、放置していたことで治りにくくなったり改善が難しくなったりすることがあります。

したがって、なるべく早めに病院へは行った方が良いでしょう。病気としては卵巣に水がたまる病気やガンなどの病気が隠れ潜んでいるケースもあります。

命に係わる病気である可能性もありますから、対策は早めの方が良いです。ダイエットの運動を始める前に検査してもらうのも良いでしょう。

ぽっこりした下腹は姿勢や便秘に関係がある

腹筋や下腹の筋肉が衰えると脂肪が溜まりやすくなって、ぽっこりお腹の原因となります。食事を抜くダイエットをすると体重を減らすことができますが、筋肉も一緒に減らしてしまうためお腹のたるみやぽっこりはなくなりません。

食事に注意することも大切ですが、脂肪を燃焼させる筋肉をつけて体感を鍛えることがポイントとなります。身体を支える筋肉が衰えると正しい姿勢を保つことができなくなり、さらに下腹がぽっこりしてきます。

姿勢の悪さは骨盤の歪みにも影響してくるため同じ姿勢でいることは注意するようにします。腹筋に力を入れて正しい姿勢を保つ習慣をつけると筋肉の衰えも防ぐことができます。食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れから便秘になってしまいますが、インナーマッスルの筋力低下も便秘に関係しています。

インナーマッスルの筋力が低下すると胃や腸の本来の位置から下がってしまって、内臓の働きが悪くなり腸の動きが悪くなってしまって便秘が慢性化してしまったり、むくみやすい身体になってしまいます。

日常的に腸内環境を整え、腹筋も鍛えて内臓の位置を正しい場所に保つことが大切です。特に女性は更年期になると代謝が悪くなり筋肉量も減って内臓脂肪がつきやすくなります。ぽっこりお腹だけでなくメタボも気になってきます。普段からお腹まわりの筋肉を鍛えて代謝をあげるようにします。

下腹をすっきりさせよう

いつの間にか下腹がぽっこりしてしまうことがありますが、骨盤が開いてしまっている時に効くエクササイズもあるので少しずつ改善をしていきましょう。まずは仰向けに寝転んで軽く両膝を抱えてみてください。

体を左右に揺らしながら腰の中心にある仙骨を刺激するように意識してみて下さい。約1分程度行いますが、深く膝を抱えすぎると今度は仙骨が動かないので、何度か練習してみましょう。

股関節を開いたり閉じたりするのも開いた骨盤を治すのによいエクササイズです。座ってから足の裏をぴったりくっつけるようにして、ゆっくりと左右の膝を外側に倒していきましょう。40秒じっくり時間をかけて行います。

開いた後は戻すために仰向けに寝転んで、両膝を立てます。両足の膝をくっつけるようにしながら40秒間閉じるようにして下さい。お尻歩きも効果があります。ある程度広いところで足を伸ばして座って、膝を曲げないように意識しながら骨盤を使って歩きます。

大体30歩を目安に前に進んだり後ろに戻ったりしてみて下さい。どれも簡単なストレッチですから、無理のない範囲で取り入れていくようにしましょう。毎日続けていくことで気になる下腹のぽっこりにもすっきりとした変化が出てきます。

歪みを治してすっきりしよう

下腹がぽっこりして気になる時には骨盤の歪みを治す事でも解消する事ができます。手軽にできるエクササイズから始めていくと続けやすいです。お尻歩きは座って骨盤を動かすように歩きますが、これもきちんと動いている事を意識して行うとかなりつらく感じます。

背筋はしっかり伸ばして曲げないようにしながら30歩程度できれば頑張りたいですが、最初は10歩ぐらいから無理をしないように前進したり後退してみて下さい。

腰を回すような動作の骨盤回しも簡単です。肩幅程度に足を開いたら、両手を腰に当ててぐるりと大きく腰を回していきます。体は伸ばして前を向き、足も固定して動かさないようにしながら腰だけを回すようにするのがポイントです。左右10回ずつ回していくようにしましょう。

ピラティスも骨盤の歪みを解消できる運動なので、自分のやりやすいエクササイズを見つけて試していきましょう。毎日継続して行う事で歪みが少しずつ正しい位置に戻ってきます。運動をすることも大切ですが、普段の生活で骨盤が歪まないように心がけるのも大切です。

自分では中々歪んでいるという事にも気が付きにくいので、適度にエクササイズをしながら下腹対策に取り入れていきましょう。

下腹ぽっこりは姿勢矯正で改善を

下腹がぽっこりする原因のひとつが姿勢の悪さからく背骨の歪みや骨盤の歪みとされています。姿勢が悪いと下腹に脂肪がぽっこりしてしまうのは、どのようなメカニズムが働いているのでしょうか。悪い姿勢を続けていると血やリンパの流れが阻害され、内臓が下がったり圧迫されて働きが鈍くなります。

そうなると常時エネルギーを消費する基礎代謝が低下し、老廃物の排出が滞ることによって脂肪を蓄えやすくなるのです。姿勢を矯正することで基礎代謝のアップや老廃物の排出、新陳代謝の向上につながり、下腹部のぽっこり解消を含むダイエット効果が期待できます。

日常生活で簡単に実践できる方法があります。肩甲骨を意識的に動かす方法で、これは悪い姿勢の代表格ともいえる猫背に効果的な運動です。やり方は、両方の手のひらを後に向け、手の甲をお尻にくっつけます。手の位置を動かさずに肩甲骨を内側に寄せる動きをゆっくりと何度か繰り返します。

このほかデスクワークなどで長時間座る時は意識的に背筋を伸ばしたり、足を組んだり背中を丸めるくせをやめることも大切です。どうしても姿勢が崩れてしまう人には、肩から上半身にかけて装着する姿勢矯正用のバンドもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

下腹のぽっこりを解消するために

筋力の低下や加齢などによって下腹がぽっこりしてしまうことがありますが、それらは適切な運動を行うことで改善できます。もちろん有酸素運動や適切な食事制限を取り入れることでより一層効果を増すことができますが、とりあえずははじめて見ることが肝心です。

下腹のぽっこりを解消するための運動とはまず仰向けになって床の上に寝た状態から、膝を曲げて太腿を持ち上げます。ゆっくりと下腹部に効いていることを確認しながら上半身の方向に向かって曲げていき、下ろすときに3秒ほど姿勢をキープします。

そうすると下腹にかなりの負荷がかかり効いていることがわかります。10回から15回ほど繰り返して3セット行うことで筋力をアップさせられます。

慣れてきたら膝を曲げない状態でそのまま足を持ち上げ上体も起こしながら運動を行うことで、腹筋全体に負荷がかかるのでスリムなウエストと太りにくい体を手に入れることが可能です。続けることで内臓が正しい位置に戻り腹筋も強化できるので、ぽっこりとしたお腹を改善できます。

この運動はテレビや本を見ながら他のことと同時進行で行えるので、暇なときに下腹部の引き締めのためにポッコリを改善できるながら運動をしてみましょう。

自分に合ったストレッチ

これからの暖かくなる春に向けて、理想の体型を目指してダイエットに取り組みたいと考えている方が増えてきています。しかし、過度な運動や食事制限を行うことは、身体に負担を掛けてしまう可能性が高くなります。

自分に合ったダイエット方法を探すことが重要になります。そして、下腹の脂肪を落として筋力をつけたいと思っている方もたくさんいます。筋力をしっかりとつけるためには、ストレッチを行うことが大切です。

自宅でも簡単に行うことができる腹筋や背筋を無理なく始めることが一番です。あまり無理をすることによって、怪我をしてしまう場合もあります。自分の体力や身体に合わせてストレッチを少しずつ始めることで、筋力アップにもつながります。

柔軟体操を行い、筋肉をほぐすことも必要です。ぽっこりお腹に悩みを抱えているという方は、腰をひねるなどの刺激を与えることで引き締めの効果が出てくることが多いです。毎日の継続が大切であることから、ストレッチを通して身体を慣らしながら続けていくことが大事です。

そのためには、目標の体型や体重を定めて、自分の体型や筋力に合わせたストレッチ体操を発見することができるように、試行錯誤を繰り返しながら行ってみることも重要になってきます。

下腹のぽっこりを簡単に解消する方法です

下腹のぽっこりを解消するには、下腹の筋力をつけるのが一番の近道です。そのための筋トレ方法があります。とりわけ女性の場合、下腹が出やすい体質にあり、しかも一旦出てしまうとなかなか引き締めることができないのが、頭の痛いところでしょう。

下っ腹の引き締めのためには筋肉をつけるのが最も効率的ですが、忙しい女性が家に居ながらにしてトレーニングする方法があるのです。まずは呼吸法です。ドローイングという手法では、意識して呼吸するだけで、腹横筋を鍛錬することができます。

腹横筋は内臓を確実に支えるために大切な筋肉なのです。ここを鍛えることができると、良い姿勢をキープしたり、基礎代謝を上げることにもつながっていきます。やり方は非常に簡単です。背筋をピンと伸ばして、正しい姿勢で立ちます。

息を2~3秒かけて吸い込みながら、お腹をふくらませていきます。おへそを意識しながらお腹全体をへこませ、ゆっくりと息を吐きます。お腹がへこんだ状態でやや苦しくなってきたら、そのタイミングから3秒ほど続けます。

そしてゆっくりと息を吸って元の状態に戻していきます。これがドローイングと呼ばれている手法の具体的手順です。この手法で腹横筋を鍛え、下腹のぽっこりの解消を実現する可能性が高まります。

下腹ぽっこりはバランスの良い食事を心がける

下腹ダイエットにうってつけの食事法として腸内環境を整える事が大切です。便秘の人はいつまでもたっても消化した物は排便されないので、おなかがぽっこりしていて当然です。善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌を多く含む発酵食品を積極的に摂るのがベストでしょう。

食事の内容もバランスよくとる事の他に、食事量の比率も考えたるとより効果的です。脂肪燃焼効率の良い朝に一番ボリュームのある食事量を取り、逆に代謝の下がる夜に食事量を減らすとダイエット効果に最適です。

朝食を4、昼食を3、夕食を3の割合で食べると食べた間のが体に残らずに消化されやすいとされています。他にもご飯や麺類などの炭水化物は適度に減らす事も効果的です。皮下脂肪の多いぽっこりおなかには、いつも食べているお米の量を半分に減らすだけでもダイエット効果が望めるでしょう。

ここで気を付けたいのが、炭水化物を全くとらないのは駄目です。炭水化物は人間のエネルギー源となる大事な栄養素だからです。偏った栄養バランスの食事をしていると便秘になりやすいだけでなく、健康にも良くないです。

果物や野菜からビタミンや食物繊維を沢山摂取する事で体の中から余分な水分や毒素が出る事で、スリムで健康な体と変化してゆきます。

下腹ぽっこりは食べ物で解消できる

下腹ぽっこりに悩んでいる人は、きのこ類をおすすめします。きのこは非常に低カロリーかつ食物繊維が多いので、お腹の調子を整えてくれます。野菜と同様に代表的なダイエット食であり、野菜炒めに入れて食べるのもおすすめです。

脂肪は便通をよくする機能があるため、適量を摂るなら問題はありません。青魚の油は動物性脂肪を溶かしてくれるので、血流ドロドロに影響する肥満を招いている人におすすめです。

豆腐は豊富なタンパク源であり、畑の肉と言われるほどの栄養価があります。たんぱく質が非常に多いので、筋肉を増やすための食品として役立ちます。お腹周りに筋肉をつけることで、脂肪が付着する場所を減らしていくのです。

豆腐はカルシウムやイソフラボンも豊富なので、ストレス性の肥満解消にも役立ちます。ごはんのかわりに豆腐を食べると炭水化物を大きく減らして、下腹ぽっこりを解消できるでしょう。

肉類は意外にもダイエットに効果的で、脂肪分の少ない部位を選んで食べると脂肪燃焼を促進できます。鶏肉は脂肪分が少なくてたんぱく質が多いので、アスリートの食材によく用いられます。

朝食シリアル全般は食物繊維が豊富なので、便通が悪い人におすすめです。お腹の老廃物を追い出すためにもオートミールやグラノーラ、ブランなどを活用しましょう。