ほうれい線は何歳から出来る?消す方法ってあるの?毎日の予防法と寝方を変えてできにくくする方法

年齢を重ねても美しい肌、若々しい顔立ちでいたい!と思っている女性は数多く存在すると思います。そのために今のうちからできることはぜひやってみましょう。ほうれい線は何歳から目立ち始めるのか、日焼け予防の重要性、寝方がほうれい線に大きく影響してくることについてまとめました。

ほうれい線は何歳から出てくるか

顔が老けて見える原因となるほうれい線が、何歳から出てくるかは、人によって変わります。

ほうれい線に悩まされるのは30代後半辺り?

早い人の場合、20代後半から目立ち始めるという事も珍しくありませんが、30代後半辺りから、ほうれい線に悩まされる人が一気に増え始める事になります。

ただ、30代になったから出てくるというものでもなく、40代になっても出てこない人も少なくなく、一概に何歳から出てくるとは言い切れません。

ほうれい線が出始める年齢の違いがあるのはどうして?

出てくる年齢の違いは、日常の肌の手入れによって変わってくる事があります。ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えによる顔の皮膚のたるみや、肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸の減少等様々です。

肌の中のコラーゲンというのは、年齢と共に減少していく以外にも、紫外線を浴びた場合も減っていく事になります。その為、肌の中のコラーゲンを守るには、日常的に、日焼け止めを塗る事が有効になってきます。

若い頃から、日常的に日焼け止めを塗り、コラーゲンの減少を防いできた人と、紫外線に対する対策をしていなかった人では肌のハリや弾力に差が出てきます。

このハリや弾力の差が、ほうれい線が出てくる年齢の差に繋がっていく事になります。ほうれい線が出てくる年齢を遅らせたいと考えたら、紫外線対策等、日常のケアが有効になってきます。

ほうれい線を防ぐためにできること

ほうれい線とは口の両脇にできる深いしわのことで、できてしまうと一気に老けた印象を与えてしまうため、加齢が気になりだしたら、なるべく早めにほうれい線ができるのを防ぐケアをしたいものです。

ほうれい線ができてしまう2つの原因とは

ほうれい線ができる原因は主に二つあり、一つは加齢や乾燥、紫外線の影響によって真皮のコラーゲンが減少してしまうことです。

コラーゲンは肌を作っている基礎のようなもので、若い頃は多数存在しているため肌の土台がしっかりとしており、そのため肌はピンと張りのある状態となっているのですが、加齢や紫外線の刺激によって減少すると肌の張りが失われてたるんでしまいます。

ほうれい線は、この弾力のない肌が溝状になり目立ったものなのです。もう一つの原因は表情筋の衰えです。顔の筋肉が衰えると、次第に表面の肌を支える力がなくなって肌にたるみを与えてしまいます。

口周りにも無数の筋肉が存在しており、加齢や表情の乏しさのために衰えると、口周りのたるみを生む原因となるのです。

ほうれい線を防ぐスキンケアとトレーニング

そのためほうれい線を防ぐためには、化粧品でのスキンケアと筋力トレーニングの両方の面からのケアが必要になります。

紫外線防止と保湿は日頃から十分に心がけるようにし、また顔面の筋肉を鍛えるフェイストレーニングを習慣的に行うようにすると効果的です。

毎日の日焼け止めでほうれい線の予防

年齢を重ねると、口の周りにほうれい線ができてしまうのは仕方のないことですが、早くから対策をしておくことによって、ほうれい線の発生を遅らせることが出来ます。

ほうれい線と紫外線によるダメージ

ほうれい線を作る最も大きな原因の一つとして、紫外線によるダメージが挙げられます。

特に、紫外線A波は、肌の深層まで到達し、コラーゲンやエラスチンなど、肌の張りを保つ組織を破壊してしまいます。そうなると、肌は従来の弾力を失いたるんでしまい、ほうれい線が刻まれてしまうのです。このような紫外線からのダメージを防ぐために、しっかりと日焼け止めを塗ることが大切になります。

ほうれい線を防ぐためにおすすめの日焼け止めと塗り方

紫外線A波、紫外線B波の両方をブロックする必要があるので、SPFの数値は35以上、PAの数値が+++以上の日焼け止めを選ぶようにしましょう。一度塗りでなく、薄く3度塗りするほうが、より高い効果が発揮されるとされています。

天候に関係なく日焼け止めは毎日塗ることが大切

紫外線は目に見えないので、雨や曇りの日は大丈夫だと思われがちですが、天候が悪い日でも、雲の間から紫外線はさんさんと降り注いでいます。また、紫外線はガラスを通り抜ける性質があるので、室内にいるからと言って安心することはできません。季節や天気、室内や屋外に関係なく、毎日のお手入れに取り入れる習慣をつけましょう。

ほうれい線をできにくいようにする予防ケア

ほうれい線をできにくいようにするためには、早い段階から予防ケアを行うことで、年齢を重ねても美肌を維持することが可能になります。

ほうれい線予防1:日焼け止め

ほうれい線をできにくいようにするために気をつけることは、紫外線対策です。紫外線は、天候や季節に関係なく降りそそぎます。

長波長の紫外線A波は、肌の土台ともいわれるコラーゲン繊維やエラスチンを作る真皮の線維芽細胞を傷つけたり、細く脆弱にしてしまい、肌をたるませる原因になります。そのため、屋内でも一年中日焼け止めを忘れずに塗ることです。

ほうれい線予防2:タバコ

タバコも控えた方が良いとされています。タバコを吸うことで活性酸素が発生するため、末梢循環や肌の代謝を悪くするため、ほうれい線などのしわを増やすことになります。

また、加齢とともに成長ホルモンの分泌が低下します。その結果、線維芽細胞の機能が衰えてしまうため、コラーゲン線維の生成と分解のバランスが崩れていきます。

ほうれい線予防3:生活習慣の改善

40代になると若い頃に浴びた紫外線の影響と相まって、肌のハリが失われしわが出来やすくなります。

ほうれい線の予防のためにも成長ホルモンの分泌を促すためには、上質な睡眠や定期的な運動を行うことです。他にも、バランスのよい食生活を行うこともほうれい線をできにくいようにするためのポイントです。

ほうれい線ができないようにする寝方

顔にほうれい線が出来てしまうと、一気に老けて見える事になります。ですが、一度出来てしまったほうれい線を消すというのは簡単な事ではありません。

いつまでも、若々しくいたいと考えたら、できないように予防を心がける事がお勧めです。予防として有効なのは、寝方を意識する事です。

うつ伏せや横向きがたるみやしわの原因に?

夜、横向きに寝るという人は少なくないでしょう。ですが、横向きで寝ると、顔に重力や圧力が多くかかってしまう事になります。

顔に多くの重力や圧力がかかると、皮膚がたるみやすくなり、しわができる原因になってしまいます。うつ伏せもまた、顔に多くの圧力がかかり、たるみやしわの原因となりやすいので避けておく事が大切です。

ほうれい線を予防したいなら仰向けで寝る事を意識しよう

ほうれい線を予防したいと考えたら、うつ伏せや横向きではなく、仰向きで寝る事がお勧めです。寝方を意識するというのは、大変と感じる人も少なくないでしょう。

ですが、意識をせずに、うつ伏せや横向きで眠る習慣がついていると、ほうれい線が出来やすいだけでなく、出来た後も、より深く顔に刻まれる原因となってしまう事になります。

寝方を意識する事は簡単ではありませんが、ほうれい線を予防したいと考えたら、仰向けで眠る癖を付ける事がお勧めです。