人気の着圧ソックスで美脚をGET!タイプ別のおすすめソックスや実際の効果とは?

着圧ソックスを使用すれば、誰でも簡単に痩せられると思っていませんか?

ですが使ったからといって、確実に痩せられるというわけではありません。正しく使用しなければ、血流が悪くなるなどの問題が出るかもしれません。

人気の着圧ソックスで美脚を手に入れるために、まずは自分の脚のタイプを把握しましょう。タイプ別におすすめのソックスが異なるので、自分にあったソックスを選ぶことが大切です。このときタイプを調べるだけではなく、実際にはどのくらいの効果が期待できるのかチェックするのも1つの手です。

実際に使っている方の意見を参考に、正しく着圧ソックスを利用します。自分にあった着圧ソックスを使うことで、美脚に近づくことが期待できます。

どうして足はむくんでしまうの?

足がむくんでしまうのは、ふくらはぎのポンプ機能が低下してしまうからです。ふくらはぎは第二の心臓と言われており、下半身の血液を心臓に向かって押し上げています。重力により水分や老廃物も溜まりやすいのですが、ふくらはぎの筋肉をポンプのように使って代謝を促します。

ですがこのふくらはぎのポンプ機能が低下してしまうと、正常に血液や水分、老廃物を流すことができず下半身に溜まったままになるのです。

あまり運動習慣がなくふくらはぎに筋肉が不足していると、ポンプ機能は簡単に衰えてしまいます。よく動いているという人にもむくみの原因はあります。

日常的によく歩くのに足の疲れをそのままにしてしまうと、筋肉疲労からポンプ機能は低下しやすいです。夕方頃になると足がむくんで靴がきつくなるという人はすでにむくみが悪化している証拠です。

適度に運動をしている人でも水分の取りすぎや水分不足、塩分の取りすぎのような食習慣の乱れも足をむくみやすくします。濃い味付けや外食が多い人は注意が必要です。

こまめに対処していけばむくみはそれ程悪化しませんが何もせずに放置していると、この溜まった水分や老廃物はそのまま皮下に溜まって慢性的なむくみや下半身太りの原因になるのです。

むくみ対策には着圧ソックスを利用して

脚のむくみやだるさ、冷えなどに利用されることのある着圧ソックスは、入手しやすい環境も整っていることから気軽に誰でも利用できるために人気もありますが、その詳しい効果についての理由としては、意外と知らない部分も存在していたりします。

まず着圧ソックスそのものについては、基本的に通常のソックスやストッキングよりも、その名の通りに強い圧力を脚に与えるといった特徴があり、圧迫ストッキングと呼ばれることもあります。また似たものに弾性ストッキングというものもありますが、これは医療用のものなので着圧ソックスとは基本的に異なります。

そんな着圧ソックスですが、着用することで脚に圧力を与えます。よって通常は血管やリンパ管などに吸収されるはずの水分が細胞と細胞の間に溜まってしまうことがあり、これがむくみなのですが、それを防いでくれる効果があります。

それによってむくみはもちろんだるさといった症状の緩和や予防が期待することが可能であり、とくに長時間のデスクワークや立ち仕事、妊婦や産後の場合はむくみに悩まされているケースも多いため、こういった人たちにはお勧めです。

また下肢静脈瘤を発症していたり、そのリスクがあるような場合にも、ふくらはぎを重点的に圧迫してくれるので、静脈とリンパの流れを促してくれるので効果的です。

着圧ソックスはむくみ解消をサポートします

足のむくみ症状に対して着圧ソックスを使う人が増えてきています。一般に使われている圧迫ソックスとはいろいろな点で違いがあるのです。

着圧ソックスとは、足に適度な圧力を加えることによって、血液が余分に溜まらないように対応し、足の奥深い部分にある静脈に血液が流れやすくするように手助けをしていくという役割を持っています。使い方としては、朝起きたときに履いて、夜就寝するときにはとるようにするものです。

一般に流通しているソックスの場合、圧迫圧は15mmHg以下となっていて、着圧ソックスに比べて低圧迫となっているのが通例です。また仕様によって価格は違いますが1,500円~6,000円とさまざまです。サイズや厚さなどを見ながら、自分に最適なものを自己判断して購入しなければなりません。

また、かかとが無いものも多く、成果を出すために大切な足首の位置が合わせられず、自分にぴったりのサイズを選ぶのが難しいという側面があります。着圧ソックスの場合は、むくみの状態によって着圧レベルが決まっていますので、それに対応したものを買えばいいのです。

着圧ソックスとは、むくみを即解消するツールではなく、あくまでも血流の流れを良くするためのサポートアイテムなのです。むくみを解消するためには、体の内部を整えることを優先させなければなりません。

食生活の見直しをしたり、適度な運動をすることもあわせて実施することがポイントとなってきます。

着圧ソックスの着用は無理の無い範囲で

着圧ソックスは下半身に適度な圧力が加わる事で効果を発揮するものですが早く効果を実感したいと焦ってしまい、ついつい長時間着用してしまうケースも少なくありませんが、無理をして痛みや痺れなどの負担を感じるようであれば逆効果となってしまいます。

着圧ソックスを着用する適切な時間は取扱説明書に従って用法を守る事が大切ですが、それに加えてひとりひとり下半身のサイズは違うため1日中着用しても平気な人もいれば数時間足らずで苦痛を感じる人など個人差がある事を考慮する必要があります。

一般的には日常的に着用するタイプの製品では2時間から6時間程度としているケースが多い一方で、就寝時に着用するタイプの製品では睡眠時間を想定して6時間から8時間程度としているケースもあります。

もしも血行が悪くなり痛みや痺れなどの症状を感じることがあれば着用を停止する、または数時間おきに脱いで休ませる方法を試します。また、サイズを選べる製品であれば1サイズ上を試したり、素材がより柔らかく着圧がソフトなタイプの製品に乗り換えるのも検討材料となります。

着圧ソックスを活用するには、まずは自分の身体に合った製品を見つける事から全てが始まります。

着圧ソックスはこんな時に使う

着圧ソックスは身に着けることで足に圧力をかけてくれるアイテムです。それによって血液などの流れが良くなりますから、むくみなど循環に関わる問題を抱えている方にとってはぜひ取り入れていきたいアイテムです。

使用するシーンとして特にお勧めなのが、仕事で長時間同じ姿勢を取ることが多い時です。長時間座りっぱなしの方は動かないことで足の血の巡りが悪くなり、むくみやすいものです。立ち仕事でもあまり動かないという方は足がむくんでしまう事もあるでしょう。そういった時に着圧ソックスを取り入れていくことでむくみの解消につながることもあります。仕事の場合は特に同じ姿勢が長時間にわたることになるので注意しておきましょう。

同じように、長時間乗り物に乗るというときも同じ姿勢になりやすいので注意が必要です。座席の狭いバスや車などに長時間乗る場合には着圧ソックスで足の循環を保っていくとよいです。同様に、災害時に避難をするときにも着用がすすめられることもあります。

水分を控えることが多いため通常の状態よりも体内の循環が滞りやすくなっているためです。それ以外にも、運動ができない状態の時などむくみが気になる時には履くだけでよい着圧ソックスから取り入れていくのもよいでしょう。

着圧ソックスが向いている人

着圧ソックスが向いている人はどのような人なのでしょうか。最近では多くの人が使用している人気の着圧ソックスが誕生しています。たくさんのソックスの中からどれを選べばよいのか参考になるように、どんな人が履けばいいのかを説明していきます。

まず、多くの人が感じているむくみの解消です。足がパンパンにむくんでしまう人は、着圧ソックスの使用が向いています。一日の疲れが取れて足をすっきりとさせる効果を期待できます。さらに、ふくらはぎの太さが気になっている人にもおすすめです。

寝ているときに履くだけでスリムな自分を取り戻すことができます。ソックスの中には、90%以上の女性に選ばれた人気のものがあります。まずは履いてみて、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。サイズが合っていないものを履いたとしても、高い効果を期待することはできません。

ソックスを選ぶときのポイントは、着圧レベルとサイズをよく確認するこことです。着圧が強すぎても不快になってしまいますので、ちょうどいいレベルのものがいいでしょう。

睡眠の時に履くものであれば、20mmHg以下がおすすめです。むくみを消したい人であれば、25から35mmHgくらいがいいでしょう。

着圧ソックスの選び方

毎日の足のむくみを解決してくれる着圧ソックスですが、様々なメーカーより商品が販売されているので初めて購入する方などはどれを選べば良いのかわからないという方も少なくありません。

着圧ソックスは基本的に同じような作りをしていますが、圧力の強さが商品によってかなり変わってくるため、自分にあった圧力のタイプを選ぶことが重要になります。

むくみを減らすためにも、圧力の高い物を選んだ方が良いとイメージしている方は少なくありませんが、日中の長時間使用するタイプならソックスタイプよりもストッキングタイプを選び、脚全体を優しく着圧してくれる圧力の弱いものがおすすめです。

帰宅してから短時間使用して足のむくみを解消したい時に利用するなら圧力の強めのものを選び、足のマッサージを並行して行うと足に蓄積している老廃物をしっかり流して翌朝にはむくみを改善してほっそりとした足を手に入れることが出来ます。

初めて着圧ソックスを購入する場合は、扱いやすいストッキングタイプを利用してみて、圧力が足りないと感じたら少しずつ圧力の高いタイプに切り替えていくと自分にぴったりのアイテムを見つけることが出来ます。また足への負担を考えて就寝時や長時間の利用は避ける事が重要です。

寝る時におすすめの着圧ソックス

むくみや足の疲れの改善に役立つ着圧ソックスには、昼用と夜用があり、寝る時に履く場合は専用のソックスを選ぶことが大切です。

着圧ソックスは、足に圧力をかけることでむくみを解消させる仕組みで、基本的に昼も夜も常に着用すると使い方は想定外です長時間の使用はむくみや疲れに効果的ですが、身体が持っている本来の能力を低下させてしまう可能性があります。特に昼用は圧が高く作られていることが多く、昼用のソックスを寝る時にも履くのは避けましょう。

寝る時には、長時間の使用に適した圧に設定された、夜用の着圧ソックスを着用しましょう。選び方としては、自分に合ったサイズを選択するのが第一です。着圧ソックスは足に適度な圧力を与えるため、伸縮性は少ないのが特徴です。

サイズが大きすぎると効果が実感できず、小さすぎると足に余計な負担をかけてしまいます。着圧ソックスは、足首からふくらはぎ、太腿に向けてそれぞれ適切な圧力がかかるように設計されています。きちんと正しい位置に来るように履かなくては、最大限の効果を得ることができません。

履く時はまずかかとの位置を合わせ、足首やふくらはぎに向けて、偏らないよう徐々に引き上げていくのがおすすめです。

着圧ソックスのすすめ

足のむくみは、女性だけでなく誰でも一度は感じたことがある悩みではないでしょうか。もちろん見た目も太くなり、嫌な気持ちになりますが、パンパンにむくんだ足を元に戻すためのマッサージやストレッチは、結構時間や体力を必要とします。

スッキリしたひざ下は、素敵な印象をあたえますし、自分も靴を履いたり歩いたりしやすいので、出来るだけむくまない努力をしたいものです。そんな時におすすめしたいのが、自宅用の着圧ソックスです。着圧ソックスと言えば、夜寝る時に履いて朝スッキリといったイメージがありますが日中にもぜひ試してみましょう。

家の中で家事や育児、パソコンをしている時も、どんどん脚はむくむものです。夕方になるにつれ、ふくらはぎがかたくなっていき、なんとなく足がだるく重く感じてしまいます。

自宅でも着圧ソックスを使用していると、夜になってもスッキリしたラインの脚でいられますし、なにより軽く感じるので疲れの感じ方も少ないのです。女性は冷えでもむくみやすくなりますので、冷え防止にも着圧のソックスをおすすめします。

ストレッチや適度な運動、バランスの良い食事など、様々な方面からむくみ対策はできますが、一番簡単で今すぐ試すことができるのが着圧ソックスなのです。

着圧ソックスのすすめ

美脚は女性の永遠の憧れです。男性もきれいな脚の女性がタイプと言う人が少なくありません。もともとの長さや骨格は変えることは難しいですが、むくみのないすっきりした脚は努力次第で手に入れることができます。

ストレッチや適度な運動ももちろん大切ですが、誰でも今すぐ試すことができるのが着圧ソックスです。実際、きれいな脚のモデルや女優さんたちも使用している情報があります。夜、寝る時に履くタイプが主流と思われがちですが、普段使用できる、お出かけ用の着圧ソックスもおすすめです。

脚は寝る時だけにむくむものではありません。日中、歩いていても座っていてもむくんでしまうのです。外や会社でマッサージやストレッチをするのは難しいですが、着圧ソックスなら誰にもバレずに使用してむくみを防ぐことができます。

色も黒やシンプルなものが多いので私服や制服にも邪魔しません。誰でも夕方になるにつれ、ひざ下が重くなります。クーラーや冷えからもっとひどくむくむ場合もありますので、お出かけ用の着圧ソックスでしっかりと守りましょう。

真夏も素足や冷たい飲み物は極力控えるべきですし、冬はますます冷えますので特にむくみやすいものです。日中も着圧の効果に頼りましょう。

手軽に変える100均の着圧ソックス

着圧ソックスというとドラッグストアや、靴下専門店にいかないと購入することが出来ないとイメージしている方は少なくありませんが、最近では手軽に購入することができる100円均一ショップなどで購入することも可能になってきています。

100均ではきちんとした使用感があるのか不安と感じる方も多いですが、100均だからこそクオリティはとても高く、多くの店舗で販売しているため、近くにお店があれば簡単に手に入れることができる点が大きな魅力となっています。またサイズや着圧のタイプが選べるようになっているので、いつ使用したいのかで使い分けを行うことも出来ますし、女性に限らず男性でも気軽に着圧ソックスを利用することができる点も100均で購入するメリットの一つです。

材質は従来のものに比べて肌触りの良し悪しがありますが、使い捨て靴下と思えば比較的良い仕上がりになっていますし、出先で足がむくみそうだと感じた時に着圧ソックスを100均で購入しておけば、長時間のデスクワークや立ち仕事を行っても足がむくみにくくして、翌日まで疲れを残さない事が可能になります。

価格もリーズナブルで購入しやすいので複数購入する方も増えてきています。

着圧ソックスでむくみを解消

着圧ソックスは寝ている時にはくだけで、足のむくみがとれて足が細くなる効果が期待できます。女子中学生や高校生の間でも人気を集めていて筋肉質の人やむくみがひどい人がはくと、朝起きると足がスッキリしていると流行しています。

着圧ソックスは、いろいろなタイプがありショッピングモールや通販サイトでも購入することができます。価格もさまざまなので予算に合わせて選ぶと良いです。膝から下のタイプが人気で特にふくらはぎや足首のむくみが気になる人にも人気です。

ソックスをはくとセルライトやむくみをとる効果がある他、体温が上がるので新陳代謝が良くなり血行も良くなるタイプの着圧ソックスもあります。冷え性の人も体温が上がる効果が期待できるので気になる人は試してみると良いでしょう。

伸びるタイプの着圧ソックスもあるので、圧がかかる好みに応じて選ぶことが大切です。自分の足に合ったものをはくことで効果も期待できます。妊婦の人がはくタイプのソックスもあります。冷えのつぼやお産に良いツボを刺激しながら温めてくれる効果があるので血液の循環も良くする効果があります。

着圧ソックスは自分の足に合ったものや素材や効果を参考にしながら選ぶことが大切です。

着圧ソックスの効率的な使用法

近ごろでは、仕事や子育てなどで忙しく働いている女性たちが非常に多く見られるようになりました。立ちっぱなしで動くこともあるため、夜には足がパンパンにむくんでしまうと悩んでいる人も少なくありません。

なかなか疲れが取りきれないと感じる場合も増えています。そんな時に頼りになるアイテムが、着圧ソックスです。着圧ソックスをはくことによって、足全体に適度な圧力が加わって快適に疲れやむくみを取り除いてくれるのです。

長さや厚さなども自由に選ぶことができますので、自分の疲れ具合や特にむくみが気になる部分などに応じてぴったりのソックスを見つけ出すことが可能といえます。

さらに、着圧ソックスの効果をより一層高めるためには、寝ている間に着用することが重要です。長時間適度な締め付けで加圧することによって、驚くほどスッキリとしたスリムな足を手に入れることにつながります。

自分にぴったりのサイズや長さを選ぶことで短期間でセルライトの解消も期待できます。このように、毎日の暮らしに着圧ソックスを取り入れることで、効率的に下半身痩せを叶えることが可能なのです。リーズナブルな料金と質の高い素材も選ばれている理由の一つとなっています。

男性用の着圧ソックス

世間一般的に目にするのは、女性用の着圧ソックスですよね。品数も豊富で、デザインもシックな物からキュートな物まで揃っています。でも、むくみに悩んでいるのって女性だけですか、男性はむくんだりしないんですか。

同じ体勢で長時間いたり、運動不足であったりするために、筋肉を使って老廃物を上半身へと押し上げるポンプ作用がうまく働かなくなり、下半身に溜まってむくむわけですから、性別に関わりなく起こり得る症状ですね。

ですから、むくみ対策は男性にとっても必要なことです。実際、仕事柄立ちっぱなしでむくみに困っている男性はたくさんいますし、スポーツ時に運動効果をさらに上げるためにソックスを履きたいと思っている男性も多いです。

じゃあ、簡単に購入できる女性用を履いてもいいのでしょうか。着圧ソックスというのは、脚にちゃんとフィットして圧をかけれる物なので、サイズの合わない着圧ソックスを履いても効果は期待できません。やはり男性用の着圧ソックスで脚にしっかり圧力をかけることが重要です。

今はスーツの下にも違和感なく履くことができ、良質の素材で通気性と抗菌消臭の施された男性向けの着圧ソックスも出ているのでぜひむくみ解消に役立ててください。

着圧ソックスと注意点

便利な着圧ソックスですが、注意点もあります。間違った使い方をすると血行障害や神経障害のリスクが高まることがあるので注意が必要です。着圧ソックスは商品によって圧力を選ぶことができます。

ドラッグストアなどで販売されているソックスは、医療用の製品よりもパワーが弱めに作られています。就寝中に利用できるタイプは、圧力が20mmHg以下のものが多いです。自宅でくつろぐときに着用するソックスと外出時に着用するソックスでは圧の強さが違います。

使用するシーンによって自分の体に合った着圧ソックスを選ぶことが重要です。ネットショップでは医療用のソックスも購入できますが、合わないものを選ぶと症状を悪化させてしまうこともあります

場合によっては合併症のリスクが高まるので、医療用の製品を使う場合は病院で医師の指導を受けてから正しく使うことが大切です。着圧ソックスは自分に合ったサイズを選ぶことが鉄則です。事前に自分のサイズを測り、最も適した製品を選びます。着用してから痛みやしびれが起こった場合は、すぐに着用を止めます。

痛みを正常に認識できない人や糖尿病の患者は使用を避けた方が安心です。足に血行障害や神経障害がある人の場合、足を圧迫して症状がさらに悪化することもあるので注意が必要です。