人前式とは?誓いの言葉の文例や演出のアイデア

結婚式はチャペルでのキリスト教式、神社で三々九度を行う神前式、お寺で行う仏式等々たくさんの様式がありますが、この全てに共通する事は結婚の誓いを神様や仏様に誓うという事です。このような結婚式が多い中、格式ばった式ではなく、自由に新郎新婦の好きなスタイルで行う式「人前式」が今人気です。

この人前式は、その名の通り「人の前」で行う式です。この場合の「人」とは、式に出席して頂いてるゲストの事です。招待したゲストの皆さんを証人として、お二人の結婚を誓います。

人前式は決まったルールがありません。新郎新婦が演出を考え、ゲストと共に永遠の愛を誓い合うのです。演出次第でとても盛り上がりますので、どんな演出があるのか見てみましょう。

人気の人前式はこんなに素敵にできる

人前式は人気の挙式スタイルですが、挙式を自由にカスタマイズして自分たちらしい式を挙げることが出来るのがその魅力です。また、神父さんを呼んだりしなくていいですし、お金をかけたくないところは節約するなど工夫次第で料金が安く済むところも人気の理由の一つとなっています。

そのため、結婚式場や教会といった施設にもこだわらず、自由に選べるところも人前式のよいところで、おしゃれなレストランなどで挙げることもできます。入場する時も大好きな友人に先導してもらったり、一緒に登場することも可能です。そして、誓いの言葉も自分たちのスタイルで自由にできます。

例えば、二人一緒に誓いの言葉を言う人もいますし、一人ずつ言った後で二人で一緒に言う人もいます。その内容も、二人で考えたオリジナリティーあふれた言葉でもいいですし、誰もがきいたことがある格式高い誓いの言葉でもいいです。

その後でゲストに感謝の言葉を述べたり、これからの約束事を箇条書きで発表する人もいます。また、立会人や友人、両親からの問いかけに応えるパターン、もう一度プロポーズを再現するパターンなどもあります。このように人前式では、自分たちらしい自由な発想で理想の式を挙げることが出来ます。

神前式、仏前式、人前式の違い

神前式は、神殿で神様にふたりが結ばれたことを報告し、感謝するものです。これからのご加護を願うというのが大きな意味合いです。玉串を神前に捧げる儀式を、親族と仲人を含めて行い、家と家同士の結びつきを感じられる結婚式になっています。参列者は親族と仲人のみであることが多いです。

仏前式は、仏様や先祖に結婚の報告をし、巡り合えたご縁に感謝する儀式です。一度結婚すると来世まで連れ添うという仏教の教えに基づき、新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓います。先祖代々のお墓がある菩提寺、ゆかりのある寺院の本堂の他、自宅に僧侶を招いて仏壇の前で行われるのが一般的です。

人前式は、結婚の誓いを神仏に対して行う代わりに、ゲスト全員に結婚の証人となってもらうスタイルの結婚式です。そのため、宗教や格式を気にする必要がないので、式をする場所や進行、演出など自由に決めることができます。ゲストに証人になってもらう事で、式全体に温かい一体感が生まれます。

レストランでカジュアルウェディングや、ガーデンウェディングも可能です。披露宴会場で式も行い、そのまま披露宴をする流れでもかまいません。お世話になった人達に、自分達の言葉で決意を伝えたい新郎・新婦には人前式がぴったりです。

自由にアレンジできるのが魅力

神前式とは主に神社や神殿で行われる伝統的な挙式スタイルで、神道がベースになっています。白無垢や羽織袴など和装で行うのが一般的です。仏前式は仏様の前で行う挙式のことをいい、主に菩提寺や寺院、仏壇の前などで採り行われます。衣装も神前式と同様に、和装を着るのが一般的です。

神前式も仏前式も家と家のつながりを重視するため、参列するのは親族のみという場合が多くあります。しかし、最近では友人などが列席するケースも増えてきています。それに対して人前式はゲストを立会人とする挙式スタイルで、自由にアレンジして行うことができます。

これはやってはいけないというルールは特にありません。挙式会場で行う場合もありますし、披露宴会場と同じ場所で行う場合もあります。神前式や仏前式は挙式の流れが大体決まっていますが、人前式は自分達でやりたい演出を決めることができます。

教会式をアレンジすることが多いですが、和のテイストで行ったり、ゲストにセレモニーに参加してもらうこともできます。自分達が考えた言葉で結婚を誓い合ったり、プロポーズを再現するといった演出が行われることもあります。人前式は宗教や格式にとらわれずにできるので、幅広い世代に人気があります。

人前式の大まかな流れとは?

人前式は基本的には自由に行って良いものですが、一般的にはキリスト教式の流れに沿ってそれをアレンジして行うことが多いです。新郎新婦の入場から始まり結婚の誓約、指輪交換から結婚成立の宣言、新郎新婦挨拶を経て結婚の承認、そして退場です。

入場はキリスト教式とは違い、完全に自由です。新郎新婦が一緒に入場したりゲストと一緒に入場など厳かな雰囲気とは違う、アットホームな雰囲気での入場が可能です。結婚の誓約に関してもゲストの前で誓うものになるので、誓いの文言も自由に決めることができます。

指輪交換や結婚成立の宣言、新郎新婦挨拶も特に制限はないのでちょっとした盛り上がる演出を盛り込むことができます。結婚の承認では立会人を決めてサインをいただいたり、ゲスト全員からの拍手やバルーンのリリース、鐘を鳴らすなどの演出があります。

車好きのご夫婦では外からご自分の愛車のクラクションを鐘の代わりに鳴らすなど、ご夫婦の趣味を絡めた演出も人前式では可能です。退場も入場同様、基本的に自由となります。以上が大まかな一般的な人前式の流れとなりますが、何度も言うように自由です。新郎新婦、ゲスト共に全員が楽しめる、思い出に残る式にすることができます。

人前式を盛り上げるポイント

結婚式の挙式にはいくつかの種類があり、定番のキリスト教式、最近人気の人前式などがあります。人前式とは新郎新婦の2人が誓いの言葉を考えたり、サインをしたり、オリジナリティ溢れる式のタイプです。2人が来賓のゲストの前で誓いをたて、拍手で同意してくれるため温かい雰囲気の式になります。

この人前式は比較的自由度が高く、新郎新婦以外も活躍するシーンがたくさんあります。その中で盛り上がる演出として人気なのが、小さい子供によるリングボーイやフラワーガールの演出です。指輪の交換の前にリングピローを子供が持ってきてくれたり、お花を持ってきてくれるととても可愛いです。

さらにあたたかな雰囲気になりますし、ゲスト皆がほんわかとした気持ちになります。自分の姪っ子や甥っ子でもいいですし、小さな子供がいるゲストに協力してもらうのもいいでしょう。この際には子供にかわいい衣装を着てもらうのもおすすめです。

花嫁のドレスに似たワンピースを着てもらったり、男の子ならハーフパンツのセットアップなど子供らしさも残した服装が可愛いです。人前式は自分のやりたい、と思うような演出を入れやすいので、是非子供たちにも協力してもらいましょう。

結婚指輪をゲストから新郎新婦に届ける

人前式では教会式の流れをアレンジすることが多いですが、指輪の交換も必ずといっていいほど行われているセレモニーです。指輪交換をする前にオススメな演出に、リングリレーがあります。リングリレーとは、指輪の交換に使用するマリッジリングを1本の長いリボンに通して参列したゲストから新郎新婦に届けるという演出になります。

リングリレーは、ゲスト参加型のイベントとしてとても人気があります。披露宴などではゲストが参加するイベントも多くありますが、挙式の際に参加することはあまりないと思います。挙式という大事なセレモニーにゲストも参加することで、会場には一体感が生まれること間違いありません。

そのためリングリレーは人前式を盛り上げることができる演出と言われており、参列してくれたゲストとの絆を感じることもできると人気です。リングリレーのメリットは、小さなお子さんから祖父母などお年寄りまで幅広い人が参加できるところにあります。

ゲスト参加型の演出としては花嫁が投げるブーケをキャッチするブーケトスもありますが、参加できるのは未婚の女性に限られています。それに対してリングリレーは、参列したゲスト全員が参加できるのが魅力です。

ゲスト参加型で記憶にも残る

新婦が持つブーケを新郎が手渡す演出は、それだけでもとても素敵でロマンティックですが、ゲストも参加してのブーケセレモニーならさらに印象的で特別なものになります。選ばれたゲストはそれぞれに花を持ち、新郎に手渡していくことでブーケに仕上がります。

中世ヨーロッパの物語が元になっているといわれ、歴史を感じさせつつも至ってシンプルな演出です。けれどもゲスト参加型の一体感で、会場は優しく和やかな空気に包まれ盛り上がることでしょう。永遠の愛を誓うという意味の込められたそのブーケが、ゲストの祝福や承認の元にその場で作られていくのですから、とても温かみのある演出となります。

新郎から新婦へその特別なブーケが手渡される瞬間は、最高にロマンティックでシャッターチャンスにもなりえます。新郎新婦にとっても参加したゲストにとってもきっと忘れられない思い出になり、ゲストに対して結婚の誓いを立て認めてもらう人前式にまさにうってつけと言えます。

新婦がブーケの中から一本取り出し、新郎にブートニアとして返すその一連の流れで愛は一層深まります。自由なスタイルでアレンジもしやすく、アットホームな雰囲気の中で行う人前式の演出として最適です。

人前式ではプロポーズ再現も盛り上がる

自由なプログラムを自分たちで決めることができる人前式では、プロポーズの再現も定番となっています。新郎新婦にとっては恥ずかしく感じるかもしれませんが、会場に集まってもらった招待客にとっては楽しんでもらえるプログラムとなります。

チャペルや神社での厳かな結婚式もいいのですが、人前式では招待客に証人となってもらって二人の結婚を誓うことになり、招待客の協力が必要になります。そのため、みんなに喜んでもらえることを優先して考えたプログラムが向いており、プロポーズ再現はぴったりとも言えます。

プロポーズ再現では、婚約指輪を渡すといったシンプルなプロポーズであれば特別に盛り上がらないと思ってしまいがちですが、その時のシチュエーションなどを取り入れて友達にも協力してもらうといいでしょう。景色が良い場所でのプロポーズであれば、背面にその時の風景のパネルを用意してもらったり、模造紙に絵を描いて友達に持っていてもらうだけでも構いません。

その時の洋服に着替えるとなると時間がかかってしまいますが、衣装の上から帽子を被ってみたりカーディガンなどを羽織ってみるだけでもその時の雰囲気を再現できることになり、女性がイエスの言葉を言った後には盛り上がる音楽やクラッカーなどを用意しておくと効果的です。

みんなで一つになってお祝いの人前式

普段から神社や教会に縁がないのに、結婚の時だけそこに行くというのがどうもしっくりこないという人も、もちろんいます。そういうカップルの場合は来て下さった方々に結婚の証人になっていただく人前式という形を取ると良いです。

元から来て下さる方々は二人にとって大切な方々。その方々に証人になっていただけるなんて最高の喜びと言えるでしょう。参列する側も、全員が証人なのだと二人を温かくずっと見守っていきたい気持ちにさせられます。

新郎新婦が自分たちの言葉で誓いの言葉を述べ、その場で婚姻届にサインするセレモニーは、それを見届けた人々にずっと記憶に残る事でしょう。その日から二人は夫婦になるんだなと感慨深いものでもあります。

そして会場は感動のために大いに盛り上がり、ますます楽しく幸せな雰囲気になっていくことでしょう。人前式にすることで、式と披露宴は1つのところで行えますから、時間も経費も減らせるメリットがあります。

お年寄りがいる場合や気難しい方が来られる場合は事前に説明をしておいたり、招待状にそうする思いをしたためておけば、受け入れてもらいやすいでしょう。来て下さった方々にも幸せな気持ちになる時間を過ごしていただくためにも、主役の二人はにこやかに、楽しい演出を計画しましょう。

人前式だからできる退場演出

自由なスタイルで行える人前式。それなら退場の際も人前式ならではの、自由な発想で演出してみてはいかがでしょうか。人気なのは、ゲストの皆さんにアーチを作ってもらいその中を新郎新婦が通って退場していくという演出です。

通常の退場だと、フラワーシャワーが一般的かと思います。フラワーシャワーも綺麗で写真映えしますので非常に良い演出ですが、ゲストの皆さんにアーチを作ってもらう演出であれば、ゲストの方々の距離感も近くなり新郎新婦に一声かけたりするのもゲストの方全員が平等に行えます。

非常に和気あいあいと楽しい結婚式にふさわしい退場になるのではないでしょうか。その他にも、演出のハードルとしては高いですがフラッシュモブを取り入れてゲストの方に協力してもらい退場するのも面白く、ゲストの方々の思い出にも残るので良いのではないでしょうか。

人前式は様々な演出を自由に行える分、ゲストの皆さんの記憶にも残りやすく後々の思い出話の話題にもなりやすいです。式の色々な場面で盛り上がって楽しんでもらい、楽しい思い出に全員がなるように退場の場面までしっかり演出を盛り込みましょう。きっと新郎新婦、ゲスト全員が幸せな気持ちになること間違いなしです。