人前式で使う誓いの言葉&オリジナル例文をパターン別で紹介

結婚式を挙げるとき、教会や神社で挙げられる方が多いです。他にお寺で式をされる方もいらっしゃいます。教会式はキリスト教、神前結婚式は日本古来からの神道、仏前結婚式は仏教という宗教に基づいた儀式です。二人の婚姻を神様や仏様に証明してもらうのです。キリスト信者でなくても、教会で挙げる方は多いですけどね。

もともと宗教に基づいた儀式ですから、式には決まった順序や決まり文句があります。教会式や神前、または仏前では違いはありますが、宗教が同じならどの結婚式も同じ順序で進みます。最近は年齢の若い人の間で人前式が流行っています。人前式は、二人の結婚を家族や友人に証明してもらう方式です。

特に決まりはないので、式の進行を新郎新婦やみんなで自由に決める事ができます。それが年齢の若い人に好評なのです。今回は、人前式で誓う言葉やオリジナル例文をパターン別で紹介いたします。

様々なパターンがある人前式の誓いの言葉

自分達らしい結婚式を行いたいと望むカップルに人気の人前式ですが、自由度が高いため誓いの言葉を言う際も様々なパターンが考えられます。二人で一緒に誓いの言葉を言うパターンが一番オーソドックスではありますが、新郎新婦人一人ずつ誓いの言葉を言うパターンもありますし、その両方を組み合わせたパターンもあります。

いずれもお互いへの決意表明や、列席していくれているゲストへの感謝の気持ちなどを自由に伝える事が出来ます。人前式は「こうしなければならない」という厳格なルールが無いため、どのような式にするのか新郎新婦の考え方一つであるところが大きな魅力です。

更に面白味が増してくるパターンが、式に列席している立会人や友人、両親の問いかけに答えて誓いの言葉を言うパターンです。新郎新婦を良よく知る親しい間柄であるからこそ面白味を感じさせる問いかけを発することが出来るため、式の雰囲気もとても和やかなものになります。

両親からの問いかけであれば子どもを思う親心に感動すら覚えることもあるでしょう。このように色んなパターンがある人前式での誓いの言葉ですが、どのような気持ちをどのように誰に伝えたいのかを一番大切にして、二人でよく話し合う必要があります。

立会人からの問いかけへの返答

今後、結婚生活をスタートする2人の決意を立会人から確認する問いかけに対して、一般的にはどのように答えるかということがあります。恐らく、今後どんなことがあっても互いを思いやり支え合う事、一生それを貫く決意があるかという内容で問いかけられることが多いでしょう。

多くの人は、「はい、誓います」と答えることが多いのではないでしょうか。ただ、この答え方に決まりはありません。一生一度の大舞台で大切な相手と周囲の人がに対して強く誓うインパクトのある答え方をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、年齢的なものを交えて生涯の愛を誓う答え方のパターンで「彼女(彼)が100歳になってもそれ以上になっても愛し続けます」と一生を年齢に例えると誓いに深みが出ます。

更に幸せな家庭を築く事を誓いますか?との立会人が問いかけることがありますが、「両親が築いてくれたような幸せな家庭を今度は自分達で築いていきます」と両家の両親への感謝と尊敬の念を交えるのも素敵です。また、「彼女(彼)のような素敵な人と共に家庭が築ける事に感謝し、大切にしていきます」と相手への愛を伝えるのも良いのではないでしょうか?

新郎新婦のエピソード満載の問いかけを

結婚式の中でも自由度の高い人前式ですから、誓いの言葉もゲスト達にも楽しんで貰えるようなものにしたいと願うのも当然です。そこでよくあるパターンの一つに立会人からの問いかけに答えるといものがあります。立会人というからには新郎新婦にとって非常になじみの深い人物が務めているはずですから、快く引き受けてくれるでしょう。

いついかなる時も愛し合うことを誓うか、という手番の問いかけももちろん良いものですし、新郎は短気ですがそれでも愛し続けますか、新婦は寂しがり屋ですがそれでも愛し続けますか、など二人の性格を表わす内容にしてみるのもおすすめです。二人が喧嘩した時のエピソードなどを取り入れてもおもしろいでしょう。

ただしいくら自由度が高い人前式だからと言っても、新郎新婦が大勢の前で口にしてほしくないこともあるはずです。そのため立会人とどのような誓いの言葉にするのか、ある程度は希望を伝えて話し合いをしておきましょう。

大まかなことを話し合ったら、後は立会人がどのような言葉を問いかけてくるのかを本番の楽しみにとっておくというのも一つの方法です。きっと笑いあり涙ありの、世界に一つだけの誓いの言葉になることでしょう。

両親の気持ちも確認出来る人前式

結婚式において定番中の定番とも言える演出は、式の最後に花嫁が両親に向けた手紙を読み上げるというものです。今まで育てて見守ってきてくれた両親への感謝の気持ちを伝える花嫁の姿には、多くのゲストが感動して涙を流すシーンでもあります。

このように結婚式では新郎新婦の側の気持ちを伝える事が一般的ですが、両親だって大事な我が子が結婚という人生の節目を迎えるに当たって新郎新婦に伝えたいことがあるのではないでしょうか。そんな希望を叶えることが出来るのが人前式です。

新郎新婦が誓いの言葉を言う際に両親からの問いかけに答えるというパターンにすると、両親がどんな気持ちでいるのか、どんなことを新郎新婦に伝えたいのかがよく分かります。新郎の両親から新婦へ、新婦の両親から新郎へという問いかけにすると、息子や娘にはこんな欠点もあるけれどこんな長所もある、ということを伝える事も出来ます。

更に両親が二人の末永い幸せをいかに願っているのかもよく分かるのではないでしょうか。結婚に際して両親がどう思っているのか知りたい、という場合にも人前式での問いかけをお願いしてみることをおすすめします。親子だからこそ普段は恥ずかしくて口に出せないことも多いと思いますが、結婚式という場を利用してお互いの素直な気持ちを確認することが出来ます。

ふたりで誓いの言葉をたてよう

結婚式の挙式パターンは実は色々と種類がありますが、最近増えているのが人前式と呼ばれるパターンのものです。人前式とは参列してくださった皆さんの前で新郎新婦が誓いの言葉をたて、結婚を祝福してもらいます。一人ずつ誓いの言葉を言うパターンもありますが、ふたりで一緒に言うととても和やかな雰囲気になり、仲の良さも伝わるのでおすすめです。

この誓いの言葉は決まった文言にするというルールはなく、ふたりのオリジナリティを出すことが可能です。例えば、コーヒーが好きな二人ならお互い美味しいコーヒーを淹れあいます。スポーツが好きなら年をとっても一緒に楽しくスポーツ観戦をします、といった風に個性をそのまま表現できるのも人気の秘訣です。

この誓いの言葉は新郎にとっては少し恥ずかしい部分もありますが、結婚式の挙式は一生に一度のものなので思い切って二人で大切な人々の前で言うのがおすすめです。

この誓いの言葉はどちらか片方が一方的に作り上げるのではなく、二人で協力して作ることもポイントです。どんな夫婦になっていきたいのか、どう過ごしていきたいのかについて話し合うキッカケにもなります。今後の日々に必要な時間になるかもしれません。

二人の気持ちをストレートに表そう

人前式では自由に誓いの言葉を言うことが出来るのが魅力ですが、一人ずつ誓う場合はよりお互いへの気持ちやどのような結婚生活を送りたいのかを言葉にしやすいのではないでしょうか。

相手のどのようなところを愛しているのか、結婚生活において大切にしたいことなど、人前式で言葉にすることによって改めて結婚して新しい家庭を築いていくのだという実感が増すはずです。普段相手に伝える事が恥ずかしい、照れくさいと思えるようなストレートに愛を表す言葉や相手の尊敬しているところを選んでみても良いのではないでしょうか。

またゲストを楽しませるような言葉にしてみるのもおすすめです。お互い年月を重ねて体型が変化しても愛し続ける、体型が変化しないようにいつまでも美しくいる努力をする、などは二人の可愛らしい気持ちが読み取れ誰が聞いても微笑ましい気持ちになります。

一人ずつ誓いを言う場合は相手に対する気持ちや結婚生活への決意表明など思いの丈を伝える事が出来るので、一生に一度の結婚式でしか言うことが出来無さそうなことは積極的に言葉にしてみるといいでしょう。そうすることで世界のどこにも無い二人だけの特別な人前式になり、一生の記憶に残る式となります。

二人の気持ちを大事にした誓いの言葉

せっかくの人前式での誓いの言葉ですので二人で一緒に誓いたい、けれど自分の思いも誓いの言葉にしたい、ということもあるでしょう。その場合は最初の誓いの言葉を二人で一緒に言うことにして、その後は一人ずつ誓いを言い合い、その後最後も再び二人で一緒に言うというパターンにしてみても良いでしょう。

そうすると二人でも誓いの言葉を言うことが出来ますし、自分の思いも相手や列席者に伝える事が出来ます。最初や最後には親族や友人など列席者への感謝の気持ちも伝えると良いでしょう。一人ずつ誓いの言葉を言う際は、お互いへ誓うことや結婚後どのようにありたいのかを言葉にすることが理想的です。

普段は照れくさくてとても口に出せないような言葉でも、結婚式だからこそ言葉に出来るということがあるはずです。改めてお互いへの感謝の気持ちを伝えたり、愛情を伝えてみてはいかがでしょうか。

そうした自由な誓いの言葉は人前式ならではですので、二人で思いっきり考えてみましょう。一生に一度の結婚式です。今後の人生のパートナーとなる相手に何を伝えたいのか、大切な人達の前で何を誓いたいのか、ということを忘れずに二人らしい誓いの言葉を作り上げていきましょう。

結婚相手の好きなところと年齢

結婚披露宴の演出の中で、新郎新婦がお互いの好きなところを発表する、和やかでいながら盛り上がる場面もよく見受けられます。大勢の親族や友人の前でね気恥ずかしさもありますが、2人が主役である1度きりの結婚式ですから、出席者の誰もが微笑ましく見守り思い出のひとつになる演出です。

新郎新婦の年齢が若ければ尚さらに、友人達も楽しんで盛り上がるでしょう。結婚相手の好きなところと聞かれると、優しい、楽しいといった有りきたりな一言で済んでしまいそうですが、例えばどんな所が楽しいか、どんな所が優しいか、具体的なエピソードこそが盛り上がる理由になります。

お年寄りを見ると必ず手を差し伸べてしまい、そのせいで自分の予定に遅れてしまうなど、エピソードの中で人柄がよく分かってきます。場の雰囲気はとても和やかになります。新郎新婦が落ち着いた年齢であれば、そのような微笑ましいエピソードもギャップとなりまた盛り上がっていきます。

一見すると短所になるような部分でも楽しいエピソードをつけ、そんなところさえも好きだとアピールするのもお互いを理解し合う夫婦になる儀式の中では、聞く人を安心させることもできます。照れくさい演出ですが意味があり大変に場は盛り上がります。

お互いに愛する気持ちを伝えよう

人前式に列席している親族や親しい友人達は、何よりも新郎新婦の末永い幸せを祈っているはずです。そのため二人の愛し合う気持ちをストレートに表現することで列席者達も喜びますし、式も盛り上がるでしょう。

無事に結婚式を迎えている二人ですのでプロポーズはとうの昔に終わっているはずですが、人前式の場で今一度言葉にしてみるのもおすすめです。新郎新婦の二人にとって大事な人々の前で新郎から改めて結婚して欲しいという気持ちを伝え、新婦もそれに応えて新郎を愛し続けるという気持ちを表わすと、列席者達も喜ぶ事は間違いありません。

愛し合っている二人が新しい家庭を築き、今後の人生を共にしていくという決意表明の場に立ち会えているという感動すら感じさせるかもしれません。新郎新婦にしても大切な人達の前で改めて結婚の意志を言葉にすることで、お互いを今後の人生のパートナーに選んで生きていくのだと言う実感がひしひしと感じられるでしょう。

人前でプロポーズの言葉を言ったり受け入れたりすることには多少の恥ずかしさもあるかもしれませんが、一生に一度の結婚式だからこそ行えることです。恥ずかしがる必要はありませんので、お互いに大いに愛を叫びましょう。

お互いに素直な気持ちで約束事を言おう

列席者が聞いていても盛り上がる誓いの言葉となると色々と考えてしまいますが、お互いへの約束事を誓いの言葉にすることもおすすめです。列席しているのは親族や仲の良い友人達でしょうから、新郎新婦の性格や得意にしていること、不得意にしていることを知り尽くしている人達ばかりのはずです。

そこで新郎新婦がお互いへの約束事として、お互い不得意にしていることを今後の結婚生活の中で努力していく決意表明などをすると非常に盛り上がります。例えば新郎が苦手な料理や掃除を頑張ると約束したり、お腹が出ないように節酒する約束をしたりしても良いでしょう。

新婦も料理のレパートリーを増やすことを約束したり、太らないようにお菓子の量を減らすと約束しても盛り上がることは間違いありません。更に今後もずっとお互いを愛することを約束してもいいのではないでしょうか。

お互い面と向かって言うのは恥ずかしい言葉でも、一生に一度の結婚式でならば伝え合うことも出来るはずです。これから一生を共にする相手に何を約束するのか、式が盛り上がることも考えつつ素直な気持ちを伝える事も忘れないようにしましょう。そうすると盛り上がりつつ、列席者の心も温かくなるような素敵な人前式となることでしょう。