両親への結婚挨拶のマナー!当日の服装&手土産&報告の流れなど

結婚する前に必要なステップとなるのが、両親への挨拶です。これから一緒に生活することになる相手の家族ですから、失礼なことがあってはいけません。相手の両親に不快な印象を与えないようにするためにも、結婚の挨拶ではどのようなマナーに気をつければいいのでしょうか。

気をつける点には、当日の服装から手土産などさまざまな注意点が存在しています。注意すべき点が多いと、挨拶自体が嫌になってしまう方もいるでしょう。

ですが今後の家族付き合いのためにも大切なステップですので、チェックポイントを確認して問題なく挨拶ができるように準備をします。自分1人で気を使うのではなく、パートナーと一緒に結婚前に必要なステップを乗り越えていくことも忘れてはいけません。

挨拶に行くときの女性の服装

女性が結婚の挨拶に行く場合、まずポイントになるのがどのような服装をしたらいいのかという点です。基本的には、スーツやワンピースなどの服装を選ぶのが無難です。イメージとしては、清楚な服装を選ぶように心がけましょう。派手な服を選んでしまうと、服装だけで印象が悪くなってしまうこともあります。両親の印象が悪化しないためにも、清楚な印象のものを選ぶことが大切です。

また髪型は、まとめるもしくはとめるのが無難です。髪が乱れているのも、印象を悪くする原因の1つです。さらに明るすぎる髪色は避けて、控えめの色にするようにしましょう。メイクをするとき、両親への挨拶ということで気合を入れる方も多くいます。気合を入れることは悪いことではありませんが、派手なメイクは避けナチュラルメイクを意識することが大切です。

ワンピースなどを着用する場合、生足は避けてストッキングなどを着用するのが一般的です。ストッキングが伝線していると、だらしない印象を与えてしまいます。着用する前に伝染していないか確認することを忘れてはいけません。また靴を選ぶときには、サンダルなどカジュアルなものではなくシンプルなパンプスを選びます。

女性が身だしなみで注意すべき点

女性の服装では、清楚な印象に気をつける点以外にどのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。まずポイントになるのが、両親に不快な思いをさせる可能性がないか確認するという点です。

派手な服装や不潔な印象を与えてしまうと、これからの家族付き合いで気まずい思いをするかもしれません。相手の両親は、服装からどのような人物なのか判断します。服装がきちんとしていないと、生活がしっかりしていないと思われることもあります。だからこそ、清楚な服装をすることが大切です。

また自分の実家に彼と挨拶に行く場合、ラフな格好でもいいと思う方もいるかもしれません。ですが実家へ挨拶に行くといっても、カジュアルな服装には注意が必要です。彼がスーツを着るなら、相手とのバランスを考えて服装を選ぶようにしましょう。

服装だけではなく、持ち物にも注意することが大切です。ハンカチは事前にアイロンをかけるなど、準備することも忘れてはいけません。また服装が清楚でも、ハンカチが派手という方も見られます。服装だけではなくハンカチにも気をつけて、なるべく良い印象を与えられる服装を選びます。迷ったときには、パートナーに相談してみるのも1つの手です。

男性はスーツを着る方が多い!

結婚挨拶のときに男性が着る服装としては、清潔感があるものを選択することが大切です。そのため基本的には、スーツなどを着用する方が多くなっています。スーツを着るときのポイントの1つが、シワがないように注意するという点です。

しわくちゃのスーツで結婚挨拶へ行くと、悪い印象を与えてしまうこともあります。服装だけでイメージが悪くならないように、スーツのシワにも注意するようにしましょう。

男性の場合、スーツだけではなくジャケットスタイルを選ぶ方も増えています。ジャケットスタイルでも問題ありませんが、どのようなデザインのジャケットを選べばいいのか迷ってしまう方も多くいます。

その点ビジネススーツであれば、服装の選択に迷う必要がないというのもポイントの1つです。ネクタイはしてもしなくても問題ありません。実際にネクタイをつける場合には、無難なデザインのものを選びましょう。

服装だけではなく、持ち物や小物でも清潔感を意識することが大切です。例えば緊張すると汗をかきやすい方は、ハンカチに気を配るのも1つの手です。ハンカチは無地のものにアイロンをかけておくことで、清潔感のある印象を与えられます。また靴のチェックや、靴下に穴が空いていないか確認することも忘れないようにしましょう。

手土産の相場は約3000円

結婚の挨拶へ行くとき、多くの方は手土産を用意していきます。ここでポイントになるのが、どのような品物を手土産として用意したらいいのかという点です。渡す品物によって、両親からの印象に違いが生まれます。より良い印象を与えられるようにするためにも、手土産選びで注意すべき点について把握しておきましょう。

まずポイントになるのが、どのくらいの値段の手土産を選べばいいのかという点です。実際の相場としては、約3000円です。両親へ渡すのだから、値段が高いほうがいいと考える方もいるかもしれません。

ですが値段が高いと、貧乏だと思われていると両親が感じてしまうこともあるので注意が必要です。安っぽい品物でも悪い印象を与えることがあるので、安すぎず高すぎないものを選ぶことが大切です。

何を購入するか決めるときには、事前に両親の好みをリサーチしておくようにしましょう。お菓子などを選ぶ方が多いですが、甘いものが苦手という方もいます。また和菓子は好きでも洋菓子はあまり好きではない方もいるので、好きなもののリサーチは必要不可欠です。両親がお酒が好きという場合であれば、お菓子ではなくお酒を手土産に選ぶのも1つの手です。

手土産は渡し方も大切

手土産を購入した場合、どのように渡すのかというのもポイントの1つです。基本的には、席に着く前か席に座って少ししてから渡すようにしましょう。実際に手渡すときに「つまらないものですが」と切り出す方も多くいます。よく使われる表現ではありますが、できる限りこのような表現は避けるのが無難です。

渡すときには「お好きなお菓子だと伺ったので」もしくは「おいしいと有名なお菓子です」などのように、もらった側が中身を期待したくなる表現をすることも大切です。

また手土産を購入するときには、賞味期限に注意することも忘れてはいけません。例えば洋菓子を選ぶ場合、ケーキなどの洋菓子を選ぶ方も多くいます。ですがケーキの場合、その日のうちに食べなければならないというケースもあります。

すぐに食べなければならない手土産は、迷惑になるかもしれません。そのため手土産を選ぶときには、賞味期限が1週間以上あるものを選びましょう。賞味期限が短いものは、できる限りギリギリで購入することも大切です。

手土産で選ぶ品物は、なるべく個包装のものを選ぶことも忘れてはいけません。個包装のものを選ぶときには、家族の人数分あるのかという点も合わせて確認も必要です。

挨拶の日取りは両親の都合を聞いてから

結婚の挨拶へ行くとき、自分たち2人の都合だけで日取りを決めたいと思う方もいるかもしれません。ですが結婚の挨拶というのは、両親に時間を割いてもらって行うものです。そのため自分たちの都合だけで決めるのではなく、まずは両親の都合を確認することが大切です。

両親の都合を聞く場合、余裕を持って行動することも忘れてはいけません。挨拶に行きたいと思っていても、忙しい両親の場合には1ヵ月前から都合を聞かないと時間を作ってもらえないこともあります。スムーズに挨拶ができるようにするためにも、早めに予定を聞くようにしましょう。

また両親の都合を確認するときに、いきなり来週末がいいと言われるケースも見られます。そのような場合に備えて、同時進行で手土産について考えておくことも大切です。手土産のリサーチをある程度進めておくことで、急に挨拶の日程が決まったときでもすぐに対応できるようになります。

人によっては結婚の挨拶をする前に、結婚式の準備を進めるという方もいます。ですが結婚式の日取りを決めるのは、結婚の挨拶が終わってから考えるようにしましょう。結婚式の日取りに関しても、両親の都合を確認することも大切です。

訪問時間は食事時を避けるのがマナー

結婚の挨拶に伺う場合には、日程だけではなく時間帯を確認することも忘れてはいけません。特に注意しなければいけないのが、食事時を避けるという点です。昼の12時や夕方の6時以降に訪問する場合だと、両親側は食事の準備をするべきなのか気を使ってしまいます。

特に初対面の場合には、いきなり食事というのもハードルの高い作業です。少しでもハードルを下げるためにも、なるべく食事時を避けて訪問するようにしましょう。

食事時を避けるのがマナーといっても、時間を指定された場合にはその時間に従います。また食事の時間帯を避けるために、午前中なら10時前後で午後なら14時~16時くらいを目安に訪問することが大切です。食事の時間帯を避けるだけではなく、食事の準備や後片付けの時間にかぶらないように訪問するようにしましょう。

食事時を避けて訪問するつもりでも、食事に誘われることもあります。そのようなときには、最初の1回は断るのがマナーです。1回目は社交辞令で聞いているだけのこともあるので、1回目は断ってもう1度質問されたらOKするようにしましょう。2回連続で断ると相手が不快な思いをすることもあるので注意が必要です。

到着時間は約束時間の5分前

実際に相手の両親の家を訪れる場合、どのくらいの時間帯を選ぶのかもチェックポイントの1つです。遅刻がNGなのは当たり前のことですが、早すぎる到着にも注意が必要です。約束の15分くらい前に到着してしまうと、まだ訪問先の準備が整っていないこともあります。早めについて気を使わせないようにするためにも、なるべく約束の時間の5分前を目安に到着するようにしましょう。

冬場に訪問する場合は、コートを着ている方も多くいます。コートを着用している場合には、玄関に入る前に脱いでおきます。また雨の日の場合には、玄関に入る前に傘を閉じておくのが一般的です。

ほかにも玄関で注意すべき点の1つが、両親にお尻を向けないようにするという点です。ドアを閉めるときや靴を脱ぐときなど、お尻を向けてしまうこともあるかもしれません。ですが相手に失礼のないようにするためにも、なるべくお尻を向けないように注意することが大切です。

靴を脱いだら、玄関に揃えて置きましょう。また玄関から家の中に上がる場合には、両親の側から上がってくださいと言われてから家の中に入るようにすることも大切です。不安な方は、玄関から家の中に入る動作を事前に練習しておくのも1つの手です。

雰囲気を和ませる会話について考えよう

結婚報告を行う場合には、まずは男性から挨拶をするのが一般的です。これは女性側の両親に挨拶する場合でも、男性から結婚の報告を行います。

また実際に挨拶へ行った場合、結婚の報告を行うだけだと5分程度で終わってしまいます。挨拶をするだけではなく、少しお茶でも飲みながらお互いを知るために世間話をするようにしましょう。ここでポイントになるのが、挨拶を済ませたらどのような会話をするのか考えておくことも大切です。

結婚の挨拶の際に話しやすい話題の1つが、お互いの家族の話です。家族関係や幼少期の頃などの話をすることで、会話のきっかけをつかみやすくなります。また住んでいる地域などの話をするのも1つの手です。例えば手土産に地元の特産品を選択して、特産品をきっかけに地元の話をすることも可能です。

一方で気をつけるべき話題となるのが、宗教やギャンブルなどの話です。自分がギャンブルが好きだとしても、相手の両親がギャンブルに悪い印象を持っていることもあります。また話す内容によっては自慢話になってしまうこともあるので、相手が不快な思いをしていないか注意しながら話をしましょう。ほかにも、お世辞だと思われるような内容は避けるのが無難です。

2人で力を合わせることが大切

両親への結婚の挨拶というのは、自分1人で行うものではありません。結婚する相手と一緒に挨拶へ行くからこそ、2人で力を合わせて行うようにしましょう。自分の実家への挨拶であれば、気楽な気持ちで行ける方もいます。ですが相手の両親への挨拶となったら、緊張してしまうのも当たり前です。そのため2人でカバーしあいながら、挨拶を乗り切ることが大切です。

自分の実家へ挨拶に行くとき、パートナーは緊張している可能性が高いです。そこで緊張しているパートナーが落ち着いて過ごせるように、自然とフォローができるようにしましょう。例えば話が好きな両親の場合、自然と話が長くなってしまうこともあります。そのようなときにパートナーが困っている場合には、話を切り上げられるように声をかけるのも1つの手です。

結婚の挨拶は2人で行うものだからこそ、事前に2人で打ち合わせをしておくことも忘れてはいけません。両親の家に訪問したとき、長すぎる滞在時間は失礼にあたります。そこで訪問時間が長くならないように、事前にどのくらいの時間で終わりにするのか2人で決めておきましょう。2人で打ち合わせをすることで、お互いにフォローしながら結婚の挨拶を乗り切ることにつながります。