今すぐ治したい!突然できてしまったニキビを早く治す方法

朝起きて顔にニキビができているのを発見すると、とても落ち込みますね。
その日から治るまで憂鬱になってしまいますし、口元にできていたらマスクしようかとかおでこにできていたら前髪で隠れないかとか、いろいろ考えてしまいます。あれが原因かなあと、後悔したりもしますね。ニキビができないようにするには、早寝早起きなどの規則正しい生活や食べ過ぎに注意しないといけません。特に油ものを食べ過ぎないようにしましょう。

でも、分かっているんですけど、守れない時ってありますもんね。早く治したいからって潰してはいけませんよ。痕が残ってしまうかもしれません。潰したくなくても勝手に潰れる事もあるので、ニキビが一度できると、綺麗に治るまで安心できないんです。

今回は、突然できてしまったニキビを早く治す方法について、ご説明いたします。

ニキビができる原因を知って早く治す

思春期になると急激に増えるニキビですが、それは大人になってもできてしまうことがあって、一度できるとなかなか治らなかったり、一つ治ってもすぐまた他の場所にできてしまいます。

そんなにニキビですが、夜はなかったのに朝起きるとできていたりと一晩でできるイメージもありますが、実は一晩でできることはなく、初めは目に見えていなくても肌の奥深くではジワジワとでき始めています。やがて炎症を起こして目立つようになってくるのですが、そのメカニズムを知ることで早く治すことにも役立ちます。

先ほどもお伝えした通り目立ち始める前に既に肌の奥ででき始めます。これは過剰な皮脂と毛穴の詰まり、そしてアクネ菌の増殖と言った基本条件が揃うことで発症します。

毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺が存在していて、健康は肌なら皮脂は毛穴を通って肌の表面へと排出されます。ところが様々な原因によって過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴を詰まらせて本来外に出て着る皮脂が中に閉じ込められてしまいます。

閉じ込められた皮脂をアクネ菌などの細菌は栄養としているので温床になって、ニキビの初期段階である白ニキビとなって肌の表面に現れます。

初めはほとんど気が付かない状態ですが、毛穴の周りの角質が厚く硬くなっていって毛穴に皮脂や古い角質が溜まり始めると次第にボツボツと発生する、これがニキビができる原因です。

ニキビを早く治すには

ニキビは顔やその他にもさまざまな部位に出ることもあります。背中やお尻など服を着れば目立たない場所は外出時でも周囲にいる人たちからは気付かれませんが、顔などにできてしまうと目立つためできるだけ早く治すことも大切です。自身で対策をするというのも一つの方法ですが、市販薬などを頼るよりも皮膚科など医療機関に頼るという方法が有効です。

専門の医師による診察を受け、適切な治療を受けることでニキビの悪化を防ぎ回復を早めることになるでしょう。炎症が酷い場合などは悪化してしまうことによりニキビ跡が残る可能性があります。赤みや痛みなどがなくなった状態でも跡が肌に残ってしまうためきれいな肌の状態を保てません。その状態から元の肌の状態になるためにはかなりの時間がかかってしまうケースもあり、症状が酷い場合にはくぼみのような跡が肌に残ってしまうケースもあります。

クレーター状のくぼみが残ってしまうとそこから元の肌の状態に戻すのはかなり難しいため、できるだけニキビの悪化を防ぎ症状から早く回復させることが重要です。そのためにも、皮膚科でしっかりとした治療を受けることが大切であり、専門医に頼ることで安心して治療を受けることができるでしょう。

ニキビを早く治す方法

オロナインにはニキビを早く治す効果があります。オロナインといえば多くの家庭で昔から使われている皮膚疾患や外傷に効く塗り薬です。擦り傷、切り傷やあかぎれ、軽度のやけどなどに効果があります。ニキビは皮膚にできた炎症が腫れ上がることが原因で発症します。オロナインの薬の成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液にある抗菌作用が、ニキビの炎症の原因であるアクネ菌を殺菌して沈静化させるためニキビを素早く治すことができます。

通常、殺菌作用のある薬には皮膚を乾燥させる働きがありますが、オロナインは乾燥を防止させる作用もあります。テラコートリル軟膏も効果があります。特に炎症がひどく赤く腫れ上がった状態の赤ニキビの改善に効果が期待できます。抗菌薬成分であるオキシテトラサイクリン塩酸塩が配合されていてアクネ菌の増殖を防いでくれるとともに、抗炎症成分であるヒドロコルチゾンが炎症を鎮めます。

市販のされている軟膏ですが、ヒドロコルチゾンはステロイド薬なので、多用してしまうと副作用を起こしてしまう場合があります。そのため長期間使用するのではなく、一週間程度使用することをお勧めします。少しでも肌に異常が現れた時は薬局や皮膚科に相談することも大切です。

飲み薬とサプリメントでニキビ対策ができる

ニキビは放置すると重症化するので、素早く治すことが大切になってきます。最近はオールインワンタイプの化粧品が人気ですが、内側からケアをすることも大切です。外側からのケアだけで内側から肌を変えることはできないのです。肌を元気にするためには、市販の飲み薬やサプリメントの活用をおすすめします。薬は副作用がある反面、高い効果が期待できるのがメリットです。

サプリメントは副作用がありませんが、薬と比較して機能性は低下します。素早く治すには飲み薬がおすすめで、肌を安定させるにはサプリメントが適しています。両者は併用しても問題ありませんが、成分が重複している場合は注意してください。例えばビタミンCを摂取するなら、医薬品のビタミン剤を飲んでいればサプリは必要ありません。

ニキビは新陳代謝に問題があって発生することが多いので、ビタミンBとビタミンEを補給することが大切です。これらの栄養素が欠乏すると、肌は次第に悪化していきます。肌を安定させるためには飲む薬とサプリが効果的なので、まずは1ヶ月程度は飲んでみましょう。薬に関しては用法・用量を厳守し、長期連用ができない場合は短期の利用に留めてください。サプリは健康食品のため長期連用が可能であり、ニキビの予防対策のために利用できます。

白ニキビでは芯を取り除くのも1つの手

そもそもニキビの芯は古くなった角質と皮脂がくっついている状態であり、白ニキビは単にくっついている状態です。これが赤くなると炎症を伴うものとなっているため、できるだけ触れないようにするのが一番ですが白ニキビは単にくっついている状態であるため、適切な洗顔をしていくだけで勝手に取れてしまうような代物です。早く治すには早々に芯を取り除いてあげるのも1つのやり方です。逆にそれを放置することは、原因菌であるアクネ菌にエサを与え続けているような状況でもあります。そうさせないためにも、早急な対策が求められています。

ただ注意したいのが自分の手で無理やり芯を取ろうとしないことです。そうすることで手の雑菌が白ニキビのあった場所に入り込んでしまって炎症を起こす可能性があるからです。これでは何のために取り除いたのかがわかりません。取り除く際には洗顔で取り除くのがベストです。

その際に肌に優しい洗顔料を使用することや30度程度のお湯で洗顔をしていくことを心がければいずれ除去できます。芯を取り除くとなると、ゴシゴシと顔を洗いがちですがこれでは逆効果であり、慎重に洗っていくことで芯を取り除き、清潔に保てるようになります。

はちみつでニキビを早く治す

ニキビを早く治す方法として潰してしまう方がかなり多いですが、そのような方法を使ってしまうと跡に残ってしまうだけなく、かえって症状を悪化させることにもなりかねないので、適切な処置を施す必要があります。ニキビを早く治す方法で応急処置的に行えるのがはちみつを塗布する方法です。

でき始めて腫れている部分に塗ることではちみつの殺菌成分が皮膚に浸透し、原因菌の増殖を抑える効果があります。塗りっぱなしにしておくのではなく、塗ってから五分程度時間が経過すると洗い流してしまっても問題はありません。

はちみつならどんな家庭にでも一般的にあるものなので、治療薬が手元にないときでも炎症が起こってしまって痛みに悩まされている場合でもすぐに対処を行えます。あくまでも砂糖に有効成分が入っているのでなく、はちみつそのものに入っているのでジャムやシロップなどを塗っても全く効果はありません。

塗るときにも必ず綿棒か指で塗るようにして強く押し付けないように心がけることがポイントです。優しく塗布することで皮膚に刺激を与えずにケアが行えます。ニキビを早く治すことを考えている方は、応急処置としてまずははちみつを気になる場所に塗ることにしましょう。

ニキビを早く治したい時におすすめの洗顔方法

ニキビを防いだり、早く治すための正しい洗顔テクニックは、まず手を洗って清潔にしてから洗顔料を泡立てて顔に乗せ、優しく洗うというものになります。洗顔料を泡立てるには、始めに利き手ではない方の手のひらに洗顔料を適量出し、そこに利き手の指で水を少し入れて何本かの指でかき混ぜるようにして泡立てると良いですが、泡立てネットを使うのも泡が作りやすくて便利です。

泡で顔を洗う時はTゾーンやあごのような皮脂の分泌量が多い場所から洗うようにします。その時に指で肌をごしごしとこすってしまうと肌に刺激を与えてしまうため、なるべく泡を使って優しく洗うようにしましょう。特に目元や口元などはデリケートな部分なので、ごしごしこすらないように注意してください。

顔全体を洗い終わったらすすぎに入りますが、その時には33~36度ほどのぬるめのお湯を使うのをおすすめします。熱いお湯ですすいでしまうと、肌が必要としている皮脂までを取りすぎてしまう恐れがあります。なお、洗顔料が肌に残らないようにするのが大切であるため、最低でも20回ほどはすすぐようにすると安心です。すすぎが終わった後はタオルで顔を拭きます。

タオルは清潔なものを使い、肌をこすらずに押さえるようにして水気を取ると良いでしょう。そして顔を拭いたらなるべく早く化粧水や乳液を使って保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう。ニキビがある人は1日に何度も顔を洗いたくなることがあるようですが、逆に悪化させてしまう場合が多いため、基本的に朝と夜の2回洗顔を行うようにするのがおすすめです。

ニキビを早く治すための化粧水の使い方

ニキビを早く治すための化粧水の正しいつけ方としては、ニキビ肌用の化粧水を洗顔後の清潔な肌にたっぷりとつけることです。ニキビがあるとオイリー肌になりがちですので化粧水は適当になりがちですが、水分が不足していることでニキビができることもありますので、洗顔後はたっぷりとつけることが重要です。

余分な皮脂は肌の水分量が足りていないと出てくる傾向にあります。そのため、洗顔後は速やかに化粧水をつけるのも重要なポイントです。早く治すためにはこすらずに優しくつけるのがコツです。症状を鎮静化させるためには肌を鎮静化せる効果の高い薬用化粧水をつかってコットンパックをするのもお勧めです。気になる部分に化粧水をたっぷりしみ込ませたコットンを貼り付けておくだけで症状を鎮静化させることができます。

ニキビを早く治すためには油分の含まれた化粧水を選ぶのは症状が悪化してしまうことがありますので注意が必要です。早く治したい時にはべとつかないさっぱりしたタイプの製品を選ぶのが最適ですが、保湿成分が少ないとかさつきの原因になりますのでヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合された肌のバリア機能をアップさせてくれる効果の高い成分が入ったタイプがおすすめです。

ニキビを早期改善する洗顔料

ニキビを早く治すには、化粧品選びがカギを握っています。特に洗顔はオイリースキンになりがちなニキビ肌にとっては重要なポイントで、洗顔料をしっかりと泡立てて顔全体を洗う必要があります。オルビスのクリアウォッシュはしっかりとした泡立ちで余分な皮脂や汚れを洗い流すことが出来ます。

ニキビを早く治すには肌に皮脂や汚れをためておかず、洗顔を丁寧に行うのが重要ですので、オルビスのクリアウォッシュならきめ細かい泡が顔全体を包み必要のない汚れを落としてくれます。ぬるま湯で顔を洗い、ぬるま湯を加えて泡立てるだけでニキビ予防の洗顔を行うことが出来ます。

オルビスのクリアウォッシュで顔を洗っていると、余分な皮脂や汚れが肌にたまりにくくなりますので肌トラブルが改善されるだけでなく、肌トラブルが起きにくくなります。早く治すためには一日朝晩最低でも二回の洗顔が有効です。あまり何回も洗い過ぎてしまうと逆に皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、適度な回数を必要に応じて行います。

洗顔のあとはたっぷりと化粧水をつけて水分補給をすると肌のコンディションが良くなります。ニキビの鎮静化に効果がある化粧水をつけると、早期改善につながります。

保湿成分配合の化粧水

大人ニキビに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。その主な原因は肌の乾燥によるものだと言われています。私たちの身体はホメオスタシスといって常に正常な状態を保とうと働いています。例えば、肌の乾燥がひどいと、それを補おうとして皮脂の分泌が盛んになります。

それが肌荒れやニキビの原因になっているのです。また私たちの肌はとても敏感にできており、食生活が乱れたり、ストレスが溜まってくるとできものや肌荒れとして表面化する性質を持っています。健康に気を使って生活することは、美肌への近道とも言えそうです。

ニキビをすぐ治したり、できにくくするにはどうしたら良いのでしょうか。できてしまったにきびには抗炎症作用のある洗顔料や基礎化粧品を使用すると良いでしょう。また先程述べたように、保湿がとても重要ですので、保湿成分が配合されてるものを選ぶことも大切です。またニキビができると、手で触れてしまいがちですが、触れたりつぶしたりすることは厳禁です。

ニキビのできやすい人におすすめしたいのが、ナチュリエハトムギ化粧水スキンコンディショナーです。こちらの化粧水には天然植物由来の保湿成分であるハトムギエキスが配合されています。なめらかな肌を保つことができ、乾燥しがちな肌の水分補給に大変優れています。

睡眠をしっかりとってニキビを早く治す

ニキビを早く治すには、まずしっかりと睡眠をとることが大事になってきます。ニキビを治すには肌の新陳代謝が欠かせませんが、睡眠はその肌の新陳代謝を促進してくれます。特に夜の10時から深夜2時くらいまでは肌の再生力がとてもアップする時間と言われていますから、この時間帯にはすでに眠りに入っているのが理想的です。夜更かしは避けて、夜の10時前には布団の中に入っているように心がたいものです。

ちなみに寝る際に使用する枕に関してですが、これが不衛生だとニキビの原因になる場合があります。人間は寝ている間に大量の汗をかきますし、皮脂やフケなどが枕に付着しダニや雑菌が繁殖していることもあります。このような枕を使っていると肌に吹き出物が出る原因になったりしますから、できれば枕カバーは毎日取りかえて清潔に保つのがおすすめです。

食生活に気をつけるのもニキビを早く治すのには大事です。避けるべき食物は、アルコール・カフェイン・香辛料・脂質・糖分などで、逆に積極的に摂取すべきなのは食物繊維・ビタミン類・タンパク質・亜鉛などです。栄養素で考えると難しいという場合は、洋食中心の食事から和食中心の食事に切り替えるのがおすすめですし、ニキビ対策用のサプリメントなどを摂取するのも悪くありません。

ニキビを早く治す方法はいくつかある

いったんできてしまったニキビというのは早々簡単には改善することができないものです。ですが長期間ニキビケアを続けることで目立たない状態にしたりニキビの数を減らすようなことはできるものです。ですからニキビを早く治すためには適切なニキビケアを長期間根気よく続けることというのが必要です。

そして早く治すために心がけることとして髪を結ぶこと、極力触れないようにすることというのが必要です。髪の毛先が頬にチクチクと当たることで刺激になってしまってかゆみを感じたり吹き出物を悪化させてしまうこともあるからです。また、出来るだけ顔に塗るファンデーションは脂分の少ないパウダーファンデーションを選ぶことも必要です。

パウダーファンデーションは顔に馴染みにくいということもありますが、リキッドファンデーションに比べて粉っぽくなってしまうことがあります。できるだけ吹き出物を刺激しないようなものを選び、刺激になるものは控えましょう。また、吹き出物が大きいような時はマスクで隠すという方法もありますが、マスクもぴったりフィットするものでないと吹き出物と擦れて悪化してしまうことにもなります。治す方法というのはいくつかあるので自分のやりやすいものを選びましょう。

ニキビを早く治すためのメイク術

ニキビがあるとメイクは避けたくなりますが、外出する時にはメイクをしたいと思うでしょう。工夫すれば悪化させなくて済みますし、早く治せます。メイクは肌への負担が少ないコスメを使ってください。化粧下地もファンデーションもそうです。自然由来を使っているものならば肌への負担も少なくて済みます。

そして、メイクは薄めにしましょう。しっかりメイクしてしまうと落とすのが大変です。洗浄力の高いクレンジングを使ってしまうと肌を保護する皮脂を落としすぎてしまいます。もちろん、メイク自体が肌に負担となってしまうので、自然派コスメであっても薄めにしてください。

毎日のようにメイクをしているとすぐにメイク道具が汚れてしまいます。ファンデーションを塗るためのスポンジやコスメブラシなどはこまめに洗って清潔な状態を保ちましょう。ニキビは汚れが原因ですから、メイク道具を清潔にしておかないといつまでもニキビが治らない恐れもあります。

できてしまったニキビを早く治すためにも、メイクは工夫してください。以上の点を気を付けていれば、思った以上に早く治すこともできるはずです。大人の女性にとってメイクは必要なものですから、気を付けてメイクをしてください。

顔に触れるマスクやまくらカバーも注意!

ニキビを早く治すためには、顔に触れるものを清潔に保つようにすることが大切です。例えばマスクです。花粉やウィルスの侵入を防いでくれたり保湿効果があるマスクもあります。ただ、マスクの中は温かく湿度が高い状態になっています。蒸れやすい状態ということは、雑菌が好きな環境であるということです。

またマスクと肌の摩擦でバリア機能が低下しやすくなり、皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすくなることもあります。早く治るどころか、ニキビを悪化させてしまうことも考えられるのです。最低でも1日使用したマスクは新しいものに交換して肌を清潔に保ちましょう。時々マスクをはずして空気を入れ替えることもおすすめです。刺激の少ない肌触りの良いマスクを選び、マスクで隠れる部分のニキビケアはしっかりするようにしましょう。

また、顔や頭皮ニキビはまくらやまくらカバーが原因となっていることがあります。寝ている間、新陳代謝によって汗をかき、皮脂分泌も行われます。ダイレクトに肌が触れるまくらには、汗や汚れが付着しています。汚れが付着したままのまくらやまくらカバーは、雑菌の温床となりますしカビやダニが発生しやすい環境でもあります。できるだけ毎日まくらカバーを交換し、まくらも適度に干すようにしましょう。

ニキビを早く治すコツはデトックスにあり

ニキビを治すためにはデトックスをして、肌代謝を高めることがポイントになります。老廃物を溜め込んでいるとニキビのリスクを高めるので注意してください。普通の生活をしていても老廃物は少しずつ溜まっていくので、デトックスをして排出していくことが重要です。毒素を溜め込んでしまうとオイリーや乾燥の原因になり、肌荒れを招くので注意してください。

肌は加齢によって弱っていく部分が大きいですが、老廃物も大きく関係しています。肌代謝の低下とともに、毒素の排出が難しくなってくるのです。毒素を追い出すためには、じっくりと入浴するのがポイントです。ぬるま湯に20分入浴を実践すると、汗と一緒に毒素が排出されていきます。

デトックスにはサプリメントの利用もおすすめで、L-カルニチンやコエンザイムQ10、α-リポ酸などが役立ちます。黒酢もデトックスに役立つので、アルカリ性体質に変えていくために活用してください。黒酢のメリットは血流をサポートし、老廃物を排出しやすくすることです。運動もデトックスに役立つので、1日20分運動を実践しましょう。運動は新陳代謝を高めることで、痩せる体質に変えてくれます。痩せて体脂肪を減らしていくことも、ニキビを早く治すために大切です。